人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

現在、専門学校でWebを学んでいるものです。
(23才)
大学卒業後1度の転職をはさんでいます。

Web方面の会社を受けても、書類に職歴を満足に書くことができないので、面接も通らない状態です。

このような状態が続くと、世間に恨みやマイナスの感情を持つようになりそうになっています。

今の状態を打開したいのですが、選択肢は3つしかないような気がします。
(1)あきらめず就職活動を続ける
(2)フリーランスで活動する
(3)自殺する

職歴をごまかしてしまって就業していないことにするほうがいいのか、それともしっかり事実を書くのかということも含めましてご教示いただければと思います。

働きたい、Webの業界で成功したいと言う気持ちのみが空回りしている状況
は辛いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

新卒で就職活動していた時期が、就職氷河期で20社以上不採用になり、苦労した経験がある者です。



質問者様の年齢でしたら、じゅうぶん第二新卒の枠で入社できると思います。
資格の勉強と併行して転職活動もアリではないでしょうか。

>このような状態が続くと、世間に恨みやマイナスの感情を持つようになりそうになっています。

世間への恨みはともかく、不合格が続けば人間性を否定されているような気持ちになるのは、わりと普通の感情だと思います。

選択肢は、(1)~(3)までしか書かれていませんが、
就職活動の方法として、

●一度キャリアカウンセリングを受けてみる。
今はwebカウンセリング・電話カウンセリングなどが無料で出来ます。
http://net.j-cda.org/pc/


●人材紹介会社を利用してみる。
リクルートエージェントなどに登録してみたらいかがでしょうか?
一度面談して、ご自身でも応募可能な会社を紹介してくれるかもしれません。
(※もし人材紹介会社の求人が合わなければ、断って、利用停止しても大丈夫です。利用料は無料です。)
http://kuchiran.jp/business/recruit.html


●書類選考で落ちるなら・・・
エンジャパンの「レジュメコーチ」を利用してWEB履歴書・添削をしてもらうと良いと思います。
プロが丁寧に優しく添削してくれます。
一度、添削してもらったら、そのアドバイスを元に自分で訂正して、再提出することで、さらに添削してもらえます。
https://employment.en-japan.com/

できることは、いろいろありますので、マイペースで頑張って下さいね。
冗談だと思いますが、(3)のようなことは、家族や親しい人が悲しむので書かない方が・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な解決策を含めた回答ありがとうございました。

これらのところ、是非活用したいと思います。

人材紹介会社は何度か利用したこともありますが、どうも「最初だけ」というところが多く、無責任な印象を持ってしまっておりますので、自分の目で判断した上で、登録することから始めたいと思います。

>>冗談だと思いますが、(3)のようなことは、家族や親しい人が悲しむので書かない方が・・・
ここに書くべき内容としては、不適切かと思います。しかし、これは自分の気持ちの表れでもあり、固い決意の象徴ともいえるものです。30までで成功しなければ自ら自決するというのは、「自分自身に課したノルマ」です。そのくらい本気であることをご理解いただければ幸いです。また、現在自殺しようとは思っておりません。

不適切な表現がありましたことをお詫びいたします。

お礼日時:2008/02/22 21:56

私も同じように悩んでいる時期がありましたのでアドバイスをします。



大学卒業後、web製作会社をいくつか受けましたが、
同じように未経験でしたので、書類で落ちてしまう状況でした。
派遣も経験がないということで断られましたね^^

まずは就職は諦め、バイトからはじめました。
フォトショのバイト、web製作のバイトをし、
そのあたりから、書類ですぐに落ちることはなくなりました。
現在は就職し、web製作の仕事をしています。

いきなり就職はかなりきついと思いますので
バイトからもひとつの手ですよ^^
仕事はかなりきついですが頑張って。
年齢も若いのでこれから頑張れば大丈夫ですよ^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

まずはアルバイトからのスタートが懸命のようですね。今週から行動しようと思います。

>>仕事はかなりきついですが頑張って。
その点は、よく選んでいきたいと思います。実際、今も卒業制作中で徹夜の作業続きです。でも、自分が固い決意で選んだ物なので、投げ出すことはしてはいけないものであると思っております。

懸念していた体調のほうも良くなり、風は良い方向に向いているのではと感じられる今日この頃です。

お礼日時:2008/02/24 09:05

度々申し訳ありません。



>30までで成功しなければ自ら自決するというのは、「自分自身に課したノルマ」です。

この決意を非難する訳ではありませんので、それを念頭において聞いて下さい。

私は大学時代、とても真面目に勉強していて、あまりバイトしたり遊んだりしていませんでした。
そのため新卒時代の面接では、「真面目で堅い人」「柔軟性がなさそう、コミュニケーション能力はあるのか」等と思われたようです。
これが就職活動で苦労した一因です。

話を戻しますが、堅い決意があるのは素晴らしいのですが、それは内心に留めて、あまり面接で全面には出さないほうがいいと思うのです。
(普段から強い感情を抱いていると、自然と外にも出てしまうので、少し大らかな気持ちでいる方が、人生は上手くいくかもしれません)

というのは、「心に余裕のない人」「大きな挫折があったら、思いつめる人」等と、不当な評価をされる可能性もあると思ったからです。

私自身は、長年の経歴をつんだ人事担当者ではなく、質問者様とそれほど年齢が変わらないので、自分の経験を元にアドバイスさせていただきました。

私の意見が、全て正しいとは言い切れません。
ですから、意見の一つとして参考にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々の回答ありがとうございます。

今の回答を読んではっ!っと思えた部分がありました。

それは、心に余裕がないことです。現に今も病気療養中の身分をいいことに学校にこもりっきりで制作をしているので、どうしても強い感情を自分の中で育てている気もします。

アルバイトでも何でもいいからというわけではないのですが、少しずつ行動もしたほうがいいのかも知れないですね。

まずは日本全国の制作会社を受けるぐらいの心意気を持ちつつも、余裕やゆとりの持てるような精神状態を維持しておいたほうが良いとも思います。

まだ、フリーになるにはまだ未熟だと思いますので、就職して頭角を現すことから始めていきたいと感じる次第です。

最後に。
回答者様の人生も私そっくり、いやほぼ同じような学生生活を歩んできたことには驚きました。ただ文章を見る限りでは大らかな印象を見受けるので、そこが私との違いなのではとも感じます。
私はどちらかといえば自己主張がかなり強いタイプ(少し独裁者タイプの人間)なので、その部分を表に出さないようにせねばと思いました。

「真面目な人間が受け入れられないなら、思いっきり不真面目になってやる。0か100しか絶対に認めない」そう考えていつも行動してきた自分に親切な回答誠にありがとうございました。

お礼日時:2008/02/23 03:07

No.5の回答をした者です。



回答を拝見した補足ですが、

>不適切な表現がありましたことをお詫びいたします。
不適切といいますか、
仮に、私が質問者様の両親や親しい人間だとしたら、自分の大切な人が「仕事で上手く行かなかったら自決する」という話を聞いたら、悲しい気持ちになると思ったので、書きました。

真剣に活動なさっているのは、とても立派です。
ですが、健康あっての仕事ですから身体は大切になさって下さい。
私は前職を、「過度な職場ストレスによる体調不良」により退職しているので少し心配になりました。

>人材紹介会社は何度か利用したこともありますが、どうも「最初だけ」
私も利用した事がありますが、私の経験職種の場合は「契約社員」がほとんどと言われて、利用停止することになりました。

ただし、エージェントと電話で話すことで、(←会社まで面談に行かず、電話で面談してくれるように頼みました) 転職理由の上手な言葉表現を得られて、役に立ちました。

<具体例>
例: 転職理由の一因は、収入が少なすぎたこと。

これを、そのまま応募先に伝えるのはマイナスです。
しかし、具体例をあげて自分の実績や会社での客観的な評価を踏まえて、「このような業務改善を行ってきました。ぜひ正当な評価をしてくれる会社で働きたいと考え、転職を決意しました」と繋げれば、前向きな印象になりますよ。

と、教えてもらいました。

人材紹介会社の利用は、早々に停止となりましたが、面談で仕入れた情報だけでも役に立ったと感じました。

あと就職って、わりと「ご縁」や「タイミング」も大切だと思います。
これは、自分の能力や努力で、どうにかなるものではありません。

その他、転職活動の方法のアドバイスとしては、

●模擬面接を受ける。
私は、最寄のハローワークで職員の人に頼んでやってもらいました。
他にもヤングハローワーク等でも実施されています。
もし時間に余裕があれば、覗いてみても宜しいかと思います。

客観性が大切なので、一度やってみても良いかもしれません。
面接での失敗点に気づかず、同じ事を繰り返すのは時間の無駄です。

まずは、書類選考通過が第一歩だと思いますが、一つ一つ、ご自身のペースで頑張って下さい!
    • good
    • 0

はじめまして。


まず、職歴をごまかすのはNGです。希望の会社に入社できても
その会社が雇用保険などの手続きをする上で、職歴が分かります。
就職できたときのことを考えると、その会社で働きやすい環境を作るためにもやめたほうがいいです。
Web方面の会社を望んでいるとの事ですが、職歴に自信が持てないのならば
資格をとってはいかがでしょうか?情報処理系の・・・(それともデザインのほうなのかな?)
就職活動を続ければ面接の練習にもなります。履歴書の上手い書き方、
自己PRの練習にもなります。ですから、就職活動をしながら
資格習得を考えてはいかがでしょうか?
最後になりますが、フリーランスと就職活動の両立は難しいと思います。
就職なのかフリーランスなのか焦点をきちんと絞るべきです。
ただ、社会をきちんと見るためにもまずは就職をしたほうが
無難な選択だとは思います。
(質問者様のWEBに関する能力が私には分かりませんので、一般論ですけどね)

頑張ってください。
この苦労も数年後には、「あのころは・・・」なんて懐かしく思えてくるのですよ。人生とは不思議なものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

まずは就職を選んだほうが懸命な選択であることは、間違いなさそうですね。

ただ、「何としても・どんな手を使ってでも」自分が生活するための糧と技術は欲しいものですし、何としても足がかりとなるべきものは手に入れないといけないと思っております。

一応、プログラム関係の知識もわずかながらありますので、デザインのみしたいということでもないので、その点が武器になれば良いと思います。

若いうちの苦労は買ってでもしろといいますが、若干苦労を買いすぎてしまったかな?とも思います。

これが、いつかプラスに働けばいいと思います。

お礼日時:2008/02/22 21:50

初めまして。


質問者様の質問を読ませていただきました。

私は大学卒業後メーカーに就職しました。
質問者様の質問を私の立場から回答させていただくと。
(あくまでも個人的な見解にしかすぎません。私は質問者様のことが分からないので・・)
まず職歴のごまかしはいけません。
正直に書いても問題はないと思います。たとえば一度就職したけれど夢を捨てられなくて一念発起してやり直した。とか自分のチャレンジした
い事を見つけられた。など正直に自分の気持ちを書けばよいと思います。
質問者様のような立場の若者も昨今では全く珍しくなく企業もそういう若者を切り捨てていたら人材がなくなってしまいます。

芸術方面の業界はとにかく厳しいと思います。気持は、1000社エントリーして面接まで行くのはそのうち10社未満だと考えていかなければならないと思います。ですから会ってくれているうちは(面接をうけられる)現状はけして悲観するほどのことではないと思います。

将来はその道で成功したいのならこれからも就職活動を続けるべきです。ただそれだけでは実際スクールを出てしまえば路頭に迷ってしまいますので、とりあえずはバイト、派遣などでたとえ分野外でも仕事はするべきです。(もしくは援助を頼むという方法もありますが、これは、よほど将来の自分に確固たる意志がないと、すべて中途半端な中年になってしまいます。)。

がんばって下さい。世の中は基本的にすべての人に平等に成功の機会が与えられているわけではありません、中にはさしたる苦労もなく成功している人もいます。
まわりには流されないことが重要なポイントです。
がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まず、回答ありがとうございます。

>>まず職歴のごまかしはいけません。
そう思います。しかし、そこでしか企業の人間は判断できないものだと思います。なので、自分にとってマイナスに働くものは必要ないのではないかとも思います。

>>一度就職したけれど夢を捨てられなくて一念発起してやり直した。
まさに自分はそのとおりです。

>>質問者様のような立場の若者も昨今では全く珍しくなく企業もそういう若者を切り捨てていたら人材がなくなってしまいます。
たくさんいると思います。しかし、昨今の若者のリトライを難しくしているのも企業です。なので複雑な感情が私の中にあります。

>>将来はその道で成功したいのならこれからも就職活動を続けるべきです。ただそれだけでは実際スクールを出てしまえば路頭に迷ってしまいますので、とりあえずはバイト、派遣などでたとえ分野外でも仕事はするべきです。
おっしゃるとおりだと思います。ただ分野外の仕事を私も在学中にしておりましたが、やはり続かないし、体をぶっ壊して終わった経験があるので、やはり分野内でしたいと思います。

>>世の中は基本的にすべての人に平等に成功の機会が与えられているわけではありません、中にはさしたる苦労もなく成功している人もいます。
まったくそのとおりですね。自分はこの業界で成功するために現在を生きているといっても過言ではない生き方をしていますし30までに結果が出ない場合は自分の人生に終止符を自らの手を打つつもりで生きています。そのくらいの覚悟と心意気で現在生きています。

小手先のつまらないことができない性格故に夢の実現に遅れをとっている現状は何とも歯がゆいものですが、頑張っていきたいと思います。

お礼日時:2008/02/22 18:55

そもそも就職活動って、そんなに簡単に決まらないもんです。


不採用に何社なったのかわかりませんが、会社は星の数ほどあります。
そんな状況でフリーになったとして、仕事を得る自信はあるのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まだ不採用になったのは2社くらいです。

この状況でフリーになって成功する自信があるのかという質問に対しては、「人に恵まれれば成功できる」と思っております。

確かに、会社は星の数ほどありますので、全国全都道府県の会社すべて受けるような心意気で頑張りたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/22 18:43

フリーランスで活動しつつ就職先を探す・・・

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

フリーでも多少は活動していますが、やはり独学での限界を感じることや、仕事やコネクションを得ることでいくつかの壁を感じることはあります。

面接で落ち続けるよりは、手当たり次第なんでもいいのでコネクションを作ることが大切だとも思います。

現在も活動はしておりますので、めげずにがんばろうと思います。

お礼日時:2008/02/22 18:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング