プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

 たとえばロケットが飛んでいます。
 それが減速を開始するために進行方向とは逆方向にロケットエンジンを一定推力噴射するとして、減速開始から完全停止までの距離計算はどうなるのでしょうか?
 初期速度を積分すれば出てくるものなのでしょうか。
 そして、そのときにかかった時間は質量比の逆数を加速時間にかけてやれば出てくるといわれていますが、それはどのような計算でできるのでしょうか。
 よろしくお願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

計算上では、静止から最終速度への加速と全く同じです。

減速でも加速でも変わるところは全くありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速の回答ありがとうございます。
 あくまで加速時の計算式を減速時の計算式として使っても差し支えないということでいいのでしょうか。

お礼日時:2008/02/22 18:58

その通りです。

加速も減速も計算上は同じです。但し、厳密には空気抵抗・重力・地球自転による遠心力は計算外になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 すばやいご返答ありがとうございます。
胸のつかえが取れた気分です。

お礼日時:2008/02/22 20:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング