【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

平成3年に住宅金融公庫より1380万JAより4300万を借入して
住宅を取得しました。
土地は元嫁の父親でJA、公庫ともに担保設定されています。
公庫に限っては、義父が担保を差し出すのと同時に連帯債務者の登記もしてあります。JAは連帯保証人
その住宅で事業をはじめ現在に至りました。
その事業を今年1月にやめて、別の場所にて事業を再開しました。
現在、事業のほうが軌道に乗ってないため収入がありません。
今後、収入が上がらなかった場合、リスケジュール以外に方法はないのでしょうか?
当初より借地権の契約は義父と交わしておりません。
自分としては、ちゃんと契約を交わし現在の建物を賃貸物件として貸したいのですが、義父は契約はいやだと言い交わしてくれていません。
家賃収入がないとローンが払えなくなります。
このままローンを払わないとどの様になるのでしょうか?
競売にかかり残債はどちらにかかってくるのでしょうか?
私の方に来た場合新しく始めた事業の口座等を差し押さえられるのでしょうか?
それとも連帯保証人が全部残債を受けて、私が連帯保証人に毎月いくらか返済していくのでしょうか?最善策をお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>このままローンを払わないとどの様になるのでしょうか?



主たる債務者の質問者さんが滞納した場合は「分割して払うという期限の利益」を失い、連帯保証人に対して一括で払え、払えない場合は差し押さえて競売します。となるでしょう。

>競売にかかり残債はどちらにかかってくるのでしょうか?

質問者さんが払わないのなら、元嫁の父親さんに請求が行き、父親も払わなければ担保の差し押さえで回収します。

>私の方に来た場合新しく始めた事業の口座等を差し押さえられるのでしょうか?

これは無いでしょう。そんな事をしなくてもいいように土地建物を担保をとって連帯保証人をつけさせてる訳ですから。

>それとも連帯保証人が全部残債を受けて、私が連帯保証人に毎月いくらか返済していくのでしょうか?

代わって返済した連帯保証人は質問者さんに対して、求償権という「立て替えたローン代金を返せ」という権利がありますので請求してくるでしょう。


>義父は契約はいやだと言い交わしてくれていません。

娘と離婚した元息子の頼みは聞きたくないでしょうね。
父親からすれば担保だして連帯債務者と連帯保証人になってるのなら、質問者さんと同じ債務を負ってる立場です。
質問者さんが返せないなら、自分が返さないと担保を取り上げられます。だとしたら新たに賃貸人など入れさせて居住権などで権利をややこしくするような事はしないでしょうし、元息子がローン返済できるように協力してやる義理もないでしょう。と思います。

この回答への補足

早々のご回答ありがとうございます。

>それとも連帯保証人が全部残債を受けて、私が連帯保証人に毎月いくらか返済していくのでしょうか?

代わって返済した連帯保証人は質問者さんに対して、求償権という「立て替えたローン代金を返せ」という権利がありますので請求してくるでしょう。

この求償権で請求してきた場合、私の方に多少の支払い能力があるとした場合、毎月いくらか払うと言う意思を見せればよいのでしょうか?
一番恐れているのが、現在の収入を差し押さえされる事なのです。
鬼になると決めたので、都合のいい話ですが一銭も払わずローンをなくしたいのです。

補足日時:2008/02/23 08:28
    • good
    • 0

ANo2です。



完全に請求から逃れ確実に一文も払わずにすむ方法は、自己破産しかないと思います。

求償権により請求された場合は、「質問者さんが認める」か「裁判の判決」により有効になります。

つまり「質問者さんが認めない」なら元父親は裁判して請求を認めてもらう必要があります。このケースの「求償権に基ずく請求」は裁判で認められると思います。そうなると質問者さんに収入や財産がある場合には「判決に基づき差し押さえ」をかけてくる可能性があります。

質問者さんに裁判をしてまで取り立てるほどの財産、収入が無い場合は
請求するだけで、裁判まではしてこないと思いますが・・・
    • good
    • 0

抵当権がある=土地建物を差し出してチャラ、他の物は手をつけない、という意味ではありません。



抵当権は銀行から見たらあくまで「滑り止め」です。
土地建物差し押さえや競売は最終手段です。
銀行はその前に当然ローン契約者の質問者様および連帯保証人の義父様の預貯金などの財産を差押えをしたりすることが可能ですし、当然そうして来るでしょう。

新しく始めた事業が、きちんと法人化されていなければ、銀行にとってその事業の財産や売掛金などを差し押さえることが可能です。
    • good
    • 0

義父さんとてmusashi1さんと同じ債務を背負っているわけですから、なんとかしたいと考えていると思います。


もしも残債の3600万円より高く売れそうなら、売ってしまうのが最善策だと思います。
一度、数社で査定してもらい、元義父さんを説得することはできませんか?
    • good
    • 0

文面からすると既に破産状態ですね。


返済が滞った場合、競売で土地・建物もろとも持って行かれます。
もちろん他に資産が有れば差し押さえの対象になると考えた方が良いでしょう。

それから、連帯債務者、連帯保証人の意味を調べてみましょう。
返済が滞った場合、債権者はどちらにも返済を求めることが出来ます。
簡単に言うと、取りやすいところから取ります。

契約は口約束でも有効に成立しますし、その土地に貴方が家を建てる際に、連帯債務者、連帯保証人にまでなっているのですから、借地契約が無いと義父が主張するのには無理があると思います。

以上の点を踏まえて、「家賃収入が無いと返済が滞り、迷惑をかけることになる。」と、正直に義父に状況を説明し、定期借地契約(もちろんある程度の借地料を払う前提で)を交わして賃貸に出すことをお奨めします。

貴方が鬼になれるなら、返済を全て義父に押し付けるという手も有りますよ。

この回答への補足

早々の回答ありがとうございます。

向こうの言い分は、とにかく連帯保証人を外さない限り、借地契約の判を押さないとの一点張りです。ありえない要求をしてくるので自分は、
鬼になろうと思います。

現在3600万円ほど残債があるのですが、差し出した担保では確実に
担保割れしています。
たとえば担保が2000万しかなかった場合、残りの1600万は、連帯保証人が持っている不動産等を差し押さえると言う事でしょうか?

補足日時:2008/02/23 08:16
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング