執筆中の論文で、金属タンパク質中の配位場に結合した銅イオンのルイス酸性について議論したいのですが、無機金属の知識に乏しく、困っています。

ルイス酸性の強度というのは何かの数値で表せるものなのでしょうか?それともA<B<<Cといった表記をするものなのでしょうか?

また、引用できる文献などありましたらお教えいただけるとうれしいです。

2価銅、コバルト、ニッケル、亜鉛などが知りたい元素です。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?



更に、
http://www.shokabo.co.jp/mybooks/ISBN4-7853-3064 …
(ルイス酸塩基の硬さと軟らかさ-HSAB)
--------------------
金属錯体の化学/今井弘/培風館/1993.10 
実験化学講座/18/日本化学会/丸善/1991.1 
金属錯体化学/山本芳久[他]/広川書店/1990.3
錯体化学の基礎/渡部正利∥(ほか)著…/講談社/1989.5 
配位化学/F.バソロ,R.C.…[他]/化学同人/1987.10 
有機金属錯体の化学/山川浩司/講談社/1985.10
-------------------------
ご参考まで。

参考URL:http://pauling.chem.t.u-tokyo.ac.jp/~miyoshi/InC …
    • good
    • 0

ルイス酸の定義の中では,相手から電子対を受け取って,相手と共有結合を作る物を酸,相手に電子対を与えて相手と共有結合を作る物を塩基としています。

(これはご存じですよね。)
この定義に照らし合わせて,各元素の状態(電子対の受け取りやすさ,与えやすさ)を調べれば酸性の度合いというものが調べられないものでしょうか?

あまり役に立たないアドバイスだったらごめんなさい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q12族元素を遷移金属と区別し典型元素にいれることがある根拠って何ですか

12族元素を遷移金属と区別し典型元素にいれることがある根拠って何ですか??

Aベストアンサー

12族元素は遷移金属の性質は示さず、典型元素の金属としての性質を示すので。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC12%E6%97%8F%E5%85%83%E7%B4%A0

Q金属銅と銅イオン

いきなり唐突なんですが「銅イオン」と「金属銅」ってどうちがうのですか?

Aベストアンサー

単刀直入なお答えが続きましたので、多少補足します。
「金属銅」は元素、銅(Cu)の単体で、ご存知のように「金属」です。
金属ですから導電性もありますし、熱伝導も優れています。磨けば光ります。また、金と「固溶体」を作り金の「やわらかさ」を補う事が出来るなど、ある意味合金の王様でもあるでしょう。
元素銅はイオン化傾向(酸化電位と同意義)が水素より小さく、よって酸と反応して水素を発生しながら溶けるということはありません。
社寺の屋根などに使われることから分かるように耐候性にも優れています。
wiki↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%85
「銅イオン」銅イオンは元素銅から電子が1ないし2失われた化学種です。
Cu^1+ は正四面体配位が安定で、酸化物の色はくすんだ銅色、テトラキスアセトニトリル銅(+1)などは無色透明。一般に空気中の酸素で酸化され易くCu^+2に変わります。酸化物は整流能(ダイオード)があるので昔は整流器に使われたとか(wiki様のお達し)

Cu^+2 は平面四配位が安定で、硫酸銅五水和物の深い青が有名(水に31.7g/100mLaqも溶ける)、但し、無水物は無色。配位子によって淡緑にも濃緑にもなります。Cu^1+より扱いやすく、電気分解して純粋な銅を作る電解精錬に使われます。

銅イオンはイオン結晶を作り常温では上記酸化銅のような例を除き導電性はありません。

実験室では昔、窒素ガス中の微量酸素を除くのに金属銅粉末を詰めたガラス管を電気で加熱して使いました。Cu^1+の間は分かりませんがCu^+2ができはじめると黒っぽくなるので、今度は純水素を流しながら加熱します。すると銅が還元され水が滴り落ちてきます…。(昔の人は大変だった)
長すぎました…、失礼。
m(_ _)m

単刀直入なお答えが続きましたので、多少補足します。
「金属銅」は元素、銅(Cu)の単体で、ご存知のように「金属」です。
金属ですから導電性もありますし、熱伝導も優れています。磨けば光ります。また、金と「固溶体」を作り金の「やわらかさ」を補う事が出来るなど、ある意味合金の王様でもあるでしょう。
元素銅はイオン化傾向(酸化電位と同意義)が水素より小さく、よって酸と反応して水素を発生しながら溶けるということはありません。
社寺の屋根などに使われることから分かるように耐候性にも優れてい...続きを読む

Q塩酸酸性、硝酸酸性、硫酸酸性の違い

塩酸酸性、硝酸酸性、硫酸酸性の違いを教えてください。

たとえば、水質分野だと
・ ヘキサン抽出物は塩酸酸性で保存
・ 砒素 前処理を要しないときは塩酸添加で酸性
     前処理を要するときは硝酸添加で酸性    本参考

違いはなんなんでしょうか?
またどうしてその塩酸なり硝酸を選ぶのでしょうか?

Aベストアンサー

ごく簡単に説明すると、
塩酸:還元性あり(酸化剤と会うと塩素ガスになる)、揮発性あり(後処理の時除去できる)、周囲を酸で侵す可能性あり。銀や水銀と不溶性の塩を作る。
硝酸:希硝酸でも酸化性あり(銅をとかせる希酸は希硝酸だけ)、酸化性に伴い、どんな金属類でも溶解できる(核物質の取り扱いはもっぱら硝酸)、窒素酸化物を発生するのでその注意も必要。
硫酸:熱濃硫酸では酸化性、脱水性を示すが、希硫酸は酸化性も還元性も示さない、しかしアルカリ土など不溶性の塩を作るので、取り扱い順序を間違えると、問題が発生する。揮発性がないため除去が困難、だが周囲を侵す心配がない。
と言った基準で選ばれています。

Qニッケル銅について

ニッケル銅の硬が知りたいのですがいろいろ探しましたが下記の材質についての
資料を見つけることが出来ませんでした。
どなたかご存知でしたらお教えください。
LMS90-01
硬さ表記はできればブリネルでHBで答えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご存じと思いますが、ニッケル・銅の二元合金は全ての比率で固溶体となり、
また優れた機械的性質を持つため、様々な合金が使われています。

しかしLMS90の呼称は聞いたことがありません。 特定のメーカーの呼称か、
または外国規格による呼称でしょうか ?

具体的な組成がわかれば、見当が付くかもわかりません。

Q銅に放射線を当てるとニッケルになる?

今朝テレビで言ってたニュースで聞いたのですが、、、。
広島の原爆ドームの天井部分(ほとんど一瞬にして焼け落ちた)の金属は原爆で変化した。この金属を調べることにより、被爆した放射線の量がかなり正確に測定出来るということでした。
そのニュースの中で、
「銅は放射線を浴びるとニッケルになる」
と言っていたのでびっくりしたのですが、本当にこんなことがおこるんでしょうか?
聞き間違いかもしれませんが、金属が別の金属になってしまうような、そんな大きな変化が起こるのかと驚いてしまいました。
特別に大量の放射線とか、特殊な条件下でのことでしょうか。
また、別の金属でも起こることかなど、お分かりの方教えて下さい。うんと易しい説明をお願いします。

Aベストアンサー

エーと。俺も未熟者で、面白そうだったので今調べて分かったことを俺なりに書いてみます。
まず、ニッケルと銅は原子番号がすぐ隣です。
http://ccinfo.ims.ac.jp/periodic/indexj.html
周期表は陽子の個数ごとに並んでいます。1個の陽子が水素、2個がヘリウムとなります。
http://www.eonet.ne.jp/~quimica/c_note01.html
で、原子の数が同じでも質量の異なる同位体というものがあります。
http://www.geocities.jp/amy_chemistry/chemistry20.html
で、ココまでが基礎知識で、原爆で銅がニッケルに変化することを書いたサイトがこれです。
http://hlweb.rri.kyoto-u.ac.jp/shibata-lab/HiroshimaAbomb.html
で、ここに書いてあることを俺なりに言い換えてみます。
銅の中には軽い銅と重い銅があります。軽い銅はニッケルと重さが近いです(つまりニッケルになりやすい)。その銅に中性子があたると陽子が飛んでいってしまいます。
29個だった陽子が28個になるとそれはニッケルです。

>別の金属でも起こることか
ウラン235が核分裂するとキセノン144とストロンチウム90に変化するようです。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~genkoku/kiso-koza-1.htm

エーと。俺も未熟者で、面白そうだったので今調べて分かったことを俺なりに書いてみます。
まず、ニッケルと銅は原子番号がすぐ隣です。
http://ccinfo.ims.ac.jp/periodic/indexj.html
周期表は陽子の個数ごとに並んでいます。1個の陽子が水素、2個がヘリウムとなります。
http://www.eonet.ne.jp/~quimica/c_note01.html
で、原子の数が同じでも質量の異なる同位体というものがあります。
http://www.geocities.jp/amy_chemistry/chemistry20.html
で、ココまでが基礎知識で、原爆で銅がニッケルに変化...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報