親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

小学校はいいとして・・

中学校、高校は、
半年後とに自分の好きな教科を、選択できるんです。
時間的に可能なら、何教科でもOK。
体育だけでもいいし、全教科でもいい。

授業料の問題はここではおいといて。

私は、いくら体育が好きでも、
よほどの才能が無い限りは、(あっても?)
体育だけを選択するようなことは、だれもしないと思います。

なので、能力に著しい偏りが生じることは無い、
と、私は推測するのですが。

デメリットは、能力の偏り。
メリットは、勉強意欲の向上。など。

どう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



中学校ではまだ早いように思うのですが、
高校では、かつて「モザイク授業」という方式を取り入れていた進学校があったと聞きます。

これは、最低ラインの所は、合同で授業をするが、それ以外は各自が好きな授業を選択して、時間割を組み、それぞれの時間割にそって行動するという方式です。
高校生にしては自律心が求められる授業だなぁ、と思いますが、東大進学率が減ったのでやめてしまったそうなのですが、実に面白い試みだったと思います。

ところで、現在の中学校・高校が、大学受験のための学校と化している事を考えると、そういう授業はあっても良いのではないかと思います。
そのほうが、個人の資質が活かせる事になるのではないだろうか、と考えてしまいます。
もちろん、最低ラインの教養と、生活に必要な事はあるべきだろうと思いますが、もともと人間の能力には偏りがあるわけで、早いうちに得意なものが見付かるほうが、プロフェッショナルを育てるという意味では良いように思います。

これとは逆の事例ですが、極端な進学校が、受験のために特化した授業を行い、世界史や日本史などを別の授業で代替して、単位を取った事にする、などの事が行われていますので、ときおり、普通に考えて知っているはずの常識がない高学歴さんがいるわけです。

とてもユニークな案だと思いますが、教えるほうは大変かもしれませんね。しかし人材育成にはとてもいいように思います。
    • good
    • 0

好きな教科に偏りがありました。


勿論嫌いな教科はテストも嫌で、こんな勉強なければ良いのに・・といっても5教科のうちの社会なので、捨てる事もできません(泣)
大学などへの受験では嫌いな教科を避けられる学校を受ければ良いのですが・・

・・社会の地理・歴史(全部か?)が嫌いでしたので、今本当に恥ずかしい・・
今更になって、しっかり勉強しておけばよかった。なんて思います。
そして、クイズ番組などで、社会の問題を正解する人に格好よさを感じたり・・
必須科目ですら、コレですから、自由選択でしたら、私の中に社会のシャの字もないかもしれません。そう思うとちょっと悲しい.
今以上に後悔しそうです。。
(あ。でも、倫理経済は好きでした^^補足)

誰しも好きなことには前向きに取り組めるけど、嫌な事には積極的に関わろうとはしない=消極的になるんじゃないかな・・テストという足かせがあるから、嫌でも勉強するんじゃないかな・・そんな意志薄弱は私だけかもしれませんが・・

メリット>学生時代だけは嫌いな勉強をしなくて済むので、好きな科目だけやれて嬉しい
デメリット>嫌いな教科でも大事な事を教わるのに、そのチャンスを潰す。
後々後悔しても遅いかな。毎年積み上げて学ぶことは、少量づつですみますが、教育課程を飛ばして、急に興味が湧いた時、中高から習う内容から学ばないといけないかな・・と思うので、膨大な時間がかかる。

理想の教育の姿のようであり、勉強のチャンスを潰す残念な構想だと思います。
好き嫌いでなく、<知っておく、考える力を養う>のが、幅広い分野を学ぶ意味だと思うので。。

後々興味が湧いたのですが、自主勉強は・あまりないです。
興味がわいたことだけ、ピンポイントでそれに関する書物を読んだりしますが・・・それで充分なのかな?
後悔と共に投稿します
    • good
    • 0

いいアイデアだと思います


実は青色LEDの中村修二UCSB教授が同じような事を提唱していて
たとえば数学が好きなら全教科数学 大学4年間も全部数学
入学試験なしの代わりに卒業試験を入試並というような
感じで好きなことを徹底して伸ばすスタンスですね
中村さんがノーベル賞でもとって政府の教育改革の座長にでも
なればひょっとしたら本当に実現するかもしれません
大学も高校も現状のカリキュラムではもう時代遅れといのは誰もが認めるところです
まあ欠点を唯一いうとすれば落ちこぼれた場合レベル差が徹底してついてしまうので精神的ショックは大きいかと思います
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもしも学校が、好きな教科だけを選択できるとしたら

小学校はいいとして・・

中学校、高校は、
半年後とに自分の好きな教科を、選択できるんです。
時間的に可能なら、何教科でもOK。
体育だけでもいいし、全教科でもいい。

授業料の問題はここではおいといて。

私は、いくら体育が好きでも、
よほどの才能が無い限りは、(あっても?)
体育だけを選択するようなことは、だれもしないと思います。

なので、能力に著しい偏りが生じることは無い、
と、私は推測するのですが。

デメリットは、能力の偏り。
メリットは、勉強意欲の向上。など。

どう思いますか?

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3802893.html

Aベストアンサー

>“共同体が構成員に要求する最低限の知識”
>を学ぶのは、中学一年時まででいいと思いませんか?
 この発言の前に質問者様は

>構成員全員に必要な知識など存在しません。
 
 と仰っています、まずご自身の意見を明確にすべきでしょう。その上で質問にお答えしますと現在の中学一年生までの学習範囲だと、国語なら大人向けの書籍を読むだけの常用漢字も、数学ならようやく論理力の訓練としての意味合いが出てくる関数や証明問題も学べず、英語に至っては僅か一年のみのそれだけでは殆ど意味を成さない学習になってしまいます。

>根本的に、中学二年以降に学ぶ知識が偏ったところで、実生活に支障がでるような致命的欠陥にはならないと、安易に思っているから(周りの大人の発言から)です。
 “周りの大人の発言”がどのようなものかはわかりかねますが、ろくに本も読めず、論理的に物事を思考する訓練に欠け、外国人に道案内をする程度の英語も話せず、有権者として持つべき社会に関する知識もない国民で国が溢れればこの国がどのようになるのかを想像するのはさほど難しくないと思います(今の日本人の知的水準が望ましいものであると言うわけでもありませんが)。


>有効な選択、という定義はなんでしょうか。
 その後の人生がより幸福に送れる可能性が高くなる選択、という所でしょうか。例えば中学2年生でサッカー選手になる事を夢見ている少年が授業時間を全て体育の授業に当てて高校までの5年間を過ごし、サッカー選手になれなければ(大抵の人間はプロにはなれません)彼がそこから取れる将来の可能性は大分限定されてしまいます。これよりは部活でサッカーを継続しながら授業でも最低限受験勉強をすることが可能な程度の知識を蓄積するほうがリスクが分散され有効な選択たりうる可能性が高いでしょう。

>大学卒業まで、自分の嗜好、目指す職業を探す猶予がある。
 揚げ足をとるようでなんですが就職活動の準備を始め3年生中頃まで、という方が一般的ですね。

>それならば、たとえ短い猶予でも、真剣に考えること
 “完全”選択授業を行う事と、子供たちが自分に何が必要なのかを考える事の間に明確な関連性が説明されていません、補足をお願いします。

>全体の利益の追求は、個人の利益の追求に他ならないと考えます。
 一つ単純化した例を挙げてご説明します。日本企業が海外に工場を建てるよく見られる事ですが、これは海外の労働者の賃金が日本人のそれよりも安いからです。つまりこれは一企業という“個”にとって利益になる事です。では日本の全ての企業が全ての労働力を外国人労働者に頼ったとしてそれは“全体の利益”になるのかというと話はそう単純ではありません。仮にそのような事が行われると全ての企業が日本人を雇うことをやめてしまうわけですから、日本人労働者は収入を失ってしまい日本全体にとっては甚だ不利益な事になってしまいます。またそれは企業も生産したものが買ってもらえなくなるということですから回り回って個の不利益すら招きかねないのです。このように個人の利益の総和が必ずしも全体の利益になるわけではありません。


>今の教育は過保護だと思います。
 それは完全放任主義を肯定する直接的な理由にはなりません。

>“共同体が構成員に要求する最低限の知識”
>を学ぶのは、中学一年時まででいいと思いませんか?
 この発言の前に質問者様は

>構成員全員に必要な知識など存在しません。
 
 と仰っています、まずご自身の意見を明確にすべきでしょう。その上で質問にお答えしますと現在の中学一年生までの学習範囲だと、国語なら大人向けの書籍を読むだけの常用漢字も、数学ならようやく論理力の訓練としての意味合いが出てくる関数や証明問題も学べず、英語に至っては僅か一年のみのそれだけでは殆ど意味を成さない学習...続きを読む


人気Q&Aランキング