「dポイント」が最大20倍になるお得な情報

合同会社の経理担当です。
経理担当とは言っても経理の知識があまり無く質問させてください。

1年ほど前の請求書(請求先へ出し忘れていたもの)
が会社の掃除をしていたときに出てきてしまいました。

社長に相談したら「いまさらお客さんに請求しづらい」といわれてしまいました。
請求書は3枚で金額は5万5000円です。

請求書を作ったのだから
ただ請求書を捨てて、帳簿の売掛金もなかったことにしていいものでもないように思いまして。

こういう場合の請求書の処理の仕方はどのようにしたらよいか
アドバイスをよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

社長が請求しなくて良いというのであれば、それに従うしかないと思いますがw



実際はそうは行きません。(会計上も税務上も)
売掛金の請求の時効は2年ですので、充分間に合います。
しかし、こちらの手落ちですから、誠実に対応しましょう。
まず、相手方に売掛の残があることを伝え、支払いの有無を確認しましょう。
「貴社に対する売掛の未入金が0年0月0日付けで00円あるのですが、お支払いいただいていますでしょうか?」とか。
もちろん、相手は払っていなく、請求書もないと言うでしょうから、「誠に申し訳ありません、帳簿の照合が遅れてしまい、最近分かったものですから、念のため連絡させていただきました。この請求は00様からご依頼いただいた00の分の請求になります。再請求書を発行させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?」

などと、あくまで請求書を送ったが相手に届かなかった事にします。
たいていはそのように対処するのでは?
というか、貴社では未入金の確認はしないのでしょうか????
1年前というと決算も終わってますし、相手方は渋るでしょうが、請求権はありますので・・・・

もちろん、相手に話す事は社長(上司)の許可が必要です。
得意先ならば、別な対応もありますからね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

未入金の確認は社長1人で働いていたころだったためか、この当時はしていなかったようです(論外ですよね・・すみません)
私が入社したのが去年の10月でして。現在何ヶ月か分ものたまってる請求書やら領収書やらを会計ソフトに入力している状況です。

。。正直てんてこまいです。

社長にもう一度相談してみます。本当に有難うございました。

お礼日時:2008/02/27 14:35

請求書が未送付とは、売掛金があることになるのですが、それはどうなってるのですか?



1年前とは、決算は済んでることですから、その決算書をお調べになったら如何?55.000円が未収金。あるいは売掛金などの処理をされていたなら、その請求書は本物でしょうが、売掛金も未収金も無くて収支が0になってたなら、出し忘れでなく、領収してたことになります。

領収書の控えをお調べ下さい。

0だったら、処理なんかしません。処理されてるのですから、帳簿をいじらないで下さい。
あるいは、其の請求書の事案の発生から決算までの流れを洗い出してください。
売掛金が無いのに請求書があるのは、請求する前に入金があって、請求書を破棄するのを忘れていたことも考えられます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。調べてみます。

お礼日時:2008/02/27 14:27

請求書は捨てればお終い



問題は売掛金の残高でしょう

継続して取引している先なら「値引処理」+「値引き請求書郵送せず」

社内処理で済ませてしまいます

しかし、売掛金が残っていたはずなので判らないはずが無いでしょうに...。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そのような方法もあるのですね。
参考になりました。ありがとうございます。

来期からはこのようなことがないようにしたいと思います。

お礼日時:2008/02/27 14:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1年以上経過した請求書は支払うべきか

自治会の役員ですが、住民のための会館を建設しました。建物は14ケ月前に完成して、支払いもすべて終了していたつもりですが、ゼネコンから「役所に立替払いをしていた分の水道関係の費用70万円」支払ってくれと言ってきました。説明を聞くと、確かにこの費用は支払わねばならないと言うのは理解できるのですが、1年以上請求もなかった費用は支払い義務はあるのでしょうか。工務店は請求書は本体の請求書と一緒に渡したと言っているのですが、私はそんな請求書をもらった記憶もありませんし、その時であれば支払うことは何も問題がありませんでした。ゼネコンに「なぜ今まで督促もせずに14ヶ月も何もしなかったのか」と聞くと「自治会だからいずれ払ってくれると思ったから支払いがなくても督促しなかった。」とのことです。自治会の役員もすべて入れ替わっていますので今更そんな話しもできません。又、自治会館の建設については役所の補助金が出ますから、その時であれば申請すれば半額は補助金が出ていたと思います。まずお聞きしたいのは法律的には「認識していなかった費用で1年以上何の請求も連絡もなかった費用については、本来、支払うべき費用であったとしても支払う義務はあるのでしょうか」と言うことです。

自治会の役員ですが、住民のための会館を建設しました。建物は14ケ月前に完成して、支払いもすべて終了していたつもりですが、ゼネコンから「役所に立替払いをしていた分の水道関係の費用70万円」支払ってくれと言ってきました。説明を聞くと、確かにこの費用は支払わねばならないと言うのは理解できるのですが、1年以上請求もなかった費用は支払い義務はあるのでしょうか。工務店は請求書は本体の請求書と一緒に渡したと言っているのですが、私はそんな請求書をもらった記憶もありませんし、その時であれば支払...続きを読む

Aベストアンサー

その債務は、契約に基づき発生するものでしょうか。「確かにこの費用は支払わねばならないと言うのは理解できる」とのことなので、以下では、契約に基づき発生するものだという前提でまとめてみます。(前提が異なるときは、話が変わってくる場合があります。)


法的には、契約に基づき発生した支払債務については、債務者が具体的に認識していなくても支払義務が発生し、時効に達するまでは、債務者は債権者に支払わねばなりません。


まず、債務が発生することが契約から明らかだった場合には、契約当事者には契約に従う義務が生じますから、債務者には契約に従った債務の発生を認識し、契約どおり支払う義務を負います。すなわち、債務者が債務の発生を具体的に認識しなかったことは、専ら債務者の落ち度となります。

他方、請求書の送付は、法的には債権を有していること等についての事実上の通知、または催告(民法153条)と考えられるところ、この通知ないし催告については、債権者は債権発生後すぐにおこなうべき法的義務はなく、いつでもすることが出来ます。

そうすると、請求書の送付が1年以上後になったことにつき、債権者に法的な落ち度はない一方で、債務者には債務を契約上明らかな債務を認識しなかった落ち度があります。専ら債務者の落ち度となることにつき、債権者が痛みを負うのは妥当ではありません。


しかし、債務が時効に達していたときは、債務者は時効の援用(民法145条)をすることにより、その債務の支払義務を免れることが出来ます。

この点、会館建設に関する費用の時効は、No.1のnewbranchさんもお書きのとおり、民法170条2号に基づき、工事終了より3年です。

そうすると、今回の件の債務は、時効に達していません。したがって、債務が時効消滅することは、現時点ではありません。


以上より、法的には、支払債務が発生しており、支払義務があります。


※ 取引関係で時効が2年となるのは、(よくある間違いですが)「売掛金」ではなく、商品の代金等、民法173条に掲げられている債権になります。時効は、勘定科目で定めているのではなく、債権の内容によって定めているんです(民法167条以下参照)。

例えば、「売掛金」には、会社によって様々なものが計上されるところ、運送料収入(これも「売掛金」に計上できます)の時効は1年です(民法174条3号)。

※ No.2のkadakun1さんお書きのとおり、債務者が債務の存在を承認したときは、時効の進行がいったんチャラになり、承認したときを0年0月としてここからカウントが再開されます(民法147条3号)。3年時効のものについては、承認したときから新たに3年をカウントします。

もっとも、kinoki1さんのケースにおいては、「この費用は支払わねばならないと言うのは理解できる」として債務の存在を理解したことは確認できますが、これだけでは「承認」にはならず、この他に「承認」をしたといえるような事実が読み取れません。お書きでない事実から「承認」したといえてしまう可能性はあります。

その債務は、契約に基づき発生するものでしょうか。「確かにこの費用は支払わねばならないと言うのは理解できる」とのことなので、以下では、契約に基づき発生するものだという前提でまとめてみます。(前提が異なるときは、話が変わってくる場合があります。)


法的には、契約に基づき発生した支払債務については、債務者が具体的に認識していなくても支払義務が発生し、時効に達するまでは、債務者は債権者に支払わねばなりません。


まず、債務が発生することが契約から明らかだった場合には、契約当...続きを読む

Q請求書の送り忘れ

実例ではなく、あくまでこのような場合はどうなのかという質問です。

口頭による諾成契約である仕事をしたとします。
仕事を請けた側はその後費用の請求を忘れてしまいました。
発注した側はそれに気付きながらも、
請求書が来ていないことを連絡もせず、当然支払いもしません。
請求されていないのだから払う必要もない、ということになりますか?
期間も関係するかと思いますがこのような場合、法律的にはどのようになるのでしょうか?

コンビニでお釣りを多く渡されたことに気付きながら返さずにいると詐欺にあたると聞きました。
これと同じだと思ったのですが…

まあ気が付かなかった、と言ってしまえばそれまでなのでしょうが。


知識として備えておきたいと思いますので、詳しい方いらっしゃいましたらご教授お願いします。

Aベストアンサー

債務を弁済する必要があるのは、債務が履行期を過ぎてかつ履行拒絶できる抗弁権がないという場合だけです。よって、払う必要があるかどうかは、“履行期を過ぎているか”“履行拒絶できる抗弁事由があるか”で決まります。そこで本件では特に抗弁事由の存在を示す事実はありません。よって履行期を過ぎているかどうかだけを考えればいいことになります。そこで、請求がないことが履行期の到来に影響するのかということを考えると、期限の定めのない債務では請求(催告)が履行期到来の要件になっていますから、期限の定めのない債務であれば請求がないから支払わないというのは法律的に正当と言えます。しかし、一般論としては請求の有無は履行期の到来の要件になっていないので請求がないから支払わなくていいということにはなりません。要するに、請求により履行義務が生じるという法律または契約による定めがない限りは、請求したかどうかは履行義務とは何ら関係がないということです。

なお、不確定期限付債務は、請求により履行期が到来するわけではないので、請求がなくても期限が到来している限り履行義務はあります。ただ、債務者が知らない限りは履行遅滞責任を負いませんが、これも、請求以外の理由で知ることを妨げないので請求がなくても履行期の到来を知れば履行遅滞になります。
それから時効はまるで別次元の話。時効が完成すれば支払義務はもちろんなくなりますが、請求されたかどうかとは別の話。時効中断事由としての請求あるいは催告という話なら、それは時効中断事由にすぎず、時効が中断するということは時効が進行している=履行期を過ぎて弁済の義務があることがそもそも前提(期間と請求が絡むとすぐ時効を持ち出す人がいるけど、ここでは傍論でしかないからね。主題はあくまでも、履行期を過ぎて弁済義務が生じているかどうか。履行期を過ぎていないと時効は進行しないんだから、履行期を考えずに時効をいきなり言い出すなんてのは、的外れってこと)。


以下は本編並に長い余談。

>コンビニでお釣りを多く渡されたことに気付きながら返さずにいると詐欺にあたると聞きました。
これと同じだと思ったのですが…

全然違います。
支払義務があるのに支払わないというだけでは詐欺(罪)にはなりません。そもそも刑事の問題と民事の問題は別ですが、それを抜きにしてここでは刑事の話をしておきます。

実のところ釣銭の返還義務があるけど返さないだけでも詐欺罪にはなりません。釣銭の場合、“釣銭をもらう際に多いことに気付いていたがそ知らぬふりをして受け取った”場合に限り詐欺罪の可能性があります。ここでは“多いことを知っていながら告知しない”というのが不作為による欺罔行為であり、その結果、“釣銭額が正しいことを疑わないという錯誤を解消しない”まま“多い釣銭を渡すあるいは過払い分を返還させないという処分行為”をしたから詐欺罪になるだけです。じゃあこの質問の設定でで何が欺罔行為で何が錯誤で何が処分行為?と考えると、何も当てはまらないでしょ?だから全然違います。
こじつければね、請求していないのにしたと思っているのが錯誤で、それを指摘しないのが不作為に夜欺罔行為でそこで請求しないのが処分行為と言うことはできるかもしれません。でも、請求していないのにしたと思っているのか単に忘れているだけかなんて判らない、つまり本当に錯誤なのかは不明だし、そもそも請求しなくても支払い義務はあるので積極的な支払猶予なり免除なりの意思を示さない限りは請求しないことを処分行為とは評価できないです。黙っていることにしても少なくとも黙っていることが欺罔と評価できる必要がありますが、そもそも請求するのは請求する側の責任ですることであって請求していないことを告げて請求させる義務が債務者にあるとは言えませんから欺罔行為にも当たりません。まあ、大雑把な説明ですが、とにかく“全然違う”というわけです。

まあ本質的な話としては、この回答の前段で説明した請求と履行義務の関係を見れば明らかです。後段の釣銭詐欺の説明と全く違う話をしてるでしょ?民事と刑事だから当たり前なのだけど、民事でもありうる詐欺の話も履行義務との関係ではどうでもいいのでしていないわけ。全く違う話をしているのはつまり全然違うから。言い換えれば共通点がまるでないということです。

なお、釣銭について後で多いことに気付いても詐欺罪にはなりません。その場合、返還すべき金銭というものが具体的にあるので、遺失物等横領罪の問題にはなりますが、釣銭でなくただの債権の場合にはただの観念的な金額のみで遺失物等に該当する物がないので問題になりません。
やはり全然違います。

債務を弁済する必要があるのは、債務が履行期を過ぎてかつ履行拒絶できる抗弁権がないという場合だけです。よって、払う必要があるかどうかは、“履行期を過ぎているか”“履行拒絶できる抗弁事由があるか”で決まります。そこで本件では特に抗弁事由の存在を示す事実はありません。よって履行期を過ぎているかどうかだけを考えればいいことになります。そこで、請求がないことが履行期の到来に影響するのかということを考えると、期限の定めのない債務では請求(催告)が履行期到来の要件になっていますから、期限の...続きを読む

Q請求書を期日までに出し忘れた場合

請求書についての質問です。
弊社 下請けで 得意先会社の請求〆日までに請求書を提出するのを忘れていました。
たしかに何回か催促はされていたのですがこちらの不手際で〆日までには間に合わず。

親会社の言い分はもうすべて処理が終わっているのでいまさら払えない。
請求行為をしなかったのはそちらだから請求権放棄になるといわれました。(支払えない)

注文書等もあります(注文書には請求権放棄等の記載はありません)
こういった場合、どのような対応(法的手段など)が得策でしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

締め切り日というのは取引上の支払いの期間的なくくりで出るものですが、それはあくまで取り引き当事者同士の事務的な都合によるものであって、法的に意味はありません。
商法的には締め日に関係なく注文と納品の事実があれば、債務者は支払いの義務があります。

まともな会社であれば締め日を過ぎても翌月には支払いをしてくれますよ。多分ある程度のいやみは言われるかもしれませんが。

どうしても支払ってくれない場合は、今後の取り引きは諦めることを前提にして、小額訴訟制度の利用をお勧めします。
これは金額が60万円までという制限はありますが、1日ですべての手続きが済む訴訟制度です。請求書等の証拠を持っていけば弁護士無しでも利用できます。相手が出廷しなかったり反論しなければその場で判決になり、それを元に差し押さえもできます。
今回の例は取り引きに事実が間違いないのであれば相手は反論はできないですね。

とりあえずは丁寧に誤って善意を期待し、それでもだめなら法的手段ということでいかがでしょうか。

Q2年前の請求がきた

2年前の請求支払いの連絡が来ました。2年前のことなので覚えていませんが、自分は支払ったつもりなのですが、当然その領収も証明書もありません。振り込んだのか、手渡ししたのかも覚えていません。その当時(2年前)、請求金額がおかしかったので、問い合わせして、再度請求書を作ってもらうように伝えたのはおぼろげながら、記憶にしていますが・・。この2年後にあらためてきた請求書に従い払うべきなのでしょうか?この請求書は有効なものなのでしょうか?(なにしろ2年前なので領収も証明書も捨てたか貰ってないか、そのものがないので・・・)

Aベストアンサー

債権の消滅時効と云うものがあります。
一定期間、請求も支払いもない場合には債権自体を消滅させて後の争いを回避しようという制度です。
債権の種類によって下記のように時効が成立する期間が違います。

消滅時効を主張する場合には、債務の存在を認める発言をしないでください。「待ってください、後で必ず支払います」というような支払猶予を求める発言も厳禁です。

友人同士のお金の貸し借り 10年間
サラ金・クレジット会社からの請求  5年間
医者・工務店・不法行為による損害賠償請求 3年間
小売商・学習塾・稽古事 2年間
運送費・旅館・料理店・娯楽施設 1年間

ご質問の場合、運送費とのことですから、時効期間は1年で既に時効が成立しています。

支払ったかはっきりせずに、もう支払いたくない場合は、このまま、先方から連絡が来るまでそのままにしておきましょう。
連絡があったら、余計なことは云わずに「既に時効が成立しています」とだけ云いましょう。  

Q年度末が過ぎたときに届いた請求書の処理

建設業で現場で仕事をしています。3月決算で4月になってから下請より請求書が届き、処理しようとしたところ、経理から決算処理しているので支払いできない。来年度の工事で払って!と軽く言われたのですが、それってありなんですか?仕事をした対価として請求を上げてきているのにそれをできない理由というのはどうしてなんでしょうか?

Aベストアンサー

ありかなしかで言うと、本来なし。ただ、広くおこなわれとるわね。(苦笑)


代金の支払時期については、建設業法その他の法律で規制されとる。そこでは、請求書がなくても支払うことになっとる。契約が下請に有利な内容なら契約優先やけどな。経理の言うとおりに処理すると、おそらくは法律違反か契約違反になるやろ。もしそうなら、経理の言うことはマチガイ。

いずれにしても、法律や契約を知ってこそ判断できることやもの、請求書の到着如何で支払を延長できるものではない。その意味で、経理が請求書の有無で判断するのは本来なしや。(苦笑)

ただ、請求書が届かないから今回の締めでは払わないとか、翌年度の作業扱いで払うとか、ありがちな話や。そのほうが、経理は処理しやすいもの。締め後の追加あると、締め切ったつもりの月次決算とか年次決算とか色々と修正することになるし、社内向けの書類も色々と作り直すことになるし。


トロい下請のせいで大残業とかしたないわ、いう経理が、法律やら無視して勝手に判断しとる、ちゅうことよ。(苦笑)

Q請求書が未着でも、支払う必要がありますか。

当社は建設業の元請業者です。一般建設業許可で特定建設業許可はありません。現在は業者に請書・請求書(当社書式)を郵送し、戻ってきたものをリスト化。このリストを担当者に回覧して、工期・納期等を確認して支払いを行っています。
 先日、別の会社の方から「請書・請求書」が届いていないものも支払わないと建設業法違反になるのではないかと言われました。
建設業法24条の3には「~の場合には支払をしなくて良い。」とか「正当な理由がある場合を除き~支払わなくてはならない」等の記述はないようです。
 「請書・請求書」が届かなくても支払わなければいけないものなのでしょうか。

Aベストアンサー

念のためですが、
> 当社では主な業者とは、工事完了締め日・請書および請求書必着日・支払日等に関して、基本契約書を交わして確認しています。また主な業者でない場合にも同様の支払いルールを文書で渡して了解していただいた場合のみ取引をしています
とのこと。ここには、
> 請書到着・請求書到着は契約上の支払条件
となる合意は何ら存在していません。

「工事完了締め日・請書および請求書必着日・支払日等に関して、基本契約書を交わして確認」したのは、締め日・請書必着日・請求書必着日・支払日を個別に確認したことを表します。あくまでも、それぞれにつき別個独立の合意をしたに過ぎません。

他方、請書到着・請求書到着を契約上の支払条件とするためには、請書到着と支払、請求書到着と支払それぞれにつき、相互関連性を持たせておかねばなりません。ところが、挙げていただいた契約内容からは、相互関連性が何ら見られません。

そのため、
> 請書到着・請求書到着は契約上の支払条件
となる合意は何ら存在しないものと考えざるをえません。

基本契約書を作成しない場合でも同じ内容の合意をするとのことなので、そのケースでも同様のことがいえます。

なお、
> 請求が来なければ、支払は先延ばしにしても法的に問題なし
とのご認識は、誤っています。
債務は債権者からの請求が無くとも履行されるべしというのが、社会通念を昇華させた法の考え方です。そのため、債務を履行しない者に対しては、法は履行遅滞責任を負わせています(民法412条)。
したがって、請求が無いからといって支払を先延ばしにすると、法的に問題あることになります。

> 友人ならともかく商売でやっている以上、請求をして来ないほうに問題がある
とのご指摘は確かに正しいのですが、商売は、互いに相手への信頼で成り立っていますから、義務があれば任意に履行するのが商売人としての本来の姿です。したがって、「商売でやっている以上、債務を履行しない者は、請求をしない者に比べてさらに問題がある(商道徳上の信義に欠ける)」といえます。

念のためですが、
> 当社では主な業者とは、工事完了締め日・請書および請求書必着日・支払日等に関して、基本契約書を交わして確認しています。また主な業者でない場合にも同様の支払いルールを文書で渡して了解していただいた場合のみ取引をしています
とのこと。ここには、
> 請書到着・請求書到着は契約上の支払条件
となる合意は何ら存在していません。

「工事完了締め日・請書および請求書必着日・支払日等に関して、基本契約書を交わして確認」したのは、締め日・請書必着日・請求書必着日・支払日...続きを読む

Q請求書の発行が遅れた場合のトラブルについて

毎月やっている仕事なのですが、こちらのミスで請求書を発行しておらず、半年分たまってしまいました。
請求書をまとめて発行し、古い分は後からでかまわないので支払ってほしい旨相手の会社にお願いしましたが、直近の3か月分しか払わないと言われてしまいました。
ちなみにその仕事は相手の会社では素通りしているだけの仕事なので、その先の顧客からきちんと支払いを受けているそうです。

法律的に、遅れて出した請求書を拒否することは出来るのでしょうか?
ちなみに金額は毎月5万円程度です。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

売掛金の時効は内容によって1年から2年です。

それよりも新しいものであれば、請求書の有無は支払の義務に関係ありません。
勿論請求を怠ったのはまずいですが、だからといって実際の取り引きが行われていれば、その債権債務は変わりません。

当時の納品書は受領書等の証憑を元にして、粘り強くお願いするしかありませんね。

法律的には権利はありますが、その額では法律的に争う方がもったいないような話です。
今後の取引もあるでしょうから、双方円満な話合いがもっとも望ましい解決策です。

Q請求書の発行が遅れた場合の支払い義務について

4月10日に商品を納品したのですが、納品先の請求書〆日が4月20日という事を忘れていて、4月30日に発行し当日先方に到着しました。その後、先方から20日の〆日で発送していないため、支払は翌々月の6月末になると通告されました。契約上は20日〆の翌末払いで契約しています。
請求書の発行が遅れたからと言って、支払日を遅らせてもいいものなのでしょうか?
当方としては、現実に4月10日に納品しているため納得いかなく思っています。
法的な見解をお教えください。

Aベストアンサー

商品の到着または発送後○日間以内に支払う、という契約なら、質問者様が納得できなくて当然ですが、

ご質問は、請求書の〆日→翌月末支払いというのが契約ですから、請求書が発送または到着した日から支払い日を算出し、翌々月末払いになるのは契約通りです。

代金の支払い義務は変わりませんが、支払い日を決める契約に関してこの件は商品の発送日に起因していません。

Q月末締めの請求書を送るタイミングについておしえてください。

月末締めの請求書を送るタイミングについておしえてください。
月末締めで請求書を送る場合、その月の末日までに請求書を送るのが普通でしょうか?
翌月になってからでもよい場合、翌月の何日頃までに送るのが一般的ですか?

例えば、5月末締めの場合、
「5月31日必着」や「6月1週目くらいまでOK」などのご意見が欲しいです。

相手会社から特にルール指定がない場合の一般的なご意見をお願いします。

個人事業を営んでいますが、毎月納品確認がギリギリになるものあり、
翌月の月初になってしまいます…。これは失礼なことでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>月末締めで請求書を送る場合、その月の末日までに請求書を送るのが…

月末締めの意味は、月の末日の取引分まで記載すると言うことです。
したがって末日に送るというのは事実上不可能です。

>翌月になってからでもよい場合、翌月の何日頃までに送るのが…

月末の翌日以降、請求書ができ次第なるべく早くということです。
個人事業レベルなら最大 1週間もあればじゅうぶんできるかと思いますけど。

Q請求書の時効

はじめまして!相談があります。当方、自営業をしております。昨年から、取引をはじめた得意先があるのですが、昨年4月から請求書を発行してくれず、発行してほしいと要望したのですが(数回)、結局請求書が届いたのは、今年の2月頃でした。4月から今年2月までの金額は、270万円ほどになっており、いきなり支払える訳もなく、
今日先方が依頼した弁護士の方から、支払の要請がありました。うわさで聞いたことがあるのですが、6ヶ月をすぎた請求は、支払の義務がなくなると聞いたことがあるのですが、ほんとうなのでしょうか?先方のミスは、問われないのでしょうか?どうか良い知恵、お貸しください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

商取り引きなどいに、時効という制度があり、取引の内容によって時効になる年数が違います。
商品の売買などは2年で時効になります。
時効が成立した場合は相手から請求があっても、時効を援用すると主張することで、支払義務が無くなります。

ただし、相手が時効の中断をした場合は、その時点から、新たに時効が進行します。

時効の年数については、参考urlをご覧ください。

時効の中断などの詳細については、下記のページをご覧ください。
http://www.nishikawa-kaikei.co.jp/am-0108-2.htm

参考URL:http://www.jusnet.co.jp/business1/bus0102.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング