透析の実験で袋状のセロハンを探しています。販売店や良い方法があったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 高等学校の化学用品の出入りの業者を当たって下さい。


 で、透析膜、透析チューブ、透析装置などがカタログ
 にあります。
 私の所では「理工薬品(株)」で仕入れています。
 実験用なら、小~大学用まで専門業者があります。
 もし、まだお分かりでないようでしたら、補足質問
 して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうござます。透析膜を使ってコロイドの実験を行ったのですが、透析膜の穴の大きさが2.4nmでH+とCl-がうまく透析されません。そこでセロハン膜を用いてやっているのですが、セロハンを結ぶのが大変です。シーリングを用いたいのですが、袋状でないモンで・・・・。苦労しています。

お礼日時:2001/02/09 22:17

どのような実験にお使いになるのでしょうか?


以下の参考URLサイトは「和光純薬」での検索結果です。
分画分子量を考慮の上ご検討ください。

ご参考まで。

参考URL:http://search.wako-chem.co.jp/lifedb/FreewQuery. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/09 22:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロードバイクのチューブとタイヤの交換って初心者でも簡単にできるものですか? それとも最初はお店でやっ

ロードバイクのチューブとタイヤの交換って初心者でも簡単にできるものですか?
それとも最初はお店でやってもらった方がいいですか?

Aベストアンサー

少なくとも、ママチャリのチューブとタイヤの交換より簡単ですね。
あなたに出来るかどうかは、あなたの器用さしだいです。

今はネットに動画かぎょーサンあるからそれを見て勉強すればいけると思いますよ。
http://www.cb-asahi.co.jp/html/mente-tiretube1.html
https://www.youtube.com/results?search_query=%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E3%80%80%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96%E4%BA%A4%E6%8F%9B

ポイントは、、、、

1)チューブを入れる前に、
チューブに口で空気を吹き込んでおくこと。

空気入れで少しだけ入れても良いですが、
その場合でも空気の量は口で吹き込んだ時と同量にするのがベストです。
多いとタイヤをはめにくくなりますし、
少ないとタイヤとリムの間でチューブがかんでバーストします。

タイヤも交換するなら、タイヤを片側だはめて、チューブをいれますが、、、
2)この時にチューブをリムの中に押し込みます。

で、タイヤをバルブの脇からはめていき、最後にバルブの部分をはめ、
バルブを押し込んでバルブの部分がタイヤの中にきちんと入っているか確認します。

ぼくはバルブの部分を最後にしますが、最初にバルブの部分をはめる人も多いですね。
バルブのところを最初に入れるのが古くからあるやり方です。
バルブを最後にするのは最近の傾向かなー。

ぼくはバルブのところのタイヤを最初にはめると習いましたが、バルブの部分を最後に入れたほうがチューブをかみにくいという説を聞いて、自分で試した結果、最後に入れるほうを選択しました。

実際は丁寧にやればバルブを最初にしたほうが良いかもです。
ぼくは仕事が粗いせいか、バルブ部分を最後にしたほうが失敗が少なく感じます。

ではメンテナンス楽しんでみてくださいね♪

少なくとも、ママチャリのチューブとタイヤの交換より簡単ですね。
あなたに出来るかどうかは、あなたの器用さしだいです。

今はネットに動画かぎょーサンあるからそれを見て勉強すればいけると思いますよ。
http://www.cb-asahi.co.jp/html/mente-tiretube1.html
https://www.youtube.com/results?search_query=%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E3%80%80%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96%E4%BA%A4%E6%8F%9B

ポイントは、、、、

1)チューブを入れる前に、
チューブに口で空気を吹き込んでおくこと。

空気入...続きを読む

Q酸とアルカリの実験でおもしろいのがあったら教えてください。

中学1年生の理科の授業で行う程度の内容でぜひおもしろいよという実験があったら教えてください。

Aベストアンサー

花壇に咲いている花を取ってきて.リトマス紙の代用に.
濃カセイソーダ溶液をつくって.髪の毛を入れて.溶ける事を見せる
濃塩酸の蓋を開けて.ぬれたリトマスしわ近づけて変色する事
錆落し
が近所の中学校の内容です。

Qオフロードバイクのタンクのふたから出てるチューブは?

オフロードバイクのタンクのふたから出てるチューブは何のためのものでしょうか?検索しても出てきません。特に古いバイクに多い気がします、最近のものではあまり見ません。検索してもわかりませんでした。詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

空気穴です。
ガソリンが減ってきたときに、そこから空気が入ってタンク内が負圧になることを防ぎます。
負圧になるとガソリンがキャブに行きにくくなりますから。

普通はチューブではなくタンクキャップに空気穴があるので必要ありません。
古いバイクはキャップに空気穴がなかったので、チューブがついているだけです。

またオフロードのレース用ではワンウェイ(一方向だけ空気が流れる)チューブがついているものがほとんどです。
これはジャンプなどで空気穴からガソリンが噴出すのを防ぐためです。

Q学校の実験器具の販売

東京 神奈川近辺で
学校の科学実験器具 蒸留関係を
売っている安いお店はありますか?
フラスコ ガラス管とか 蒸留装置等
中古でもいいし問屋ならうれしいです。

Aベストアンサー

中村理科
http://www.rika.com/

高野理化硝子
http://local.yahoo.co.jp/detail/spot/612cf7ba3a0c2c76c8a1000188365738/

高野理化硝子が品揃えや価格の面でおすすめです。
店にない商品は注文して取り寄せてもらいましょう。

Qネットショップでの、ロードバイク用サイクルチューブ購入

ネットショップでの、ロードバイク用サイクルチューブ購入

先日、ロードバイクのタイヤがパンクしてしまいました。
そこで新しいチューブに交換しようとしたのですが、ネットで購入したチューブのバルブの長さが短くて、空気入れにはめ込むことができず、空気を入れることができませんでした。

買ってきたチューブのバルブの長さは、32mmです。
(それまで使っていたチューブのバルブの長さは、もっと長く45mmほどだと思います)
ですので、今度はバルブの長さを確認してから、購入したいと考えています。


そこで質問です。
バルブの長さを確認して購入できる、ネットショップはありませんか?
アマゾンなどでパッと見たところ、バルブの長さまで確認できるものがなかったので、よろしくお願いします。
もしくは、「この商品なら十分なバルブの長さがある」という商品紹介でもOKです。
ちなみにタイヤサイズは(700×23)です。

補足
自転車専門店まで自宅からは若干距離があるので、できればネット購入で済ませたいと考えています。

Aベストアンサー

この自転車カテでも、よくパーツの紹介で使われるサイクルベースあさひやサイクルヨシダの通販ページであれば、各メーカーのいろんなチューブが出ています。
で、そのほとんどは、バルブの長さに種類がある場合は、明記されていて、選ぶことが可能です。
よろしければご利用ください。
http://www.cb-asahi.co.jp/parts/124_all.html
http://www.cycle-yoshida.com/parts/tube_menu.htm#road_cross

Qこの実験について分かる方お願いします(TLCによる還元糖の同定実験)

これがプロコトールなんですが・・・

【使用試薬】
A液:AgNO3を1.5g、0.5mlの脱イオン水に溶かす。
  (溶け残りが出る)
 
   この、飽和硝酸銀水溶液200μlにアセトン40mlを加えると
   白沈ができる。
   これを攪拌しながら脱イオン水を5,6滴加えると白色沈澱が溶ける。
   これをA液とする。

B液:0.5MのNaOH/エタノール溶液

C液:5%NaS2O3溶液

【操作】
 薄層クロマトグラフィーで展開後のプレートを風乾後、
 A液を噴霧、乾燥後、B液を噴霧。
 そして、C液を噴霧する。

 還元糖のある部分が黒~こげ茶色になる。

 というものですが、この一連の化学反応について詳しく知りたいのですが、
 なにぶん知識不足なもので・・・(^^;)
 何か知見のある方、どうかおねがいしま~す。

Aベストアンサー

アルカリ性硝酸銀発色ですね

糖にあるアルデヒド基と銀の還元反応、要するに高校で習う銀鏡反応です。

アセトンに硝酸銀を溶かすのは溶液の蒸発を高めるため、DWを入れるのは硝酸銀を溶解させるためです。

NaOHはアルカリ性にするため。エタノールを使うのは蒸発しやすいようにするのと、糖からの水分の脱水のため。
局所濃度を上げるのですね。

展開後A液の噴霧により、銀イオンと糖を接触させます。
そこにアルカル性溶液を加えることで、銀の還元と糖のアルデヒド基がアルコール性水酸基に変わるわけです。(糖アルコール)黒くなったのは銀ができたからです。
最後の亜硫酸ナトリウムは定着のために使います(反応終了液、酸化還元力を利用)。

感度はマイクログラムのオーダーまで検出します。

各溶液、反応の意味はこの通りです。さらに詳しくはMiJunさんのご紹介の本でよろしいと思います。
なお元の論文は
Robyt,J and D,French(1963)Arch.Biochem.Biophys.100,451になります。

Qロードバイクのタイヤとチューブ交換

ロードバイク初心者です。
タイヤサイズ700C×25Cのロードバイクに乗っています。素人で体重80キロ超です。運動不足解消に乗っているので安いタイヤとチューブで十分なのでアマゾンで探していたら安いチューブが700C×18~23なのですが


①25Cのタイヤに700C×18~23の細いチューブは問題あるのでしょうか?
②25Cのタイヤに700C×23~28の太いサイズのチューブは組むのが大変になるのでしょうか?
③タイヤを25Cから23Cにすると乗り心地やパンクの発生に変化はありますか?
④表記はW/Oのものでいいでしょうか?バルブ長は色々あるのですがどれくらいがいいのでしょうか?パンクしてないほうのタイヤはバルブがホイールから4センチほど出ています。


もう一点質問させていただきたいのですが、先日空気が少し減ってきてるので足しとこうかなと思った矢先パンクしました。フロントタイヤが出先で完全にぺったんこになってしまったので家族に車で迎いに来てもらい帰りました。

 パンク修理用のパッチが家にあったのでチューブを取り出したのですが次の日なのに空気は減ってますが完全に抜けておらず膨らんだ状態です。父が誤ってバルブの先を折ってしまったので交換することにはなってしまったのですがパンクしても完全に空気が抜けないものなんでしょうか?


アドバイスよろしくお願いします。

ロードバイク初心者です。
タイヤサイズ700C×25Cのロードバイクに乗っています。素人で体重80キロ超です。運動不足解消に乗っているので安いタイヤとチューブで十分なのでアマゾンで探していたら安いチューブが700C×18~23なのですが


①25Cのタイヤに700C×18~23の細いチューブは問題あるのでしょうか?
②25Cのタイヤに700C×23~28の太いサイズのチューブは組むのが大変になるのでしょうか?
③タイヤを25Cから23Cにすると乗り心地やパンクの発生に変化はありますか?
④表記はW/Oのものでいいでしょうか?...続きを読む

Aベストアンサー

①23Cのチューブも 膨らませれば取り合えず25cで膨らみます。
 しかし必要以上(メーカー設定サイズ)にふくらむので ゴムが薄くなります。
安物のチューブや3流メーカーのもでは、厚さが不均一な場合が多く 薄い部分が
延び かなり薄くなり バースト(自然破裂)しちゃいますよ。
サイズ違いは、使っては、ダメです。

②適正サイズです何も問題など有りませんよ
 チューブをタイヤに押し込みタイヤを嵌める際は、チューブに極わずか膨らむ程度空気を入れ 少し膨らんだ状態にして 嵌めます。
空気入れず ぺったんこの状態ではめ込みすると チューブのねじれや 挟み込みしやすく パンクの原因になります。

③23Cにすると 細くなる分 空気圧が高くなります。スローリークも 早く抜けるパンクになったりします。細く接地抵抗が減り軽快になりますが パンクリストと乗り心地が少し硬くなるでしょう。(タイヤによっても違いますが)
体重的に 23Cでも問題ないですよ 充填空気圧を体重なりに 120とか充填すれば良いだけ。

④クリンチャー チューブを入れるタイヤを W/Oとも呼びます。
バルブ長は リムのハイトによります。 DEEPリムと言うものは、当然バルブが顔出すように60mmとかです。
現状 40mm出てるなら 長すぎますねー そこまで長く無くても 空気入れは差し込めます。
20mmも出ていれば良いので 42mm~52mm位の方が最適です。
バルブが長いと ホイールブレが起きやすくなります。
メンテナンススタンドに後輪を浮かせ クランクを早く回してみて下さい
後輪が前後に振動すると思います。60mmと42mmでは、この振動がかなり違ってくると思います。 無駄に長くしないことが良いです。
ブチルゴムの 25C対応の仏式バルブ42mか 52mmのバルブ長のチューブをお買い求め下さい。


スローパンク(微細な空気漏れ)の場合 一定空気圧が抜け チューブのゴムが収縮すると 微細な穴が塞がることも考えられますよ。
パッチ貼ってパンク修理する場合 ロード用の薄いパッチを使って下さい
タイヤが細いので パッチの厚さが微妙にゴツンゴツンすると パッチ修理を嫌う人も居ます。 自分は、修理したチューブを スペアーとして車載用にしてます。

自転車屋でパンク修理 120円からです スペアーチューブ700円自分で交換すれば こちらの方が安いです。出先では、バケツの水が無いので パンク修理キット車載しても 修理が出来ないです。

チューブは、普通のブチルゴムの普通の厚さが 丈夫で安心です。
 ライトやウルトラライトはゴムが薄く パンクもし易すく 空気抜けも早くなります。少し軽量で価格が高く メリットが少ないです。
お奨めチューブ
 ビットリア・コンチネンタル・ブリジストン・TC(タキザワオリジナル)
 ミシュランも良いのですが バルブにネジが切って無く ナットが付けられず 空気入れる際 口金差込に バルブがリム内に 引っ込んじゃうので使い勝手悪いです。バルブ部のタイヤをつまんで口金差し込むめんどくささがあります。

タイヤによっても パンクリスクはあります。
 ロードの練習用兼レースも可能なのが200gクラスの ミシュランPRO4、コンンチネンタルGP4000SⅡ このクラスで パンクリスクが少ない乗り心地も良いタイヤです。
もう少しパンクに強いとなると
ミシュランPRO4エンデュランス
コンチネンタルGPウルトラスポーツ などが 摩耗性・パンク性が良くなります。

タイヤは、高価なほど 乗り心地は、良くなると言われてます。

※出発前に 必ず空気圧確認をして出かけるとこ 走行中は、路肩の異物に注意して
 変なものは、踏まないように走れば パンクは、無縁です。

タイヤメーカーでも パンクリスクは、有ります。
パナレーサー 乗り心地の良く無く パンクしやすと言われてます。
シュワルベ ダメダメタイヤです。
ケンダーやマキシスなども クロスバイク程度のタイヤ ロードには、お奨めしません。

①23Cのチューブも 膨らませれば取り合えず25cで膨らみます。
 しかし必要以上(メーカー設定サイズ)にふくらむので ゴムが薄くなります。
安物のチューブや3流メーカーのもでは、厚さが不均一な場合が多く 薄い部分が
延び かなり薄くなり バースト(自然破裂)しちゃいますよ。
サイズ違いは、使っては、ダメです。

②適正サイズです何も問題など有りませんよ
 チューブをタイヤに押し込みタイヤを嵌める際は、チューブに極わずか膨らむ程度空気を入れ 少し膨らんだ状態にして 嵌めます。
空気入...続きを読む

Q先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。

先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。
1つ目の実験ではシングルビームの分光光度計(40cm四方、厚み15cmくらいの小型のもの)を用い、水中のカドミウムをフェナントロリンで呈色させ、決まった波長で吸光度を測定しました。
2つ目の実験ではダブルビームの分光光度計(奥行60cm×横幅80cm、厚み20cmくらいの本体にモニターが載ったもの)を用い、数種の濃度の過マンガン酸カリウムの溶液を、波長をスキャンして測定し、得られた吸収スペクトルから最大吸収波長や吸光度などを出しました。

シングル/ダブルビームの違いはビームの数で、特徴として、シングルビームは常に同一セルを使えるが毎回参照を測定し、試料の測定結果から補正しなければならない。
ダブルビームはセルが二つ入れられ、常に(交互に)参照と試料を測定しているので、長時間使っていてもデータのブレが起こりにくい、ということだと理解しています。

そこで質問があります。上記以外の基本的な特徴は下記のとおりで合っていますか?
●シングルビームの特徴
波長スキャンができない=吸光度は測れるけどスペクトルは得られない。
測定波長が決まっていて、吸光度の数字のみ測りたいときに使う。
装置が小型(前述の実験1の装置サイズ)

●ダブルビームの特徴
装置が大きい。
スペクトルを見たいときのみ使う。

それとも、シングル/ダブルの方式の違いと、
波長をスキャンしてスペクトルを得られることは別ですか?
「大型で、吸収スペクトルを測れるシングルビーム」や、
「小型でスペクトルは測れず吸光度のみが表示されるダブルビーム」
なども存在するのでしょうか?
(そんな装置も作れるけれど、わざわざダブルビームにするのに、
スキャン機能を省略することはない、ということでしょうか?)

恥ずかしい質問かもしれませんが、宜しくお願いいたします。

先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。
1つ目の実験ではシングルビームの分光光度計(40cm四方、厚み15cmくらいの小型のもの)を用い、水中のカドミウムをフェナントロリンで呈色させ、決まった波長で吸光度を測定しました。
2つ目の実験ではダブルビームの分光光度計(奥行60cm×横幅80cm、厚み20cmくらいの本体にモニターが載ったもの)を用い、数種の濃度の過マンガン酸カリウムの溶液を、波長をスキャンして測定し、得られた吸収スペクトルから最大吸収波長や吸光度などを出しました。

シン...続きを読む

Aベストアンサー

●シングルビームの特徴
波長スキャンができない=吸光度は測れるけどスペクトルは得られない。
→スペクトルは測れますが、対照補正が出来ないので、正しいスペクトルとはなりません。

測定波長が決まっていて、吸光度の数字のみ測りたいときに使う。
→主にこの使い方となるでしょう。

装置が小型(前述の実験1の装置サイズ)
→小型かどうかは、どうでしょう。今シングルのものはあまり販売していないのでは。

●ダブルビームの特徴
装置が大きい。
→ダブルのものでもかなり小さいものもあります。

スペクトルを見たいときのみ使う。
→スペクトルを測る場合のみではなく、対照吸光度補正が出来るので、通常の吸光度を測る場合に使用します。

Qロードバイクのチューブの破損

ロードバイクのチューブの破損について質問です。
パンクと似たような症状で空気がスカスカになってしまうとチューブが破損しているということだと思うのですが(初心者なので間違えているかもしれません)、それってどのような場合に起こりますか?

具体的に申しますと、ある日前輪がパンクしたと思って自転車屋さんに持って行ったところ、チューブの破損で交換になると言われ、交換してもらいました。しかし、2日後また前輪がペチャンコになっており、パンクと思って別の自転車屋さんに持って行ったところ、またチューブの破損でした。そんなに頻繁に起こらないと思うのですが、たまたまでしょうか?
一回目の破損の時、空気が少ないように思えて空気圧器付きの空気入れで許容量ぎりぎりいっぱい(もしかしたらオーバーしてたかも)ぐらい入れました。入れすぎで破損したということでしょうか?

Aベストアンサー

そんな頻繁には起らないと思うのですよね。
余程乗り方が雑で無い限り。
可能性としては。
空気圧は一応管理していると見て。
人為的なものか。
もしくは、リムテープの不具合だと思いますなぁ。
いずれにせよ、今度パンクしたら、その痕跡を良く調べて見るべきですな。
そうでないと、何時までも同じ事の繰り返しです。
原因を特定しなくては、その対策も進みませんので。
個人的には、人為的でない場合、リムテープの不具合を疑います。
また、自転車屋さんで修理する場合、一軒に絞ったほうが良いですよ。
そうでないと、原因追求に消去法が使えません。
場合によっては、クレーム処理として受け付けてもらえる可能性もありますから。
あまり無茶を言うのは禁物ですが。

Q先日、化学の実験でNaをH2Oに入れる実験を行いま

先日、化学の実験でNaをH2Oに入れる実験を行いました。H2Oにフェノールフタレイン液をあらかじめいれておき、Naを投入すると、赤くなることからH2OないしはNaがアルカリ性になったことがわかりました。いったい何故アルカリ性になったのでしょう?教えてください。

Aベストアンサー

この実験でNaがアルカリ性になると考えるのは理科的なセンスが
良くないと思います。NaとH2Oが反応して新しい物質ができます。

Na単体を水に入れると以下の反応がおこります。
2Na + 2H2O → 2NaOH + H2

フェノールフタレインが赤くなるのはNaOHができたからです。
また、場合によってはH2が燃えて火がつきます。
そのとき、臭いがするのは、たいてい保存していた石油の燃焼の臭いです。


人気Q&Aランキング