最近、『まぶらほ』というアニメを見たのですが、最後に何人もの自分に戻って終わってしまったのですが、その後どうなったか分る方がいましたらネタバレ(当たり前ですけど)で良いですので教えて下さい。、

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まぶらほの最後は、アニメオリジナルの展開なので・・・


まぶらほの、、第2期とかもうやらないと思うので幽霊から人間に戻ったその後の話が気になるなら
ゆうれいの巻下~買ってみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

えーと・・・原作小説は短編・長編とも続刊中ですが、何人にも分裂したのは「アニメは独自の展開」なんで、その後は実質ありません。


その差があってもいいのであれば、原作をお読みになられて方がいいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアニメ「まぶらほ」…「まぶらほ」って何のこと?

WOWWOWで「まぶらほ」というアニメを放映していますが、
「まぶらほ」とは、どういう意味なのか教えて下さい。
何かを省略したとか?
全くわかりません。

Aベストアンサー

たしか「魔法」+「ラブ(コメ)」で作者が作った言葉のはずです。
深い意味は特にないのでは。

Q10年くらい前のアニメで、予告の最後に 「幸せゲット みてみてみてね」って言うアニメ知りませんか?

10年くらい前のアニメで、予告の最後に
「幸せゲット みてみてみてね」って言うアニメ知りませんか?
2つのアニメの記憶が混ざっているかもしれませんが。お願いします。

Aベストアンサー

「昔は象さんみたいだったのに、見て見て」って下卑たおばちゃんが騒ぐコマーシャルのこと?

ちりめんイレースみたいな。違ったらごめんなさい。

Q10年くらい前のアニメで、予告の最後に 「幸せゲット みてみてみてね」って言うアニメ知りませんか?

10年くらい前のアニメで、予告の最後に
「幸せゲット みてみてみてね」って言うアニメ知りませんか?
2つのアニメの記憶が混ざっているかもしれませんが。お願いします。

Aベストアンサー

「プリキュア5」と「フレッシュプリキュア」じゃないですか?
http://blog.livedoor.jp/katayoru/archives/23906925.html

Qアニメワンピースのその後・・・

アニメのワンピースを毎週見ているんですが、前々回の放送でルフィー海賊団全員が「バーソロミュー・くま」に肉球で弾き飛ばされてしまってそこで放送が終わってしまったんですが、漫画を読んでいる方や知っている方々にお聞きしたいのですが、ルフィー海賊団はその後どうなったんでしょうか???

ちなみに、悪魔の実の中で一番強いのは何でしょうか?
ある人は「ティーチ」のヤミヤミの実や「黄猿」のピカピカの実が強いとか言っていました・・・^^;

Aベストアンサー

ネタバレで良ければ下を読んで下さい。










海賊団はまだバラバラです。
ルフィは飛ばされた先でエースの処刑を知り、監獄インペルダウンへ侵入。
救出を試みるも、タッチの差でエースは連行後。
幽閉されていたクロコダイルと七武海ジンベエを仲間にし、インペルダウンを脱出した…というのが最新号のジャンプまでの流れです。
細かく言うともっと色々あるんですが、おおまかな流れとしてはそんな感じです。
他のメンバーはほとんど描かれていませんが、サンジはオカマしかいない島に飛ばされています。

Qアニメ十二国記の泰麒(たいき)のその後は?

最近になって『十二国記』のアニメを見始め、すごくハマり一気に見てしまいました。
そこで気になったのですが、アニメでは『風の海 迷宮の岸』の回で
泰麒(たいき)が驍宗を王に選んでからその後、曖昧に終わってますよね?
成長した泰麒は異世界(十二国記の世界)の記憶が消えて日本へ戻ってきているところでアニメは終わっていますが、
どういう経緯で日本へ戻ったのか小説ではこの続きがあるんでしょうか?

もしご存知の方はその後のあらすじを教えて下さい!!宜しくお願いします。

Aベストアンサー

十二国記、私も大好きです。
「黄昏の岸 暁の天」というサブタイトルの小説があります。
これが「風の海~」の続編とも言えるでしょう。
「あらすじ」とあるので一応書きますが、もしネタばれ嫌!とお思いなら、読まなくて大丈夫ですよー。

陽子の側から書かれています。
泰王驍宗が行方不明になり、戴には妖魔が蔓延します。泰麒も驍宗も行方不明、「賊」が侵入し、戴国内は前例のないほど荒れていました。
王師将軍に抜擢されていた劉李斎は「賊」や妖魔に命を襲われながらも満身創痍で慶の金波宮に助けを求めに来ます。

しかし軍を率いて他国に入るのは、それがその国の民を助けるためであっても、「覿面(てきめん)の罪」といって、王が絶対に犯してはならないことの一つです。軍を向かわせようとしていた陽子は、尚隆に止められます。ですから「大使館のようなものをつくろう。そうすれば戴だけでない、どの国が斃(たお)れても、他の国が助けられるかもしれない」と陽子は考えました。
結局選んだ方法は、泰麒を探すということ。陽子は各国に協力を仰ぎ、麒麟やその使令を借り受け、泰麒を探し出しました。

というのが「黄昏~」の話になります。
このお話の中で、十二国とはどういう世界か、天帝とはどういう存在か、といったことにも近づいて行きます。

そしてお尋ねの「どういう経緯」で日本へ戻ったのか、ということですが。
ある時、文州の轍囲(てつい)という場所で乱が勃発します。轍囲は驍宗ゆかりの土地だったので、驍宗は自ら出兵します。しかし轍囲での乱は長引き、心配になった泰麒は自らの使令である汕子と傲濫を向かわせます。
その隙をついた「賊」は泰麒に襲いかかり、泰麒は鳴蝕(めいしょく。麒麟の悲鳴が起こす蝕と言われています。原作では違いますが、アニメ版では六太が蓬山から出奔のときにおこしていました。実際には普通の蝕ほどでないにしろ被害は甚大です)を起こして日本に帰ってしまった。
鳴蝕の際に記憶は失われたそうです。汕子と傲濫は泰麒の側に帰ることができましたが、記憶が失われているためその存在も知られぬまま、二匹(?)のせいで周りの人々が次々と殺されていきます。
これについては新潮社の「魔性の子」として書かれています。(十二国記には含まれません)
「賊」というのは、アニメには出ていない人物ですが、原作ではすでに登場済みの人物です。(妙なところでネタばれ阻止。知りたかったらおっしゃってくださいね)

アニメの記憶が薄いので、わからないところがあればすみません。
読み込んだつもりでしたが、だいぶ記憶が…
原作のほうがとても面白いですよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%9B%BD%E8%A8%98

十二国記、私も大好きです。
「黄昏の岸 暁の天」というサブタイトルの小説があります。
これが「風の海~」の続編とも言えるでしょう。
「あらすじ」とあるので一応書きますが、もしネタばれ嫌!とお思いなら、読まなくて大丈夫ですよー。

陽子の側から書かれています。
泰王驍宗が行方不明になり、戴には妖魔が蔓延します。泰麒も驍宗も行方不明、「賊」が侵入し、戴国内は前例のないほど荒れていました。
王師将軍に抜擢されていた劉李斎は「賊」や妖魔に命を襲われながらも満身創痍で慶の金波宮に助...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報