「軽症うつ病」は一般的なうつ病に比べるとどう違うのでしょうか。自殺を考えないうつ病を言うのでしょうか。ニュアンスとしては、一般のうつ病より症状が軽いうつ病を「軽症うつ病」というのでしょうが、具体的にどう違うのでしょうか。一般的なうつ病の基準に当てはまらないのでしょうか。どのような基準で「軽症うつ病」と診断されるのでしょうか。よろしくご教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

参照URLで説明されていますよ。



参考URL:http://www.netricoh.com/contents/antenna/nurse/d …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。参考URLに下記のとおりありました。

『「軽症うつ病」は「うつ病」と違う・・という点を見逃さないで下さい。「軽症うつ病」と「うつ病」では治療方法も違えば、内服する薬だって異なってくるのです。
 基本的に「やる気が起きない」「気が滅入る」「落ち込む」といった症状は似ています。
 しかし「軽症うつ病」の場合は、「うつ病」に比べ、全体的にその程度が軽く、どちらかというと、先に述べた“体調の悪さ”が先行し、自覚されてしまうので、日常生活や仕事に対してはむしろ気合を入れて頑張ってしまいます。「軽症うつ病」が別名「仮面うつ病」といわれる所以です。こんな毎日が「軽症うつ病」をこじらせてしまう悪循環となってしまいます。過剰なエネルギーを使って毎日を乗りきる為に必死で頑張リ抜く為、「軽症うつ病」で入院してくる患者さんの多くは、気の毒な程、心身ともにクタクタボロボロ。

 刺激を避け、たっぷりゆっくりのんびり休む時間の確保が治療上最優先されます。十分休めれば、あとは不思議と患者さんの中から回復のエネルギーが満ちてきます。その時を看護婦、そして医師は安全かつ最大限発揮できるよう看守るだけです。それが精神科における大切な治療・看護方法で、どんな状況のどんな人にも、そのエネルギーは満ちてきます。その時期が早いか、遅いか・・それは入院するまでどれだけ心身を傷つけて入院してきたか、その心の傷の深さによります。』

お礼日時:2002/10/18 22:07

鬱に関してのサイトがあります。


良かったらみてください。↓

参考URL:http://www.utu-net.com/
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/10/18 22:10

うつ病として起こるいくつかの症状の中で、その症状の数が少ない状態を


言うのだと思います。

例えば
仕事が手につかない
何でもない時に不安にかられる
楽しい中にいても笑えない
この3点だけしか発症していないのであれば軽症うつ病と判断される可能性が
あるのだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/10/18 22:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • うつ病<こころの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    うつ病とはどんな病気か  私たちは、生活のなかのさまざまな出来事が原因で気持ちが落ち込んだり、憂うつな気分になったりすることがあります。しかし、数日もすると落ち込みや憂うつな気分から回復して、また元気にがんばろうと思える力をもっています。  ところが時に、原因が解決しても1日中気持ちが落ち込んだままで、いつまでたっても気分が回復せず、強い憂うつ感が長く続く場合があります。このため、普段どおりの生活を送るのが難しくなったり、思い当たる原因がないのにそのような状態になったりするのが、うつ病です。 原因は何か  うつ病は、まだわからないことが多い病気です。脳の神経の情報を伝達する物質の量が減るなど脳...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうつ病は遺伝するのでしょうか?

抗がん剤治療入院中の姑がうつ病と診断され、気分転換に一旦退院してみては?と主治医より話があったそうです。
抗がん剤は通院で行うようです。

姑だけではなく、小姑である姉とその娘(姪)もうつ病です。
姑方の伯母のその娘、叔母もうつ病で、姑含め5人がうつ病です。
これは遺伝でしょうか?

Aベストアンサー

遺伝の要素は全くありませんが、精神病は伝染すると時に言われます。
もちろん、ウイルス等による感染ではありません。
フランス語でフォリ・ア・ドゥという言葉がありますが、二人(精神)病と訳されています。

病気の人に配慮し、合わせていると似通ったような生活スタイル、感じ方になっていってしまいます。
夫婦でもそうなんですから、血のつながった者同士なら遺伝的要素も含め、一層その傾向が強くなると思われます。
合わせるだけでなく、気分転換や自分だけの世界の築きが必要なんですね。

余談ですが、精神科の病棟に行き、Drが私服だったりすると、医師なのか患者なのか見分けがつかないこともあります。
これも患者に深く入っていってるからかなあと思ったりします。

Q軽症うつ病

軽症うつ病で通院しています。
1日を通じて、「だるい、えらい、ねむい」
という症状が続いています。

日中、視線を一定の位置に固定しておくのが、だるいとかえらい感じがあり、寝よう寝よう、とする感じがあります。しかし、起きている訳だから、目はあちらこちらを捕らえようとしています。何かちぐはぐな感じがして、目がしばしばして、頭がボーッとして、悩んでいます。この症状によって、活字を読んだり、理解したりするのが、だるくなる事があって悩んでいます。(睡眠はとれています。)

うつがひどくなると、立っていられないとか、頭が凝り固まった感じになり、動けなくなります。

うつの方、うつ回復中の方、うつだった方で、このような漠然とした、目の辺りや、頭の辺りの症状に悩まされた経験はおありですか?

日常生活では、抗うつ薬を飲んで、食事に気を付けて、ウォーキングや座禅などをして治療中です。

Aベストアンサー

こんにちは。

全体的にだるい、頭が重かったりすっきりしない、眠い、などはよくある症状だと思います。
睡眠障害というと眠れなくなる人が多いようですが、睡眠過多というのもあります。
私はどちらかというと睡眠過多になるほうです。
具合の悪い頃には一日中寝ていたという方もいらっしゃいます。

ウォーキングや座禅は、自分が心地よく思える範囲ならば良いのではないでしょうか?
私は抑うつ神経症で仕事を休んだことがありますが、犬の散歩をしたり、図書館に行ったりしてました。
反面、買い物や人に会うためには出かけたくない日もけっこうありました。
うつ状態のときは脳(心)のエネルギーが低下してますので、おっしゃっているとおり、無理は良くないと思いますが。

Qうつ病って遺伝しますか?

同居している母がうつ病です。私もテレビのチェック表みたいなのでやると
傾向が出ていました。うつ病って遺伝するのでしょうか?

Aベストアンサー

生活習慣病 とも言われてますから、
遺伝というより、おなじ生活習慣による発症
と、考えられるのではないでしょうか。

ともかく、発病に気づいて良かったじゃないですか。
ほっといて、人間関係わるくするより、
薬飲んででも普通に生きられる方が良いですよ。

私はねぇ、うつは心の近眼と思ってるのですよ。
薬はメガネ。 心配なく飲んで良いと思います。

とりあえず、お大事に。 病院行ってくださいね。

Qうつ病と自称うつ病(擬態うつ病)

義理の母(60代・専業主婦)の話です。診察を受けさせる前に、予備知識として知りたいと思っています。

実家は自営業で、昨年秋ごろから仕事が減り収入が半減しているのですが、義母はそのことが原因で
「このままでは、うつになりそうだ」と言っています。
詳しくは次のような内容・症状(?)です。
 ・専業主婦のため家にいる時間が長く、いつもお金のことを考えてしまう
 ・お金のやりくりが大変で、うつになりそう
 ・将来のことを考えると不安で、うつになりそう
 ・以前にもうつ病になったことがある、このままでは再発してしまう
 ・最近は死ぬことも考えいてる
 ・食欲が無い。体重は一ヶ月で10kg減った(ふっくらした体型でしたが、確かに最近痩せたようです)
 ・便秘がひどくなった
  (元々便秘症で下剤を常用。先日、内科で摘便&薬を処方してもらった)

このようなことを言い出したのはここ一ヶ月くらいです。
本やネットで得た浅はかな知識ですが、本当にうつ病を患っている人とは少し違う気がしました。
でも、収入が安定しない&以前と同じくらいまで増える見込みが無いことは確かなので、落ち込んだ気分の
うつ状態ではあると思います。
心配なのは、実際にはうつ病じゃないのにうつ病と診断されることで、うつじゃない人が抗うつ剤を飲むことの
リスクを考えると不安です。

そこで、専門家の方や経験者の方にお聞きしたいのですが
 1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?
   その場合、受診科目は心療内科で構わないですか?
 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
   また、見分けが微妙なときに処方するお薬はどのようなものですか?
 2.患者がうつ病と診断して欲しがっていることは、考慮されますか?
   考慮される場合、実際に処方するお薬は抗うつ剤ではないものになるのでしょうか?

お医者様によって対応が違うということは重々承知していますので、「私の場合は」という内容で構いません。
お医者様選びの参考にもさせて頂きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

義理の母(60代・専業主婦)の話です。診察を受けさせる前に、予備知識として知りたいと思っています。

実家は自営業で、昨年秋ごろから仕事が減り収入が半減しているのですが、義母はそのことが原因で
「このままでは、うつになりそうだ」と言っています。
詳しくは次のような内容・症状(?)です。
 ・専業主婦のため家にいる時間が長く、いつもお金のことを考えてしまう
 ・お金のやりくりが大変で、うつになりそう
 ・将来のことを考えると不安で、うつになりそう
 ・以前にもうつ病になったこ...続きを読む

Aベストアンサー

>1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?

心療内科かメンタルクリニックです。
心の安定というよりも、正確には病気の診断が目的となります。
病気でなければ特に治療が必要ではありませんが、病気と診断されるようであれば早期治療をした方がよい結果が期待できます。気の持ちようで説明できるものではありませんので医師の診断に従いましょう。。

> 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
経験が豊富な医師なら見分けはつきます。また、診断の指標もあるはずです。
ただし、客観的に計測できる方法は今のところ存在しないため、医師の腕に依存するところが大きいのが実情です。受診する側が巧妙に鬱の症状を演出すればうつ病の診断を受けてしまうこともあります。
ただし、抗うつ薬は健康な人が飲んでも危機的な副作用はでません。
種類にもよりますが、のどが渇いたり排尿が出にくくなったり太ったりと、何らかの症状を伴います。副作用が出ない薬は今のところ存在しません。


> 2.患者がうつ病と診断して欲しがっていることは、考慮されますか?
   考慮される場合、実際に処方するお薬は抗うつ剤ではないものになるのでしょうか?

不安感を感じる対策として軽度の抗うつ薬を服用するケースは割と一般的に存在します。
抗うつ薬ではなくて睡眠薬だったりすることもあり、診断結果から判断されます。
ただ、うつ病と診断されることを希望して抗うつ薬の処方箋を書くと、昨今事件になっていますから医師の側はわりと慎重になると思われます。


どうも質問文の様子からだと、相当ストレスを抱え込んでいるようです。
長期にわたって過剰なストレスを抱え込むとうつ病などの精神疾患にかかります。
現状、あなたがネットから得たうつ病の症状と違うからと言っても、うつ病なのかもしれませんし、一歩手前の危険な状態なのかもしれません。
まずは医師の診断を受けることをおすすめします。
未病のうちに手を打てるならそれに越したことはありません。

また、うつ病かどうかは結果でしか無く、根本的な解決方法は、本人が家計のやりくりで執着的に問題を抱えこんでしまっていることのようですので、このストレスから解放させてあげる必要があります。

何が原因で何が結果なのか一度整理すると本人もあなたも落ち着くんじゃないでしょうか?
医師やカウンセラーは病気そのものの対処は出来ますが、根本的な原因となっている家庭の問題はが踏み込めない領域です。

>1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?

心療内科かメンタルクリニックです。
心の安定というよりも、正確には病気の診断が目的となります。
病気でなければ特に治療が必要ではありませんが、病気と診断されるようであれば早期治療をした方がよい結果が期待できます。気の持ちようで説明できるものではありませんので医師の診断に従いましょう。。

> 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
経験が豊富な医師なら見分けはつきます。また、診...続きを読む

Qうつ病の再発と遺伝性について

以前、父親がうつ病にかかり、現在は元気に生活していますが、私はたまに父のうつ病は再発しないのだろうかと疑問に思うときがあります。そして、父親似の私が、のちにうつ病などにかかったりはしないのだろうかと時々不安になります。再発や遺伝性についてわかる方の回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

はじめまして。
私はお父様と同様にうつ病と診断を受けた者です。
症状の度合いはわかりませんが、「再発」については心配ないかといえば100%安心できない、というのが正直な感想です。

一度、医師の指示を無視し、自分で「治った」と判断してクスリを辞めていた時期があり、結果ストレスを背負い込み再度うつの方向に陥り、もう一度治療を受けることになりました。
素人判断は、罹患の時間を延ばすだけでメリットが少なかったと反省しています。

また医師が「完全に治った」という診断を下してからも、ときどきケアを受けられることは大切なことだと思います。

また医療機関ならずとも、カウンセラーやセラピストといったプロを頼って相談をするなどということも、ある意味必要かもしれません(医師でない場合は健康保険の適用外になりますが「ゆううつ、抑うつ感情」のレベルは医療行為を受けなくとも治癒は可能ですので)。
うつ病に罹りやすい方の性格傾向などがあると思われますので、ご自分の性格や行動パターンは「欠点」ではありませんから、きちんと向き合って、上手に生活していくためのアドバイスを受けられる筈です。

遺伝、というのは、性格がお父様と似ていらっしゃるということもあるでしょうから、同じ行動パターンや思考の傾向がある可能性は考えられます。
不安とお考えであれば、相談できる機関や専門家に聞いてみられることは、決して特別な行為でもありませんし、当然起こる不安だと思います。
ですから上手く活用されて、ストレス社会を乗り切っていかれることをお祈りいたします。

はじめまして。
私はお父様と同様にうつ病と診断を受けた者です。
症状の度合いはわかりませんが、「再発」については心配ないかといえば100%安心できない、というのが正直な感想です。

一度、医師の指示を無視し、自分で「治った」と判断してクスリを辞めていた時期があり、結果ストレスを背負い込み再度うつの方向に陥り、もう一度治療を受けることになりました。
素人判断は、罹患の時間を延ばすだけでメリットが少なかったと反省しています。

また医師が「完全に治った」という診断を下してから...続きを読む

Q【うつ病と地黒の関係性】すぐに日焼けする色黒の人はうつ病になりにくいそうです。昔はうつ病=色白=

【うつ病と地黒の関係性】すぐに日焼けする色黒の人はうつ病になりにくいそうです。

昔はうつ病=色白=日に当たってないからという図式だったと思うのですが、最近の研究によると地黒の人はそもそもうつ病になりにくい性質なのだそうです。

うつ病だから色白じゃなくて、色黒はうつ病になりにくい。

この研究結果はどこが出典なのでしょうか?

これは本当ですか?

Aベストアンサー

違うと思います。色が黒いと言うことは太陽の下で働く人が多いという意味でしょう。
農業、建設業そんな人たちは肉体的には疲れるけど、精神的には疲れないので鬱病などになりにくいのだと思います。
 当然鬱病の人たちのデータを取ったらあまり日焼けしていない人が多いのだと思います。

Qうつ病は遺伝なのでしょうか?

私は、どうも精神的に弱いような気がします。

ちょっとしたことですぐに悩み、落ち込み、涙を流したり、
特に朝起きると体が重くて、起きなきゃ!一日をはじめなきゃ!と自分を奮い立たせている感じです。

私の父は私が高校生の時にうつ病を患いました。
今はだいぶ良くなったのですが、今でもちょっとしたことに落ち込み、薬を服用しています。

以前、心理学の授業で、うつ病は遺伝するという話を聞いたのですが、真相はどうなのでしょうか?

遺伝する場合はどのくらいの確立なのでしょうか?

Aベストアンサー

うつ病患者です。
私自身は専門家ではありませんが、専門家の先生に相談したメールの返事の一部を抜粋します。

 >躁鬱病に一般の人がかかる危険率は0.04%ですが,
 >両親のどちらかが発病した場合は,
 >その子供が発病する危険率は24.4%,
 >また,血のつながった兄弟妹の誰かが発病した場合,
 >その他の兄弟に発病する危険率は12.7%と言うように,
 >遺伝的素因が発病に関係があることは否定できません.
 >しかし,真の原因はまだ不明で,
 >遺伝的素因があれば必ず発病するわけではなく,
 >その人の性格も発病にかなり関係するといわれています.
 >発病の原因を心理的な要因や性格の特徴に求めようとする
 >見方もあります.
 >「病気になりやすい人」には,仕事熱心,
 >徹底性,几帳面,強い責任感などが関係するようです.

ということです。

現在の段階ではまだうつ病を含む精神の病気については解明されてないことが多く、うつ病にはセロトニンが関係しているという説ですらまだ仮説でしかありません。

遺伝するかどうかについても、染色体レベル、遺伝子レベルで決まってしまうのかそれとも生活環境が似ることによって家族間での発症率が高まるのかはわかりません。

うつになりやすい食べ物、なりにくい食べ物の研究も行われているようです。
よかったら参考にして下さい。
『うつは食べて治す』
http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-65970-1

うつ病患者です。
私自身は専門家ではありませんが、専門家の先生に相談したメールの返事の一部を抜粋します。

 >躁鬱病に一般の人がかかる危険率は0.04%ですが,
 >両親のどちらかが発病した場合は,
 >その子供が発病する危険率は24.4%,
 >また,血のつながった兄弟妹の誰かが発病した場合,
 >その他の兄弟に発病する危険率は12.7%と言うように,
 >遺伝的素因が発病に関係があることは否定できません.
 >しかし,真の原因はまだ不明で,
 >遺伝的素因があれば必ず発病するわ...続きを読む

Q【医学】「うつ病」と「適用障害」 適用障害はうつ病の中に含まれますか? うつ病と適用障害はまた別物で

【医学】「うつ病」と「適用障害」


適用障害はうつ病の中に含まれますか?

うつ病と適用障害はまた別物ですか?

適用障害って治る病気なんですか?

タダのバカってこと?

バカだから仕事を全う出来ない。

適用障害はバカっていう産まれつき運がない頭が悪く産まれてきたので諦めるしかない?

Aベストアンサー

「適用」障害ではなく「適応」障害です。確かに遺伝的になり易い人となりにくい人が居ますが、それは巨大な脳の能力のほんの一部で、人間の能力全体から見ると些細すぎる。なお適応障害は「対人障害」ですので、あなたの周囲に「原因が居ます」。そいつを潰すか自分が逃げるかすると治ります。配偶者だと悲惨だなー。

Q家系の中にうつ病の人がいて、自殺した人もいるのですが、うつ病になりやすいなどは遺伝しますか。 私は昔

家系の中にうつ病の人がいて、自殺した人もいるのですが、うつ病になりやすいなどは遺伝しますか。

私は昔から心が弱くて、強くいないといけない。これは甘えだ。と言い聞かせて生活してきたのですが、最近は毎日そう言い聞かせなくてはならないほど気持ちがしんどく今後生きていくことに不安です。
こんな精神力じゃ何もやっていけない。
甘えたらだめだ。と思えば思うほど胸が苦しくなります。

助けてください。
どうすれば強くなれますか。

Aベストアンサー

今まで一生懸命、自分に色々と言い聞かせてきたのですね
もうその荷物、下ろしましょう

うつ病の遺伝というのは全くないとは言えません
いない家系より1.5〜3倍と言われています
それは統合失調症と同じ確率です

かと言って周りの人をみてみましょう
その家族の人たちが遺伝していますか
どちらかというと気持ちに飲み込まれているのだと
思います、あとその人の気持ちに寄り添いすぎて
引き込まれてしまうのだと思います

『甘えてはいけない』その考え、もう地面におきましょう

自分にとても厳しくて人に優しい人かなと思います
でもその自分への厳しさがあなたの気持ちを疲れさせて
しまうと思います
人は甘えていいんですよ、そうすることであなたも楽に
なるし、ひいてはあなたの良さを周りに伝えることが
できるのだから

強くならないでください
強い人なんて周りはつまらなく思います
虚勢を張っていて人間らしくないからです

もっと弱くなってください
弱くなること、悩みをぶつける、気持ちを伝えることで
周りはその人間臭さに親近感を沸かせてあなたに歩み寄ろう
とするのですから

『助けてください、どうすればいいのですか』
ここまで気持ちを伝えられたのです、あなたの近くにいる
そしてあなたが一番話しやすい人に伝えてみましょう

この半分しか伝えられないとしても、相手はあなたの言葉に
耳を傾けてくれるはず、少しだけ勇気を持って伝えてみましょう
あなたならできるはず頑張って!

今まで一生懸命、自分に色々と言い聞かせてきたのですね
もうその荷物、下ろしましょう

うつ病の遺伝というのは全くないとは言えません
いない家系より1.5〜3倍と言われています
それは統合失調症と同じ確率です

かと言って周りの人をみてみましょう
その家族の人たちが遺伝していますか
どちらかというと気持ちに飲み込まれているのだと
思います、あとその人の気持ちに寄り添いすぎて
引き込まれてしまうのだと思います

『甘えてはいけない』その考え、もう地面におきましょう

自分にとても厳しくて人に優し...続きを読む

Qうつ病だった方、うつ病の方がご家族にいた方、 どうか教えてください。 うつ病克服後、病気が原因で崩れ

うつ病だった方、うつ病の方がご家族にいた方、
どうか教えてください。

うつ病克服後、病気が原因で崩れかけた家族でも元のように戻れましたか?
主人がうつ病、私自身が何も出来ない事、させて貰えない状況が苦しくて、しっかりした考えが持てなく弱い自分が出てきています。
元のように、、と考えるのがうつ病の人にはプレッシャーなのも分かってます。

以前と同じでなくても、努力次第できちんと再生出来るのでしょうか?
病気の人には負担そのもので、離れてあげることが優しさでしょうか?

主人も当初は、一緒にやっていきたい。とうつの症状で泣きながら言っていたものの、今では泣くこともなく私とはやっていけない。と言います。
うつになり二年以上経ちました。
頭の中が整理出来ず、支離滅裂ですみませんがアドバイス頂けませんか?

Aベストアンサー

No.2です。
お礼拝見しました。

ご主人が、現在会社に出勤できている状態なら、少しは安心できそうです。
完全に鬱にハマると、仕事どころではなくなりますから。
日常生活の事をできるというのも、それほど鬱が深刻ではないという事だと思います。

ただ、あなたも思われているように、
表情が重いと言うのは、未だ回復しきっていないからでしょう。

鬱というのは、意外と根が深いものですから、
重度でなければ、なんとか日常生活はこなせてしまえますし、会話も人並みにできます(※)。
※それが仇となって、会社や自宅で、『もう治ってるんでしょ。』的な態度に出られると非常につらいです。
それが逆に精神の負担となってしまい、回復が遅れることが多いのも事実です。

回復に当たっては、
ご主人の抱えている闇を、ご主人自らどのようにして解決するか。ということにかかっています。

あなたにとっては辛い意見かもしれませんが、
ご主人が通院しない事。
自分が鬱であるという事。
おそらく明るい未来像を描けていないこと。

これらを踏まえると、回復は著しく遅れるような気がします。


追記
ここからは、あくまで私自身の考えであり、やり方ですから参考程度にしてください。
・自分が精神疾患になった経緯の追求。
・そして、その病に対してどう向き合い、受け入れていくか。
大きくはこの2点があります。

精神疾患は、外部要因だけの場合は、要因を排除すれば完治しますが、
それ以前(生まれてから幼児期まで)に作られる気質や環境も大きく作用しているので、
完治はありえないのです。

まずそれにご主人が気付けるかどうかです。(一生今のままの人生で良いとは思っていないはずです。)
そこでこのままでは変わらない。という気づきに変われると、次の一歩が見えてきます。

それは、通院と継続投薬です。
ご主人が通院しない理由があるなら、
薬に効果がない(短期間で諦めている)からなのか。
そもそも主治医と合わないからなのか。
そこまではわかりませんが、おそらくこの2つの要因だと思います。
投薬の一致は年月がかかります。風邪薬のようにはいきませんし、
マシになったからと言って勝手に断薬するもの悪化の危険があります。
薬が効かない場合や副作用が大きい場合は、速やかに主治医と相談して変更してもらわなければなりません。
これを年単位で続けることにより初めて、主治医との関係性を築けますし、悪化時にも速やかに対応可能となります。

ここまでできれば、回復期→寛解域は手が届いてくるはずです。

あとは、自身の病とどう付き合っていくか。いかにして再発・悪化を防ぐか。だけです。
私のように、定期通院で投薬バランスを取りながら生きていく道も一つでしょう。
ストレスや精神の負担を日常生活(会社も含めて)でいかにして減らしていくかという努力。
当然、会社側との話し合い(主治医による診断書の提出)も必要になってきます。
それらをすべてできるようになれば、晴れて寛解といえます。
この頃には、明るい未来が描けるようになっているはずです。

No.2です。
お礼拝見しました。

ご主人が、現在会社に出勤できている状態なら、少しは安心できそうです。
完全に鬱にハマると、仕事どころではなくなりますから。
日常生活の事をできるというのも、それほど鬱が深刻ではないという事だと思います。

ただ、あなたも思われているように、
表情が重いと言うのは、未だ回復しきっていないからでしょう。

鬱というのは、意外と根が深いものですから、
重度でなければ、なんとか日常生活はこなせてしまえますし、会話も人並みにできます(※)。
※それが仇となって、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング