ブロモアルカンR-Br とヨウ化ナトリウムNaIとの反応でR-Iができるのですが、、ブロモエタンを1として
計算すると、ブロモエタンは145、ブロモプロパンは0に限りなく近く、それ以上になると反応しなくなります。
これは、当然ブロモアルカンのRの部分で全く変わってくると言う事ですが、理屈が分かりません。
また、なぜこれほどまで反応速度に違いが生じるのでしょうか?

A 回答 (2件)

典型的なSN2反応、正確には二分子的求核置換反応ですね。


答えは立体障害の影響です。

ブロモアルカンが背面から求核剤によって攻撃をうけると
この物質は

I--C--Br

といった遷移状態になり、その後脱離基Brが離れるのですが
この遷移状態を作る際に
中央の炭素に多くの物質がついていると(反応点の原子がこみあってるともいいますが)
求核剤IがCによっていって結合をつくるのがむずかしくなります。
ですからプロパンよりエタンの方が数段反応速度がむずかしくなります。

異なる例をあげますと、反応速度は
遅) (CH3)3CX < (CH3)2CHX < CH3CH2X < CH3X (早)
のようになります。XにはBrが入ると思ってください。
Xのとなりの炭素Cが反応点ですから、
その炭素に水素より大きいメチル基が3つつくよりは水素が3つついている方が
炭素のまわりはすきまがおおくなります。
そうなると求核剤が入りやすくなり、反応が早く進むのです。

簡単に言えば、周りにライバルが少ない方が手をつなぎやすいといった具合です。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kexeさん本当に分かりやすい説明ありがとうございました。
なるほど、中心の炭素の周りの基が邪魔をしてるということだったんですね。
ずばり納得できました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/02/09 14:44

kexeさんの回答がありますが、以下のサイトは参考になりますでしょうか?


この本で求核置換反応・反応機構・反応速度論のあたりを熟読されては如何でしょうか?

この本でなくとも図書館にはたくさんの参考書があります。

ご参考まで。

参考URL:http://pub.maruzen.co.jp/cd_others/fox/mokuji.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。でも、化学は専門ではないので、そこまでやる気は置きません。
というより、その手の本を見ても理解する頭が無いです。
ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/09 14:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスノーボードを本気でやっている人の年令層について

キッカーやジブを本気でやっているスノーボーダー
の方に質問です。
自分は30代前半ですがこれからもスノーボードを
キッカー、ジブメインにやっていきたいと思って
いるのですが、スノーボードをやっている方は
20代の人が多いような感じがしてちょっと肩身が
狭いような気がします。

そこで質問なのですが、

1.30才以上でスノーボードやっている方は
周りが20代の人が多く30代のスノーボーダー
が少ないことが気になったり肩身が狭い思い等は
ありますか?

2.20代以下の方から見て30才以上のスノー
ボーダーを見てどんな印象がありますか?

回答していただける方はだいたいの年令と性別を
教えていただければとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

30代前半ボードバカ夫婦です。
定職にもついているので土日メインで滑っています。
毎週末都内から通っているので体力的にはだいぶキツくなってきましたが、
なぜか冬の方が元気です。
冬は私は平日は二人分の板のワクシング、主人は仕事、と作業分担してます(笑)

1について
私たち的にはなにも気にしてません。
格好も若い(ぶっている)し覆面してるので、「この周りにいる若造達(笑)も、まさかここに30代がいるとは思いますまい・・・ふふふ」
と思って若い子にまじって楽しんでいます。
私みたいに若ぶっているだけのおばちゃんもきっとたくさん潜んでいますよきっと。

知り合いには30代の本気ボーダーはたくさんいますし、
キャンプに行くとNo.2さんのような復帰するママさんボーダーもたくさんいるようですので、自分の体力の続く限り、自分の体力に合った行為で、おばちゃんの意地も見せつつ、骨折に気をつけて頑張って行きましょう!

Qカルボン酸ナトリウム塩と水酸化ナトリウムの反応

C7H15-C00NaとNaOHを混合するとC7H16とNaO-CO-ONaが生じるとあるのですが、どうしてこのような反応が起こるのでしょうか?

Aベストアンサー

これ、水溶液をただ混ぜただけですか?
それでこの反応が行くとは考えにくいでしょう。
固体をものすごく強熱したとかそんなんでしょうか?私も良く知りません。

形としては、OH^-がカルボニル基を攻撃した後、n-ヘプチルアニオンが脱離し、これは強塩基なので、相手方の炭酸水素ナトリウムを中和したことになります。
単純アルキル基がアルキルアニオンとして脱離することになるので、大変不利な過程です。この反応が普通にそこらへんの水溶液で進行するなら、酢酸の水酸化ナトリウム中和実験では酢酸ナトリウムは得られないことになってしまいますね。

脱離するカルボアニオン種が、なんらかの安定化を受けている場合なら脱炭酸はより穏和な条件で進行します。
たとえば、有名なEatonのキュバン合成など。
http://www.geocities.jp/junk2515/omosiro/omosi_20.htm
他にも、ベータケトエステルからの脱炭酸、いわゆるマロン酸エステル合成などが上げられますね。

Qスノーボード関係の仕事がしたい

スノーボード関係の仕事を探しています(ショップは除く)。正社員として、スノーボードに関係する仕事です。

1.スノーボードの開発や製造、営業等色々と種類はあると思いますが、上記以外でどのようなものがあるのでしょうか?教えて下さい。

2.現在、スノーボード関係の仕事に従事しているかたがいましたら、アドバイスをお願いしたいです。

3.*スノーボード関係の求人(正社員)があったら教えて欲しいです。(←これが一番重要です)


補足ですが、1年前に結婚をして、滑りに行く回数が激減しました。しかし、それを後悔しているわけではありません。今後も滑りに行く回数は増えるとは思いません。それならば、スノーボードに関わる仕事がしたいと思ったのです。
私は、28歳の男です。スノーボード暦8年(スキー暦4年)です。
純粋にスノーボードが大好きです。
どうかよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

私の友人がスノーボードメーカーに勤務していますので、その話でも。

その友人の勤める会社は、本社がアメリカにあり、その会社とライセンス契約をしているメーカーです。
大手ショップに行っても、商品が置いてあるようなメーカーです。
最近、量販店が増え、アメリカの本社が日本代理店を作ったり、開発は本社で一括、製品は安い国で生産みたいで、従業員の削減が行われているようです。
やはり、冬だけのシーズンの商売ですから、昔みたいに何本をお店に卸すというよりも、何百本を大手量販店に卸すといったことが多く、経営危機らしいです^^;
私の感想ですが、メーカーなどへの就職は厳しいと思います。

あと、スノーボード関係といえば、ライセンスをお持ちなら、スキー場でのインストラクター業務がありますね。
営業形態にもよりますが、冬場はスキー場近くのホテルでインストラクターをやりながら勤務し、夏場はそのホテルで働くといったことも可能だと思います。

他にはスノーボード雑誌の出版社というのもありますが、シーズンものですし、その出版社に入っても、担当になれるかどうかもわかりません。

年間を通して数ヶ月のシーズン物の商売ですから、なかなか仕事として成り立つ物は少ないと思います。

私の友人がスノーボードメーカーに勤務していますので、その話でも。

その友人の勤める会社は、本社がアメリカにあり、その会社とライセンス契約をしているメーカーです。
大手ショップに行っても、商品が置いてあるようなメーカーです。
最近、量販店が増え、アメリカの本社が日本代理店を作ったり、開発は本社で一括、製品は安い国で生産みたいで、従業員の削減が行われているようです。
やはり、冬だけのシーズンの商売ですから、昔みたいに何本をお店に卸すというよりも、何百本を大手量販店に卸すとい...続きを読む

Q炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウムと硫酸マグネシウムの反応について

初めて質問させて頂きます。

先日の実験で、
「炭酸水素ナトリウムを水に溶かしたものと、炭酸ナトリウムを水に溶かしたもののそれぞれについて硫酸マグネシウム水溶液を加え、沈殿が生じない場合は加熱を行う」という操作を行ったのですが、私の実験では溶かす量が少なかったのか、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウムともに何も変化が起こりませんでした。

NaHCO3とNa2CO3についてMgSO4を加えると、それぞれどのような反応が起こり、何が沈殿するのでしょうか?また、沈殿が生じなかった場合になぜ加熱を行うのでしょうか?

似た質問が過去にもあった様なのですが、そちらでは答えが出されていなかったので質問させて頂きました。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、炭酸水素ナトリウムについては、

 1) MgSO4 + NaHCO3 → MgCO3↓ + NaHSO4
 2) MgSO4 + 2NaHCO3 → MgCO3↓ + Na2SO4 + H2O + CO2↑

という2つの式が書けます。
但し、NaHSO4が生じると液性は酸性になるため、未反応のまま溶けているNaHCO3の分解(NaHCO3+NaHSO4→Na2SO4+H2O+CO2↑)が起きますので、実質的には「2)」に集約されます。
沈澱が生じなかった場合の加熱は、CO2の気化を促すことで、この反応を進みやすくするためでしょう。
(また、マグネシウム塩は温度が上がると溶解度が下がるものが多いことから、沈澱を促進する効果もあると思います)

次に炭酸ナトリウムの場合ですが、この溶液は塩の加水分解によってアルカリ性(恐らくpH10以上)になっているため、

 1) MgSO4 + Na2CO3 → MgCO3↓ + Na2SO4
 2) MgSO4 + Na2CO3 + H2O → Mg(OH)2↓ + Na2SO4 + CO2↑

といった反応が考えられます。
つまり、この場合は炭酸マグネシウムと水酸化マグネシウムが混ざった沈澱が生じている可能性があるということです。
(すみませんが、どちらが主となるかは私にはわかりません)

まず、炭酸水素ナトリウムについては、

 1) MgSO4 + NaHCO3 → MgCO3↓ + NaHSO4
 2) MgSO4 + 2NaHCO3 → MgCO3↓ + Na2SO4 + H2O + CO2↑

という2つの式が書けます。
但し、NaHSO4が生じると液性は酸性になるため、未反応のまま溶けているNaHCO3の分解(NaHCO3+NaHSO4→Na2SO4+H2O+CO2↑)が起きますので、実質的には「2)」に集約されます。
沈澱が生じなかった場合の加熱は、CO2の気化を促すことで、この反応を進みやすくするためでしょう。
(また、マグネシウム塩は温度が上がると溶解度が下がるものが多い...続きを読む

Qスキーのジャンプ台からスノーボードで飛んだ人はいないのでしょうか?

スキーのジャンプ台からスノーボードで飛んだ人はいないのでしょうか?いないとすれば、やっぱり怖いからでしょうか?

将来、スキーのジャンプ台からスノーボードで飛び出すスノーボードジャンプという競技が生まれる可能性は有るでしょうか?

Aベストアンサー

数年前インスブルックのエアーアンドスタイルという大会ではスキーのジャンプ台で行われていました。観客が将棋倒しになって何人か死亡しましたので調べればわかると思います。競技は当然、距離を競ってたわけじゃないですけど・・・。色々なスノーボードビデオに映像が入っています。

また、テリエハーカンセンはスキーの過去ジャンプ台で練習していました。

Q酸化還元反応式(ヨウ化カリウム水溶液と希硝酸)

酸化還元反応式の宿題を解いていたのですが、ヨウ化カリウム水溶液と希硝酸の反応で、二つの半反応式の電子の係数をそろえて、足して、イオン式まではできたのですが、そのあとの、化学式に直すところがよくわかりません。
この場合、KIのK+(カリウム)を足したのですが、Hのイオンが消せないことに気づき、手が止まってしまいました。
詳しく、具体的に教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

つまり、
2HNO3 + 6KI → 3I2 + 2NO + 6K+ + 2H+ + 4O2- ???
ということですか?
そういう時には硝酸を使って補いましょう。硝酸は過剰量ですからね。
8HNO3 + 6KI → 3I2 + 2NO + 6KNO3 + 4H2O 
つまり、酸化に使われた硝酸と、中和に使われた硝酸があるということです。

硫酸酸性での反応でもこの手の考え方はよく出てきます。

Qスノーボードワックスをスキーにつけても大丈夫?

スノーボード用固形ワックス(今回はGALLIUMのSS、SSFシリーズ)はスキー板には使えないのですか?
一応スノーボード専用とは書いてあるのですが・・・。
スノーボードワックスとスキーワックスは何か違いがあるのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おそらく問題ないと思います。
昔はスノーボード用のワックスなどなかったですモンね。
現在も特にスノーボード用とかスキー用とか記載のない物もたくさんありますし。

僕はスノーボードやってますが、2つの温度対応の物を塗り分けたりしてます。
板のセンター部分にはやや柔らかめ(対応温度が高め)のもを塗り、
外側エッジ部分には堅め(温度低)の物を塗ったりしてます。
これで、外側のエッジ部分だけワックスが早くはがれることが少ないです。・・・ご参考までに。

Qチオ硫酸ナトリウムとヨウ素の反応についてなんですが、ヨウ化カリウムが褐

チオ硫酸ナトリウムとヨウ素の反応についてなんですが、ヨウ化カリウムが褐色で、しばらくチオ硫酸ナトリウムを滴下すると色が薄くなりますよね。このタイミングでデンプンを入れるって書いてあるのですがなぜ最初からデンプンを入れちゃダメなのですか?

Aベストアンサー

ヨウ素はデンプンの鎖の中に巻き込まれる付加物を作ります。
…と書こうと思いましたが、良いサイトがあったので引用します、↓
http://www.jsac.or.jp/bunseki/pdf/bunseki2007/200705kougi.PDF

Qなぜ女子がスノーボード競技に出場するのでしょうか

ソチ・オリンピックを観ていると、スノーボード競技に女子選手が出場していますが、
なぜ女子がスノーボード競技に出場するのでしょうか。

Aベストアンサー

 スノーボードは1998年の長野オリンピックからオリンピックに採用されました。
スノーボードがオリンピックに採用されてから5回目のオリンピックです。
馬術を除くほとんどのスポーツが男女別で競技が行われています。

Q塩化水素と水酸化ナトリウムが反応して、58.5gの塩化ナトリウムを作る

塩化水素と水酸化ナトリウムが反応して、58.5gの塩化ナトリウムを作るには、塩化水素と水酸化ナトリウムはそれぞれ何g必要か?
お解りの方がおられましたら、ぜひ教えてください。
どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.塩化ナトリウムの式量を調べる。
2. 58.5gをその式量にグラムを付けた質量で除す。
3. 2.で塩化物イオン、ナトリウムイオンの物質量(モル数)が分ったので、その物質量(モル数)と塩化水素の分子量、水酸化ナトリウムの式量をそれぞれ乗ずる。

おしまい。


人気Q&Aランキング