【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

表題の通りなのですが、1月に献血をしたところ、梅毒陽性反応が出たと
献血センターから通知が来ました。
すぐに病院で検査を行ったのですが陽性で、4年ほど付き合っている彼氏も
陽性反応が出ました。
半年前の献血では陽性反応はなく、お互いに感染するルートが思い当たりません。
(彼が嘘を言っているのでなければ、の話ですが。)

抗生物質の投与による治療は済みましたが、今後も献血などの血液検査で
陽性反応が出るそうです。
全く見に覚えがない上に、よりによって性病。。。
人に聞くのも勘違いされそうで恥ずかしいし、家族に知られるのも怖いです。
このような場合、感染ルートとして考えられるのは何でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

そんなに強いウイルスではないので、温泉などでは感染しません。


体液との接触とは、粘膜を通した唾液の接触、血液、精液のことです。
ちなみに汗は大丈夫です。
    • good
    • 14

こちらで「感染源」の欄を御覧になってください。



参考URL:http://www.std-lab.jp/stddatabase/db004.php?ad=3 …
    • good
    • 3

性行為か血液、もしくは体液の接触しか可能性はありません。


あなたに心当たりがなければ、彼氏さんがどこからか貰ってきた可能性が極めて高いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お答え頂きありがとうございます。
体液の接触というのかわかりませんが、例えば温泉などに行って
感染者が使用した風呂椅子に自分が座ることでも感染って有り得る
でしょうか?
陰部に傷口があったりした場合に限りですが。。。

お礼日時:2008/02/22 16:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q性交渉が無いのに梅毒?検査に詳しい方お願いします

先日、手術を控え、スクリーニング検査を行いました。
血液検査結果は

<梅毒セット> < 基準値 >
TP抗体(定性)    (+)             -(<1.0s/co)
梅毒RPR法(定性)  (-) -
TP抗体 S/CO 2.14 H          1.00未満

と出ました。
これは、現在は梅毒は発症していませんが、過去に梅毒になったことがある可能性がある
ということだそうです。

その後、擬陽性も疑い、追加の血液検査をしました。
しかし、ヘルニアや膠原病の可能性でも無かったようです。
よって、上記の通り、過去に梅毒になっていたということになるそうです。

原因がわかりません。
私は過去に性交渉を持ったことはありません。
また、16才の時にも手術前に血液検査(梅毒の検査があったのかは不明)をしましたが、その時は何も言われなかったので、母子感染でもなさそうです。

前置きが長くなりましたが質問です。

(1)現在は完治していますが、抗体は持っています。
輸血はできないと医師は言いました。
完治していても抗体がある以上、今現在でも人に感染させてしまう可能性はあるのでしょうか?

(2)他の病院でもう一度再検査をしてもらっても、結果は同じでしょうか?

よろしくお願いします。

先日、手術を控え、スクリーニング検査を行いました。
血液検査結果は

<梅毒セット> < 基準値 >
TP抗体(定性)    (+)             -(<1.0s/co)
梅毒RPR法(定性)  (-) -
TP抗体 S/CO 2.14 H          1.00未満

と出ました。
これは、現在は梅毒は発症していませんが、過去に梅毒になったことがある可能性がある
ということだそうです。

その後、擬陽性も疑い、追...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

最初の検査ではRPR法(-)、TP法(+)だったので梅毒治癒後と判定しました。
ただ、質問者さんが感染の心当たりがないということだったので検査のミスでは
ないかと疑い2回目の検査を行いました。

2回目の検査は、同じ病院であれば通常同じ検査キットを用いて行います。また
この際膠原病の可能性も確かめるため、膠原病自己抗体検査も行いました。
この結果、RPR法(-)、TP法(+)、膠原病自己抗体(-)だったので梅毒治癒後
と判定しました。しかし、病院で使用しているTP検査法(TPLA、TPRA、TPHA等)
の偽陽性の可能性があるため、最終的な確認検査として、病院では行っていない
方法(FTA-ABS法)を検査会社に依頼して行いました。

3回目の検査結果は、FTA-ABS法(-)でした。よって、TP検査法での陽性を偽陽性
と判定し、最終的に生物学的偽陽性と判定しました。
ちなみに定量検査は通常、現在梅毒に感染している場合に行う検査です。なので
梅毒治癒後と判定された場合は行いません。

上記の解釈にはいくつか穴があります。
1.梅毒キャリアとはRPR法(-)、TP法(+)のことを指します。一方、生物学的
偽陽性とは、RPR法(+)、TP法(-)のことを指します。3回検査した結果、両方の
検査結果が反対になるということは通常考えにくいです。
2.3回目の検査はFTA-ABS法ではないかと推測しましたが、質問者さんは直接菌を
調べる方法だと言っておられます。直接菌を検出するには、硬性下疳、扁平コンジ
ローマや粘膜疹といった梅毒による皮膚症状が出ている部位を採取して検査を行い
ます。検査の際に皮膚や頬の内側を採取されましたか?採血しかされていない場合は
直接菌を検査していることはないと思います。

参考URL:http://www.toshiba.co.jp/hospital/education/test/pdf/mame11.pdf

No.1です。

最初の検査ではRPR法(-)、TP法(+)だったので梅毒治癒後と判定しました。
ただ、質問者さんが感染の心当たりがないということだったので検査のミスでは
ないかと疑い2回目の検査を行いました。

2回目の検査は、同じ病院であれば通常同じ検査キットを用いて行います。また
この際膠原病の可能性も確かめるため、膠原病自己抗体検査も行いました。
この結果、RPR法(-)、TP法(+)、膠原病自己抗体(-)だったので梅毒治癒後
と判定しました。しかし、病院で使用しているTP検査法(TPLA、TPRA、TPH...続きを読む

Q思わぬことから「梅毒」とわかりました!是非アドバイスを!

消化器外科系の検査をする事で「血液検査」をして
翌日「検査そのもの」をしました。

総合病院ですので・・全てすぐ結果が出る為
「結果の説明」を恐る恐る聞きましたところ・・
そんなに心配する事はない・・という事が判りホッとしましたが・・。
ただ・・
「この血液検査で他の部分でわかったことがあるんだよ!」・・と言われ・・
「何ですか?」と聞いたところ
「ここの部分!」と結果表を指さされ・・「梅毒なんだよ~」
・・と言われました!
ビックリしましたが、会社の同僚と「風俗系」に行った経験もあるし
その事を話し「梅毒は・・性病ですよね?」と確認し・・。

なんて事だ・・と身近な自分の行動に反省して帰ってきました(泣)
でも「医師が」
「でも今回は違う検査の為の血液検査でわかったことなので・・はっきりした数値がでていないんだ」
「だからもう一度、梅毒の部分として採血して帰ってね!」と言われました。
ショックですが・・悪いのは私・・自業自得です(泣)
でも・・その「梅毒」とわかった事の部分においての血液検査結果は・・
「陽性+」か「陰性-」しか出ていませんが・・。
医師も・・こっちだけ陽性だから・・とにかくもう一度ね!・・と。
検査項目の・・「RPR」という部分と「TP抗体」という部分において判断してくれたみたいです。
でも・・
「RPR」は・・「陰性-」
「TP抗体」は・・「陽性+」という結果です!
勿論新たなる採血ではっきりするのでしょうが、
友人の話によると・・「一回、知らない間に梅毒になったけど、何か抗生剤などを服用して、今はそうでないのかも??」
(↑ これは素人ながらの予測ですが)
私自身・・1回梅毒になって「菌」を殺しても「梅毒」になった事だけは「血液検査」で一生わかる・・という事も何気に知っていたので。
真相は?・・と思いました。勿論1週間後の結果でわかることなのですが・・。
この場合はどんな事が考えられるのでしょうか?
ひとまず・・このような質問においてご意見やアドバイスをお願い致します!

消化器外科系の検査をする事で「血液検査」をして
翌日「検査そのもの」をしました。

総合病院ですので・・全てすぐ結果が出る為
「結果の説明」を恐る恐る聞きましたところ・・
そんなに心配する事はない・・という事が判りホッとしましたが・・。
ただ・・
「この血液検査で他の部分でわかったことがあるんだよ!」・・と言われ・・
「何ですか?」と聞いたところ
「ここの部分!」と結果表を指さされ・・「梅毒なんだよ~」
・・と言われました!
ビックリしましたが、会社の同僚と「風俗系」に行...続きを読む

Aベストアンサー

それはショックでしたね!

まず検査のためのスクリーニング採血ですが医療費削減のため健康保険では定性法しか許されていません。
ところが梅毒検査(特にRPR)の定量的な値は治療効果の目安になります。
なので梅毒が疑われたら定量法で再検査が必要になります。
担当医の先生が言ったことはそう言う事です。

梅毒検査の意味ですが、
TP抗体(TPHA/TPLA)というのが梅毒の病原菌に対する抗体で、これが陽性であれば、一応、過去に感染があったことになります。
病気の状態を表すのがRPRですが、こちらは梅毒以外でも陽性になる事があります(ある種の自己免疫疾患など)
上に書いたように感染してから治療していないとRPRは高値ですが、治療していたり治療するつもりがなくても抗生物質を使ったりで、病原菌が退治されているとRPRについては低値になったり検出出来なかったりする事もあります。

RPR-でTP法陽性なら、お説のようにたまたま服用した抗生物質により病原菌が排除されて治癒していたという事かも知れません。ただ、定性法は荒っぽいので結論は出ていません。定量法の結果を待って下さい。

判りやすい説明がメルクマニュアル家庭版にあるのでアドレスを示しておきますね。

参考URL:http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec17/ch200/ch200b.html

それはショックでしたね!

まず検査のためのスクリーニング採血ですが医療費削減のため健康保険では定性法しか許されていません。
ところが梅毒検査(特にRPR)の定量的な値は治療効果の目安になります。
なので梅毒が疑われたら定量法で再検査が必要になります。
担当医の先生が言ったことはそう言う事です。

梅毒検査の意味ですが、
TP抗体(TPHA/TPLA)というのが梅毒の病原菌に対する抗体で、これが陽性であれば、一応、過去に感染があったことになります。
病気の状態を表すのがRPRですが、...続きを読む

Qエイズの人が知らずに献血する場合

以前似たような質問があったのですが、私の知りたい回答がなかったので質問します。

個人的に献血は気が付いたときにするようにしているのですが、
「エイズかどうかは知らせない」という方針についてふとした疑問があります。
私は特に敢えて検査に行こうと思うようなエイズに感染しやすいような行為
はしていないのですが、自分が100%エイズで無いとはいいきれません。
(それは皆さん同じだと思います。)
そこで質問ですが、献血手帳によって私に関するデータが記録されている
ようですが、彼らが毎回400mlにして欲しいと要求するということは、
少なくとも前回の献血まではエイズ感染していないと思ってよいのでしょうか?
それとも何も知らずに焼却されてしまう血を、時間を割いて献血し続けている
可能性もあるのでしょうか?

検査目的で献血する人もいたので知らせないという方向になったのでしょうが、
何も知らされずに献血をし続け、何も知らずに日常生活を送っている人もいるかも
しれないというのは倫理的にどうかとも思います。

Aベストアンサー

私も以前気になって、献血中に看護士さんに「もし私がエイズに感染しているのを知らずに献血していたら、その血は当然検査で引っかかって処分されますよね?でも私にはエイズに感染している事は知らされない訳で、私はその後も延々と無駄な献血をするんでしょうかね?」と聞きました。
答えは「病名を告げる事はしないけれど、『以降の献血はご遠慮ください』という連絡をするんですよ」とのお答えでした。
「あ、そうなんですか」って感じで、あまり深くは聞かなかったんですけど、一応そうなっているみたいですよ。

Q梅毒血清反応について

現在,妊娠5ヶ月です。健康診断で、梅毒血清検査をしてもらったところ、TPHAは、陰性でしたが、RPAは陽性でした。このまま,妊娠を続けても、いいかどうか心配です。
この検査結果について、よく理解できませんでしたので、どなたか解説いただきたいのです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

梅毒血清検査というのは、炭素粒子を使用したRPR法やガラス板法のように梅毒の原因となる細菌(スピロヘータ)の脂質抗原を検出するものと、感染によりできた抗体を検査するTPHAテストがあります。梅毒の感染があるかどうかは、この2種類の検査をもとに判定します。したがいまして、
RPR(陽性)TPHA(陽性)であれば感染していると判断します。ちなみに、RPR(陽性)TPHA(陰性)の時は感染初期もしくは生物学的擬陽性を疑い、RPR(陰性)TPHA(陽性)の時は、感染の既往が疑われます。簡単にいいますと、梅毒血清検査の総合判定はRPR(陽性)TPHA(陽性)の時だけ陽性となり、それ以外は判定保留となるのです。もちろん両方とも陰性の場合は総合判定陰性となります。RPR法は、梅毒スピロヘータそのものを見ているわけではありませんから、梅毒以外のスピロヘータにも反応してしまいます。ヒトの口の中には歯槽膿漏の原因となるスピロヘータが存在しますから、このような場合でも陽性となりますので、あまり気になさらないほうがよろしいかと思います。もしも気になり過ぎて眠れないようでしたら、梅毒感染を確定するFTA-ABSという血清検査がありますので、主治医に相談して検査なさってはいかがでしょうか。

梅毒血清検査というのは、炭素粒子を使用したRPR法やガラス板法のように梅毒の原因となる細菌(スピロヘータ)の脂質抗原を検出するものと、感染によりできた抗体を検査するTPHAテストがあります。梅毒の感染があるかどうかは、この2種類の検査をもとに判定します。したがいまして、
RPR(陽性)TPHA(陽性)であれば感染していると判断します。ちなみに、RPR(陽性)TPHA(陰性)の時は感染初期もしくは生物学的擬陽性を疑い、RPR(陰性)TPHA(陽性)の時は、感染の既往が疑われ...続きを読む

Q自覚症状がない梅毒

採血時に感染症のチェックを受けました。
梅毒プラスです。専門医にかかるつもりですが、いくつか疑問点があります。

1、症状はまったく自覚していない。
2、感染したのは、8年ほど前だと思われる。
3、診断医は保健所への報告が義務付けられていると聞きますが、私の採血をした医師が報告するのか。
4、症状がでなくても慢性的に進行してるなら第3期の段階でしょうか?

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

感染後約3週間で発症する。治療しない限り体内に残り、最終的には死亡する。現代においては抗生物質の発達により、第3期、第4期に到達することはほとんどなく、死亡にまで至るケースは稀。

第1期
感染後3週間~3ヶ月の状態。菌が侵入した部位に固まり(無痛性の硬結で膿を出すようになり、これを硬性下疳と言う。)を生じる。固まりはすぐ消えるが、稀に潰瘍となる。また、股の付け根の部分(鼠径部)のリンパ節が腫れ、これを横痃(おうげん)という。6週間を超えると梅毒検査で陽性反応が出るようになる。

第2期
感染後3ヶ月~3年の状態。全身のリンパ節が腫れる他に、発熱、倦怠感、関節痛などの症状がでる場合がある。 バラ疹と呼ばれる特徴的な全身性発疹が現れることがある。赤い目立つ発疹が手足の裏から全身に広がり、顔面にも現れる。治療しなくても1ヶ月で消失するが、抗生物質で治療しない限り原因菌は体内に残っている。

第3期
感染後3年~10年の状態。ゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生する。

第4期
感染後10年以降の状態。多くの臓器に腫瘍が発生したり、脳、脊髄、神経を侵され麻痺性痴呆、脊髄瘻を起こし(脳梅)、死亡する。

自覚症状がなければ第二期まででしょう。
まず症状がなく第三期まで進むとは考えられません。
友人が20年前に感染したと言ってましたがペニシリンを数ヶ月飲んだだけでした。
自覚症状は20年以上なにもありません。
いまだに陽性ですが。
報告の義務とは初耳ですがあるのなら医師です。

感染後約3週間で発症する。治療しない限り体内に残り、最終的には死亡する。現代においては抗生物質の発達により、第3期、第4期に到達することはほとんどなく、死亡にまで至るケースは稀。

第1期
感染後3週間~3ヶ月の状態。菌が侵入した部位に固まり(無痛性の硬結で膿を出すようになり、これを硬性下疳と言う。)を生じる。固まりはすぐ消えるが、稀に潰瘍となる。また、股の付け根の部分(鼠径部)のリンパ節が腫れ、これを横痃(おうげん)という。6週間を超えると梅毒検査で陽性反応が出るようになる。

第...続きを読む

Q男性性器にしこりのようなものがいつのまにかできてしまった。

いつできてしまったのかは不明ですが。陰茎の中ほどに直径7mmくらいのしこりがひとつ
できています。見た目とか感触はまるでシリコンの小さなボール状のものが埋まっている
ような感じです。日常生活には問題なく、痛みやかゆみも全くないのですが、
気になります。いったいこれは何なのでしょうか?水泡とかではなく、つまむと硬いです。
このまま、放置しておいて問題ないのでしょうか?
病院にいく場合は皮膚科でしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1060391860
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2545527.html
が参考になりますでしょうか。
http://sdu.co.jp/m6_07_1.html
を見ますと難しい病気の場合もあり得ますから、聞くは一時の恥で済むことを期待して泌尿器科の医師に相談されてみるのも良いかも知れません。

Q血液検査で梅毒陽性なのですが・・・

現在16週と5日の初妊婦です。
4週と6日の時に初診にかかり、11週と5日の検診で初めて血液検査をしました。その4週後の15週と6日で検査結果を知らされたのですが、梅毒の陽性反応が出てしまいました。現在ビクシリンという抗生物質を服用しています。
医師からは「胎児に感染するとしたら、出産時の産道感染なので、出産までに治療すれば大丈夫」と言われましたが、不安でインターネットや本で色々調べたところ、ほとんど「胎盤感染する。胎盤の完成する15週頃までに治療を終えればほぼ大丈夫」と書かれているので余計に不安になってしまいました。
それが本当なら、なぜ本当のもっと初期(5~6週頃とか)に血液検査をしてくれないのか、検査結果に問題があったならなぜ電話一本でもいいから、4週後の検診を待たずに連絡をしてくれないのか、と不信、不安、焦りがつのるばかりです。
梅毒に感染するような心当たりはないのですが、今となっては今できる最善を尽くして、元気な赤ちゃんと会えるようにしたい!との思いでいっぱいです。
今通院している病院で分娩もする予定ですので、医師とも関係を悪くしたくないのですが、、、
血液検査って12週頃までしないものなのでしょうか。
少しでも参考になることがあれば教えていただきたくて、初めてなのですが質問させていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。

現在16週と5日の初妊婦です。
4週と6日の時に初診にかかり、11週と5日の検診で初めて血液検査をしました。その4週後の15週と6日で検査結果を知らされたのですが、梅毒の陽性反応が出てしまいました。現在ビクシリンという抗生物質を服用しています。
医師からは「胎児に感染するとしたら、出産時の産道感染なので、出産までに治療すれば大丈夫」と言われましたが、不安でインターネットや本で色々調べたところ、ほとんど「胎盤感染する。胎盤の完成する15週頃までに治療を終えればほぼ大丈夫」と書かれているの...続きを読む

Aベストアンサー

そうでしたか・・・。
でも、丁寧に説明してもらって、先生にも好感が持てたようで安心しました。
これから、治療に専念してくださいね。
おいしい物をたくさん食べて、栄養をたくさんとってくださいね。
最初のmachi-chiさんの質問には答えることができなくて本当に申し訳ない気持ちなのですが、病気が良い方向に向かうことをお祈りしています。

Q梅毒の抗体について

先日、手術前の血液検査で梅毒の抗体が+になっていると言われました。
今までに血液検査を何度かしていますが(今まで梅毒の抗体を調べていたのか不明ですが)、初めて言われた内容です。
先生に尋ねると心配はいらないと言われ、何の検査もしない状態で手術(胆嚢摘出)を受けるのですが、大丈夫なのでしょうか?
また、他人及び子供には感染の心配はどうなのでしょうか?
本人は全く、自覚症状も感染する事をした行為についても覚えがないです。

Aベストアンサー

 TPLA(Toreponema Pallidum Latex immuno Assay)とは血清中に存在する梅毒菌体に対するTP抗体価を測定する検査法ですので、TPHA法と同じような意味を持つ検査法です。
 なので、質問者さんの場合には、<STS陽性・TPHA陰性> 生物学的偽陽性反応か梅毒の初期が考えられます。この場合にはFTA-ABSを行い、陽性であれば梅毒を考え、陰性であれば後日再検査を行います。再検査でもSTSのみ陽性の場合は、脂質抗原に対する自己抗体が見出されたと考えます。
 と言う組み合わせの状態でないかと思われます。(TPQLに関してはどのような検査項目なのか分りませんでした。トレポネーマ(梅毒):TPかな?)
 なので、梅毒に罹患している状態である可能性は非常に薄いのではないかと思います。

Q梅毒の治療について至急教えてください

以前に梅毒治療の抗生物質の副作用について質問させていただいたものです。

今日担当医に抗生物質の薬の副作用が強いということについて話したところ、その他の薬はないと匙を投げられました。

以下にこれまでの経緯をまとめます。今現在精神的に不安定な状況に追い込まれています。アドバイスをお願いします。

===============================
梅毒の抗体値32倍と言われペニシリン系サワシリンを4ヶ月分処方。
飲み始め5日後に、体の血の気が引き胸の締め付けや不安感、息苦しさを覚えどうしようもなくソワソワする症状が出る。(3時間ほどで治まる)

飲み始め15日後に同様の症状があらわれ言いようのない不安感や恐怖感に陥る。4時間ほどで治まる。

担当医に相談したら「サワシリンの副作用とは断定できないが、飲むのが怖いなら別の薬を処方する」と言われミノマイシンを処方される。

ミノマイシンを飲むと頭を軽く締め付けられるような頭痛があり、吐き気やめまいのような症状が現れる。食欲は減りいつもの食事の1/3ほどしか食べられなくなり、電話で担当医に相談したら「副作用かもしれないしそうじゃないかもしれない。とりあえず服用をやめて検査しましょう。」と言われ、翌々日(つまり今日です)に検査に行く。
ミノマイシンの服用を始めた日以降から今日までも、サワシリンを飲んだ時に現れた劇的な症状ほどではないが、胸が締め付けられ不安感が続くということが一日に何回か起こる。


検査結果は抗体値32倍のままで、先生曰く「若干収縮している」とのこと。「ただし、抗体値が8倍以下になっていないから治っているとはとても言い難い」と言われ、その後「サワシリンとミノマイシンが(学会で)推薦されている薬だから、これ以外の薬では不完全な治療になる可能性がある」と言われ、他の系統の薬を処方してもらえず。

また、「副作用は1%ぐらいだからそんなに出るものではない」とも言われる。

その後「取り寄せになるけどバイシリンという薬がある」と言われ処方箋を一応書いてもらったが、薬局では「置いてないですし取り寄せには時間がかかる」と言われる。

このあと私は「ペニシリン系の薬を飲むとあの発作のような症状が現れるかもしれないので恐怖感がある」とか「テトラサイクリン系(ミノマイシン)は頭痛と吐き気が続くので仕事ができる状態にならない」と訴えても、「それ以外は特効薬と呼べるものがない」と言われ、しまいには「我々は情報を提供する立場です。薬を飲むかどうかはあなた次第です。」と匙を投げられました。


一応「マクロライド系のクラリスロマイシンとかはどうですか?」と私は提案したのですが、軽く流されてしまいました。

=======================================

新しく処方されたバイシリンはペニシリン系なのであのような不安感に襲われるかもしれないと思うと怖いですし、ミノマイシンはめまいと吐き気で普通に行動するということは難しくなります。

「あれもこれもダメとなると治療する薬がない」と言われた最後の言葉が非常にショックで、『どんな副作用でも我慢して飲まないといけなかったのかな・・・』と思い泣きそうになりました。

抗生物質を最後に飲んでから二日経ちますが、今も頭の中が少しだけ「もや」のかかった感じでスッキリしませんし、胸が締め付けられ不安感が広がることがあります。

先生にも見放され薬もないと言われたらどうしたらいいのかわかりません。

不安で死にそうです。


誰か助けてください!知恵を貸してください!本当に苦しいです。

どこか相談できるところでも何でもいいので教えてください。お願いします。

以前に梅毒治療の抗生物質の副作用について質問させていただいたものです。

今日担当医に抗生物質の薬の副作用が強いということについて話したところ、その他の薬はないと匙を投げられました。

以下にこれまでの経緯をまとめます。今現在精神的に不安定な状況に追い込まれています。アドバイスをお願いします。

===============================
梅毒の抗体値32倍と言われペニシリン系サワシリンを4ヶ月分処方。
飲み始め5日後に、体の血の気が引き胸の締め付けや不安感、息苦...続きを読む

Aベストアンサー

まずは落ち着きましょう。不安で死なないで下さい。
たかだか梅毒です。エボラ出血熱でもあるまいし。
現代では不治の難病ではありません。(勿論あなどってはいけませんが)

クラリスロマイシンは、梅毒への適用はありませんよ。

基本的な話ですが、薬は「毒をもって毒を制する」ものだと言う医者がいました。
薬は所詮毒なんだから、何らかの弊害もあるさ、と。
たとえば抗がん剤。使用すると吐き気や脱毛など強い副作用が出てフラフラになります。
でも病気をやっつけるためには使うしかありません。
あなたの場合、薬の使用による副作用と、得られる効果のどちらを取るか、
についても医師に判断を仰がねばなりません。

それと『副作用』と書いておられる今の症状(頭痛、吐き気、めまい、食欲不振)は、
心因反応かもしれませんよ。精神的にかなりまいっておられるようですし。

ところで、病院を変える、違う医師に診てもらう、という選択肢はないのですか?
医者はたくさんいますよ。あなたと相性のいいお医者様もいるはずです。

ペニシリン系が梅毒の第一選択薬である事に変わりはありませんが、
一応「他の薬という選択肢もなくはないんじゃない?」という意味で、
ペニシリン系、テトラサイクリン系以外で、
梅毒に適用がある(と添付文書に書かれている)薬を挙げておきます。
あなたの現在の病状に合っているかどうかまではわかりませんが。
・エリスロシン、エリスロマイシン(マクロライド系)
・アセチルスピラマイシン(マクロライド系)

少しは気が楽になったでしょうか?
治ったら、もう性病にかかるようなことしちゃ駄目ですよ。

まずは落ち着きましょう。不安で死なないで下さい。
たかだか梅毒です。エボラ出血熱でもあるまいし。
現代では不治の難病ではありません。(勿論あなどってはいけませんが)

クラリスロマイシンは、梅毒への適用はありませんよ。

基本的な話ですが、薬は「毒をもって毒を制する」ものだと言う医者がいました。
薬は所詮毒なんだから、何らかの弊害もあるさ、と。
たとえば抗がん剤。使用すると吐き気や脱毛など強い副作用が出てフラフラになります。
でも病気をやっつけるためには使うしかありません。
あなた...続きを読む

Q感染を防ぐため、献血後にエイズ検査の結果報告を

エイズは発症までに数年かかる病気です。ですからエイズにかかっているのを自覚無しに献血する人もいるでしょう。
献血検査段階で必ずエイズ血液検査や他のC型肝炎等の感染血液検査は実施されているはずです。
献血血液検査段階でエイズ感染が疑われた場合は、本人に通知すればエイズの拡散化も防げるはずです。
献血時の事前検査に「エイズの検査が目的ですか」との問いがあり、○をすると献血できないのはおかしいのではないでしょうか。
献血とは他の人の生命を助けるのが目的ですが、知らずに他人に移してしまうことを防ぐのも
医療じゃないんでしょうか。
私は50回以上献血しています。
エイズ感染を知らずに善意で何回も献血を繰り返す人への注意の促しと、知らずにエイズを広げてしまう現状を改善できませんでしょうか。
エイズ検査を目的で検査がてら多くの献血者が来すぎる事も怪訝されますが、献血者の住所、名前その他何かの方法を考慮できないものでしょうか。

Aベストアンサー

私も同じような疑問を持ち、日本赤十字社に回答を求めました。血液事業本部の担当様より、「感染者に対して早期治療を促す、または拡散防止についての重要性は認識しているが、検査目的の献血を誘発させないためにも、通知も告知もしないという方針を貫くことが、輸血を受ける患者を守ることになる」という趣旨のメールを戴きました。HIVなど、感染初期の一定期間は検査をしても反応しない空白期間(ウィンドーピリオド)が存在するため、もしも通知するというサービスがあると、この期間に当たる感染者が献血ルームに押し寄せ、検査を擦り抜けた血液が患者に輸血されてしまう危険があります。現状では、このウィンドーピリオド問題が解消しない中で、通知しないという方針は変えられないことを理解する必要があります。献血しても何ら通知されない、検査は保健所や病院でしか受けられないと強調することでしか、輸血される患者を守れないのです。HIVに感染していると、皮膚や粘膜の異常・痒みや発熱、倦怠感などの体調変化、白血球数や肝機能の数値で異常値を示してくるため、自覚無しに献血を繰り返す、などは難しくなるのでは。



【東京都赤十字血液センターWeb】より
Q なぜエイズ検査をしていないのですか?
A 輸血用の血液として患者さんにお渡しするために、献血された血液に対しては非常に厳格なHIVの検査を行っています。しかし、献血は検査をすることが目的ではありませんので、HIVの検査結果は通知しておりません。献血ではない一般の方のためのエイズ検査は保健所などで行われています。


Q エイズ検査結果も教えてほしいのですが?
A エイズ検査の結果を通知すると、HIVに感染しているかもしれないと思っている人が、HIV検査の結果を知る目的で献血する恐れがあります。現在の科学技術では、感染してすぐの時期にはHIVを検出できません。特に感染を起こす恐れのある行為をしたばかりで不安なために検査をしたいと思っている方の場合には、感染していても検査でわからないことが多いと思われます。そのような時期に献血されますと、検査をすり抜けた血液が患者さんに輸血されてウイルスが感染してしまう恐れがあります。このような理由でエイズ検査結果はお知らせしていません。より安全な血液を患者さんに届けるためにもご理解をお願いいたします。


Q 献血をするとエイズに感染しているかわかると聞いたのですが?
A 輸血用の血液として患者さんにお渡しするために、献血された血液に対しては非常に厳格なHIVの検査を行っています。しかし、献血は検査をすることが目的ではありませんので、HIVの検査結果は通知しておりません。献血ではない一般の方のためのエイズ検査は保健所などで行われています。
http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/qa/index2.html

参考URL:http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/qa/index2.html

私も同じような疑問を持ち、日本赤十字社に回答を求めました。血液事業本部の担当様より、「感染者に対して早期治療を促す、または拡散防止についての重要性は認識しているが、検査目的の献血を誘発させないためにも、通知も告知もしないという方針を貫くことが、輸血を受ける患者を守ることになる」という趣旨のメールを戴きました。HIVなど、感染初期の一定期間は検査をしても反応しない空白期間(ウィンドーピリオド)が存在するため、もしも通知するというサービスがあると、この期間に当たる感染者が献血...続きを読む


人気Q&Aランキング