現在、62歳の男です。
給与収入(報酬月額620)が高く、60歳から64歳の在職老齢年金の計算でも年金は全額支給停止でした。
ここまでは自分でも理解できるのですが、年収が800万いくらある人は年金自体が受給できない(受給権がない)と言われました。
金額をはっきりさせようと色々調べるのですが、配偶者が加給年金や遺族年金を受給する際には850万円の制限があるようですが、本人にも収入制限があるのですか?
いくら収入が多くても受給権はあるが、支給が停止されると捉えていたのですが違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

調整かけるためには、報酬を社会保険庁が知る必要があります、


それができるためには、厚生年金加入者であるということです。
すなわち、厚生年金の加入してない会社や、個人で月に何百万稼いでも、1円も減らされないということです。家賃収入も同様です。


厚生年金加入は70歳までなのですが、
70歳以上にも19年4月より65歳以上と同じように調整かかることになりました、この場合は、適用事業所(会社)が報酬を報告しなければならなくなりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変わかりやすい説明でよく理解できました。

お礼日時:2008/02/29 11:53

補足です。


http://www.sia.go.jp/infom/text/index.htm に、#2で紹介させていただいたほかにも、たくさんの資料が用意されています。
非常に詳細でわかりやすい内容ですから、併せてお読みいただくと、さらによく理解できるかと思います。
ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
読んでみたいと思います。

お礼日時:2008/02/29 11:51

こんにちは。


すばり、http://www.sia.go.jp/infom/text/kounen07.pdf の 11ページ目に、非常に詳細かつわかりやすい式が載っていますよ。
社会保険庁が関係者向けに出しているテキストです。

> 本人においては、収入制限はなく、受給権がある上で、
> 収入の金額によって調整(支給停止)を受ける。ということで
> よろしいでしょうか?

そのとおりです。
なお、60~64歳の老齢厚生年金は本来の老齢厚生年金(65歳以降)ではなく「特別支給の老齢厚生年金」と呼ばれるものなので、在職者の支給制限(在職老齢年金)については、上記URLの計算式を適用します。

65歳以降の在職老齢年金の支給停止のしくみについてはまた別で、これは http://www.sia.go.jp/infom/text/kounen06.pdf を参照して下さい。
15ページ目の最後のほうから16ページにかけて記されています。

> もし、現在無職で家賃収入などで1000万以上の収入があるような場合
> では、年金は調整を受けることなく全額支給されるのでしょうか?

はい。そのとおりです。
老齢厚生年金の受給対象でありながら在職している(=厚生年金保険の被保険者である、ということ)という場合にのみ、報酬との間で調整を図って支給停止を行なう、というしくみです。
    • good
    • 1

受給権がないことは、ありません。


在職老齢年金の仕組みは、厚生年金の報酬比例部分についてちょうせいがかかります。
60歳から65歳までは年金基本月額28万円以下の人でしたら、28万+総報酬月額のうち、28万超える分の半分が減らされます。
年金基本月額28万超える人の場合もありますが、あまりないので省略します。
65歳以上になれば、48万超える分の半分が調整されます。(調整がゆるやかになる)
ただし、基礎年金分は調整されませんから、最悪の場合でも65歳からは基礎年金分はうけとれるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
本人においては、収入制限はなく、受給権がある上で、収入の金額によって調整(支給停止)を受ける。ということでよろしいでしょうか?
在職の場合は、こういった調整の対象になると思います。
もし、現在無職で家賃収入などで1000万以上の収入があるような場合では、年金は調整を受けることなく全額支給されるのでしょうか?

お礼日時:2008/02/28 09:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の受給

今年7月で60歳になるものです。送付された「ねんきん定期便」では私の場合、
60歳から  特別支給の老齢厚生年金30万円
63歳       〃       〃      〃   定額部分30万円 計60万円
となっています。

そこで、定年後も3年ほど嘱託で勤務予定ですので、
60歳からの受給を63歳から受給するという選択はありますか? 
その場合、60歳から63歳までの3年半分の受給分は
全部カットされるのでしょうか?
いくらか63歳以降の受給分に加味されるのでしょうか?

よろしくお願いします。
     

Aベストアンサー

分かり易く簡単に説明します。
質問者さまの場合、60歳の誕生日以降特別支給分の老齢厚生年金を受給手続きを実施してください。
手続きからの約2ヶ月後から30万円の1/6の5万円が、2ヶ月毎に受給できます。
事前に近くの市区町村の国民年金の窓口でも詳しく教えてくれ、必要書類や準備するものを親切に教えてくれます。

>そこで、定年後も3年ほど嘱託で勤務予定ですので、
>60歳からの受給を63歳から受給するという選択はありますか? 
選択はありません。
特別支給分については、繰り下げ受給の制度はありませんのでメリットはありません。

>その場合、60歳から63歳までの3年半分の受給分は
>全部カットされるのでしょうか?
>いくらか63歳以降の受給分に加味されるのでしょうか?
「28万円の壁」がありますが、質問者さまの場合は関係しないので、カットも加算もありません。(女性の場合63歳以降64歳までは、特別支給の定額部分が受給できるのです。)
参考:
http://president.jp.reuters.com/article/2009/02/17/6D9FDC7A-F75B-11DD-9A2E-69123F99CD51.php

>63歳  定額部分30万円 計60万円
の「定額部分30万円」の金額が気になりますが、国民年金の未加入期間が長かったのでしようか?
満額で「定額部分約79万円」ですので、60歳からの任意加入で「定額部分30万円」を上乗せする方法もありますので年金窓口で相談に乗ってくれます。
*誕生月が近付いたら、近くの市区町村か年金窓口で相談してください。
 

分かり易く簡単に説明します。
質問者さまの場合、60歳の誕生日以降特別支給分の老齢厚生年金を受給手続きを実施してください。
手続きからの約2ヶ月後から30万円の1/6の5万円が、2ヶ月毎に受給できます。
事前に近くの市区町村の国民年金の窓口でも詳しく教えてくれ、必要書類や準備するものを親切に教えてくれます。

>そこで、定年後も3年ほど嘱託で勤務予定ですので、
>60歳からの受給を63歳から受給するという選択はありますか? 
選択はありません。
特別支給分については、繰り下げ受給の制度はあ...続きを読む

Q働きながら最大の年金をもらう給料の上限

現在60歳以上で、正社員として働きながら最大の年金をもらう給料の上限はいくらですか?さまざまな条件で変わってくるとは思うんですが・・・。

Aベストアンサー

昨年の国会で年金法案が可決しました。

60歳で在職年金の受給は年収の12分の一と年金給付額の合計が28万円までは年金のカットは無くなりました。
今年3月までは厚生年金に加入している企業に勤務している場合、年金額の20%は強制的に支払停止となっていましたが…。

これは64歳までの処置で、65歳からは上限が48万円に繰り上げられます。(変ですよね)

もしそれ以上の収入がある場合には、超過額の1/2が支給停止となるようです。

ただし年金は個人個人で状況が変わってきます社会保険事務所でお聞きされては? 
年金番号、名前を言えば、電話ででも、教えてもらえます。

私も現在報酬比例部分の支給を受けていますが、このたびの改正で2万円ほどアップすると心待ちにしています。

多少は改善されたことを喜んでいる一人です。

Q年金の所得制限

年金には所得制限があるのでしょうか?
たとえばサラリーマンとして定年退職して、その後独立してそれなりの稼ぎがある人は、
厚生年金を何十年も払っていたにもかかわらず年金はもらえないのでしょうか?
この場合、厚生年金を払っただけ損をするということでしょうか?
また年金支給前に亡くなった場合は家族に支払われるのでしょうか?

Aベストアンサー

独立して自営業などのように厚生年金に入らないで働くなら、いくら稼いでも年金は受給資格があれば貰えます。年金の支給にはまったく影響しません。

厚生年金に入って働くなら、年金額と報酬月額相当額(月給+直前1年間の賞与の1/12)の合計額によっては年金の減額や支給停止があります(在職老齢年金)。ただし、仕事を辞めたり65歳や70歳になれば、加入していた分年金が増えますから損にはなりません。

つまり、どちらにしろ多く稼ぐほうが総合的には得です。

年金の受給資格を得た後(公的年金に25年以上加入)年金支給前に亡くなった場合は、遺族に遺族厚生年金が支給されます。受給資格を得る前になくなった場合でも条件により遺族厚生年金が支給されます。

Q65才からの年金支給の平均月額は

65才からの年金支給の平均月額は
平均でどのくらいなんでしょうか。厚生年金35年加入、男性定年後無職。年々減額されているとか聞きましたが。
10年先は、今よりもぐんと下がると思うので、今のうちからセカンド資金を準備しておかないと思いまして。

Aベストアンサー

「厚生年金35年加入」ですが、本当にこればかりは人それぞれに違いますので「年金機構」旧社会保険事務所で査定して見て下さい。今、申請するといくら支給されるのか、65歳になって国民年金と合算したものがいくら支給されるのか、全部出て来ます。私は63歳ですが60歳から「厚生年金」を受給致しています。これだけ仕事が無い、という時代に「減額でもいいから年金を」と思って藁を掴む思いで申請しました。厚生年金は「報酬比例部分」「定額部分」と二つに区分されています。60歳から申請すると、この「報酬比例部分」のみが支給され、64歳から「定額部分」が上乗せされ支給されますが、私は64歳まで待てないから「一部繰上げ」の申請をして今は全額支給されています。通常の年金額(64歳まで待った金額)と比較しても年間4万円しか違いませんでしたので、今の方法を選びました。65歳から「国民年金」が加算されます。その金額も全部算出してもらっています。年金だけは絶対、年金機構から申請の方法など教えてくれないので、自分で出向いて担当者に聞いて判断するしかありません。お役に立ったでしょうか?

Q厚生年金(報酬比例部分)が支給されなくて困ってます

在職老齢年金について教えて下さい。
私は会社で従業員の社会保険の取得・喪失手続きをしてまだ間もないのですが、今回初めてのケースでよくわからないので教えて下さい。

昭和20年8月生まれの従業員が今年8月で60歳となり、一旦定年退職後継続雇用の形態で引き続き勤務しています。

現在の収入の状況は
・毎月の給料・・・19万円
・雇用保険の高年齢継続給付・・・毎月3万円
・ボーナス(見込み)・・・6月と12月に30万円ずつ

となっております。
60歳になったので、厚生年金の報酬比例部分を受給できるはずなのですがなかなか支給されないので、昨日本人が社会保険事務所へ相談に行ったところ、「前年の収入が多いから今年は年金は0です」と言われたそうです。

私の認識では、前年の収入に関係なく、給与収入と年金額が28万円を超えたら超えた部分の2分の1をカットされると思っていたのですが、どういうことでしょうか?

Aベストアンサー

60歳前半の在職老齢厚生年金は年金の基本月額と総報酬月額相当額の合計により停止額が計算されます。総報酬月額の計算方法が給与月額+直近1年の賞与総額÷12になるため、年金の基本月額が安くても退職時の前年の賞与額が多く合計額が28万以上の場合には、支給停止額が発生することになり、その額が基本月額を超えた場合、全額支給停止となります。たとえば年金額120万、給与額19万、昨年の賞与額240万だとすると

基本月額=120万÷12=10万
総報酬月額相当額=19万+240万÷12=39万
基本月額+総報酬月額相当額=10万+39万=49万
停止額=(49万-28万)÷2=10.5万

となり全額停止となります。

Q年金はいつまで払えばよい?

母の代理で質問します。

母は40年仕事勤めをし、来年60歳で退職します。
いまは、年金を60でもらえないようなので(62から?)その、無収入の間も年金を払わなければならないのでしょうか?
(母は40年も払ってきたのに…と不満げです)

ちなみに父は今62ですが、まだ仕事してるので60から年金をもらい、給料から年金を天引きされてます。

母から聞かれたのですが、こういう話題にうといので誰かわかりやすくおしえてください。

Aベストアンサー

国民年金は40年間かけて終わり、受給は満額受給で65歳から、と言うことになります。
厚生年金は期限が無くお父さんのように掛けながら働く=在職老齢年金。
60歳から年金を貰いながら働いているわけです。65歳までは全部ではなく基礎部分=
国民年金は単独と同じで65歳からしかもらえません。今は比例部分と言って2階建ての2階部分
のみの受給です。お父さんは65歳になれば基礎部分プラス60歳からかけている比例部分が
プラスされます。65歳からも同じように厚生年金に入った働き方をしている人もいます。
その場合、満額を受給して働いていると言うことです。

お母さんも同じように厚生年金に入った会社で働いてきたのであれば60歳からは比例部分のみ
の年金受給があります。65歳からはプラス基礎部分。

60歳で掛けるのは終わりですので受給だけです。
尚、比例部分は収入と期間で多い少ないがありますが基礎部分は決まっていて掛けた期間だけ
で決まります。

Q特別支給の老齢厚生年金の停止分について

母(昭和13年生まれ)は、昔会社で厚生年金に入っていたことがあり、60歳から特別支給の老齢厚生年金をもらっていました。
しかし、61歳のときに、国民年金の繰り下げを実施したところ、厚生年金かどちらかしか選択できないと言われたそうです。そのとおり、その後の厚生年金の金額は支給停止となっていました。
65歳になり、特別支給の老齢厚生年金は消滅したため、金額を裁定して、60歳のときにもらった厚生年金額の1/3程度の金額が国民年金に上乗せされていました。(微々たる金額です)

ここで、母からの質問です。
61歳~65歳まで停止された特別支給の老齢厚生年金は、もうまったく戻ってこないのでしょうか?母は厚生年金も国民年金もせっかくかけたお金なのに理解できないと言っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。一点確認ですが、ご質問文中の61歳のときの「国民年金の繰り下げ」というのは、「老齢基礎年金の繰上げ」なのではありませんか。

 国民年金の制度で繰上げや繰下げがあるのは老齢基礎年金だけですが、老齢基礎年金は65歳から支給開始ですので、61歳から受給したならば繰上げしかありえないはずです。

 そうだとすると裁定どおりで、昭和16年4月1日以前に生まれた人は男女限らず、老齢基礎年金を繰上げた場合、特別支給の老齢厚生年金は全額支給停止になります。

 良いサイトが見つからなかったのですが、平成6年の厚生年金保険法の改正法付則24条2項に規定されています(労働法全書より)。また、残念ながら本件に限らず、支給停止されていた公的年金があとから支給されるという制度はないです。

 なお、特別支給の老齢厚生年金と65歳からの老齢厚生年金は、名前は同じでも内容が大きく異なります。特別支給は2階建てで、報酬比例部分(2階。65歳からの老齢厚生年金に相当する金額)と、定額部分(1階。老齢基礎年金に相当する額)の合計です。

 すなわち、65歳になると老齢基礎年金が始まる代わりに、老齢厚生年金は2階だけになりますから、誰でも減額されます。でも現時点の老厚と老基を合算すれば、64歳時点で支給されていた特別支給の金額とほとんど変わらないはずです。

 昭和16年4月1日以前ばかり不公平かというとそうでもなくて、例えば今の若い世代は両方とも65歳からしか支給されないわけですし、保険料と年金の比率も老齢であるほど恵まれていますので、ある程度の釣り合いを持たせている制度のようです。

 こんにちは。一点確認ですが、ご質問文中の61歳のときの「国民年金の繰り下げ」というのは、「老齢基礎年金の繰上げ」なのではありませんか。

 国民年金の制度で繰上げや繰下げがあるのは老齢基礎年金だけですが、老齢基礎年金は65歳から支給開始ですので、61歳から受給したならば繰上げしかありえないはずです。

 そうだとすると裁定どおりで、昭和16年4月1日以前に生まれた人は男女限らず、老齢基礎年金を繰上げた場合、特別支給の老齢厚生年金は全額支給停止になります。

 良いサイト...続きを読む

Q65歳以上失業保険と厚生年金同時にもらえますか

失業保険がもらえるのでしょうか?
減竿65歳ですでに年金をもらいながらパートで働いています4月の契約更新で更新が出来ないと言われました。
65歳までは失業保険をもらうと年金が停止されるとの事ですが65歳以上でも同じでしょうか?
そして半年ほど前から失業保険料が給与より引かれていません、厚生年金は引かれています。

Aベストアンサー

・65才以上で退職された場合は、失業給付は受給できませんが
 高年齢求職者給付金が一時金として支給されます
 その場合、老齢厚生年金は通常通り支給されます
・高年齢求職者給付金の支給については、下記を参照して下さい
http://tt110.net/13koyou2/P2-kourei-kyuusyoku.htm

Q健康保険は何歳まで払うのでしょうか?

年金は60歳まで払えばいいのですよね?

例えば、60歳になって会社を退職した場合
健康保険はもう払わなくていいのでしょうか?

退職後誰かの(息子など)の扶養になれば払わなくていいけど
誰も扶養してくれないなら、死ぬまで払わなくちゃいけないですか?

Aベストアンサー

正確には、年金保険料の納付義務が60歳で終わるのは国民年金だけです。
厚生年金保険の年金保険料は70歳迄納付義務があり、60歳超で加入しながら受給する場合在職老齢厚生年金として併給調整を受けます。
健康保険については生涯何等かの保険制度に加入し、その保険料を負担します。通常、退職した場合国民健康保険に加入します(退職から2年間を限度に職域の健康保険に任意加入出来る制度もあり、退職金等で国保保険料が跳ね上がる危険に備える事が出来ます)。また75歳になると後期高齢者医療制度に全員加入します(引き続き継続して就労していても強制移籍。但し傷病手当金の規定が無いので75歳以上継続雇用の場合注意が必要です)。

Q厚生年金の最高額は夫婦でいくらですか?

厚生年金の最高額は年330万円ほどと聞きました。
これは本人だけの話ですよね。
配偶者は一緒に支払ったものとして受給資格がありますが、これの最高額はいくらなんでしょうか?
夫婦そろって最高いくらもらえるのでしょう?

受給開始の年齢によって違うと思いますが、とりあえず65歳として教えてください。

Aベストアンサー

厚生年金の年金額の基になる標準報酬月額には上限がありますから、年金額も上限があります。
厚生年金の標準報酬月額の上限は62万です。(上限が121万に変ったという回答がありますがそれは健康保険ほうだけで、厚生年金は現時点ではまだ62万が上限です。今後は上限がどう変るかわかりませんが。)

中卒で卒業して70歳まで約55年厚生年金に加入して、はじめからその上限の報酬を貰うと老齢厚生年金は300万を超えるくらいです。しかし、中卒でいきなり上限の報酬をもらうということは事実上ありえませんから、現実では200万位が最高でしょう。

それに老齢基礎年金を加えて、280万くらいが事実上の最高ではないでしょうか。

配偶者が専業主婦で20歳から60歳まで被扶養者ですと配偶者の老齢基礎年金が約80万ですから夫婦合わせて最高が360万程度でしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報