【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

セルビアでコソボが独立宣言をしました。
アメリカが後押しをした結果だそうですが、どうしてそのようなことをしたのでしょうか?
火薬庫に火をつけるようなものだと思うのですが。
アメリカにとっても自分の首をしめるような行為と思います。
米にどのようなメリットがあるのでしょう?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

皆様がご指摘の対ロシア戦略の件は省きます。



アルバニアはレアメタルの潜在的埋蔵量が多い国です。かつて、中国がアルバニア向けに投資をして失敗しているのですが、アメリカもまた、アルバニアの豊かなレアメタルを欲しているのかもしれません。もともとアメリカとアルバニアの関係は良好です。アルバニアは名目だけみたいなものですが、イラクに出兵しています。

マザー・テレサもアルバニア人です(ただし、出身地は現在のマケドニア領であるスコピエ)。インドは一時期、社会主義的傾向が強くなった国であり、「宗教とは麻薬である」と考える共産主義者への対抗上、カトリックのリーダーであるマザー・テレサはアメリカ人にとって都合の良い人物であったという事情を考えたほうが良いでしょう。マザー・テレサという人物については、そろそろ冷静な再評価と史実の確認が必要だと思います。死にかけの患者に対してキリスト教に改宗しないと地獄に落ちると言ったとか言わなかったとか、インド官僚がエイズ対策で性教育とコンドーム配布を検討したところ、彼女がカトリックの立場から反対しエイズ対策は貞操と禁欲で行うべきだと主張したとかしなかったとか、まあ、いろんな噂があって、真偽のほどは分かりません。私見では、おなじ宗教指導者でも、ダライ・ラマ14世のほうが、はるかに政治的センスがあり、したたかな人物だと思います。

火薬庫に火をつけるようなものかどうかについては、国連軍(NATO軍だったかな?)が継続して駐在する限り、大きな問題にはならないと思います。アルバニア側に、コソボと合併しようという意志がないからです。アルバニアはかつては今の領土より広い国だったのですが、現アルバニア政府は明確に大アルバニア主義を放棄しています。

アルバニアに旅行してきたことがあるのですが、気がついたことがいくつかあります。送電線設備は中国形式です(トランスといって日本でも電柱に時々ついているポリバケツ状の機械の設置方法が、完全に中国と同じ形式でした)。他方、最新の外国人向けホテルの電話機をひっくり返してみると、ヨーロッパにありがちな珍しい電話コネクタではなく、日本やアメリカで使っているのと同じRJ11のコネクタでした。DVD屋でテレビの方式をチェックしてこなかったのは失敗だと思っています。ロシアなどで主流のセカムではなく、西欧で中心のパルに切り替わっている可能性があります。

余談ですが、アルバニア文化においては首を縦にふるとNo, 横にふるとYesです。何度間違えたか分かりません。
    • good
    • 0

コソボの住民はどちらかというとイスラム系に分類されるので、


アメリカはコソボを支援することで、
「アメリカはキリスト教国だからイスラム教国を攻撃しているわけではないよ。
イラクやアフガニスタンの場合はアメリカに反逆したから攻撃しただけであって、
親米路線の国は差別なく助けてあげるよ」
ということを中東諸国にアピールしたいからではないでしょうか
    • good
    • 0

冷戦時代ソ連を敵としてソ連の勢力をそぐためにあらゆる事をアメリカはしました。


その一環がソ連と親しいセルビアの勢力削減工作です。
特にドイツといっしょになり、セルビア中心のユーゴスラビアを解体し、親ドイツのクロアチアを独立させるときに、徹底してセルビアを悪者にしました。
そのため、セルビア悪玉論に歯止めがきかなくなり、ボスニアやコソボなどへ波及してしまいます。
これと同じ図式は、イラク戦争にも見られます。

セルビアを徹底して悪玉にしてしまったため、その路線で走るしか手段が無くなってしまったためです。
同じ事は、日本の北朝鮮政策にも見られます。
    • good
    • 0

米英独+アルバニア系住民(9割) VS 


ロシア、セルビア+セルビア系住民(1割)が対立の図式です。

ただ、再選されたばかりのセルビアの大統領は親米派なので、
ロシアとの綱引きを有利にするためです。


http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080218/erp …
    • good
    • 0

単純にコソボはアメリカの敵だからでしょう。


これでセルビアはアメリカ側になって味方が増えた?
って考えでしょうか。

日本人には、理解できない思考ですね^^
    • good
    • 0

民族独立問題を抱えるロシアや中国に対する嫌がらせです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング