今住んでいる部屋の結露が酷くてシャレにならない状態です。
対策として,湿気取りを幾つか置いたり,湿気防止スプレーを吹き付けたり,結露吸水シールなどを使ったりしていますが,全く効果がありません。

特に気になるのは,キッチンに続く玄関扉です。酷いときは,外まで結露が流れていっています。

結露をそもそも発生させないようなグッズや方法などはないものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

結露は内側外側の温度差で発生します。

玄関扉の場合見栄えが問題になりますが一応無視して考えます。断熱をする必要があるので外側にビニールのプチプチをガラスアルミ部分とも全面に貼り付けます。内側にも貼り付けるとよりり効果的です。プチプチよりも見栄えの良い商品もホームセンターで見たことがあります。完全にしたければ断熱樹脂サッシプラス真空二重ガラス。高断熱寒冷地仕様のドアー。そのほかに結露防止用ファンヒター(電気代がかかります)もあります。
    • good
    • 0

うちも、そうなんです。

困っています。
対症療法として、油性の防黴剤と油性ペンキを混合。
玄関・壁 に、塗りました。

★ 結露そのものは無くすことは出来ません。
皆さん、悩んでいらっしゃるのだなぁ と
感じています。
    • good
    • 0

結露の原因は水蒸気、そして台所は水蒸気の大発生源です。


台所と玄関が隣り合わせでは、それは大変だと思います。

家では除湿機(電気式の)を玄関扉に向けて一晩中かけています。
これで結露はなくなりました。

湿気取りをお使いの様ですが、とてもそんなひ弱なものでは不可能です。
家で除湿機は一晩で1リットルは取ります。その位い大量に水蒸気が出ていることなんですね。

あと、玄関との間にカーテン(天井から床まで届く大きさの)を付けられると、それも効果大かと思います。
    • good
    • 0
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気液平衡について、コックでつながれた二容器に温度差がある場合、水滴は片側にしか結露しませんか?

こんにちは。
H2Oの気液平衡について質問があります。

コックでつながれた容器A,Bがあり、それぞれ60℃、20℃だとします。
コックが解放されているとして少なくともいずれかには水滴がついているとした場合、とりあえず温度の低い容器Bに発生しますよね。
20℃の蒸気圧が2.0*10^3Paだとすると、このとき容器Aにも水滴がついている可能性ってありうるのでしょうか?
分子の分圧がおなじであり、当然60℃の蒸気圧は20℃の時より高いので、発生し得る水滴は全てB側でしょうか…??

場合分けも頭の中で整理できず、混乱しています。
容量がA>B,A=B,A<Bの時で変わってきたりするのでしょうか?
H2O以外の気体分子が含まれるのと含まれないのとで異なるのでしょうか…?

本などを見ていると、場合分けとしてAもBもすべて気体か、Aはすべて気体でBは気液平衡と書かれてあり、前者を否定することで後者を導いていたのですが、他の可能性はないでしょうか?

お願いします!!!

Aベストアンサー

現実問題としては、その時の状況、つまり、結露に至る過程によっては両側で結露することはあるでしょう。
しかし、平衡状態ということであれば、両側の水蒸気圧が同じになるはずで、だとすれば、その時の水蒸気圧は20℃における飽和水蒸気圧になるはずですから、60℃の側に発生した結露はいずれ消失するはずです。
ただし、現実にそうなるかどうかは、放置した時間とかコックの穴の長さや径、容器の大きさなどにも影響されることなのでなんとも言えません。平衡というからには、十分に長い時間が経過した後ということになるので、それが1年であろうが10年であろうが気にすることはないでしょう。

Q部屋の壁の結露対策を教えてください

寒くなって来ましたが、毎年の悩みが壁の結露です。団地なのですが、窓やサッシだけでなく、壁まで結露してしまい、一日中濡れている状態になります。カビだらけになり、その影響か子供達が皆喘息やアレルギーをもっています。何か良い対策はないでしょうか?お金はないので、断熱材を入れたりする余裕はありません。良い知恵があれば教えてください。

Aベストアンサー

外との温度差を作らないことと除湿ですね。
灯油を使用した暖房器具をお使いの場合は水蒸気を多く出すのでこれを止めることです。
また、壁際の空気を動かす(弱~い風でよい)のも一手です。

Q冷凍機 「冷凍能力」と「熱交換器の温度差」の関係

冷凍機 「冷凍能力」と「熱交換器の温度差」の関係

現在冷凍機について勉強中で、文献を読む中で冷凍能力(Cooling Power)と、高温側の熱交換器と低温側の熱交換器との温度差(Temperature Span)との相関について述べられていました。
温度差が大きいとき冷凍能力は小さくなり、逆に温度差が小さいときには冷凍能力が大きくなるようです。
この部分がよく理解できません。どおなたか詳しい方がおられたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 高温側の熱交換器の事を(冷媒を凝縮させる装置である事から)凝縮器、低温温側の熱交換器の事を(冷媒を蒸発させる装置である事から)蒸発器と呼びます。
 凝縮器の温度が高く、蒸発器の温度が低い程、温度差は大きくなります。
 そして、凝縮器の温度が高い程、冷媒の膨張前温度は高くなり、蒸発器の温度が低い程、冷媒の蒸発器出口温度は低くなります。
 モリエル線図(p-h線図)に冷凍サイクルを描く時の事を考えてみて下さい。
 膨張弁やキャピラリー(毛細管)による膨張は自由膨張に近いため、エンタルピー変化は無いものと見做しますから、冷凍サイクル中の膨張行程を表す線は、垂直の直線になります。
 膨張行程は極めて短時間の内に行われますから、膨張行程が行われている間に、冷媒と外部との間で熱が移動する時間が無いため、膨張行程中には熱の出入りは無いものと見做せますし、液体は、熱の出入りが無ければ、圧力が変化しても温度やエンタルピーは変わりませんから、冷凍サイクル中の膨張行程を表す線は、飽和液線上の膨張前温度を表す点(等温線と飽和液線の交点)を通ります。
 圧力が高い程、冷媒が蒸発する温度は高くなりますから、飽和液線上の温度は圧力が高い程高くなり、飽和液線は右上がりに傾いていますから、膨張前温度が高い程、膨張行程におけるエンタルピーは大きくなります。
 一方、蒸発器内の圧力は、蒸発器内の何処でも殆ど同じですから、冷凍サイクル中の蒸発行程を表す線は、水平の直線になります。
 冷凍機の圧縮機(コンプレッサー)が液体を吸い込むと、圧縮機が損傷してしまいますから、蒸発器出口において冷媒は完全に気化していなければなりません。
 そのため、蒸発行程のラインの右端は、必ず乾き飽和蒸気線よりも右側の、乾き蒸気の領域に突き出ていなければなりません。(乾き飽和蒸気線よりも左側の状態では液相が含まれている)
 気体は、臨界圧力よりも充分に低い圧力の下では、その振る舞いが理想気体に近くなり、理想気体のエンタルピーは圧力に関わらず、温度にのみに比例しますから、蒸発器出口温度が低い程、冷媒のエンタルピーも小さくなります。
 凝縮器出口における冷媒温度を高くすると、膨張前温度も高くなって、膨張行程におけるエンタルピーが大きくなり、その一方で蒸発器出口温度を低くすると、蒸発器出口におけるエンタルピーが小さくなるのですから、凝縮器と蒸発器の温度差を大きくする程、蒸発行程を表すラインの長さは短くなります。
 蒸発行程を表すラインの両端におけるエンタルピーの差は、即ち単位質量の冷媒が蒸発器内で吸収する熱エネルギーの量の事ですから、凝縮器と蒸発器の温度差を大きくする程、単位質量の冷媒が蒸発器内で吸収する熱量は少なくなります。
 単位質量の冷媒が吸収する熱量が少なくても、循環する冷媒の量が多ければ、冷凍能力を大きくする事は可能な様に思えるかも知れません。
 この場合は冷凍機が消費する電力が一定の場合を考えている訳ですから、圧縮機が単位質量の冷媒に対して行う仕事が少なくて済む程、より多くの冷媒を循環させる事が出来ます。
 圧縮行程は断熱過程であるため、等エントロピー曲線に沿って、左下から右上がりに進みます。
 圧縮機が単位質量の冷媒に対して行う仕事は、圧縮行程を表すラインの両端におけるエンタルピーの差になりますから、圧縮機が単位質量の冷媒に対して行う仕事を少なくするためには、凝縮器内の圧力を低くすると良い事になります。
 しかし、圧力を低くし過ぎて、凝縮器内の圧力に等しい圧力下における冷媒の蒸発温度が、凝縮器内の温度よりも低くなってしまいますと、冷媒は液化せず、蒸発潜熱を利用する事が出来なくなります。
 凝縮器の温度をあまり下げる事は出来ませんから、結局、冷媒の循環量をあまり増やす事は出来ません。
 結果、凝縮器と蒸発器の温度差を大きくすると、冷媒が吸収する熱量が少なくなる事による影響が上回り、冷凍能力が小さくなります。
 逆に、凝縮器と蒸発器の温度差を小さくすると、冷凍能力が大きくなります。

 高温側の熱交換器の事を(冷媒を凝縮させる装置である事から)凝縮器、低温温側の熱交換器の事を(冷媒を蒸発させる装置である事から)蒸発器と呼びます。
 凝縮器の温度が高く、蒸発器の温度が低い程、温度差は大きくなります。
 そして、凝縮器の温度が高い程、冷媒の膨張前温度は高くなり、蒸発器の温度が低い程、冷媒の蒸発器出口温度は低くなります。
 モリエル線図(p-h線図)に冷凍サイクルを描く時の事を考えてみて下さい。
 膨張弁やキャピラリー(毛細管)による膨張は自由膨張に近いため、エ...続きを読む

Q結露 結露 結露がスゴイ

こんばんは、最近マンションに引っ越したんですが、
結露が半端じゃないです。和室の窓、端側の畳などカビだらけ、フローリング?の部屋に主にいるんですが、窓だけでなく、その下、そしてサイド側の下もすごいビショビショで、唖然としてます。おかげで家具とかなんやらカビだらけ、水だらけ。端っこに何も置けないんで、苦しいです。パソコンなども心配です。
これは どうしたらいいんでしょうか。除湿機なども考えたのですが、結構高かったので(各部屋ひとつで3つは必要)、辞めました、効き目があるかもわからないですし。

Aベストアンサー

我家も結露が相当ひどく、苦戦しました。

部屋を思い切り暖めるのも一つの方法のようですが、燃焼系の暖房器具(ストーブや石油ファンヒーター等)は結露を促進してしまうそうです。
暖めるならエアコンなどが良いそうです。

他にも私が調べたときの情報があるので、ご紹介します。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

1.水1000mlに対し中性洗剤50mlの割合で希釈した水溶液を使用して、窓を拭く。(結露を先に拭いてから)

2.新聞紙を窓に貼り付け、翌朝その新聞紙で窓を拭く。

3.ホームセンターなどで売っている「結露防止用シート」を購入し窓に貼る。

4.雨戸を閉める。(マンションですと雨戸はなさそうですね)

5.他にも二層ガラス・熱線ヒーターなど窓自体を交換する。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

この中で私は「1.」「2.」を試してみました。

「1.」は拭いたときに洗剤の細かい泡で白くなりますが、気にせずにそのまま拭き、放置しておくと白くなったものが自然に消え、かなり結露を抑えられました。
効果は3~4日続きます。

「2.」は新聞紙の油分で拭いた後の輝きは多少良い気はしましたが、外からの見た目も良くないし、カーテンがない窓はなおさらみっともない上に、毎朝大変なので1日でやめました。

「3.」は高い割には効果があまり良くないとの事でしたので却下しました。

「4.」は非常に効果があるそうなのですが、我家にも雨戸がなく断念。

「5.」は高価すぎて検討もしていません。


経験からすると「1.」が手軽で効果も高くお勧めです。
いずれにしても一日に1~2時間ぐらいは窓を開け換気する事が大切です。

以上、参考にして頂ければ幸いです。

我家も結露が相当ひどく、苦戦しました。

部屋を思い切り暖めるのも一つの方法のようですが、燃焼系の暖房器具(ストーブや石油ファンヒーター等)は結露を促進してしまうそうです。
暖めるならエアコンなどが良いそうです。

他にも私が調べたときの情報があるので、ご紹介します。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

1.水1000mlに対し中性洗剤50mlの割合で希釈した水溶液を使用して、窓を拭く。(結露を先に拭いてから)

2.新聞紙を窓に貼り付け、翌朝その新聞紙で窓を拭く。

...続きを読む

Q熱交換器-対数平均温度差

並列式熱交換器において 高温流体が当初、入り口温度Th1のものが出口温度Th2の下がり、低温流体が入り口温度Tc1が出口温度Tc2に上昇するものとする。ここで 総括熱伝達係数U 伝熱面積A 対数平均温度差ΔTmとすると この熱交換器の交換熱流量Q=UAΔTmで表される。
ここでΔT1=Th1-Tc1 ΔT2=Th2-Tc2 とすると
対数平均温度差ΔTm=(ΔT1-ΔT2)/IN(ΔT1/ΔT2)となる。
--------------------------------------------------------------

この文章を読んでいて対数平均温度差というものの意味が具体的にわからないのと 対数平均温度差を求める式の中にINという字があり、
この意味がわかりません。本当に申し訳ないのですが
ご教授願いたいと思います。

Aベストアンサー

対数平均温度差については、
ΔT=(ΔT1-ΔT2)÷IN(ΔT1/ΔT2)で
定義される温度差ΔTを対数平均温度差という。
LNは、自然対数のことと思います

Q結露対策…

結婚を機にリビングのカーテンを遮光カーテンに変えました。
それまでは毎日のように暖房をしていたのですが、カーテンをかえてからは特別寒い日以外は暖房なしで過ごせるようになり喜んでいたのですが、今度は結露がすごくなってしまいました。
リビングの方は南向きで、結露をとるワイパーでどうにかなるのですが、問題は北側の寝室と物置の部屋なんです。2部屋とも、磨りガラスで凹凸があるためワイパーを使用することが出来ず、市販の窓に貼るテープ等も追いつかない状態で、カーテンや壁にはカビがはえてタンスの中にまでカビです。リビングには水槽が3つもあるのですが、主人曰く去年まではこんなことはなかったそうです。考えられるのはカーテンを変えたことしかありません。押し入れ、クローゼット、タンスには常に2、3個水とりぞうさん等を入れて何とかなっています。
北側の窓の結露、何かいい方法やグッズ教えてください。

Aベストアンサー

何が環境を変えたのでしょう?
そうです、あなたの存在です。

ご主人ひとり暮らしの時は、室内の滞在時間はどのくらいでしたか?
結婚後は?

共働きなら2倍。家での調理が多くなれば数倍。
奥さんが働いていなければ更に数倍の湿気が室内に放たれます。
リビングの水槽からの放湿が、結露しない限界だったので、少しでも超えた湿気が、結露開始の原因だと思います。

窓に貼るテープは、カビの培養をしているのと同じです。
そこからカビの胞子が落下傘部隊のように飛散し始めます。

下記URLに、湿気放出量が記載されています。

参考URL:http://www.csteck.com/kabimeka16.htm

Q男女の温度差

自分が彼を想う『今まで誰にも感じたことがない情熱的な好きという気持ち』と彼の私に向ける『嫌いじゃない=好きという気持ち』に温度差をすごく感じています。

この温度差に耐えかねているのか、食欲不振・激しい胃の痛みとか出てます。
ものすごい温度差は、時を経れば解決するものでしょうか?
また、解決するとしたら、その経なければならぬ時間は、長いものなのでしょうか?

Aベストアンサー

男女の恋愛とはそういうものではないでしょうか。
お互いに同じくらい好きという場合もあるでしょうが、ほとんどは温度差があるでしょうね。
その温度差をお互いのコミュニケーションで確認し合い、それぞれが考えていくものなのでしょう。

Q結露の対策、防止

 うちの窓枠は鉄なので、結露がすごく、対策を考えているのですが何かよい方法は無いでしょうか?

 私がちょっと思ったのは、部屋側の窓枠をシリコン系か何かの塗料を塗ると、冷えた鉄の窓枠が空気に触れず、ましにならないかなーと思っているのですが…    (窓枠は黒色なので黒色の塗料)

Aベストアンサー

暖房の熱源は何なんでしょうか?
ガスとか石油ストーブですと燃焼して水蒸気が出て、
結露が起こりやすい原因になります。
ファンヒーターで熱気が外に出るタイプなら、室内の湿度が上がらず
結露も少ないでしょう。
一番いいのは電気のエアコンですが、冬季の場合、加湿しないとインフルエンザの予防になりません。

つまり、外気温と室内温度の差をなくすのは困難ですから
なるべく室内の湿度をあげないようし、
且つ、サッシの表面に断熱効果のあるものを貼る?などして
対策するのがいいと思います。

窓はアルミじゃありませんか?
鉄でもアルミでも結露はそんなに変わりませんが
鉄だと・・・昭和30年代の建築なのかな?って思えます。

Q船の温度差航法は、可能か?

甲板と海底に接する部分には温度差がありそれを電子にしてモーター走行可能だと思いますか。海洋温度差発電の応用ですね。そんなボートなりクルーザーが出来ると需要かなり有るように思うのですが。

Aベストアンサー

まず、「電子にする」ことなんて出来ません。
ゼーベック効果( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AF%E5%8A%B9%E6%9E%9C )などで電位差を得る事はできますし、もっと効率の良い温度差発電も使えるでしょうが、それで得られるエネルギー量なんて知れた物です。
>水の温度差による対流現象はスクリューを回す事が出来るでしょう。
 それじゃ永久機関の一種--第二種永久機関の話になっちゃう---ので無理

 そんな事するより、太陽電池を貼ったほうが良い。温度を上昇させるのは太陽からの光(電磁波)中の低エネルギーの赤外線ですが、波長の短い可視光線はずっとエネルギーが大きい。あわせて甲板を熱するより前の段階で太陽熱を利用した温水器を利用したほうが効率的ですよ。

Q結露の予防と対策

独り暮しを始めて、今朝、初めて結露に襲われてしまいました(笑)。

聞いた話によると、部屋の外と中の温度差があり、部屋内に湿気があると結露が出来る、ということです。
確かに、部屋では冷暖房をつけていませんでしたがマンション(新築)のため、締めっきりにすると室温は高めです。昨日の雨のせいか外の気温も低く、室内では洗濯物を干していたので湿気はあったかと思います。

そこで質問なのですが、「結露」は部屋を傷めるものだと認識しています。なので、できるだけ結露は発生させたくないし、結露が出来てもうまく対応していきたいです。
実家では窓ガラスの下に貼るテープを利用していた記憶がありますが、あまり格好がいいものではないので、見栄えも悪くなくうまい対応策があれば是非教えていただければと思います。
予防&対応策でオススメがあれば教えてください。

今朝はどうしていいかわからず、下に溜まった水分をふきとるだけでした(時間がなかったので窓の水分は取れませんでした)。

Aベストアンサー

こんにちは、
ほぼ似たような質問に回答しました。
参考になれば幸いです。
また、雨の日でも、外気温と室内温度が違えば相対湿度が変わりやはり結露しやすいと思います。雨の日でも換気の必要がありそうです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=536616


人気Q&Aランキング

おすすめ情報