ファンタビの世界観を作る二人にインタビュー!

恥ずかしい話ですが、夫に内緒の借金があり、働かなくては生活できない所まできました。
扶養範囲内の収入では、保育所代5万円を払うと残りは2~3万で、家族4人暮らしていけそうにありません。10万円位欲しいのです。

悩んだ末、思い切って月17万5000円~19万円、年収210~230万円位になりそうな仕事を探してきました。
借金など知らない夫に、その時は詳しい年収など考えず、ただ「130万円を超える」と報告しました。すると「中途半端に150万とか200万とかじゃ損だよ」と言われてしまいました。
夫は、扶養をはずれると夫自身の税金などが高くなる上、私も年金やら健保やら払わなくてはならないし、会社から出る家族手当(月15000円)や児童手当(月15000円)もなくなると言い、中途半端に働いてたくさん引かれるより、扶養範囲内の方が良いと言っています。

自分なりに調べ、扶養範囲内が主婦として上手な収入になることは理解しましたが、逆転現象などあるようですし、損得のボーダーラインがわかりません。
このパート収入では、税金・年金・健保など具体的にいくらぐらい引かれるでしょうか? 世帯としての収入(手取り)は返って減ってしまいますか?
保育所代5万円払ったら、結局いくら手元に残るんだろう‥と思うと、今更ですが不安です。
夫は源泉票を見てせくれないので詳しくはわかりませんが、手取りは年650万ほどです。
無知な質問ですいません、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1.月175000・・年収210万


 健康保険:7380 厚生年金:13496 雇用保険:1050 ・・・1月当り
 所得税:32000位 住民税:72000位
 (手取金額:173万位)(月の手取は15万位:14.4万位(住民税含む)
2.月190000・・年収228万
 健康保険:7790 厚生年金:14246 雇用保険:1140
 所得税:38000位 住民税:82000位
 (手取金額:188万位)(月の手取は16.3万位:15.6万位(住民税含む)
*以上の数値は、参考数値、特に健康保険料は組合健保の場合は若干の相違あり、また40歳未満の金額です(介護保険分含まず)
*月の手取金額、最初のは所得税のみ引いてありますので現在住民税の支払があればその分をさらに引いてください
 住民税含むは、次年度6月以降の参考数値です

・ご主人への影響
 ・配偶者控除・配偶者特別控除が受けられない(控除38万~3万)
 ・会社からの家族手当・児童手当が受けられない(1.5万×2×12=36万)
 ・手取で減る分・税金の増える分
  1.会社からの手当分・・・36万
  2.所得税の増額分・・・38万×税率分
   (例:10%--38000、20%--76000、23%--87400)
  3.住民税の増額分(翌年分)・・・33万×税率10% で、33000
 ・税率20%なら、マイナスは469000位ですから、
  貴方の手取が、今より上記位増えて、±0になります

上記は、あくまで参考程度にご覧下さい


 
 
    • good
    • 5
この回答へのお礼

詳しく調べてくださって、ありがとうございます。
主人の方、50万くらい引かれるのを覚悟しておきます。はぁ、、

教えていただいて「税率」がすごい関係あるんだな、ともわかりました。
住民税は川崎市のHP見て電卓叩いてみました。ばかになりませんね・・はぁ、、
忘れてたけど、私の場合は介護保険まで・・そこまで気がつきませんでした。
勉強になりました。ありがとうございました^^

お礼日時:2008/03/01 21:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年収200万前後だと損ですか?

年収200万前後だと損ですか?
只今、求職中です。派遣の仕事の話をいただいているのですが、
だいたいで計算すると年収200万前後になりそうです。

となると、もちろん所得税も発生、住民税も次の年にはかかってくるだろうし
扶養も外れて社会保険も主人の扶養から出て自分で支払うことになると思います。
今までは100万以内扶養の範囲で働いていたので、はっきりしたことは忘れてしまったのですが
200万の年収になるとすると、お給料から差し引かれる分を考えたら損なのではないか?・・
それなら、もうちょっと少ない時給で収入を抑えて働いた方がいいのか、、?

と考えました。
制度も変わってきてると思うので、よく分かりませんが
分かる人いましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>となると、もちろん所得税も発生、住民税も次の年にはかかってくるだろうし
扶養も外れて社会保険も主人の扶養から出て自分で支払うことになると思います。
今までは100万以内扶養の範囲で働いていたので、はっきりしたことは忘れてしまったのですが
200万の年収になるとすると、お給料から差し引かれる分を考えたら損なのではないか?・・
それなら、もうちょっと少ない時給で収入を抑えて働いた方がいいのか、、?

最初に言っておきますと税金の扶養と健康保険の扶養は別物で、当然その条件等も別です。
ですから税金の扶養と健康保険の扶養は別々に考えなければいけません。

税金の扶養については皆さん思い違いをしています。
配偶者控除や配偶者特別控除は結果としてそれを受けること自体はメリットはあるけれど、それを受けるために働く日数や時間を制限するのでは意味がないということです。
税金が増えるといっても働いた以上に増えることはありません、5万収入が増えたら税金が7万増えるというならそれは働かないほうが良いですよ、でもそんなことはないのです5万収入が増えても税金はせいぜい2万ぐらいしか増えません(質問者の方自身に税金がかかることや夫の控除が減ったりなくなったりすることで税金が増えることなど全て含めてです)。
つまり3万収入が増えるから得なのです、それなのにこのサイトの回答でも2万税金が増えるということばかりしか言わない。
それでみんな2万税金が増えることばかりに目がいって、2万税金を増やさない為に働くのを抑えると言う話になる、でもそれだと確かに2万の税金は増えないけれど5万の収入も増えないということで、結局差し引き3万損するということにはなりませんか。

また健康保険の扶養についても誤解があります。
健康保険の扶養には「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」と「夫の扶養の限界」とふたつがあるということです。
130万と言うのはあくまでも「夫の扶養の限界」なのです、しかし現実にはそれ以前に「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」があり120万やあるいは110万ぐらいでも夫の扶養を外れなければならないということは良くあることなのです。
それなのにこのサイトの回答でも「夫の扶養の限界」である130万のことばかりしか言わない。
それでみんな130万ばかりに目がいって、それを少しでも下回れば夫の扶養から外れるとはないと信じきっています。
でも現実には130万のはるか手前で「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」を超えてしまって、妻自身が社会保険に加入することによって夫の扶養から外れてしまうことがしばしば見られるということです。
それで話が違うとか、130万行かないのに何故?
と言う質問がよくあります。

さらに言えることは、まず質問者の方がどのように働こうかと考えているかによります。
派遣だから2,3年あるいはせいぜいやっても4,5年程度でそんなに長くやる気はないのか、あるいは派遣といえども出来れば10年、15年と長くやりたいと考えているのか?
また家族計画はどうなのか?
もう子供はいるしこれから作る予定はないのか、あるいはまだ子供はいなくてこれから欲しいというのか。
長期的展望に立てば国民年金の第3号被保険者でいるよりは質問者の方自身が厚生年金に加入したほうが将来の支給額が多いだろうし、また例えば健康保険に夫の被扶養者として加入していれば無理ですが質問者の方自身が被保険者として加入するならばけがや病気の場合に傷病手当金が出ますし、妊娠して産休を取れば出産手当金が出ますし、雇用保険からは子育てと言うことことで育児休業をとれば育児休業給付金が出ます。
しかもこれらは退職の仕方によっては退職してももらうことが出来ます。
ですが短期的展望に立てば年金が増えるといってもたいした金額じゃないし掛金のほうが多いかもしれない、また傷病手当金も出産手当金も育児休暇給付金も関係なく単にたまに病院に行くだけであれば、夫の扶養になっていても同じですし、夫の扶養になっていれば保険料は無料ですので、質問者の方自身が被保険者になって保険料を払うのは無駄と言うことになります。

これらの個々のことを考えて、さらに最終的にはそれらを総合してどうすれば一番自分にとって幸せなのかを考える必要があるということです。

ただ純粋にお金の話に絞れば年収200万であれば、税金の面でも健康保険の面でも夫の扶養からはなれてもお得であるといえるでしょう。

>となると、もちろん所得税も発生、住民税も次の年にはかかってくるだろうし
扶養も外れて社会保険も主人の扶養から出て自分で支払うことになると思います。
今までは100万以内扶養の範囲で働いていたので、はっきりしたことは忘れてしまったのですが
200万の年収になるとすると、お給料から差し引かれる分を考えたら損なのではないか?・・
それなら、もうちょっと少ない時給で収入を抑えて働いた方がいいのか、、?

最初に言っておきますと税金の扶養と健康保険の扶養は別物で、当然その条件等も別です。
です...続きを読む

Q年収200万弱の人が支払う税金を教えてください。

はじめまして。よろしくお願いいたします。

私は離婚していて、収入が少なく、子供が居ますので、税金はすべて免除されてきました。ですが、今年から仕事を増やし、それでも少ないですが、月に大体15万円前後の収入です。それで、税金について調べたところ、高くて不安になりました。

いろいろ調べて似たような質問はあるのですが少しずつ違う環境で、自分の場合はこうだ、と、断定するに至らなかったので、こちらで質問させていただくこうと思い立ちました。

現在の情報
・10年ほど前に離婚し、子供が一人居て、今二人で暮らしています。(再婚はしていない)
・子供は19歳で浪人中、アルバイトはしていません。
・養育費はなし。
・現在は2か所でアルバイトをして、月15万程度の収入、ボーナスなし。
・去年までは月8万円程度の収入だったため、税金は免除していただいています。

質問です。

1.これからは税金がかかるでしょうか?
2.かかるとしたら、どんな税金がおおよそいくらくらいかかるものでしょうか?
3.ある程度収入を抑えたり増やしたり調整ができるのですが、私の状況ならいくらくらい稼ぐのがおすすめか、など、アドバイスがありましたら教えてください。参考にさせていただきたいです。

よろしくお願いします。

はじめまして。よろしくお願いいたします。

私は離婚していて、収入が少なく、子供が居ますので、税金はすべて免除されてきました。ですが、今年から仕事を増やし、それでも少ないですが、月に大体15万円前後の収入です。それで、税金について調べたところ、高くて不安になりました。

いろいろ調べて似たような質問はあるのですが少しずつ違う環境で、自分の場合はこうだ、と、断定するに至らなかったので、こちらで質問させていただくこうと思い立ちました。

現在の情報
・10年ほど前に離婚し、子...続きを読む

Aベストアンサー

>収入が少なく、子供が居ますので、税金はすべて免除されてきました…

国や自治体がお情けで免除してくれたような書き方ですが、そうではありません。
単に課税されるだけの所得がなかっただけです。

>月に大体15万円前後の収入…

ふつうに「給与」ですね。
自分で商売しているのではないですね。
給与で間違いないとし、賞与もないとして年に約 180万。
これを「所得」に換算すると 115万円。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

>前に離婚し、子供が一人居て…

・寡婦控除 (特定の寡婦) 35万円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1170.htm

>子供は19歳で浪人中…

・扶養控除 (特定扶養親族) 63万円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

ほかに、健康保険や年金の実支払額が 20万あると仮定すれば、
・社会保険料控除 20万
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm

あと、納税者全員一律に、
・基礎控除 38万
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1199.htm

・所得控除の合計 156万円。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

>1.これからは税金がかかるでしょうか…

その年の所得税 (国税) は、
{[所得] - [所得控除の合計]} × [税率]
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm
ですが、
115万 - 156万
はマイナスの数字なるので 0 と見なされます。
よって、所得税は課税されません。

課税されませんが、「免除」ではありませんよ。
免除という言葉は、本当は払わなければいけないけどお情けで許してあげるという意味です。
もともと税金を払うだけの最低ラインに達していないのですから、免除でも何でもありません。

翌年の市県民税 (住民税) もほとんど 0 で良いはずです。

>2.かかるとしたら、どんな税金がおおよそいくらくらいかかるものでしょうか…

もし国保なら、「国民健康保険税」は無職や低所得者でもいくらかはかかります。
国保は自治体によって大幅に異なりますので、ここでおよそいくらということはできません。

>3.ある程度収入を抑えたり増やしたり調整ができるのですが…

税金のために収入をセーブするなど愚の骨頂。
そもそも税金とは、稼いだ額以上に取られて逆ざやになることはありません。
多く稼げば、多く稼いだ分の中から少しだけ税金として徴収されるだけです。

>私の状況ならいくらくらい稼ぐのがおすすめか…

300万でも 400万でも、健康の許す限り稼いでください。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>収入が少なく、子供が居ますので、税金はすべて免除されてきました…

国や自治体がお情けで免除してくれたような書き方ですが、そうではありません。
単に課税されるだけの所得がなかっただけです。

>月に大体15万円前後の収入…

ふつうに「給与」ですね。
自分で商売しているのではないですね。
給与で間違いないとし、賞与もないとして年に約 180万。
これを「所得」に換算すると 115万円。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp...続きを読む

Q年収130万(扶養内)or年収200万以上で生じる税率の差?

年収130万(扶養内)or年収200万以上で生じる税率の差?

現在主人の扶養内(月108330円以下)でパートとして働いています。
職場から勤務時間の延長ができないかと相談を受けました。
勤務時間を延長すれば月18~20万円の収入となり 年収210~230万円になる見込みです。
ちなみに職場は10月から勤務時間の延長をとのことです。
 
主人の扶養には私と子供二人の計三人です。
もし 私が主人の扶養から外れ仕事をした場合と現在とでは
税金などでどの程度の差が生じるのかが知りたいです。
私が働くことで支払う税金が 大幅にUPするのでは?という不安もあります。

自分でもいろいろ検索してみたのですが どれも難しくてよくわかりませんでした…
もし わかる方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満(月収108333円以下)が条件です。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。
でも、貴方の年収が210~230万円なら確かに貴方やご主人の税金が増え、貴方の社会保険料の負担も増えますが、働いた以上にかかることはないし働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。

>私が働くことで支払う税金が 大幅にUPするのでは?
もちろん税金は増えますが、前に書いたように貴方が稼いだ以上に税金がかかることはありません。

>税金などでどの程度の差が生じるのかが知りたいです。
年収220万円とし年収129万円の場合との差
社会保険料概算                約250000円(年間)
所得税の増額分 (220万円-129万円)× 5%=45500円 
住民税の増額分 (220万円-129万円)×10%=91000円     
計約386500円の負担増です。

あと、ご主人の
所得税          22000円(ご主人の所得がわからないので、税率10%だと場合)
住民税          22000円
計44000円の負担増です。

両方で430500円の負担増です。

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満(月収108333円以下)が条件です。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることがで...続きを読む

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

Q年収が200万程度なのに健康保険で月3万3千円

説明不足ですいませんが、確定申告で年収が200万程度なのに健康保険で月3万3千円も引かれるのは何故なのでしょうか?

親の年収が200万程度で そこから基本控除 配偶者控除 生命保険控除 社会保険控除 経費の控除 等 引くと 所得は100万程度になるはずなのに そこから月に3万もの国民健康保険料を引いていくなんて鬼畜ではないでしょうか。これでは低所得者が国民年金も払えないはずです。
それにまだ住民税と言う税金もかかります。

Aベストアンサー

>確定申告で年収が200万程度…

所得の区分
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm
は何ですか。
少なくとも給与所得、すなわちサラリーマンではないのですね。

>月に3万もの国民健康保険料を…

年 12回払いで間違いないですか。
国保税は年 4回というところも多いですが、年額13~14万ではありませんか。

>そこから基本控除 配偶者控除 生命保険控除 社会保険控除 経費の控除 等 引くと 所得は100万程度…

何でもかんでも十把一絡げにしてはいけません。
親が白色申告の事業所得者だとして、200万の「売上 = 収入」からその仕事に直接必要な仕入と経費を引いた数字が「粗利益 = 所得」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

国保税の算定基礎になる数字は、「所得」から市県民税の「基礎控除」33万円のみを引いた数字です。
配偶者控除や扶養控除、生保控除などは、国保税の算定には関係しません。

とにかく国保税の算定方法は、
1. 所得割・・・加入者全員の前年の「所得-33万」を元に計算
2. 資産割・・・加入者全員の固定資産税評価額を元に計算・・・ない自治体もある
3. 均等割・・・加入者 1人あたりいくら
4. 平等割・・・加入世帯 1軒あたりいくら

の 4つから算定されます。
しかもそれぞれの料率は自治体によって千差万別ですし、土地や建物をお持ちなのかどうか、家族の中で国保は何人いるのかなどによっても違ってきます。

いずれにしても、親が青色申告をすれば、最大 65万円の青色申告特別控除が受けられますので、国保税もかなり違ってくるはずです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>確定申告で年収が200万程度…

所得の区分
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm
は何ですか。
少なくとも給与所得、すなわちサラリーマンではないのですね。

>月に3万もの国民健康保険料を…

年 12回払いで間違いないですか。
国保税は年 4回というところも多いですが、年額13~14万ではありませんか。

>そこから基本控除 配偶者控除 生命保険控除 社会保険控除 経費の控除 等 引くと 所得は100万程度…

何でもかんでも十把一絡げにしてはいけません。
親が白色申告の事業所得者だとして...続きを読む

Q年収200万と、年収140万と、実際の差はどれくらいなのでしょうか

現在求職中の主婦です。
登録している派遣会社からお仕事の紹介を受け、
明日返事をすることになっております。
その仕事は、ちょっと通勤が不便ですが月収約17万円。年収にすると200万ほどです(税込み)

また直接採用の地元のパート勤務ですと
大体年収140万くらいで調整して社会保険の扶養には入れそうです。

しかし実際のところどのくらいの手取り収入の差があるのでしょうか?

年収200万だとして
社会保険(または国民健康保険)、厚生年金(または国民年金)、所得税などの差し引かれる金額。

また、夫の給与明細の
・「健康保険」「厚生年金」「雇用保険」などの差し引かれる額は、高くなるのでしょうか?
・夫の所得税も高くなるのでしょうか?
・夫の住民税も高くなるのでしょうか?
・家族手当については会社により規定があると思いますので聞いてみるしかないです。
(他にも何か変わるものがありましたら、教えてください。)

これらを相殺した場合の結果により、
通勤を無理して年収200稼ぐより
楽な地元のパートで140くらいの方にするかどうか
決めようかと思っております。

実際の手取りでの差額が知りたいのです。

何分、このような知識がないもので
何か間違ったことをお聞きしているかもしれませんが
宜しくお願いいたします。

現在求職中の主婦です。
登録している派遣会社からお仕事の紹介を受け、
明日返事をすることになっております。
その仕事は、ちょっと通勤が不便ですが月収約17万円。年収にすると200万ほどです(税込み)

また直接採用の地元のパート勤務ですと
大体年収140万くらいで調整して社会保険の扶養には入れそうです。

しかし実際のところどのくらいの手取り収入の差があるのでしょうか?

年収200万だとして
社会保険(または国民健康保険)、厚生年金(または国民年金)、所得税などの差し引かれる金額。...続きを読む

Aベストアンサー

○給与収入で年収200万の場合(数値は参考程度に)月166670円で計算(200万÷12ヶ月)
 1.健康保険料・・・83640円(40歳未満)
 2.厚生年金保険料・152959円
 3.所得税・・・・・36672円
 4.住民税・・・・・79844円(徴収は翌年)
 (控除は社会保険、基礎のみです)
 ・・住民税も引いた、手取り額は1646931円位(200万で165万位でしょうか)
 (国保が計算できないので、政府管掌保険で計算)
>健康保険」「厚生年金」「雇用保険」などの差し引かれる額は、高くなるのでしょうか?
 ・現在と同じで増減はありません
>夫の所得税も高くなるのでしょうか? 夫の住民税も高くなるのでしょうか?
 ・所得税で19000円以上~(税率による)、住民税で33000位の増額と思いますが


>パートで140くらいの方にするかどうか決めようかと思っております
 ・140万ではご主人の扶養から外れてしまいます、勤め先の社会保険に加入するか、ご自分で国保、国民年金に加入する必要があります
 (参考:140万だと、健康保険:57960円、厚生年金:106171円、所得税:10293円、住民税:22086円・・手取額:120万位です)
 ・140万ではなく、必ず130万未満にして下さい
  ご主人も配偶者特別控除が受けられますし、貴方も所得税:13500円位、住民税:33500円位・・手取額:125万位に為ります
  (140万で扶養を外れるより、130万未満の方が実質の手取は多くなると思われます)

参考:ご主人の会社が、家族手当の様なものを支給している場合、その規定金額をご確認下さい(103万未満とか、130万未満とか、指定なし等)
   103万の場合は要注意です、130万-103万の27万以上ある場合は、103万未満に抑えた方が良くなります
   (実質の世帯年収が減る事になりますので)

上記の数値は参考程度にお考え下さい、また数値は年間の金額です

○給与収入で年収200万の場合(数値は参考程度に)月166670円で計算(200万÷12ヶ月)
 1.健康保険料・・・83640円(40歳未満)
 2.厚生年金保険料・152959円
 3.所得税・・・・・36672円
 4.住民税・・・・・79844円(徴収は翌年)
 (控除は社会保険、基礎のみです)
 ・・住民税も引いた、手取り額は1646931円位(200万で165万位でしょうか)
 (国保が計算できないので、政府管掌保険で計算)
>健康保険」「厚生年金」「雇用保険」などの差し引かれる額は、高くなるのでしょうか?
 ・現在と...続きを読む

Q扶養から抜けた場合、黒字にするには最低年収はいくら?

初歩的な質問ですみません。

現在私は主人の扶養となっています(子供はいません)。
今年の年収もギリギリ103万円未満でした。

しかし年収103万だと貯金もできないので、来年からは仕事時間を増やそうかと思っています。
が、現在の職場で「103万円以上働くと、市民税も増えるし所得税もかかってくるよ」「国民健康保険に入らなきゃならないよ」と、収入は増えても結局は税金などで引かれる金額が増えるから、だったら扶養内でいた方がいいのではないか?と言われました。

現在の職場でめいいっぱい働いたとしても、年収180万程だと思いますが、年収180万円では結局は損なのでしょうか?
ちなみに主人の年収は約600万円です。

少しでもプラスにする為には、最低年収いくら必要なのでしょうか?

初歩的な質問で申し訳ございませんが、回答お願いいたします。

Aベストアンサー

>現在の職場でめいいっぱい働いたとしても、年収180万程だと思いますが、年収180万円では結局は損なのでしょうか?
 ・以下の条件の場合
  ご主人の会社の扶養手当、年間12万
  月の給与15万、12ヶ月で180万
  会社の社会保険に加入(健康保険・厚生年金)
 ・引かれるもの
  健康保険:74000位(40歳未満)
  厚生年金:135000位
  所得税:28000位(本人分)
      72000位(ご主人分の増額分)
       (配偶者控除を受けれないので、税額20%の場合)
  住民税:85000位(本人分)
      33000位(ご主人の増額分)
      (住民税は翌年より徴収)
  会社の家族手当:120000(ご主人の給与マイナス分)
 ・世帯で考えた場合、以上の合計は547000位になります
  実質(結果としての)の手取は、125万位になります(翌年の場合、当年は137万位)
 ・実質、世帯としての手取り収入は20万以上増える、厚生年金加入により将来の年金額が増えるのでよしとする
  か、割に合わないので、会社の家族手当の支給範囲内の金額に抑えるか、になりますね
 

>現在の職場でめいいっぱい働いたとしても、年収180万程だと思いますが、年収180万円では結局は損なのでしょうか?
 ・以下の条件の場合
  ご主人の会社の扶養手当、年間12万
  月の給与15万、12ヶ月で180万
  会社の社会保険に加入(健康保険・厚生年金)
 ・引かれるもの
  健康保険:74000位(40歳未満)
  厚生年金:135000位
  所得税:28000位(本人分)
      72000位(ご主人分の増額分)
       (配偶者控除を受けれないので、税額20%の場合)
  住民税:850...続きを読む

Qパートで15万円の税金はいくらくらいかかりますか

こんにちは、
扶養家族から外れることになり、これからいくらくらい税金がかかるか心配で投稿しました。
家族3人(夫、わたし、息子)3人の家族構成です。

平均月額15万円くらいの収入の見込みで、社会保険、厚生年金、雇用保険とで
いくら引かれるのか分かられる方、お願いします。
また夫の税金は扶養から外れることでどのくらいの税金がふえるかも教えてほしいです。

Aベストアンサー

>平均月額15万円くらいの収入の見込みで、社会保険、厚生年金、雇用保険とでいくら引かれるのか…

通勤手当など、支給されるものすべてで「15万円くらい」、40歳未満、東京都、協会けんぽ、の場合の「目安」です。

・健康保険料:約7千500円
・厚生年金保険料:約1万3千円
・雇用保険料:700~800円

・社会保険料合計:約2万1千円

『総務の森>計算ツール』
http://www.soumunomori.com/tool/

>夫の税金は扶養から外れることでどのくらいの税金がふえるか…

あくまでも「目安」ですが、

・配偶者控除額38万円×所得税率(5%~40%)=増える所得税額
・配偶者控除額33万円×個人住民税の所得割税率(10%)=3万3千円(増える個人住民税額)

となります。

『配偶者控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
『所得税・住民税簡易計算機』
http://www.zeikin5.com/calc/
※「収入が【給与所得のみ】」の場合の「目安」です。

※分かりにくい点があればお知らせ下さい。

*****
(その他参考URL)

『社会保険』
http://kotobank.jp/word/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA?dic=daijisen
>>…医療保険・労働者災害補償保険・雇用保険・介護保険・年金保険など。
---
『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『第1号被保険者』(と関連リンク)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=152
『厚生年金保険の保険料』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1971
---
『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何|日経トレンディネット』(2008/10/02)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/
『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1964
---
『従業員負担の雇用保険料の計算方法は?』(2008年1月18日)
http://www.sr-kyuyo.com/koujyo/koyouhokenryo/hokenryo_keisan.html
---
『全国社会保険労務士会連合会>各種相談窓口 』
http://www.shakaihokenroumushi.jp/general-person/soudan/

---
『住民税とは?住民税の基本を知ろう』(更新日:2013年05月13日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/
『住民税の所得控除一覧 |東京都主税局』
http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/sonota/index_j.htm#j3

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

>平均月額15万円くらいの収入の見込みで、社会保険、厚生年金、雇用保険とでいくら引かれるのか…

通勤手当など、支給されるものすべてで「15万円くらい」、40歳未満、東京都、協会けんぽ、の場合の「目安」です。

・健康保険料:約7千500円
・厚生年金保険料:約1万3千円
・雇用保険料:700~800円

・社会保険料合計:約2万1千円

『総務の森>計算ツール』
http://www.soumunomori.com/tool/

>夫の税金は扶養から外れることでどのくらいの税金がふえるか…

あくまでも「目安」ですが、

・配偶者控除額38万...続きを読む

Q年収150万程度のパート勤務は損といわれました

私は生後11ヶ月の子を持つ既婚女性です。
現在求職活動をしておりまして、来月、ハローワークで紹介された求人の面接に行く予定です。
その話を知人にしたところ、「中途半端な働き方で損だ」と言われました。

応募しようとしているのはパートで内容は、
勤務時間:9:00~17:15
仕事内容:データ入力
土日祝休・健保厚生等加入・月13万円位・試用期間(2ヶ月)は時給マイナス100円・
子供の病気や行事に配慮してくれる」
というものです。

私としては家計が大変厳しいため元々フルタイム勤務を探しておりまして、
正直なところ昇給も賞与もなく収入が希望より少ないため乗り気ではなかったのですが、
ハローワークの職員の方に、こういう求人があるのだがどうですかと、
小さな子供がいるのだからということでこちらの求人を強くすすめられました。
(一応、万が一の早出・残業時の保育園送迎や病気の際のことなどの対策は講じています)

とりあえず面接だけでも受けてみようと紹介していただいたのですが、
知人に上記のように言われ、やめておいたほうがいいのだろうかと不安を覚えました。

気の進まない求人ではありましたが、
手取りが減っても私自身が厚生年金に加入できるということは、
将来受けとる年金額がわずかで増えるということなので(ですよね?)、
そこはうれしいかなと考えて前向きに面接に臨もうと思っていた矢先でしたので、少々凹んでおります。

まだ採否もわからない段階で不安になるのはおかしいかもしれないのですが、
やはり中途半端な収入での働き方は長い目でみれば損でしょうか?

私は生後11ヶ月の子を持つ既婚女性です。
現在求職活動をしておりまして、来月、ハローワークで紹介された求人の面接に行く予定です。
その話を知人にしたところ、「中途半端な働き方で損だ」と言われました。

応募しようとしているのはパートで内容は、
勤務時間:9:00~17:15
仕事内容:データ入力
土日祝休・健保厚生等加入・月13万円位・試用期間(2ヶ月)は時給マイナス100円・
子供の病気や行事に配慮してくれる」
というものです。

私としては家計が大変厳しいため元々フルタイム勤務を探し...続きを読む

Aベストアンサー

控除対象配偶者になってる、かつ夫が加入してる保険組合の3号被保険者になってる方が、年間に130万円を越えての給与収入を得るなら、いっそ160万円あるいは170万円稼がないと、家計全体がマイナスになるという計算がされてます。
原因としては以下が、妻が働いて得る収入分より大きくなるという計算です。
1夫の収入にかかる所得税、住民税が増える。
2妻の収入にかかる所得税、住民税が増える。
3妻が自分で健康保険、年金保険料を支払いしなくてはならない。
4夫の勤め先が「扶養手当」をくれてるばあいには、それがもらえなくなる。

現在のことだけ考えると「年間130万円を越える働きをするなら、160万円以上稼げ」は正しい計算に思えます。
しかしこの計算には一つ落とし穴があります。
妻が厚生年金への加入をした場合です。
ご存知のように国民年金のみの加入者と比べて厚生年金への加入暦がある者は、いざ受け取るさいに金額が多いです。
「不平等だ」という声があるぐらい違います。
それを考えると「厚生年金」制度に加入できる(実はこの言い方はあまり正確ではありません。詳しい方からは「言い方がおかしい指摘されそうですが、スルー願います)は「受給年になったときに受け取れる額」を考えると、あながち損だ損だといえないのです。
年金制度が今後どのように変化するかは予測できませんが、日本という国がある以上は破綻しないでしょう。
「どうせもらえないから」と未払いを決め込んでる方が多くいると聞きますが、果たして「しっかり払っておけばよかった」となると私は思ってます。

必要なのは「どこまで知ってて」「選択するか」だと思います。
ご質問者に「中途半端な働き方だ」というアドバイスをなさった方が「どこまで知ってて」そのアドバイスをしたかです。
現在「中途半端な働き方だ」と評価される働き方をされてる方は沢山おられるとおもいます。
でもその方たちが、年金を受け取る際に「あのとき中途半端だといわれたが、結局はよかった」ということになるかもしれません。
中途半端かどうかの判定要素に「年金受給額の増額」まで入れてない場合が多いです。

控除対象配偶者になってる、かつ夫が加入してる保険組合の3号被保険者になってる方が、年間に130万円を越えての給与収入を得るなら、いっそ160万円あるいは170万円稼がないと、家計全体がマイナスになるという計算がされてます。
原因としては以下が、妻が働いて得る収入分より大きくなるという計算です。
1夫の収入にかかる所得税、住民税が増える。
2妻の収入にかかる所得税、住民税が増える。
3妻が自分で健康保険、年金保険料を支払いしなくてはならない。
4夫の勤め先が「扶養手当」をくれてる...続きを読む

Q主婦から年収200万になった場合。

よく扶養内にいるのなら、100万?103万?120万?を超えたらよくない・・と言われますが、
何がいけないのでしょうか・・?
また、もし主婦から年収200万の派遣になった場合、扶養からはずれる、という事になるのでしょうか?
扶養からはずれると、何か弊害があるのでしょうか?
全くの無知のため、何も分かってません。
どなたか分かりやすいアドバイス、どうかお願い致します。

Aベストアンサー

妻自身と夫とそれぞれに分けて考えなければなりません。

1.妻自身の場合

1-1.「所得税」

妻の年収が103万以下の場合は所得税が掛かりません。
もし103万を超えれば160万以下であれば、

(年収-103万)×5%=所得税

となります。

1-2.「住民税」

住民税は前年課税です、前年の収入に対してその年の6月から翌年の5月に掛けて支払います。
ですから平成20年の年収に対して住民税は、平成21年6月から平成22年の5月までに掛けて支払うことになります。
住民税は均等割と所得割のふたつの部分から成り立ちます。
均等割には非課税の限度額がありますが、自治体によって差があります90万~100万ぐらいです、つまりこれ以下なら課税されません。
これを超えると約4000円(これも自治体によって差があります)、均等割が課税されます。
一方所得割は全国一律で100万までなら課税されません。
もし100万を超えれば

(年収-98万)×10%=住民税の所得割

この均等割と所得割の合計が住民税となります。


1-3.「健康保険」

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養については所得税と健康保険との二つの面があり、この二つがごっちゃになり誤解が多いようです。
所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。
しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。
「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。
これは非常にわかりにくい定義なのです。
まずこれは所得税のように1月から12月の1年間ということではありません、具体的に言うと月単位で考えてください、その月の給与に12(向こう1年ですから12ヶ月ということです)を掛けて130万円を超えるか否かということです。
例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。
そしてその状態が続けばその間は扶養のままです。
しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。
つまり過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません、あくまでもその月にどれくらい収入があったかということであり、それが続く見込みであるということです。
別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。
すると20万円×6(6ヶ月)=120万円になります。
するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。
1月に20万の給与をもらえば20万円×12(今後向こう1年で12ヶ月)=240万円と計算して、1月については今後向こう1年間の見込みは240万円となり扶養になれません。
そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。
そして7月になると無職で無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます。
もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。
するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。
1月は140万円×12=1680万円の見込みですから扶養になれませんが、2月は無職無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます、過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません。
さて以上のことが一般的で多くの健保が取っている解釈です。

まず夫の健保が政管健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が政管健保に準拠しているかどうかが問題です。

A.夫の健保が政管健保かあるいは扶養の規定が政管健保に準拠している組合健保の場合

130万と言うのは「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
あくまでもこれからの月額が約108330円を下回るように働けばよいのです。

B.夫の健保が扶養の規定が政管健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

この場合は例えば

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.被保険者(夫)の前年の年収を(被保険者(夫)+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません、ですからこのような健保の場合には夫の健保に一々聞いて確かめるしかありません。
恐らく賞与についても独自の解釈をすると思われるので、そのことも含めて聞くしかありません。

ということでまず夫の健保が政管健保が組合健保かを確かめる必要があります。
健康保険証を見てください。
保険者が

○○社会保険事務所ならば政管健保です、この場合は上記のAになります。

○○健康保険組合ならば組合健保です、この場合はその組合健保に電話をして聞いてください。
「健康保険で夫の被扶養者になる条件は政管健保と同じでしょうか」。

もし同じだ言われたら上記のAになります。
もし違うと言われたら上記のBになります。
この場合は夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに沿うような形で扶養を外れないように働くということです。

1-4.「国民年金」

これは一律です、やはり130万と言うのは「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
あくまでもこれからの月額が約108330円を下回るように働けばよいのです。
そうすれば夫の扶養となり、夫が会社員であって厚生年金に加入していれば妻は第3号被保険者の国民年金に加入となります。
第3号被保険者は保険料はなしで、国民年金に加入できる制度です。


2.夫の場合

2-1.「所得税」

妻の今年の収入が103万以下であれば38万の配偶者控除が受けられます。
控除が受けらればそれだけ所得税が安くなります。
いくら安くなるかと言うと、38万に税率を掛けた金額です、税率は夫の課税所得によって異なるので一概には言えません。
ただ一般のサラリーマンでしたら10%か20%ぐらいでしょう。

38万×10%=3万8千



38万×20%=7万6千

ぐらいでしょうか。

年末になれば夫の会社から「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」が渡されるともいますがそれで配偶者控除を申請します。
平成20年中の見積もり所得の欄に所得金額を書きます、収入から給与所得控除の65万を引いた金額です、間違えないようにしてください。
例えば収入が80万であれば

80万-65万=15万

ということで15万と書きます。
収入が65万以下であれば0あるいはマイナスになりますが、そのときは0と書いてください。
また当然103万を超えれば配偶者控除は受けられませんので、その用紙には何も書かないで下さい。
103万を超えて141万までなら夫は配偶者特別控除を受けられます。
もし配偶者特別控除の対象であれば「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」ではなくもうひとつの用紙の、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」に書いて申請します。
例えば収入が125万だったとします。
給与所得の収入金額等の欄に125万と書きます、その横に65万とすでに印刷されています、125万からその65万を引いた金額60万をすぐ右の所得金額のところに書きます。
次にその7つ下にAを四角で囲った欄があります、そこに60万を書きます。
その下に配偶者特別控除額の早見表があります、左側のA欄の金額で先ほどの60万は「600000円から649999円まで」に当たります。
するとその右側の控除額が160000円となっています、この16万をその下のB(を四角で囲った)欄の金額のところへ書きます。

以上が配偶者控除及び配偶者特別控除の申請の書き方です。

2-2.「住民税」

これは前記のように前年課税です、前年の収入に対してその年の6月から翌年の5月に掛けて支払います。
ですから今年の住民税(平成20年6月から平成21年5月までの支払)はすでに決定しているので変わりません。
ただ妻の今年の収入が103万以下であれば33万の配偶者控除が受けられます。
控除が受けらればそれだけ所得税が安くなります。
いくら安くなるかと言うと、33万に税率を掛けた金額です、税率は10%です。

33万×10%=3万3千

この金額が来年の住民税(平成21年6月から平成22年5月まで支払)で安くなるということです。
また妻の今年の退職日までの収入が103万を超えて141万までなら夫は配偶者特別控除を受けられます。
ただし住民税は所得税で上記の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」と「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」をきちんと出していれば、自動的に計算されますので特に申請の必要はありません。

2-3.「健康保険」

妻が夫の健康保険の扶養になれたとしても、夫の健康保険の保険料に変わりはありません。

2-4.「厚生年金」

前記のように妻が国民年金の第3号被保険者になっても保険料はタダですので、夫の厚生年金の保険料に変わりはありません。

以上のように税金と社会保険の扶養では、税金(所得税・住民税)の扶養では被扶養者である妻にはプラス・マイナスどちらももなくゼロですが、扶養者である夫には控除により税金が安くなるというプラスがあります。
逆に社会保険(健康保険・年金)の扶養であるは夫にはプラス・マイナスどちらもなくゼロですが、被扶養者である妻には保険料がタダになるというプラスがあるということです。
ですから妻と夫と分けて考える必要があるのです。

>よく扶養内にいるのなら、100万?103万?120万?を超えたらよくない・・と言われますが、
何がいけないのでしょうか・・?

これについて金額をまとめると。

1.妻の場合

1-1「所得税」

妻自身の所得税の場合は103万までならば掛かりません。

1-2.「住民税」

妻自身の住民税は(90万~100万<自治体によって異なる>)までならば掛かりません。

1-3.「健康保険」

『夫の健保がAならば』

妻の「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」であるかどうかであり、具体的には妻の給料の月額が約108330円以下であれば扶養になれます。

『夫の健保がBならば』

夫の健保に聞かなければわかりません。

1-4.「国民年金」

妻の「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」であるかどうかであり、具体的には妻の給料の月額が約108330円以下であれば扶養になれますので、第3号被保険者となれます。


2.夫の場合

2-1.「所得税」

妻の年収が103万以下なら配偶者控除を受けられます。
妻の年収が141万以下なら配偶者特別控除を受けられます。

2-2.「住民税」

妻の年収が103万以下なら配偶者控除を受けられます。
妻の年収が141万以下なら配偶者特別控除を受けられます。

2-3.「健康保険」

これについてはなにもありません。

2-4.「厚生年金」

これについてはなにもありません。

2-5.「扶養手当」

最後に夫が会社から妻に対して扶養手当のようなものをもらっている場合ですが、これは法律で決まっているものではなく会社独自の規定で決まっているものです(ですからそういう手当のない会社もある)。
ということでその規定については夫の会社に聞いて見なければわかりません。
例えば妻が配偶者控除の対象である場合とか、あるいは妻が健康保険の扶養である場合とか色々ありますので、会社に確認してください。

>また、もし主婦から年収200万の派遣になった場合、扶養からはずれる、という事になるのでしょうか?

扶養には

・税金の扶養
・健康保険の扶養
・会社の扶養手当

の三つがあります。
これらは別のもので別の基準があります、ですからこれらをごっちゃにすると訳がわからなくなります、それぞれを別に考えましょう。

「税金の扶養」について

これは妻の収入に対して夫が控除を受けられるかと言う問題です。
ですから、上記の

2-1.「所得税」
2-2.「住民税」

が該当します。
それぞれの説明と金額のまとめを読んでください。

「健康保険の扶養」

上記の

1-3.「健康保険」
1-4.「国民年金」

が該当します。
それぞれの説明と金額のまとめを読んでください。

「会社の扶養手当」について

上記の

2-5.「扶養手当」

が該当します。

それぞれの説明と金額のまとめを読んでください。

>扶養からはずれると、何か弊害があるのでしょうか?

弊害と言うのではなく、扶養から外れてしまうと出費が増えると言うことです。
それは税金や健康保険等の色々な面に及ぶと言うことです。
上記で示したのはそれぞれの限界の金額であり、それらを意識して計算して働かずに中途半端に扶養を外れるような収入を得てしまうと、家計的にはマイナスになってしまうということです。
ただ

>年収200万の派遣になった場合

このぐらいの収入があれば一般的にはそのマイナス分を補って余りあると思われますのそう心配はいらないと思います。
気を付けなければいけないのは103万を超えて150万ぐらいまででしょうか。

妻自身と夫とそれぞれに分けて考えなければなりません。

1.妻自身の場合

1-1.「所得税」

妻の年収が103万以下の場合は所得税が掛かりません。
もし103万を超えれば160万以下であれば、

(年収-103万)×5%=所得税

となります。

1-2.「住民税」

住民税は前年課税です、前年の収入に対してその年の6月から翌年の5月に掛けて支払います。
ですから平成20年の年収に対して住民税は、平成21年6月から平成22年の5月までに掛けて支払うことになります。
住民...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報