在庫管理について、現在、業務の見直しを行っているのですが、在庫欠品率をどの程度まで許容範囲として認めていいものか、悩んでいます。

 従来、トップからは、欠品は絶対ゼロとして指示を受けていました。が、その結果、在庫を余剰気味に抱える事となり、様々なコストが高くついており、機会損失と比べ過剰投資となっております。そこで、今回、在庫管理の業務見直しにあたり、ある程度の欠品はいたしかたない、との考え方を取り入れようとしているのですが、どの程度の値を設定するべきなのか、参考に教えていただきたいと思っております。最終的には、シミュレーションを行い、利益の高い点を設定するつもりですが、基準が全くわからず(トップも含めて)、話が先に進まない状態に陥っています。

 貴社の設定値でも、一般論でも構いませんので、教えていただけると、大変参考になります。
 また、業種によっても、基準は異なると思いますので、できれば、そちらも併せて、回答いただけると嬉しいです。

 ずうずうしい、お願いですが、よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自動発注システムを導入するというところまでは来ているんですね。


かつ、一般小売の欠品について悩まれているとの事。

消費者の需要を予測する事は、トレンドや嗜好の面もあってコンピューターシステムではなかなかパラメーター化できずにいます。結局の手法としては7-11のように発注サイクルを極小化して、店舗で必要な分だけを集配センターへオーダーし続けることで対応している状況です。またデータが多量に集まれば集配センター的には予測もあたってきますよね。

じゃあ、店舗単位で特別たくさん売れてしまう状況に対して、システム的にどう対応するのかですが、発注現場では通常運用日に対して特殊運用日をシステム設定することで乗り越えている場合がほとんどです。

通常運用日では100個の発注であるけれども、イベント登録がされた日には2倍の発注が行われるといった感じですね。特殊運用日の設定は各店舗に任せられ、その情報収集能力が大切という感じです。事前に欠品率の設定をするというよりも後から特殊運用日のHIT率実績を管理するといった感じですね。コンピューターは突発事態には対応できませんので、システム運用する数値自体はあくまでも通常運用数値であって、あとから購買担当者の長年の知恵と知識と情報で発注数量を手で修正する形になると思います。

もっとドラスティックに改革するのなら、ベンダー インベントリー コントロールという手法があります。これは、納入業者に棚の在庫管理まで任せる手法で販売実績の数値だけ納入伝票を入れるというやり方です。納入業者には日々の販売実績データまでも公開して、売れ筋商品がわかる形での情報公開をする代わりに、在庫リスクを背負ってもらうことになります。大規模店舗に向いている手法ですが、どうでしょうか?

適正在庫数量に悩んでいるといことですが、システムを導入しての効率アップには今を肯定して設定し、後から改善する方法がよりベターだと思います。だれも本当の意味での適正在庫など分かっていないのですから、(そのためのシステム導入)今の現状そのままの数値で自動発注システムを動かし、毎週/毎日の在庫水準を見て発注パラメーターを細かに調整し続ける方法が良いと言えます。

こんな感じでどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

更なる、ご回答ありがとうございます。

やはり、需要予測は難しい問題ですね。
特殊運用日という考え方を、各店毎に設定させるという案は、いただきです。
季節指数という事で、本部で一括の設定までは考えてはいたんですけど・・・
ただ、それでもある程度予測できるものと、そうでない場合とがありますよね。
うちの場合、一般家庭向けと企業向けと両方扱ってるので、大手企業向けの注文がくると、一気に通常日の何倍って事になってしまって・・・

担当者ベースでは、適正在庫については、システム導入後、徐々に精度を上げればという意見に賛成なのですが、果たして上がウンというか・・・
最近、「明日来る」お店が出来たりしたから、余計挑発されてまして・・・

なお、ベンダー インベントリー コントロールについては、ちょっと実情と合わない気がします。同じ商品を複数のメーカから仕入れたりしてるので・・・
ただ、将来像の一つとして心にとめておきます。

何はともあれ、いろいろご指導いただきありがとうございました。
システム導入に向けて、3月からプロジェクトを発足しますので、また、相談に乗っていただくこともあると思いますので、また、その節はよろしくお願いします!

お礼日時:2001/02/13 10:59

在庫欠品率を計算しようとしていますが、品目ごとに適正在庫数量を設定してみるほうがよろしいのではないでしょうか?



1ヶ月間の販売データから1日平均販売数量を計算して、在庫数量を2日とする手法です。例を挙げてみると、1日に100個売れる場合には、在庫水準が200個となります。毎日発注作業を行うとし、その時点で理論在庫数量が30個だった場合は、170個の発注を行う事になります。

上記のお話では小売業を行っていらっしゃるようですが、
・発注最小単位数量の削減交渉
・発注間隔の短縮と発注作業の自動化
・安全在庫数量の品目別見直しと削減
を実施するというやり方の方が迂遠に見えますが効果があると思います。

この回答への補足

早速のご回答、ありがとうございます。
こちらも、いろいろ本を読んだりして、適正在庫数量の設定を行い、自動発注のシステムを作るというところまでは、ほぼ確定しております。
その際に、問題となっているのが、何が適正なのか?という点です。

>1ヶ月の販売データから1日平均販売数量を計算して
 →日々の販売数量にバラツキが大きく平均ではどうしても欠品が発生する。
 →だからといって最大値を考慮して適正在庫数量を設定すると在庫余剰となる。

上記のご回答いただいた例をとって説明しますと、
平均では1日に100個売れるので、(毎日発注するとして)2日分の在庫を持つ。
しかし、ある日は、1日に300個売れる事もある。

そこで、その大量に売れた日に発生する欠品を仕方ないとするのか、いやある程度は考慮すべきなのか、するとしたら、そのある程度とはどの程度が妥当なのか?という点で悩んでおり、それを在庫欠品率という表現で質問させていただきました。

全ての商品が安定していたり、波がある程度予測できる様な場合(週末は多いが、平日は少ない等)は、いいのですが、そうとも言い切れなくて・・・

新商品の場合なんかも、この方法じゃ無理ですよねぇ。みなさん、どうされているんですか?
営業サイドの方で、この新商品は、これだけ売れるって予測を立てて、それに従って発注をかけると、その初回発注分だけで1年たってもなくならなかったり・・・

質問の主旨が上手に説明できていなかった様で、申し訳なく思っております。
引き続き、アドバイスをよろしくお願いします。

補足日時:2001/02/10 00:27
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロットで発注しなければいけない注文品の在庫管理について

よろしくお願いします。

私の会社は住宅資材を取り扱う小売業なのですが、基幹システム入換の流れから在庫管理の見直しを迫られています。

現状では、アバウトな定番在庫商品がありますが、会社で公式に決まったものはなく、各人の認識により運営されています。
一応在庫管理の責任者をつけていますが、(経営側の要求の仕方がアバウトすぎる事や、商品点数が多いなど理由もありますが)ルーズな管理で一日に一回はピックアップ時に欠品騒ぎが起きます。

そもそもの原因は、在庫として取っておく商品を決めてない事があり、定番在庫商品を決める作業にかかっています。

問題となるのは、定番在庫以外の商品です。定番在庫以外の商品は基本的に受注時に注文し在庫は絶対しない流れとなりますが、例えば受注が1個であったとしても仕入は10個単位でしか仕入できないケースが結構あります。

倉庫を見渡すと、そのようなケースであまった注文品在庫がゴロゴロしており、倉庫スペースを圧縮しています。

他の会社さんでは、こういう注文品で複数ロットでしか入荷できないものの取扱いはどうされてますでしょうか?
デットストックとして定期的に処理する仕組や、そもそも絶対にロットで取らないなどで対応されているのでしょうか?

よろしくお願いします。

私の会社は住宅資材を取り扱う小売業なのですが、基幹システム入換の流れから在庫管理の見直しを迫られています。

現状では、アバウトな定番在庫商品がありますが、会社で公式に決まったものはなく、各人の認識により運営されています。
一応在庫管理の責任者をつけていますが、(経営側の要求の仕方がアバウトすぎる事や、商品点数が多いなど理由もありますが)ルーズな管理で一日に一回はピックアップ時に欠品騒ぎが起きます。

そもそもの原因は、在庫として取っておく商品を...続きを読む

Aベストアンサー

まず、状態としてはかなり無駄な在庫が多そうですね
仕入と在庫管理もできる販売管理ソフトなどは利用されているのでしょうか?
もし使っていないのでしたらソフトの導入をお薦めしますが
ただ、今の状態では各発注担当者や営業の認識が悪いと
データ入力を怠る可能性もありますね
(こういった問題点は中小企業に多いですね)
この点の徹底した教育は必要だと思います。
データ入力をしないと在庫は合いませんしソフト管理の
意味が無くなってしまいますので徹底する必要があります。
気をつけないと営業ってデータ入力も何もせずに持ち出しますからね
データ入力さえしっかりとしていれば不良在庫の原因追及も判断しやすい思います。

あとロット注文しかできないような商品に関しては
当方の場合は売れるかどうかやとる意味があるかどうか
よく吟味の上、取り扱うようにしできる限り仕入れ先と
交渉の上ロット数を減らすように心がけます。
(単品の場合は多少高くなってもいいという考えです。)
営業には単なる売上げだけでなくこういった内容も評価の
対象としております。

難しいですね。こういったロットでしかとれない商品って
私もいつも悩まされております。

まず、状態としてはかなり無駄な在庫が多そうですね
仕入と在庫管理もできる販売管理ソフトなどは利用されているのでしょうか?
もし使っていないのでしたらソフトの導入をお薦めしますが
ただ、今の状態では各発注担当者や営業の認識が悪いと
データ入力を怠る可能性もありますね
(こういった問題点は中小企業に多いですね)
この点の徹底した教育は必要だと思います。
データ入力をしないと在庫は合いませんしソフト管理の
意味が無くなってしまいますので徹底する必要があります。
気をつけないと営業...続きを読む

Q[在庫管理]タッチパネル形式の在庫(発注済みデータ確認できればなおよし)管理装置のようなものはありますでしょうか?

タイトルのとおりです。
タッチパネル形式のものがあれば非常に便利だと思うのですが、そういうものはありますでしょうか?
教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

本体=パソコン+ファイルメーカー
端末=Palm+バーコードリーダー
   +ファイルメーカーモバイル

で、店頭の在庫管理やっているのを見たことあります。
タッチパネルは、Palmの入力は基本がタッチパネルなので、OKじゃないかと。

パソコンの画面をタッチパネルにするとか、そういう問題ならば、またちょっと話が変わってきますが...。

Q在庫処分セール

在庫処分セールで、品物を半額以下などで売るのはどうしてですか?どのような仕組みになっているのか教えてください。

Aベストアンサー

考えられるのは

原価割れしてでもいいから、在庫を処分したい
(売り場・倉庫のスペースの邪魔)

食品なら、賞味期限が間近

衣料品なら、型落ち(シーズン遅れ)

売上がまずいので、赤字覚悟で売り出す

一番考えられるのが
在庫処分なんて建前で、仕入れ値等の必要経費を加味した上でも
十分な利益が出る値段で、消費者にお得感を出すために
大幅な値下げをしたように見せている

というところだと思います。

Q在庫商品管理ソフト

現在店舗にて、商品を預かって委託販売しています。委託時に伝票をおこし、品番をつけ品数によって枝番をつけています。それを見てタグを手書きして委託品につけ、売れたらタグの品番を見て、伝票のファイルから品番該当の伝票を探し、売れた枝番をチェックしています。売れ残っている委託品を精算時に返却しないといけないので、残っているものを把握しないといけません。
同様の店を新しく出店しますが、この作業をシステム化するにはどうしたらいいでしょうか?というバク然過ぎる質問です。
エクセルしか使っていませんが、なにかソフトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

ぼくは、小売店の経営はやったことがありませんし、会計にも疎いのですが、ソフトの販売をしています。一応、私の先入観をいろいろ、割り引いて、参考にしてください。

よくある販売管理ソフト(弥生販売仕入)がおすすめです。
御社の場合、委託販売なので、操作は、ちょっと特殊です。

委託時:
1.品物に品番タグをつける。
2.ソフトに、仕入れを登録する(仕入れ単価は0円にする)

販売時:
1.レジ終了後、売れた品番タグをみながらソフトに入力

精算時:
1.品番ごとに在庫がわかるので、返品する数が5個残ってたら
2.仕入れ登録:仕入単価0で、仕入数量をマイナス5とする
3.過去の販売履歴から、お客に売れた数がかりに3個なら
4.仕入れ登録:実際の仕入単価を記録し、数量を3とする
5.この操作の結果、在庫は0になり、商品別の
 実際の売上、実際の仕入金額も管理可能
(このまま会計士さんにもっていけば、帳簿として扱ってくれるはず)

御社は、委託販売なので、仕入れ値を0として
預かりとして、登録する・・というのが、
普通の小売店と違う操作になります。

今後、店舗を増やして、人に任せていくなら、
精算時の業務も、精算伝票(または納品書)として、
証憑として記録を残すことをおすすめします。

というのは、計算ミス、打ち込みミスがありますので、
証憑さえみれば、販売管理ソフトの誤差が検証できるように
するためです。

ぼくは、小売店の経営はやったことがありませんし、会計にも疎いのですが、ソフトの販売をしています。一応、私の先入観をいろいろ、割り引いて、参考にしてください。

よくある販売管理ソフト(弥生販売仕入)がおすすめです。
御社の場合、委託販売なので、操作は、ちょっと特殊です。

委託時:
1.品物に品番タグをつける。
2.ソフトに、仕入れを登録する(仕入れ単価は0円にする)

販売時:
1.レジ終了後、売れた品番タグをみながらソフトに入力

精算時:
1.品番ごとに在庫がわかるので、返品...続きを読む

Q在庫差異について

 在庫管理について、現在、業務の見直しを行っているのですが、在庫差異をどの程度まで許容範囲として認めていいものか、悩んでいます。

 原則としては、在庫差異はゼロにするのが、理想だとは思うのですが、まったく発生しないというのは、現実的にはありえないと考えています。そこで、許容範囲として、どの程度までを設定するべきなのか検討するにあたり、他社事例や、一般的な値とかを調べようとしているのですが、どうも、建前論が多くて、「在庫差異をなくす」とか、もしくは曖昧に「在庫差異の激減」「極力抑える」とかいう表現ばかりで、総在庫の○.○%というのが掴めないでいます。

 貴社の設定値でも、一般論でも構いませんので、教えていただけると、大変参考になります。
 また、業種によっても、基準は異なると思いますので、できれば、そちらも併せて、回答いただけると嬉しいです。

 ずうずうしい、お願いですが、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

在庫精度に関しては差異が無ければ無いに越したことはないとどの本にも書いてありますが、業種・目的によって求められる数値は違ってくると思います。

組立て製造業などで、部品の自動発注をコンピューターで実施する場合(理論部品在庫数量と部品発注残数と計画生産数量から部品の必要数・所要量を計算する所要量計算:MRP)には、棚卸を実施した場合に数量ベースで95~98%が最低でも必要と聞きます。実棚在庫数量と理論在庫数量で計算すれば良いでしょう。

そうでは無く、管理会計的/財務会計的に在庫精度を要求する場合、企業の年度計画の損耗率に合算してしまうやり方があります。いささか乱暴なやり方ですが、廃棄しようと棚卸で無くなろうとお金を捨てていることには変わりは無いので、現場では年間2%以内で管理しなさいとする手法です。この損耗率%は業種・品目などなどで全くといって違う事に加え、上からの目標数値を押し付けられたという印象を現場に与えてしまっては意味が無いことから、前年数値を一覧表化した上で現場責任者に目標%を宣言してもらうことが良い結果を生んでいます。

こんな感じでどうでしょうか?

在庫精度に関しては差異が無ければ無いに越したことはないとどの本にも書いてありますが、業種・目的によって求められる数値は違ってくると思います。

組立て製造業などで、部品の自動発注をコンピューターで実施する場合(理論部品在庫数量と部品発注残数と計画生産数量から部品の必要数・所要量を計算する所要量計算:MRP)には、棚卸を実施した場合に数量ベースで95~98%が最低でも必要と聞きます。実棚在庫数量と理論在庫数量で計算すれば良いでしょう。

そうでは無く、管理会計的/財務会計的に在庫精度...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報