グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

手に職をつけたくてITエンジニアに転身しましたが、現実をよく知らずに入った会社で違法な労働に手を染めています。
いくつか挙げますと、

1 現実は孫請けの会社に在籍しているのに、元請けの社員になりすましてユーザーのオフィスに常駐している。(二重派遣)
2 ユーザー企業から事前面接を受けた。
3 形の上では「派遣」ではなく「請負」だが、現実はユーザー先に常駐し、ユーザーから直接指示を受けている。
4 しかし形の上では「請負」に見せかけるため書類を偽造している。

こんな会社で長く働けないと思って転職活動を始め、先日別の業界の会社から内定をもらいました。さっさと退職して転職したいのですが、会社からは
「契約期間はあと半年あるからそれまではやってもらう必要がある」
と渋られました。派遣の場合は確かにそうなのでしょうが、形の上では請負で、請け負いは会社と会社の契約ですので後任が引き継げばよいだけの話。なので14日以上前に会社に伝えれば私は退職できるのでしょうか? それとも実質は派遣だから、契約期間中は退職できないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1 は、よくあることです。


それを偽装請負といって厳密に目くじら立てていたら、
中小企業はやってけませんし、
使う側の大企業もやってけないでしょう。
ずっとそれが当たり前の世の中だったのに、
急に「禁止!」とかうるさいこと言い出すので、
建前上、書類上でつじつまをあわせてる、って気がします。
二重派遣、三重派遣、珍しくありません。

2は、請負ならOKでは?
派遣は事前面接しちゃだめなんですよね。

3は、あなたの会社から送り込まれている人数と
あなたの役割によってはOKだと思いますが。
もしあなた1人しか送り込まれていないのなら、
ユーザーから直接指示を出されるのは当然でしょう。
他にも数人一緒に行っている場合、
あなたがそのまとめ役なら、やはり代表者として
ユーザーから直接指示を出されるでしょうし。
後者の場合でも、仕事の効率の面から、
「本当はだめなんだけどね、杓子定規でやってても
しょうがないからね」ということもあるかも。
私も現場で長く働いている身としましては、
現場を知らない「規則・法律」こそ勘弁してくれと
思うこともあります。。。ココだけの話。

4は、「偽造」しているのは本当なんですか?
あなたがそう思っているだけってことはない?
それとも、会社の上の人がはっきりそう言っている
のでしょうか。
まあ、小さい会社だとお客さんにあわせて
融通きかせることもあるでしょうね。

ご質問の内容を読んでいますと、
新聞などで報道されている偽装請負のニュースに影響されて、
杓子定規に見ておられるように思われます。

----
ところで、
派遣といっても、会社間の契約でしょ?
「あなた個人でなければならない」契約じゃないでしょ。
会社間の契約書を見せてもらってはどうでしょう。

普通は
「●●さんを半年派遣しますー」
ではなく
「××程度のスキルの人を1人、半年派遣しますー」
という契約になると思いますよ。なぜって、
送り込んでる人が急病で入院することだってあるんですから。
「契約期間はあと半年あるからそれまでは入院するな」
と言いますか? 言わないでしょう。
辞めるのだって同じです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

遅くなりましたがご意見ありがとうございました。
確かに契約上は「私個人でなければならない」わけではないのですが、会社に言わせれば「だからといってコロコロ人を代えては誠意を疑われる。うちは一人が責任を持って最後まで全うすることで売ってるんだ」とのことです。
結局半年を待たずして辞められることにはなりましたが、別の問題が発生しました。別途相談させていただきます。

お礼日時:2008/03/09 19:31

当方中堅SIのIT技術職3年目です。

私は2次請けPJでして、ほぼ似たような感じです。
(ユーザー企業or元請SIのオフィスに常駐)

1は、残念ながらこの業界ではごくごく普通にあるようですねw
法律云々はおいといて、職場環境や待遇が悪い等はなく、
仕事や人間関係も至って順調なので現在も気にせず働いております。

とりあえず、「悪事に加担している」という意識を持つ必要はないと個人的には思っています。

強いて問題を挙げるなら3ですかね。
もし入社当初から貴方を独りぼっちで客先に出すような会社ならば、
ちょっと先が思いやられる気持ちも分からなくもありません。
(マトモな会社ならば、常駐という形ではPJ単位[複数人]で常駐し、PJリーダーが指示を出すハズ)
まぁ常駐先の良し悪しは本当に運次第なので、嫌だなと思うならば離れて正解なのかもしれません。。。

次がお決まりのようですし、決められた手順に従って退職手続きをすればよいと思います。
問題があるならば公的機関に相談してみてもいかがでしょうかね?

余り参考にならない話で失礼致しましたm(_ _)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたがご意見ありがとうございました。
何の研修もなく客先に一人で常駐です。会社に相談しても「仕事は自分で覚えるもの」と鈍い対応です。
結局半年を待たずして辞められることにはなりましたが、別の問題が発生しました。別途相談させていただきます。

お礼日時:2008/03/09 19:28

こんばんわ


ちょっとricohpicohさんの質問に則しているかわわかりませが。会社側が、ricohpicohさんとの間に交わした、労働契約に違法性のある場合はその契約を解除することができます。しかし会社どおしの間での違法行為に対してそれが辞める理由ですということになると、事が荒立つことになるのかもしれません。
ちなみに労働基準法15条には・・・・
労働契約の締結の際に明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除できる。
と記載されています。
参考になればいいのですが・・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたがご意見ありがとうございました。
私が甘かったとしか言いようがありませんが、書面での労働契約書は交わしていません。給料が記載されたメモを渡されただけで…
結局半年を待たずして辞められることにはなりましたが、別の問題が発生しました。別途相談させていただきます。

お礼日時:2008/03/09 19:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q偽装請負の基準と罰則について

法律のカテゴリーで質問したのですが、
回答がなかったのでこちらに転載いたします。
ご了承ください。

勤めている会社が
どうもIT系技術者(SE,PG,NE)の
偽装請負事業を行っているようで、
今度その事業部に配属されそうになっています。
おそらくそこで私は採用業務を担当することに
なりそうです。
そこで質問なのですが、

1、業務委託事業と偽装請負の違いは何なのか
2、偽装請負をすると誰にどのような罰則がつくの   か、罰則がつく基準は
3、偽装請負業に携わるとして、
  私自身が罰則にかからないようにするためには

以上のことについて、お忙しいとは思いますが
お答えいただければと思います。

本音を言えば
こんなビジネスから手を洗って
再就職したいのですが、4月に新卒で入社して、
今辞めると失業保険が出ず、
家計が苦しい中親に迷惑をかけてしまうので
なかなかやめることができません。

身勝手な意見ではございますが、
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以下、わかりづらかったらすみません。
1、についてですが、
昨今問題になっている「偽装請負」は、実態が派遣で適正な請負ではないにも関わらず書面上は業務委託契約や請負契約としている状態を指していうことばです。尚、ここで、実態を派遣か請負か判断する基準としては、「指揮命令権の所在」が一番重要視されるみたいです。
この判断基準については参考のURLを参照になさってください。
(参考URLではyanose様の会社が受託者に該当します)

請負の適正化のための自主点検表

尚、業務委託事業についてですが、業務委託事業=IT業界で会社間でよく締結される業務委託契約=SES契約とか準委任契約といいます。本当の意味の「請負契約」と比較して、SES契約は瑕疵担保責任を請負う側がそれほど負わなくて済み、金額も請負契約より低いようです。

但し、SES契約は派遣契約と異なり、時給制ではありませんし(大体が月140時間~180時間で一律)、SES契約で現地に行かされる技術者の立場からみれば、派遣よりもずっと責任が重く、客から際限なく仕事をふられてしまいます。要は、(技術者の視点からみれば)SES契約は請負契約と派遣契約の悪い方をあわせた契約と言う感じでしょうか。

しかしながら、労働法上では業務委託契約も請負契約もどちらも「請負」という区分をされます。適正な請負であれば、本来、指揮命令権はクライアントにあってはいけないわけのですが、SES契約では(実態は派遣とほぼ変わらないため)指揮命令権は客であるクライアントにあります。
実態が派遣ではなく(指揮命令権が受託者にある)適正な業務委託契約または請負契約であれば、特に客先常駐にしても、違法ではありません。

2、についてですが、労働者派遣事業の許認可番号を会社が持っているかどうかによります。
持っていれば、労働者派遣を行うのは特に違法ではありません。会社がそのような許認可番号を持っていなければ、職業安定法第44条にひっかかります。また、会社が許認可番号を持っていても、会社間の契約を派遣契約としていなければ労働者派遣法にひっかかります。
(更に、会社が許認可番号を持っていて会社間の契約を派遣契約としていたとしても、就業条件明示書を出す、派遣元管理台帳をつけるなど労働者派遣法を遵守していなければ、それも違法です)

よく、労働基準法第6条にもひっかかるようにも書いてありますが、どうもそれは該当しないと言う意見も強いようです。
まとめますと

・労働者派遣業者として会社が許認可番号を持っている場合:偽装請負をすると労働者派遣法違反

・労働者派遣業者として会社が許認可番号を持っていない場合:偽装請負をすると職業安定法第44条および労働者派遣法違反

上記のようになります。尚、労働者派遣法は正社員派遣(=常用型、または特定派遣)も対象範囲です。
「正社員だから派遣状態でも労働者派遣法は適用する必要がない」と言い切る人もいますが、それは労働者派遣法を読んだことがない、または故意に労働者派遣法を適用させたくない人だと思います。

また、「誰に」罰則がつくのか、という点ですが、基本は事業所(=会社)ですが、その管理責任が誰にあるのかなどの事例によって異なってくると思います。
罰則が付く基準も、派遣の許認可番号の有無や、多重派遣もやっているのか、改善命令を過去に労働局から受けたにも関わらず改善してない等の前歴や、労働者派遣法違反の度合い、等によって変わって来ると思います。

3.についてですが、yanose様が公益通報者保護法に則って事業所の通報窓口か公的機関に通報することが罰則がかからないみちだと思いますが、事業所=会社に通報したらしたで、嫌がらせとか受けて会社にいづらくなりますよね(そういう嫌がらせも本来は公益通報者保護法違反ですが)。

また、公的機関(労働局の需給調整事業部です。労働基準監督署ではありません)に申告しても、小さな会社であればすぐに犯人探しなど行われるでしょうし、いずれにせよ、余計会社にいたくなくなるような事態になってしまうと思います。

偽装請負が万が一発覚した場合は、その会社だけでなく、顧客先企業も罰則対象となりますし、資本金1億円以上の会社であれば外形標準課税も多く収めなければならないなど、偽装請負で食べている会社はリスクがいっぱいです。

その点をご両親に説明して納得してもらった上で、転職活動に入られた方がよろしいように、個人的に思いますが・・。(ご両親も違法な会社に子どもをおいておきたくはないのではないでしょうか)

※失業給付ですが、新卒で入社して入ったばかりでももっと早くに退職に踏み切れば「採用条件と実際の労働条件が著しく相違したことによって退職した場合。 」という離職理由となり失業給付が出たと思うのですが・・。
尚、「事業所の行為が法令違反の場合」も失業給付がすぐ出る離職理由になりえますが、このあたりのことはハローワークの相談窓口に匿名で相談されてみては、いかがでしょうか。ただ、ハローワークで「会社の違法性」を証明するために何が必要か、という話になるとも思うのですが・・(新卒で入社してすぐ辞めると、失業保険って出ないものだったでしょうか?ちょっとそのへん、私はよくわかりません。すみません)

参考URL:http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/haken/ippan/002.html

以下、わかりづらかったらすみません。
1、についてですが、
昨今問題になっている「偽装請負」は、実態が派遣で適正な請負ではないにも関わらず書面上は業務委託契約や請負契約としている状態を指していうことばです。尚、ここで、実態を派遣か請負か判断する基準としては、「指揮命令権の所在」が一番重要視されるみたいです。
この判断基準については参考のURLを参照になさってください。
(参考URLではyanose様の会社が受託者に該当します)

請負の適正化のための自主点検表

尚、業務委託事業につい...続きを読む

Q業務委託を辞めたい

現在、2014年2月からリラクゼーションで業務委託として仕事しています。
契約書にサインし、歩合制ですが最低賃金として10万をもらっています。
二年契約でしたが環境にたえることができず辞めるのを考えています。

契約書の内容では
「退職願いを出してから、新人が入ってリラクゼーションメニューを覚えるまで退職できない」「違反したら違約金100万」「違反したら《あなたが売り上げていたであろう"取りこぼし"の額》を全額負担してもらう」などと記載されています。

この会社は、社長の指導の下で研修を受けていますが、社長はほぼ会社に来ず、赤字が続いて倒産寸前のところ新事業を始めると言い、リラクゼーションに関係ない社長も全く未経験の事業の準備をしています。

スタッフに対して都合の良いものだけを見方につけ、都合の悪いものはミーティングで公開処刑のように批判することを定期的に行います。

個人の売り上げの4割を給料としていただいてますが、割引額は当初「会社負担」と言っていましたが、明細書ではどうやら自己負担額が発生している様です。
自己負担については一切報告されておらず、気が付いたら…という状態です。

どうしてもこの会社で続けられる自信はなく、体調を崩して過呼吸や失神などを起こすようになり、退職を考えてますと伝えると「お前は俺に病弱だから雇ってくださいって言ったか!?甘えんな!幼稚だな!」と罵声を浴びせられました。


もし辞めた場合、違約金などを支払わなければならないのでしょうか。

契約書にサインしてしまいましたし、コピーも持ってます。親に保証人にもなってもらってます。

どうしたら穏便に済ませられるのか…

本当に困ってます。

現在、2014年2月からリラクゼーションで業務委託として仕事しています。
契約書にサインし、歩合制ですが最低賃金として10万をもらっています。
二年契約でしたが環境にたえることができず辞めるのを考えています。

契約書の内容では
「退職願いを出してから、新人が入ってリラクゼーションメニューを覚えるまで退職できない」「違反したら違約金100万」「違反したら《あなたが売り上げていたであろう"取りこぼし"の額》を全額負担してもらう」などと記載されています。

この会社は、社長の指導の下で研修を受け...続きを読む

Aベストアンサー

雇用であれば、相談内容にある罰金等は「違法」となります。

しかし、相談者の場合「業務委託」という形態ですので雇用ではなく「常用下請け」ということになります。

>「退職願いを出してから、新人が入ってリラクゼーションメニューを覚えるまで退職できない」「違反した>ら違約金100万」「違反したら《あなたが売り上げていたであろう"取りこぼし"の額》を全額負担してもら>う」などと記載されています。
上記に関しては、争う余地は十分にあると思います。

>どうしてもこの会社で続けられる自信はなく、体調を崩して過呼吸や失神などを起こすようになり、退職を>考えてますと伝えると「お前は俺に病弱だから雇ってくださいって言ったか!?甘えんな!幼稚だな!」と>罵声を浴びせられました
その体調ですが、業務に関係している・社長のパワハラが原因と証明できれば、逆に損害賠償請求が可能となります。

判断としては、かなり微妙な点は多々ありますが、直接交渉はしないで弁護士を選任して交渉をすることを薦めます。
大体は、この手の社長は突かれると不味いことが結構あるので、契約解除をすんなりと認めるケースが結構あります。
保証人が、相談者の親御さんですから、弁護士を選任するときは一緒にしてください。
相談者から手を引いても、保証人へ請求する場合があります。
弁護士が選任されると、一応は直接話ができなくなり、無視して請求を強引にした場合刑事事件になる場合もあります(脅迫罪・恐喝罪等)。

雇用であれば、相談内容にある罰金等は「違法」となります。

しかし、相談者の場合「業務委託」という形態ですので雇用ではなく「常用下請け」ということになります。

>「退職願いを出してから、新人が入ってリラクゼーションメニューを覚えるまで退職できない」「違反した>ら違約金100万」「違反したら《あなたが売り上げていたであろう"取りこぼし"の額》を全額負担してもら>う」などと記載されています。
上記に関しては、争う余地は十分にあると思います。

>どうしてもこの会社で続けられる自信はなく...続きを読む

Q客先常駐という勤務形態で悩んでいます。

 客先常駐という勤務形態で悩んでいます。
 私は、新卒・未経験でプログラマーとしてソフトウェア開発会社に入社して1年目の者です。
ソフトウェア開発会社といっても、ほとんどの社員が技術者派遣で客先に常駐しているというのが実態です。
なので、私も入社してすぐ客先に派遣され、今に至っています。
 悩みというのは、私の考え過ぎかもしれませんが、どうも客先で肩身が狭い気がして、毎日苦痛でたまりません。
全くのプログラム未経験でいきなり派遣されたので、自分がお荷物のような感じがしてとてもつらいです。
客先では、自社から派遣されている先輩に面倒を見てもらっていますが、もし、その先輩が他のプロジェクトや現場に
移ったらと思うと、とても不安です。また、普通の派遣会社から派遣されるのと違って、自社の面子などを考えなければ
いけないので、気を遣うことが多く疲れてしまいました。
せっかく正社員として働くのであれば、他人の会社ではなく自分の会社で働きたい思い、転職しようか
どうか悩んでいます。

こんな理由で、転職を希望するのっておかしいことでしょうか?
自社より客先で働くほうが気楽でいいという話を聞きますが、どうしてそう思われるのでしょうか?

なお、転職は他の業種も考えております。
まだこの業界1年目の私にアドバイス、意見を頂けたらと思います。よろしくお願いします。

 客先常駐という勤務形態で悩んでいます。
 私は、新卒・未経験でプログラマーとしてソフトウェア開発会社に入社して1年目の者です。
ソフトウェア開発会社といっても、ほとんどの社員が技術者派遣で客先に常駐しているというのが実態です。
なので、私も入社してすぐ客先に派遣され、今に至っています。
 悩みというのは、私の考え過ぎかもしれませんが、どうも客先で肩身が狭い気がして、毎日苦痛でたまりません。
全くのプログラム未経験でいきなり派遣されたので、自分がお荷物のような感じがしてとて...続きを読む

Aベストアンサー

40代男です。
自社業務と客先常駐の両方を経験しました。
私個人はやはり客先常駐は合わず、自社の業務の方が合っています。
(ただし、たまには出張とかで外に出たいとは思いますが。)

あなたの場合、悩みが2つあるような気がします。
すなわち、自社か常駐か、
プログラマとして生きるか、否か。
ただし、あなたの仕事ぶりが文面からはわかりません。
「客先で肩身が狭い気がして」
「自分がお荷物のような感じがして」
つまりあなたがそう思っているだけかもしれません。
顧客も先輩も何とも思っていないかもしれません。
まずは先輩にその辺のことは確認してみてください。
何も問題がなければ、そのまま続けたらいいでしょう。

次にプログラマとしてのスキルですが、先輩には何て言われていますか?
お前の作ったプログラムはミスが多い、とか指摘されていますか?
自分の作ったプログラムで顧客の業務に支障が出ていますか?

私なんて就職して最初の2,3年はわけもわからずに言われたことだけをやっていました。
別に入社1年めで結論を出す必要もないと思いますが。
もう少し、おおらかな気持ちで行ってはどうでしょうか?

もう1回言いますが、自分だけで思い込むのではなく、必ず周りの人に相談してみてください。

40代男です。
自社業務と客先常駐の両方を経験しました。
私個人はやはり客先常駐は合わず、自社の業務の方が合っています。
(ただし、たまには出張とかで外に出たいとは思いますが。)

あなたの場合、悩みが2つあるような気がします。
すなわち、自社か常駐か、
プログラマとして生きるか、否か。
ただし、あなたの仕事ぶりが文面からはわかりません。
「客先で肩身が狭い気がして」
「自分がお荷物のような感じがして」
つまりあなたがそう思っているだけかもしれません。
顧客も先輩も何とも思...続きを読む

QIT業界にて客先常駐先を1週間でやめられますか?

タイトル通りなのですが、IT業界にて客先で業務をしてみると事前説明より難しくて
業務を遂行する事が出来ないと感じた時に1週間程で辞める事は出来るのでしょうか?
というのも、客先と自社でどんな契約になっているかわからないので、もしかして
辞めてもいいけど、かわりに他の人を入れてとか賠償責任とかってなるのでしょうか?

現在話を頂いていますが、実際に入ってみたら業務遂行が出来ないと思ったらどうしょうかと
感じているためです。

Aベストアンサー

>>ところで、会社に正社員または契約社員として雇用されて取引先の会社(常駐先)で働く場合も派遣となるのでしょうか?

実態として、そういう働き方は、「派遣」でしょう?
法律的には、派遣会社に正社員として採用されていれば「特定派遣」という分類の働き方になります。
会社は、「特定労働者派遣事業」として届け出をしているはずですので、ハローワーク等の求人票や会社紹介のホームページには、「(特)12-34567」などの表示があると思います。

仕事が無くなると、すぐに切られるというか、仕事があるときだけ働くのは、一般労働者派遣事業となり、こっちは、厚生労働省に許可をもらわないと派遣事業はできません。そして「(般)12-34567」という表示がされているはずです。こちらは、会社の資産額や現金・預金額が基準以上にあるか?派遣元責任者の経験年数とか派遣責任者講習を受けているか?過去に禁錮以上の刑をうけていないか、労働法の違反をやっていないか?などイロイロと厳しい許可条件になっています。

これらの表示がないのに派遣事業をやっている会社があれば、それは、違法業者なので、厚生労働省に報告してやってください。

>>ところで、会社に正社員または契約社員として雇用されて取引先の会社(常駐先)で働く場合も派遣となるのでしょうか?

実態として、そういう働き方は、「派遣」でしょう?
法律的には、派遣会社に正社員として採用されていれば「特定派遣」という分類の働き方になります。
会社は、「特定労働者派遣事業」として届け出をしているはずですので、ハローワーク等の求人票や会社紹介のホームページには、「(特)12-34567」などの表示があると思います。

仕事が無くなると、すぐに切られるというか、仕事があるとき...続きを読む

Q派遣で働いて1週間ですが辞めたいです。

派遣先は公的機関です。
もともと民間の技術畑でしか仕事をしたことがなかったのですが、
残業ができない状況なのでの事務100%の仕事とわかっていて
残業の全く無い今のところに決めてしまいました。
初日前までは自分では大丈夫、やれると思っていたのですが、
いざ、仕事に入ってみると、どうしてもそのギャップに耐えられず、
すぐに、やはり難しくても技術系の仕事で探しなおしたいという思いに
とらわれてしまいました。
契約期間は長期でまずは2ヶ月で更新の契約ですが、すぐにでも
辞めたいと思い、まだ、5日しか働いていないのですが派遣会社の担当者に
そのまま伝えてしまいました。
派遣会社にも、派遣先にも何の非もありません。すべてが事前の説明どおりです。
ひとえに、私の気持ちの変化と身勝手さが理由なのですが、
なんといわれても、つづけて2ヶ月を耐える気持ちになれません。
派遣の担当の方も、「すべて説明していたのに」とかなり激怒されています。
派遣元からも派遣先からも、何を言われても仕方ない状況だと思います。
派遣元は派遣先に私のせいで違約金を支払わなければならないとかとも聞きました。

本来ならば、社会人として更新の2ヶ月間は続けるべきなのでしょう。。。。
しかし、すでにモチベーションを維持することができません。。
私はとにかく謝り通すしかないのですが、辞めることができるでしょうか・・・・?

派遣先は公的機関です。
もともと民間の技術畑でしか仕事をしたことがなかったのですが、
残業ができない状況なのでの事務100%の仕事とわかっていて
残業の全く無い今のところに決めてしまいました。
初日前までは自分では大丈夫、やれると思っていたのですが、
いざ、仕事に入ってみると、どうしてもそのギャップに耐えられず、
すぐに、やはり難しくても技術系の仕事で探しなおしたいという思いに
とらわれてしまいました。
契約期間は長期でまずは2ヶ月で更新の契約ですが、すぐにでも
辞めたいと思い、ま...続きを読む

Aベストアンサー

以前働いていたところで、
途中で辞めた派遣の方、結構いましたが、
違約金を払ったというのは
聞いたことがないです。

これだけ就職できない方が一杯いるので、
質問者さんが辞めたとしても、
どうで後任はすぐ見つかるだろうし、
そんなものではないのかと思います。

ただ、質問者さんに言いたいのは、
もったいないなって感じです。

なかなかみなさん仕事が決まらない中
苦しんでいるのに、
せっかく決まって、なかなかよさげな環境のようなのに。

ま、ここはご自分の気持ちを大事になさって、
技術系のお仕事を探された方がよろしいかと。

技術系なら引く手あまただと思うので、
すぐ見つかると思いますので、
ご心配なさらずに、前に進みましょう。

Q業務委託と業務請負の違いとは?

業務委託と業務請負契約の違いが分かりませんので
教えて下さい。

Aベストアンサー

説明しづらいですが、概略以下の通りです。

○業務委託
 本来、自分で行う仕事の全部又は一部を、代わりにやってもらうこと。
 例えば、ビル内の清掃、車の運転、商品の販売とか。

○業務請負
 何か特定の物を完成させることを目的として、仕事をしてもらうこと。
 例えば、家の建築、設計図の作成とか。

変な例えかもしれませんが、フランスパンが欲しかったとします。
委託にすると、パン屋さんに行ったけどパンが無かったら、交通費以外のお金を返してそれでおしまいです。
でも請負だと、フランスパンが見つかるまで探しに行きます。探した結果、多額の交通費がかかっても余計にかかったお金はもらえません。

分かりづらいですか。
 

Q仕事を辞めるにあたって違約金を払うべきなのか

某所で個人事業主として契約を結んで働いている大学生です。

法で定められた賃金を下回る程の給料、しかも募集要項に記載されていた給料と明らかに違うという待遇の酷さが嫌になり、今月の頭に辞める旨を口頭で伝えました。
バイトではなく、個人事業主という形態で勤務先と契約を結んでおり、採用時に捺印した契約書には以下のようなことが書かれていました。
・契約期間1年の間に無断で辞めた場合は違約金を支払うこと(過去に支払った例があるとも書いてあるが真偽不明です)
・辞める旨を伝えてから2ヶ月後に契約の解除を行う

来月の頭から長期休暇を入れてあり、休み明けのシフトは未定なので休みに入ったらばそのままバックレようと考えています。予定では契約解除は10月末です。
バイトをバックレた場合の違約金は調べたところによると労働基準法第16条により払う必要がないそうですが、これは個人事業主の場合にも適用されるのでしょうか?
私がバックレたとしても代わりは沢山いますので勤務先に何か損害がある訳でもなく、問題はないと思うのですが・・・・

Aベストアンサー

労基法の適用が歩かないかは多分問題の本質ではなく(どちらの場合でも実損害があれば損害賠償請求できるから)、損害があったかどうかの方が焦点となるのではと思います。その場合、

>これから先の私の日程は未定のままですので、出勤しなかったとしても全く損害は生じないはずと考えています。

これはあくまでご質問者の考えに過ぎませんので、相手が損害があったということを主張してきたときには、第三者である裁判官に対して、損害がなかったということを立証していかねばなりません。言い換えると相手の主張には間違いがあるとか虚偽があるということを立証しなければならなくなります。
ご質問者が単に主張するだけでは立証とはいえませんので、相手の主張が通る可能性があるわけですから、要するに立証作業ということをしなければならず、それだけご質問者に負担がかかるということを意味します。

事前予告なしでかまわないかどうかは、ご質問者が締結した業務委託契約の内容にもかかわってくる話なので、私は大丈夫だろうとはいえません。

私にいえるのは、少なくともそれなりの期間、事前に通告した場合には、損害が生じたと相手が主張しても、反論出来る余地が大きくなるという程度です。

あとはご質問者自身がこれらのリスクを考えて、どうするか判断するしかありません。

もし私がご質問者だったとしたら、締結した契約内容を詳細に検討して、勝てるかどうかをよく考えてから行動しますね。

極端な話、業務委託契約の中で、先方が求めてきている場合でも、こちらが同意しなければスケジュールに組み込まれる義務がない(つまり働く義務がない)ような契約だとすれば、別に単に契約の途中解除ではなく、新規に仕事を入れないだけということで契約満了ということだって考えられるわけです。

もしそれが出来ないのだとすると、働く義務がなにがしか発生しているわけでして、その義務違反による損害として何が考えられるのか、そしてそれが事前通古することで緩和されるのかどうかなどをよく考えてから決めます。そのけっか見込みがありそうならばご質問者の言葉で言うバックレルというのも考えますが。

労基法の適用が歩かないかは多分問題の本質ではなく(どちらの場合でも実損害があれば損害賠償請求できるから)、損害があったかどうかの方が焦点となるのではと思います。その場合、

>これから先の私の日程は未定のままですので、出勤しなかったとしても全く損害は生じないはずと考えています。

これはあくまでご質問者の考えに過ぎませんので、相手が損害があったということを主張してきたときには、第三者である裁判官に対して、損害がなかったということを立証していかねばなりません。言い換えると相...続きを読む

Q「特定派遣」をしているかの見分け方

昨日、「内定返事を引き延したい 正社員なのに勤務地が客先は
派遣?」という質問をしたものです。
現在内定が決まった会社(IT関係)で、勤務地が都内23区客先
や本社の場合もあります。
もしかしたら「特定派遣」なのでは?と思ったのですが、
それを見分ける方法はありますか?
IT関係は客先常駐が多いとのことですが、
HPなどを見てもよくわからないのです…
参考までに特定派遣のデメリットなどもありましたら
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

内定した企業が「特定派遣」かどうかですが、以下を目安にされてはどうでしょうか?
1.人材派遣許認可番号を取得しているかどうか。
2.経済産業省のSIer(システムインテグレータ)登録をしているかどうか。
3.会社の規模や創設年数。
4.自社でパッケージ開発などしているかどうか含め、自社独自の技術を持っているかどうか。
5.プライバシーマーク(Pマーク)を取得しているかどうか。
6.帝国データバンク等の企業情報に主業務:派遣と書いてあるかどうか。
7.人の入れ替わりが激しい会社かどうか。
8.その会社の組織図
9.他社との面接の話がされなかったかどうか
10.上司にあたる人が技術部の課長や部長など、技術系の人かどうか

1.の番号を持っていれば、その企業は他社と「請負契約」ではなく「業務委託契約」や「派遣契約」を締結し、自社の人間を実質派遣状態で客先常駐させている可能性が高いです。

※ちなみに、「客先常駐」は「請負」「業務委託」「派遣」どの場合にもあてはまります。派遣はそもそも客先常駐が前提ですが、請負や業務委託は客先常駐だったり、自社だったりする場合もあります。「客先常駐」=「適正な請負」を指すというものではありません。

2.については、他社と「請負契約」を締結できないようなIT系人材派遣会社は取得していないことが多いです。

3.は、規模がそこそこ大きかったり、社歴が古ければ、適正な請負をしている会社が多いので、ある程度は参考になるのではと思います。規模が100名以下で社歴も浅いIT企業は、特定派遣(=正社員派遣)に頼らざるを得ないことが多いのが実情です。
そもそも、小さい会社で他社と請負契約できない会社は、PMやPLのようなロールをこなせる人材がいませんし、請負契約は通常はシステムを納品するまでお金が入らないため、規模の小さな会社はある程度の規模のシステム開発を請負うだけの資金面の体力を持っていません。

4.自社独自の技術やパッケージを持たない企業は派遣でやっていくより他ありません。

5.Pマーク取得には費用がかかります。昨今、Pマークを有していない企業は、その費用すらかけることができない、またはIT会社として意識が低い、ということになります。

6.1200円くらいかかりますが、帝国データバンク等の情報を検索して確認しましょう。主業務の箇所以外にも、社員数や売上げ、決算書の有無、取引先、株主などの情報もある程度確認できます。

7.特定派遣の場合、人の入れ替わりは非常に激しいです。頻繁に採用を行っている会社であれば、特定派遣の可能性は極めて高いです。(サーチエンジンで、社名と「求人」という単語でかなり検索できます)
また、求人募集の箇所に「未経験者歓迎」という単語や、「平均年齢2X 才」と若さを売りにしている場合も、要注意です。
若くて単価の安い人間を特定派遣で他社に派遣したい会社が、求人広告に良く使う言葉であることが多いためです(特定派遣メインにやっている会社は未経験者に教育してくれる余力はありません。現場に放り込んで後は自分で頑張ってね、といわれるのがオチです)。

8.その会社の組織図に、「技術部」という部はありますか?そのような部がなければ、派遣だけでやりくりしている可能性が濃厚です。

9.会社間で「請負契約」を締結している場合で「適正な請負」の場合、複数名で客先常駐することが多いため、事前面接はありません。「請負契約」の場合には、そのメンバを誰にするかは自社側で自由に決められるためです。実質派遣の場合は、客との面接が予定されます。

10.特定派遣メインでやっている会社の場合は、上司が派遣営業や派遣コーディネータであることが多いです。

また、特定派遣のデメリットですが、色々あります。
1.案件(派遣されるプロジェクト)が決まらない場合は自宅待機となることが多い:自宅待機の場合は、休業手当として給与の6割支給となります。このようなやり方は違法ではないようですが、この休業手当すら払わない会社もあるようです。
自宅待機でなくとも、自社待機という場合もあります。この場合は給料は支払われても自社社内の人間から白い目で見られます(本当は、仕事をとってこれない派遣営業が悪いのですが、自社側ではさばけない技術者を売れ残り商品のような目で見ます)。

2.偽装請負という違法なケースが多い:「特定派遣」自体は、その会社が人材派遣許認可番号を持っていれば違法ではありません。ただ、その場合は自社とクライアントの会社間の契約が派遣契約でなければならないはずですが、どちらの会社としても労働者派遣法の規制を逃れたいため、「業務委託契約」であることが多いです。
この「業務委託契約」が曲者なのですが、労働法上では「業務委託契約」の場合も指揮命令権は自社になければならないのですが、実質は派遣状態であり、派遣先の他社に指揮命令権があります。
IT系人材派遣会社は、このような違法な偽装請負や多重派遣を行っていることが殆どです。

3.はじめにいわれた勤務地と全く別の勤務地になることも多い:多重派遣の場合によくみられます。もちろん、多重派遣も違法ですので、会社間では常に業務委託契約となっているケースが殆どです。

4.指揮命令権が複数社にあるため、休暇もなかなか取れない:派遣先、自社と両方から休暇許可をもらわなければならなかったり、どちらにも報告書を書かなければならなかったり、手間が多いです。

5.普通の派遣(一般派遣)よりも時給換算で安い場合が多い:内定通知が労働条件通知も兼ねていませんか?労働条件通知に給与について記載があると思うのですが、給与が「各種手当」と「基本給」にわかれており、「各種手当」には残業代・法定休日手当含むとか記載があれば、その通知を根拠に残業代が一切支払われない可能性が高いです。
(本当は、労働基準法上、手当を省いた額面を160時間などで割って時給換算してみて、実際の残業代や法定休日出勤時間X時給の方がそれらの手当をうわまっている場合には、その分、会社は従業員に支払わなければ違法なのですが・・・)

6.一般の派遣よりも責任や業務範疇が多い:会社間の契約が「業務委託」であるためです。派遣先企業から指揮命令はされる上、業務や責任も押し付けられる羽目に至ります。

特定派遣のメリットとしては、小さな会社の社内SEよりは、大きな会社が主体のプロジェクトに派遣された方が色々勉強にはなります。また、自分の単価についてシビアに考えることができる、等のメリットがあります。
よく「特定派遣」のメリットとして、「一般派遣よりも給料が毎月入るので安定性がある」といわれますが、個人的にはそれはどうかと思っています。一般派遣よりも業務範疇も広く責任も重いため会社間で支払われている金額は高いはずなので、毎月の安月給もらって安定性とかいわれても、割に合わない気がします。
プロジェクトの変わり目でなかなか次のプロジェクトが決まらない場合もありますしね。

また、自社からも他社からも指揮命令されるのは相当なストレスが生じますし、会社間で本当の意味の請負(請負契約)を締結していれば客先にも自社のPMなどの上司や同僚がいるわけですが、業務委託の場合は現実には派遣状態なのでそんな人はいませんし・・・。

私個人としては、正社員と派遣の悪いところをあわせたのが特定派遣だと思っているので、はっきりいって、お勧めしません。

内定した企業が「特定派遣」かどうかですが、以下を目安にされてはどうでしょうか?
1.人材派遣許認可番号を取得しているかどうか。
2.経済産業省のSIer(システムインテグレータ)登録をしているかどうか。
3.会社の規模や創設年数。
4.自社でパッケージ開発などしているかどうか含め、自社独自の技術を持っているかどうか。
5.プライバシーマーク(Pマーク)を取得しているかどうか。
6.帝国データバンク等の企業情報に主業務:派遣と書いてあるかどうか。
7.人の入れ替わりが激しい会社か...続きを読む

Q退職させてくれない会社についての対応

この御時世に怒りを覚える方もいらっしゃるかと思いますが、
承知の上で質問をさせていただきます。

今年2月の上旬に、上司に対し3月末での退職を希望しました。
上司の回答は、「ダメ」との事でした。
何度も話し合い、こちらの気持ちは分かっているようですが、「もったいない」や「引き継ぎの問題がある」などを言い訳にし、退職を了承してもらえません。
「では、いつ退職できるのか」という話を持ちかけると、「何とも言えない」などと言い、話を濁されてしまいます。
今の話から、今年度中は退職は絶対にさせないとの気持ちのようです。
上司と話していて、はっきりと「引き継ぎ等が面倒くさいから、退職は絶対にさせない」と顔に書いてあるのが読み取れます。

今回質問させていただきたい内容は、
(1)このような状況の場合、どのようにすれば今年度中に(出来れば5~7月)退職を了承してもらえるのでしょうか?
(2)かつ、円滑に退職するにはどのようにすれば良いでしょうか?

4年間、御世話になった会社なので迷惑はかけたくないという気持ちもあり、もし同じ経験をされたことがある方等、御参考に教えて頂けると幸いです。
何分、退職が初めての為、常識や規則の知識がないため困っています。
ただ、2月時に退職を希望し、引き継ぎ等を理由に10カ月以上も退職させないということは許されるのでしょうか?
正直、現在の会社と上司に対し、とても不信感を抱いています。

※尚、私の詳細を以下に表記させていただきます。

在籍期間は、今年の3月で新卒入社の為、満4年になります。

退職理由についてはいくつかあります。
 1つは、上司の問題です。精神的に異常のある大変問題のある上司の下に、1年ごとに計2人もつけさせられ、上司に対し精神的フォローをしながら、自分と上司の仕事の管理、また実務から庶務まですべて一人で対応していました。
精神的にも体力的にもこの2年間は辛く、疲れはてたためです。
 2つめは、単純に現在の職種以外の仕事に就きたいという気持ちが高まったためです。4年間という短期間ではありますが、自分には現在の職種は合わないと感じ、なんとかこなしてはいますが、以前に比べやる気が全く出ない状態です。
 

以上、読みにくい文章で大変恐縮ですが、ご意見等よろしくお願い致します。

この御時世に怒りを覚える方もいらっしゃるかと思いますが、
承知の上で質問をさせていただきます。

今年2月の上旬に、上司に対し3月末での退職を希望しました。
上司の回答は、「ダメ」との事でした。
何度も話し合い、こちらの気持ちは分かっているようですが、「もったいない」や「引き継ぎの問題がある」などを言い訳にし、退職を了承してもらえません。
「では、いつ退職できるのか」という話を持ちかけると、「何とも言えない」などと言い、話を濁されてしまいます。
今の話から、今年度中は退職は絶対にさ...続きを読む

Aベストアンサー

同種の質問が繰り返しあるのですが、退職は個人の自由であるということをもう一度知ってください。

労働者側の法的な責任は最低14日前の通告だけです。
これは会社の承認は不要です。
もちろん承認がなくてもその日以降は出社の義務はありませんし、会社は退職までの給与は支払わなければなりません。
たとえ就業規則に1月前の届けなどが決められていても、それは会社の希望であってそれ以上のものではありません。
ましてやあなたの上司は会社の代表ではないのですから、それを阻止する権限はありません。多分自分の部署の仕事の影響のみを気にしているのでしょう。

従ってあなたのするべきことは、退職日を決めてその期日を持って退職するとの内容で、会社の人事担当に「退職届」を出すことです。「退職願」ではありません。

当然それが出た後は引止めがあるかもしれませんが、それには意思を曲げずに主張を貫くことです。それで退職は決まりです。

日本では職業選択の自由は最も重要な個人の権利です。これには当然退職の権利も含まれます。

Q常駐型の派遣元を辞めたいです

現在客先常駐で仕事をしています。正社員になります。
常駐先には5年常駐しており、派遣元の会社(自社)は7年です。

もうすぐ派遣先で契約延長の手続きが来るらしいのですが(3ヶ月更新)、
年末に現場を撤退して他に行きたいという希望を出しており十分契約更新まで
期間がある状態でしたが、営業との意思の疎通などがうまく行かず2ヶ月たち
現在に至ります。

今回の希望はプライベートな理由はきっかけになりましたが、前から可能で
あれば異動したいという意志は少なからず出していました。が、後任が居ない
(同職種が会社に居ない)、異動先があまりない、常駐先とつながっていたい
等理由があったかと思いますが異動出来ませんでした。
異動したい!という熱意も足りなかったのかもしれません、諦めていたところが
あったので・・・
ただ、プライベートな理由はどうしても譲れない部分ではあります。

営業等色々な人と話が混乱してきて、「今のところにいたくないので異動したい、
チャレンジしたい」というのが先走りしてしまい、今更プライベートな理由が
きっかけだということになると厳しい、と言われています。
一貫性がない、等・・・

そもそも最初に言ったんですが・・・というのは言った言わないの世界になるので
誤解させてしまったかもしれないというのもあり、言い訳はそこそこにしています。

前振りが長くてすみません。
そこで、質問なのですが派遣元の会社A⇒間の会社B⇒常駐先の会社で
3ヶ月更新の場合、更新後1ヶ月で辞めることは出来るのでしょうか。
契約のことを考えて3ヶ月更新された後、3ヶ月いるべきでしょうか?

通常退職は1ヶ月前、といいますが常駐なので2ヶ月前には申告しようと
思っています。
異動願いを申し出た時期はベストでしたが、話がこじれて契約延長する
直前まで来てしまい(2週間前に知ったのですが・・・)、異動出来なければ
辞めないといけないような状況(プライベートな理由)です。

よろしくお願いします。

現在客先常駐で仕事をしています。正社員になります。
常駐先には5年常駐しており、派遣元の会社(自社)は7年です。

もうすぐ派遣先で契約延長の手続きが来るらしいのですが(3ヶ月更新)、
年末に現場を撤退して他に行きたいという希望を出しており十分契約更新まで
期間がある状態でしたが、営業との意思の疎通などがうまく行かず2ヶ月たち
現在に至ります。

今回の希望はプライベートな理由はきっかけになりましたが、前から可能で
あれば異動したいという意志は少なからず出していました。が、後任が居ない...続きを読む

Aベストアンサー

あまり難しく考えることはありません。辞めればいいだけですよ。
会社は会社の都合で行動します。そして、質問者さんは、自分の都合で行動すればいいだけです。
おたがい様です。3ヶ月も居る必要はないでしょう。


人気Q&Aランキング