ビクセン製 天体望遠鏡 VOYAGER T-80M てどんな望遠鏡かご存知ですか?
使えそうでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Voyager T-80Mはかなり以前にビクセンが売り出した製品ですよね。


対物レンズは2枚のアクロマート、口径80ミリの簡易経緯台と思います。
中古の製品でも対物レンズに「カビ」が発生していなければ、また「光軸」が正常なら、まだまだ十分に使えるでしょう。
月、木星、土星、金星の形は捉える事が出来るはずです。
明るいメシエ天体の観察も可能でしょう。アンドロメダ銀河、オリオン星雲、すばる、といった明るい天体です。
観測する土地(場所)にもよりますが…町の中だったら、最近は夜空が明るいですから、星雲の観察は難しい。

接眼レンズにK(ケルナー)やMH(ミッテンゼー・ハイゲン)あるいはOr(オルソ)の25-40ミリを使って低倍率で夜空の天体を楽しむ使い方が可能でしょう。
最近は高額ですが、広視野を得ることができる接眼レンズも入手できます。

天体写真撮影といった本格的に使うのには不適当な機器です。
しっかりした赤道儀に搭載して利用するなら、まだまだ十分に使えると思います。
    • good
    • 0

私はこの機種は使った事はないのですが、鏡で光を集める反射式ではなく、地上用の望遠鏡のような、レンズを使った屈折式望遠鏡の入門機です。

一般に屈折式の天体望遠鏡は、火星土星などの太陽系惑星の観測に向いているといわれ、メーカーもそう書いています。赤道儀は標準では付いていないのでは?これぐらいしかわかりませんが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本製、トイザらスオリジナル天体望遠鏡の見え方は?

日本製、トイザらスオリジナル天体望遠鏡の見え方は?

トイザらスオリジナルの天体望遠鏡が日本製ということで売られてましたが、性能はどうなんでしょうか?

経緯台式のスチール三脚は物足りないと思いますが、屈折80mmが19,999円でした。

http://www.toysrus.co.jp/product/product_list.aspx

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本体の性能はともかく、架台が余りにも貧弱そうです。使い物にならないかも・・・。
望遠鏡、架台がとても大事です。星はとても小さいから微動ができないと正確に目標に向けられません。また、星は動きますから、星にあわせるのに微調整が必要です。特に高倍率になるとすぐに視野から外れてしまいます。そして、強度があり、振動を吸収できるしっかりした三脚が必要です。
写真で見る限り、どちらも難しそうですね。

Q天体望遠鏡の鏡筒について

今度天体観測を始めようと思い、ビクセン製の天体望遠鏡を購入しようと思うのですが、鏡筒の選択に迷っています。
その迷っているのは、
1、R200SS
2、VC200L
の2つです。用途は眼視と一眼レフでの撮影が五分五分です。
みなさんのご意見をお聞かせください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

精密球面を外す所は良く勉強しています。

これはどう見てもVC200Lに軍配が上がります。

ニュートン式の場合、F6以上であれば
1/16λの面精度で問題無く使用可能です。

これがF4ですと、お世辞にも良く言えません。

カセグレン式の場合、倍の1/32λの数値をクリアせねば
ニュートン式の1/16λに見劣りしてしまいます。
理由は福鏡があるからです。

R200SSの場合、放物線ですので、広視界の周辺部はコマ収差で飛ぶ恐れがあります。
http://www.geocities.co.jp/Outdoors-River/9190/deji030502.html
やっぱり、コマ収差で悩んでいます。

VC200Lの場合、星像が全般的に甘く、期待以下になる場合があります。
http://www.geocities.co.jp/Outdoors-River/9190/deji031229.html

欲を言えば
F4であれば、ライトシュミットぐらいは欲しいです。

出来れば、ニュートン式、F6以上(放物面)が
当たり外れが無いと心得て下さい。(安く、品質が安定しています。)

調査の場合、実際に使用した比較例(画像)や、面精度の計測されたサイトなどで徹底的に調査すべきです。
http://www.geocities.co.jp/Outdoors-River/9190/DEGICAM.html

反射式の場合、色収差の問題はありませんが、他の収差には十分気をつけて下さい。

金額が大きいので、
同じ価格の屈折望遠鏡の画像などもよくよく調査すべきです。

精密球面を外す所は良く勉強しています。

これはどう見てもVC200Lに軍配が上がります。

ニュートン式の場合、F6以上であれば
1/16λの面精度で問題無く使用可能です。

これがF4ですと、お世辞にも良く言えません。

カセグレン式の場合、倍の1/32λの数値をクリアせねば
ニュートン式の1/16λに見劣りしてしまいます。
理由は福鏡があるからです。

R200SSの場合、放物線ですので、広視界の周辺部はコマ収差で飛ぶ恐れがあります。
http://www.geocities.co.jp/Outdoors-River/9190...続きを読む

Qビクセンの安い望遠鏡の実力

まったくの素人です。
近所のホームセンターで、ビクセンの望遠鏡が店頭価格よりさらに割引いて販売されていました。
形式は『50M』とありましたが、HPを見る限りは『スターパル50L』もしくはこれ以前の旧モデルかな?って思います。
店頭価格12800円が、さらに3割引だそうで、現品限りです。

今年は天体イベントがいくつかあるようですし、姪や甥も小学校低学年なので、
「買っちゃおうかな~」という気持ちが沸々と出てきます。


ここで質問です。
メーカーHPにスペック表なるものもありますが、なんのことやらサッパリわかりません。
このクラスでどの程度の星が見えるんでしょうか?
例えば、「太陽系では○○が辛うじて見える」とか、
「土星は環までは見えない」とか。

Aベストアンサー

たぶん、スペースアイ50Mでしょう。
#Webで探すと、もっと安い所もありそうですよ

アイピースがPL20とPL4なので、まあ、このクラスとしては
まともでしょう。

ただ、PL4は使い物にならないと思いますので、PL8かPL10
あたりを追加で購入する必要あり

http://www.vixen-m.co.jp/original/1000107_8.html
http://homepage2.nifty.com/turupura/shop/moshimo_vixen.html

実物は見ていませんが、50mm径でfl=600mmなら、木星と
4衛星は十分に見える。
・衛星を見るときはPL20
・木星の縞を見るときは、PL10かPL8

土星の環は、PL20だと微妙(楕円に見えるかも)
PL10かPL8なら環がちゃんと判る

私はもっと細い40mm径fl=800mmで、かろうじて、木星の
衛星(イオ)が木星面を通過するのをみたことがあります。
#木星の面を黒い点が通過する

金星は、月みたいに欠けているのが判る
火星は、惑星である(点ではなく、面)が判るかは微妙ですね
#もう少し大きいと、火星の極冠が白く見えるのですが・・


ただ、小学校低学年だと、自分で星を導入するには、
かなりの慣れが必要で、親のサポートが必須です。

購入されたら、Webなどで探して、木星、土星がどこに
見えるか確認してください。

たぶん、スペースアイ50Mでしょう。
#Webで探すと、もっと安い所もありそうですよ

アイピースがPL20とPL4なので、まあ、このクラスとしては
まともでしょう。

ただ、PL4は使い物にならないと思いますので、PL8かPL10
あたりを追加で購入する必要あり

http://www.vixen-m.co.jp/original/1000107_8.html
http://homepage2.nifty.com/turupura/shop/moshimo_vixen.html

実物は見ていませんが、50mm径でfl=600mmなら、木星と
4衛星は十分に見える。
・衛星を見るときはPL20
・木星の縞を見るときは、PL10かPL8
...続きを読む

Qビクセンの望遠鏡について教えてください

ビクセンの望遠鏡について教えてください

まったくの初心者なんですが、ビクセンの望遠鏡の『スターパル』シリーズか、『スペースアイ』シリーズのどっちにするか悩んでいます。

・スターパル:架台等の使いやすさはこっちが上だと思うが、対物レンズ有効径60mmで下記より価格が高い
http://www.vixen.co.jp/at/starpal.htm

・スペースアイ:架台等の使いやすさは上記に劣ると思うが、対物レンズ有効径70mmで上記より価格が安い
https://www2.vixen-m.jp/marketingshop/webshop/original/index.jsp

どちらがおすすめでしょうか?

私的には、有効径が大きい『スペースアイ』の方がいいのかなと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

両方とも実物は使用したことがないのであくまで一般的な比較です。

有効径:大きいほうが良いが良いが、限界的な使用えないかぎり10mmの差はあまり判らない。
色収差:70mmF10より60mmF15が良い。(高倍率での影響あり)
取り扱い:70mmF10が鏡筒が短く扱いやすい。
架台:月だけならどちらでも良いが、惑星を見る場合には倍率が高いので、断然微動付きが良い。
接眼レンズ:HとPLではPLのほうが良い。
      100倍以上はあまり使えないので、使えるレンズが2本のスペースアイが良い。

私が持っているのは60mmF15と80mmF11ですが、20mmの差があるとさすがに80mmの方が良く見えます。

今回の2機種では、色収差に関しては60mf15が良いですが、それ以外は70mmF10のほうが良いでしょう。

ただ、両方とも国産ではない可能性が高く、製品仕様どおりの性能があるかどうかは、実物で比較しないと判断はできません。

以上、あくまで参考情報です。

Qケンコー、ビクセンどちらの望遠鏡が良いですか?

小学生(高学年)に望遠鏡を購入したいのですが、\10000程度の予算で検討しています。
ケンコー/SW-IIとビクセン/スターパル50のどちらの機種が良いか迷っています。

悩む理由として…
ケンコー/SW-II…デジアイピース付きでパソコンで画像を見る事が出来る。
           …ケンコーの書き込みを見ると粗悪品との回答が多い。
ビクセン/スターパル50…ビクセンの書き込みが良かった。(ポルタの書き込みが多く、スター
               パルは??)
              …デジアイピースなるものでPCに接続できるかが不明。

やってみたい事として、天体観察の他、PCで画像を見たり、カメラと接続して写真を撮ってみたいです。
ちゃんとした望遠鏡を購入するには予算が足りないかもしれませんが、安いながらも小学生が満足できる機種をと思っております。よろしく御回答お待ちしております。

Aベストアンサー

No.2 です。

補足します。

私は、中学1年の時(40年ほど前)スターパルクラスの望遠鏡からはじめました。最低限の性能ですが、はじめて土星を見た時の感激は今も忘れません。以来やみつきになって高校の入学祝いに本格的な望遠鏡を買ってもらいました。今では、庭に観測所を設置しているほどはまっている、大馬鹿者です。
最初の望遠鏡は、友人の望遠鏡に比べはるかに劣るものです。でも、星を視野の真ん中に導入して望遠鏡を固定するネジを締めても、星が動くということはありませんでした。

でなければ、天体観測は難しいと思って一生の趣味とはならなかったはずです。

ニュームーンライトを買ったのも、粗悪品との悪評高い望遠鏡がどんなものか知りたかったからです。実際に使えるものかを知りたかったからです。
現物を見ないで、判断するのは失礼です。私が、望遠鏡に掛けた金額からすると1%以下の出費です。それで、失望するような望遠鏡かどうかを確かめる。長く天体観測を趣味としているものとしては、恩返しのようなものです。他にも、いくつかの入門機を調べています。

ニュームーンライトは、星をちゃんと見る。このことについて失格です。
レンズの性能が多少悪くても月のクレーター・土星の輪・木星の縞模様などは見えます。でも星を視野の中にきちんと固定できない架台では、いくら優秀なレンズでも何も見えません。

ケンコー/SW-IIは、そういう望遠鏡と同じ架台です。こんな架台では、はじめて望遠鏡をはじめて使う人が、まともに扱えるわけがありません。
ニュームーンライトの見え方のテストは、もっとしっかりした三脚(一万円くらい)に載せ替えて行いました。ピント合わせの動きにガタがあるなど手抜きが目立ち、とても合格点でありませんが、伝説の粗悪品に比べたら、まともに見えました。
むしろ、安くするためぎりぎりの妥協と思って良いレベルです。

1万円の天体望遠鏡を作るとなると、かなり無理しなければなりません。ポルタクラスですと必要最低限と思われる機能を持たせることができます。でも、数万円もします。1万円ですと、絶対に削ってはいけないのは何なのか。それをしっかり分かっていないと、使い物にならない望遠鏡になります。ある意味、知恵を使わないとできないことです。

スコープタウンは入門用の望遠鏡でがんばっているメーカーです。数十万円する望遠鏡を使っている目から見ると、玩具みたいです。でも、入門用としてはほとんど妥協していません。はじめは、たいした望遠鏡でないと思っていました。しかし、雑誌の評価を見て、かって入門する時に使った望遠鏡より、見やすいような配慮があることに気付きました。
ビクセンは、教材のメーカーの雰囲気です。真面目な作りです。入門機から高級機も作っていますが、主力は中級機です。

あと国産メーカーでは元気なのは、タカハシとボーグです。
天体写真のコンテストで賞を取る一番の近道は、タカハシの望遠鏡を使うことです。
ボーグは、玩具メーカーのトミーの望遠鏡です。大人の玩具にふさわしく、いろいろと遊べます。レンズの性能もなかなかなものです。
どちらも、最初の望遠鏡としては、贅沢だと思います。経済的に自立した人か、一生天文に関わる人向けです。

ケンコーは、今では中国などで生産された日本で販売する商社です。

今の中国製も良いものはあります。写真コンテストで賞を取れる品質のものもあります。望遠鏡に必要な性能を理解しきちんとした設計と品質管理をしていれば、はずれはありません。ケンコーの望遠鏡も自社で企画したものもありますし、中国でちゃんとした製品設計と品質管理をした望遠鏡も販売しています。
ビクセンも普及機の製造は、中国に下請けに出しています。

中国製だから粗悪品とは限りません。でも、日本の粗悪な望遠鏡のまねをした望遠鏡も多数あります。

入門者が望遠鏡に対する知識が不足していることをいいことに、使い物にならない望遠鏡を売る商法です。

ケンコーは良い望遠鏡がどういうものか分かっていながら、入門者にはとても使い物にならない望遠鏡も販売する。悲しいことです。

No.2 です。

補足します。

私は、中学1年の時(40年ほど前)スターパルクラスの望遠鏡からはじめました。最低限の性能ですが、はじめて土星を見た時の感激は今も忘れません。以来やみつきになって高校の入学祝いに本格的な望遠鏡を買ってもらいました。今では、庭に観測所を設置しているほどはまっている、大馬鹿者です。
最初の望遠鏡は、友人の望遠鏡に比べはるかに劣るものです。でも、星を視野の真ん中に導入して望遠鏡を固定するネジを締めても、星が動くということはありませんでした。

でなければ、天...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報