深海に生息するシロウリガイなどは、硫黄酸化細菌を体内に共生させていますが、この細菌は、光合成に依存しないでどのように硫化水素を利用しているのでしょうか?
硫化水素からシロウリガイが栄養とする有機物までの反応経路などをどなたか知っている方がいらしたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

追加情報です。


たまたま手元にあった以下の成書は如何でしょうか?
----------------------
嫌気微生物学  上木勝司,永井史郎∥編著
出版地 :東京
出版者 :養賢堂
出版年月:1993.11
資料形態:323p  22cm  4635円
注記  : 執筆:永井史郎ほか
件名  : 微生物学/ 嫌気性生物
内容  : 各章末:参考文献
ISBN:4842593229
NDLC: RA611
NDC : 465
---------------------------------
この本の7章は参考になりますでしょうか?
---------------------------------
嫌気性呼吸と硫黄代謝 石本真教授業績集  石本真∥〔著〕
出版地 :札幌
出版者 :北海道大学薬学部微生物薬品化学講座石本真教授定年退官記念会
出版年月:1988.5
資料形態:148p  27cm  
注記  : 著者の肖像あり
件名  : 嫌気性生物/ 細菌学
内容  : 業績目録:p137~146
NDLC: RA624
NDC : 465.8
-----------------------------------
ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に有難うございます。さっそく調べてみます。

お礼日時:2001/02/08 18:10

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「冷シロウリガイ類の生活」

更に、
http://www.hiroshima-u.ac.jp/Committee/forum/29- …
(深海生物学への招待)
http://www.zzz.or.jp/masasuma/alchemst/l99-226.htm
(99A-230)

ご参考まで。

参考URL:http://www.um.u-tokyo.ac.jp/dm2k-umdb/publish_db … http://home.hiroshima-u.ac.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卵白アルブミン=オボアルブミンですか?

本を読んでいて、よくわからなくなりました。
卵白アルブミンとは、卵白に含まれるアルブミンですよね。「アルブミン」というのはあるタンパク質の総称で、たとえばリゾチームみたいに単一のタンパク質の名前ではないんですよね?カゼインみたいにいくつかのタンパク質をまとめてそう呼んでいるのですよね?
卵白に含まれるタンパク質として、「コンアルブミン」「オボムコイド」「オボグロブリン」などいくつか名前が挙がっていましたが、その中に「オボアルブミン」というのがありました。(ありましたというかこれが一番多いですが…)
このオボアルブミンって和訳すると「卵のアルブミン」になると思うんですが、
「卵白アルブミン」と「オボアルブミン」は同じものを指すのでしょうか?それとも「卵白アルブミンといういくつかのタンパク質」のなかに「オボアルブミン」があるのでしょうか?
後者の場合、「卵白アルブミン」とは具体的にどれを指すのでしょうか?(オボグロブリンは名前からしてアルブミンじゃないので違うなあというのはわかるのですが…例えばコンアルブミンとか、オボアルブミン以外に何があるか)

本を読んでいて、よくわからなくなりました。
卵白アルブミンとは、卵白に含まれるアルブミンですよね。「アルブミン」というのはあるタンパク質の総称で、たとえばリゾチームみたいに単一のタンパク質の名前ではないんですよね?カゼインみたいにいくつかのタンパク質をまとめてそう呼んでいるのですよね?
卵白に含まれるタンパク質として、「コンアルブミン」「オボムコイド」「オボグロブリン」などいくつか名前が挙がっていましたが、その中に「オボアルブミン」というのがありました。(ありましたという...続きを読む

Aベストアンサー

素人のおぼろげな記憶ではありますが、「卵白アルブミン=オボアルブミン」だったと
思います。

一応、こちらなどで確認;
http://www.kyorin-pharm.co.jp/prodinfo/ConferenceInsight/ERS/2006/02-j_done.htm
(Ctrl+Fで「卵白」を検索して下さい)

他のサイトでも、「卵白アルブミン(OVA)」といった表記をちらほら見かけました。
(オボアルブミンは「ovalbumin」)


で、「アルブミン」は、蛋白質を溶解性で分けた場合の1分類に当たるようです;
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2508337.html

多分、
  アルブミン ; 水に可溶? (アルコールにも可溶?)     ┐→下2つの関係
  グロブリン ; ?       (水に可溶・アルコールに不溶) ┘    から類推
  プロラミン  ; 水に不溶・アルコールに可溶
  グルテリン ; 水・アルコールに不溶
といった感じの、溶解性で分類したときの総称になるのではないかと思います。

つまり、卵白蛋白質を上記分類法に従って分けたときに、
 卵白蛋白質
  ├(水可溶) オボアルブミン
  ├(  ?  ) オボグロブリン
  ├(アルコール可溶)
  └(水・アルコール不溶)
というように、卵白中の水溶性の蛋白質を指して、「オボアルブミン」と呼んでいる
のではないでしょうか。
(コンアルブミン(別名オボトランスフェリン)がここに含まれるのかどうかは、Webで
 ざっと調べた限りではわかりませんでした・・・)

なお、「ムコイド」というのは、確か蛋白質がムコ多糖類と結合した、糖蛋白のこと
だったと思いますので、これはオボアルブミンには含まないのではないかと・・・;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B3%96%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%82%B3%E5%A4%9A%E7%B3%96


・・・不確実な情報ばかりですみません(汗)

素人のおぼろげな記憶ではありますが、「卵白アルブミン=オボアルブミン」だったと
思います。

一応、こちらなどで確認;
http://www.kyorin-pharm.co.jp/prodinfo/ConferenceInsight/ERS/2006/02-j_done.htm
(Ctrl+Fで「卵白」を検索して下さい)

他のサイトでも、「卵白アルブミン(OVA)」といった表記をちらほら見かけました。
(オボアルブミンは「ovalbumin」)


で、「アルブミン」は、蛋白質を溶解性で分けた場合の1分類に当たるようです;
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2508337.html

多分...続きを読む

Q硫黄酸化細菌

硫黄酸化細菌について勉強したいと考えています。書籍やネットで調べてみたのですが、細切れの情報があるだけなので、ひとまとまりになった情報を探しています。下記につき、何らかの情報があればご教示下さい。よろしくお願い致します。

1.「独立栄養細菌」という書籍があり(今井和民著、化学同人)、そこそこ詳しく書いていると聞いたのですが、今では絶版になっていて入手できません(古本や地元の図書館も探したのですが)。入手方法(コピー可)などご存知ありませんか。

2.他、ひとまとまりのレビュー(英語でも可)をご存知でしたら、その情報をご教示下さい。

Aベストアンサー

> 入手方法(コピー可)などご存知ありませんか。

 「NACSIS Webcat」(↓1番目)で検索すると,所蔵する大学図書館が132ある様です。お近くの図書館で相談されれば,図書館経由で借り出す事が可能かもしれません。

 たぶんダンボールの中を引っ繰り返せば,私も持ってると思いますが,このサイトでは連絡の取りようがありません。連絡取る素振りを見せると削除されますから,御注意を。

> ひとまとまりのレビュー(英語でも可)をご存知でしたら、その情報をご教示下さい。

 ちょっとお高いかもしれませんが,こんな本(↓2番目)がある様です。

 「独立栄養細菌の生化学
   -地球環境にかかわる微生物-」
  執筆者 山中 健生
  出版社 アイピーシー
  体裁/価格 B5判 215ページ 上製本
  定価/本体20,000円+税
  発行日/1999年3月10日

参考URL:http://webcat.nii.ac.jp/, http://www.ipcj.com/books/chemistry/784.htm

> 入手方法(コピー可)などご存知ありませんか。

 「NACSIS Webcat」(↓1番目)で検索すると,所蔵する大学図書館が132ある様です。お近くの図書館で相談されれば,図書館経由で借り出す事が可能かもしれません。

 たぶんダンボールの中を引っ繰り返せば,私も持ってると思いますが,このサイトでは連絡の取りようがありません。連絡取る素振りを見せると削除されますから,御注意を。

> ひとまとまりのレビュー(英語でも可)をご存知でしたら、その情報をご教示下さい。

 ちょっとお高いか...続きを読む

Q血液中のアルブミン

血液中のアルブミンの働きについて、また血中アルブミン量が低くなりすぎると何がおこるか。

と問われたとき、答えは、

アルブミンの働き
1、浸透圧の維持
2、重金属・ビリルビン・薬物・脂肪酸などを輸送する

アルブミン量が低くなりすぎると

浸透圧が低下し、組織液から血管内へ水分移動ができなくなり、組織中の水分量が多くなり浮腫ができる。

という答えでいいでしょうか?
また、溶血性黄黄疸や、閉塞性黄疸、肝細胞性黄疸はビリルビンが溶血したときに起こるのですか?

回答お願いします。

Aベストアンサー

>>アルブミン量が低くなりすぎると

>>浸透圧が低下し、組織液から血管内へ水分移動ができなくなり、組織中の水分量が多くなり
>>浮腫ができる。

もう少し正確に詳しく書くと

まず、物質移動が可能な血管は、動脈、静脈、毛細血管のうち毛細血管だけなので
毛細血管への水の移動ができなくなる。

また、浸透圧はこの場合は膠質浸透圧ですね。
アルブミンがほぼ血液の膠質浸透圧の形成を担っています。

毛細血管での膠質浸透圧は、常に血管側が高くなっています。
そして
血圧>>膠質浸透圧の部分で物質が組織に移動し、
膠質浸透圧>>血圧の部分で組織から物質や水が移動します。

これに対し、膠質浸透圧がアルブミン不足により下がり
常に血圧>>膠質浸透圧となると

水が血管に戻れないため、末梢組織では浮腫が
肺では、肺水腫が起こります。
浮腫と肺水腫は全く同じ機序によるものです。
肺胞に押し出された水が毛細血管に戻れないため肺水腫になります。

ですのでアルブミンが低下した際に、、となった場合に浮腫を上げるならば
同時に肺水腫を上げるのが、生理学を暗記ではなくきちんと理解している
証になると思います。

>>また、溶血性黄黄疸や、閉塞性黄疸、肝細胞性黄疸はビリルビンが溶血したときに起こる
>>のですか?

溶血性貧血の黄疸などは溶血に伴うものですが、すべてではないですよ。


赤血球は寿命が120日ですので、寿命が来ると分解されます。
ビリルビンも分解されますね。
その際の代謝過程で異常があるとビリルビンが分解されず、
高ビリルビン血症となり黄疸がでます。

肝細胞性黄疸などは肝炎や肝硬変により、肝臓でのビリルビン代謝ができない
ために起こります。

これは今回は上がっていませんが新生児黄疸も同じ機序です。

新生児は肝機能が完全でないため、同じく肝臓でのビリルビン代謝がうまくできず
黄疸がでます。

ちなみにビリルビンは光で分解されるため、新生児黄疸の場合は光療法が行われます。

>>アルブミン量が低くなりすぎると

>>浸透圧が低下し、組織液から血管内へ水分移動ができなくなり、組織中の水分量が多くなり
>>浮腫ができる。

もう少し正確に詳しく書くと

まず、物質移動が可能な血管は、動脈、静脈、毛細血管のうち毛細血管だけなので
毛細血管への水の移動ができなくなる。

また、浸透圧はこの場合は膠質浸透圧ですね。
アルブミンがほぼ血液の膠質浸透圧の形成を担っています。

毛細血管での膠質浸透圧は、常に血管側が高くなっています。
そして
血圧>>膠質浸透圧の部分で物質が組織に...続きを読む

Q【人体の水素】1日に人間の体内から水素はどれくらい生成されますか?人体から自然生成される水素の量

【人体の水素】1日に人間の体内から水素はどれくらい生成されますか?

人体から自然生成される水素の量を教えてください

Aベストアンサー

人間の体は水素を生成しません。 また、水素はそのままの形では地球上に存在していないゆえ、全て人工的に作られます。

Qタンパク質制限中のアルブミン改善とは?

母(71歳)は現在、肝硬変の末期です。
週1回くらいの頻度で胸やお腹に溜まる水を抜く処置を受けています。

昨日、栄養指導を母と共に受けたのですが、今後はアンモニアの体内蓄積を避けるためにタンパク質摂取の制限が大切だと言われました。

医者からはアルブミンと言う値が低いので胸やお腹に水が溜まりやすいので、栄養改善が大切と言われました。

そこでアルブミン値を改善させる為にどうすべきかをネットで検索したところ、高タンパクの食事をすべきと書いてありました。

では、一体タンパク質を制限しながら、どうすればアルブミン値を改善すればいいのでしょうか?

アルブミン値を改善する為に、摂取すべき食材などのアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

栄養士の立場からお答えさせていただきます。
 血清アルブミン値を上げるためにタンパク質をとるということと、アンモニアの産生を抑えるためにタンパク質の摂取を抑えるということで、非常に混乱されているのではないかと思います。
 肝臓は体内で使われるエネルギーの出納とその種類(主に炭水化物、脂質、たんぱく質)を調整したり、体内の老廃物を解毒する役割を担っています。たとえば、多少タンパク質を摂りすぎても、不必要なタンパク質は分解され、その過程で生じるアンモニアは肝臓で無毒化されて尿素になり、腎臓から排出されます。タンパク質が分解されるのはもう一つあって、それはエネルギー源として使用される場合です。これは体内で炭水化物も脂質も利用できないときに起きます。しかし、その場合に生じるアンモニアも同様に肝臓によって無毒化されます。ここでのポイントは、タンパク質の摂取量が「多すぎても少なすぎても」体には良くないということです。過剰なタンパク質は分解され、エネルギーが不足しているときにもタンパク質は分解されます。
 対応策として、まず体たんぱくの分解を防ぐために必要なエネルギー量を考えます。非代償性肝硬変であれば体重1kg当たり25~30kcal程度です。次に体たんぱくの維持に必要なタンパク質の摂取量を考えます。同じく体重1kg当たり1.0から1.2g程度です。後はエネルギーを確保(必要によっては炭水化物や脂質の摂取量を増やす)した上で、適量のタンパク質を摂ることになります。肝臓の機能が低下しているので、体たんぱくの分解を防ぐために夜食を摂ることも勧められます。分枝鎖アミノ酸(BCAA)については入院されているのであれば、おそらく何らかの処置がされていると思います。
 肝硬変の末期は食事療法の効果が相対的に下がります。食事というよりはお薬のような栄養補給が必要になる場合が多いです。食欲が低下することが多いかと思いますが、できればお母様が食べたいものを食べさせてあげてほしいと思います。また、肝硬変では比較的脂質の制限が緩いので不飽和脂肪酸を多く含む青魚などを勧められてはどうかと思います。いずれにしても、栄養士さんとよくご相談下さい。

栄養士の立場からお答えさせていただきます。
 血清アルブミン値を上げるためにタンパク質をとるということと、アンモニアの産生を抑えるためにタンパク質の摂取を抑えるということで、非常に混乱されているのではないかと思います。
 肝臓は体内で使われるエネルギーの出納とその種類(主に炭水化物、脂質、たんぱく質)を調整したり、体内の老廃物を解毒する役割を担っています。たとえば、多少タンパク質を摂りすぎても、不必要なタンパク質は分解され、その過程で生じるアンモニアは肝臓で無毒化されて尿...続きを読む

Q硫化水素の体内における反応機構

はじめて質問します。生物学関係の大学一年生です。
先日青酸カリは血中のヘモグロビンと強く結合をするため、死ぬと講義で聞きました。では最近話題の硫化水素は体内でどの様な反応をするのでしょうか。少し疑問に思いましたので誰か答えてくださると幸いです。
一応自分でも調べてみたのですが、(1)血中のFeイオンと結合するため。(2)細胞を破壊する の二点がネット上にのっていました。

妙な質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡単に書きますね。
50ppmから600ppm以下なら血流に吸収されるとすぐに、
酸化されて、チオ硫酸塩&硫酸塩になり無害化できる。

700ppmを超えると酸化作用が間に合わなくなり、硫化水素が脳神経細胞に作用して、呼吸麻痺を起こす。すなわち死を迎える。
高濃度の場合は粘膜の刺激の前に、神経麻痺が瞬時になり、呼吸停止
します。
また、細胞内の酸化酵素を阻害して細胞自体の酸素利用を不可能にする。 この作用はシアン化水素に似て、化学的窒息性ガスである。
高濃度で窒息して、蘇生しても脳細胞の破壊が起きて、再生不良の
後遺症が起きる。 記憶障害 てんかん 知能低下等。

こんな程度でよいですか??
身近で起きやすいので、一応、頭にはこの程度は知識に入れてます

Qアルブミンについて

人血清アルブミンと加熱人血漿たん白の違いについて教えてください。

私は製薬会社に勤務しているのですが,全く種類の違う薬を扱っているものでアルブミンなど知識は全く無いのです。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「人血清アルブミン、加熱人血漿たん白」
さらに
◎http://www.bpro.or.jp/publications/letters/01_49/06.html
(アルブミン製剤)

ご参考まで。

参考URL:http://yakuyaku.ouchi.to/drug/15/15_02_01.htm#human_serum_albumine

Q腸内共生細菌の重さについて

私の知識が間違っていたら申し訳ありません。

動物細胞の大きさ・重さは大体決まっているので、ヒトは平均60kg→細胞の数は60兆個となる。□kgのヒトなら□兆個の細胞がある。

ここまで合っているでしょうか?

先日ヒトの腸内細菌は100兆個いるというのを知りました。
細菌が動物細胞の10分の1大きさとしても、上記の考えだと10kgはあることになります。
腸内細菌は10kgもいるのでしょうか?
しかしそう考えると60kgのうち50kgがヒトを構成する細胞の重さとなるのでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

腸内細菌は成人で500種類以上1キロ近くになるそうです。

Qアルブミン

アルブミンは肝臓で合成されるということですが、「浸透圧を維持」という役割がいまいちよくわかりません。不溶性物質の運搬をしながら浸透圧の維持も行っているのでしょうか?
また、アルブミンの構造の図や機能について説明されているHPがあれば紹介してください。
お願いします。

Aベストアンサー

血漿中にはアルブミンとグロブリンが主に存在していますが、アルブミンの濃度が圧倒的に高く、かつ半透膜(ここでは血管)を通過できないために、血管内に水を保とうとする力すなわち浸透圧が生じるわけです。
アルブミンは脂質やホルモンなどを運搬する働きもありますが、
浸透圧調節と運搬の二つの働きは両立できることがわかります。

Q細胞内共生細菌 とは?

こんばんわ

現在、大学の生物科学科に通っている者としては初歩的な質問かと思いますが、お答えいただければ幸いです。

 大学の先輩方との会話の中で『細胞内共生細菌』と言う単語が出てきて、その会話についていけなくなってしまいました。どうも、その先輩方の研究で使うらしいのですが・・・。

自分で調べてみましたところ、『共生生物学』や『共生微生物』など少し違ってきてしまい、結局わかりませんでした。
 東京大学大学院の平成13年度博士学位授与者の中に、『細胞内共生細菌 Buchnera のゲノム解析(重信秀治博士)』 という論文を見つけましたが、やはり、詳しくはわかりませんでした。

どんな些細な事でも結構ですので、お教えいただきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

細胞内共生細菌は,アメーバーやゾウリムシから高等生物まで数多くのものがいるようです。

調べる場合には,宿主か,細菌がわからないと調べようがないのではと思います。ですから先輩にそのどちらかでも教えてもらうことは出来ないでしょうか。

細胞内共生菌(ボルバキア)が有名ですが,以下の中に記述があります。
◎「微生物から高等動物への遺伝子の水平転移」
http://tech.braina.com/2002/1114/bio_20021114_001____.html

参考にもなりませんが…

参考URL:http://tech.braina.com/2002/1114/bio_20021114_001____.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報