司法権の審査が及ぶかどうかというところで
一般市民法秩序という言葉が出てきますよね。
イメージが浮かばないので分かりやすく教えていただきたいです。

勝手に前後の文脈から
「一般市民にとっても関係がある行為については、
もはやその団体の内部問題とはいえないので(=一般市民法秩序に関わる問題なので)司法審査が及ぶ」
と理解したのですが間違っていますか?

あと、一般市民法秩序という単語は
一般の「市民法」の秩序と区切ればいいのか、それとも一般の市民の「法秩序」
なのかどっちなんでしょうか?

どうかよろしくお願いします。

A 回答 (1件)

自分が教わったものとして答えますので


正確な回答ではないというのを承知の上お願いします。
司法権の審査が及び問題として、
憲法には、部分社会の法理というものがあるかと思います。
その中の概念的なものとして

一般市民社会の中においては、自立的な法規範を有するとされる
特殊な部分社会内においては
一般市民法秩序と直接の関係を有しない内部的な問題は、
司法審査の対象から排除されるべきとする考え方のこと
司法権は、当然ながら全ての事柄に及ぶとされるものではなく
団体内部の裁量に任せて裁判所が干渉するべきではない
事柄は、全て排除されます。

宗教法人、議会、地方議会などがあげられています
一般市民法秩序の単語の意味は
多分、解釈上色々あると思いますが
後者の一般市民の法秩序いいのではないかと
思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

遅くなりましたがありがとうございました!

お礼日時:2008/03/24 23:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q集団の秩序ってどういう意味ですか? 分かりやすい回答お願いします。

集団の秩序ってどういう意味ですか?
分かりやすい回答お願いします。

Aベストアンサー

決まり、ルール、正しい順序。

Q違憲審査権と違憲立法審査権の違い

こんにちは、ご閲覧有難うございます。

タイトルの通りです。

http://dictionary.goo.ne.jp/ goo辞書で調べますと、

違憲立法審査権
"
一切の法律、命令、規則または処分が憲法に違反するか否かを審査する裁判所の権限。具体的訴訟事件の取り扱いにおいて行使され、裁判所は法令等が違憲であると判断するとき、その無効を宣言することができる。法令審査権。"

とあります。
同じく違憲審査権と検索した所、出てきませんでした。

この2つは同じ物を指すのでしょうか?
どうぞ宜しく御願致します。

Aベストアンサー

わが国の違憲審査制度の一般的名称は、『違憲立法審査制』と呼ばれ、その独立した審査権を「違憲立法審査権」といいます。(他の呼び名もあるようです。)

諸外国の同制度と、それらと区別するため、『違憲審査制度』「違憲審査権」と使い分けているかもしれません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%95%E6%86%B2%E7%AB%8B%E6%B3%95%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E6%A8%A9

使い分け、言い分けについては、師事する博士の解釈により異なりますので、統一された学問として意味づけはないと思いますよ。

Q経済 円安円高「秩序的」「一方的」

今日の某朝刊で、「アメリカが日本の為替相場が『秩序的』であるとし、日本による為替介入を容認しない考えをー」といった節がありましたが、「相場が秩序的」とはいったいどういう意味なのでしょう?変動相場制における為替相場は名前の通り変動的なものであるはずなのに、秩序的である(また秩序的であるために、国の介入が疑われる)、という意味なのでしょうか。また、対義語はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

名目上はアメリカは自由主義をうたっているので、そこに、国家の為替介入という人為的なことをすべきではないといっているのです。

ウラでは、アメリカ国債を買って日本がアメリカの弱みを握ることになるので、止めてほしいわけですよ。

私は日本が為替介入をやっても、それは日本の自由だと思います。ただ、効果が薄いんですよね。日本でも、白川総裁の時代にやりましたが効果がなかった。一方、量的金融緩和は為替変動に非常に効果があり、効果が実証されているので、これを追加するのが良いと思います。

Q行政法についての質問です。なぜ固有の資格を有する者は、行政不服審査法に基づく審査請求の適格性を欠くの

行政法についての質問です。なぜ固有の資格を有する者は、行政不服審査法に基づく審査請求の適格性を欠くのでしょうか?
わかりやすく具体例をあげて説明していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

行政法の審査請求の適格性に関して「固有の資格」が問題になるのは国又は地方公共団体に決まってるってことすら知らない人なんてお呼びでないよね。

一言で言えば、

行政不服審査法による審査請求の制度は、"国民の"権利利益の救済を図る(同法1条1項)ための制度なので国又は地方公共団体が固有の資格で処分の名宛人となる場合には認める必要がない

というのが理由です。

ところでこの理由からわかる通り、「固有の資格を有する者は、行政不服審査法に基づく審査請求の適格性を欠く」という表現は、前後の文脈が不明だと誤解に繋がる可能性があるのであまりよろしくありません。これだけ読むと、まるで一定の地位にある者は、それだけで常に審査請求ができないように読めますが、常にできないわけではなく、あくまでも個別具体的な処分について、固有の資格で名宛人となる場合だけです。逆に、固有の資格で処分の名宛人になるのではない場合には、審査請求は可能です。例えば都が行う乗合バス事業に対して国交相の行う許可等の処分は、地方公共団体はバス事業を行おうとする私人と同じ立場で受けます。公法人である都という「固有の資格で処分の名宛人となる場合」"ではない"です。よって審査請求ができます。ざっくり言えば、私人と区別のない処分であれば「固有の資格で」ではないってことです。
これが「処分の名宛人となる場合に当該処分に関して固有の資格を有する者は~」とかなっていればまだいいんですけどね。でも長いし、何より「固有の資格で(当該)処分の名あて人となる」というのは条文の言い回しですからこちらを使っておきましょう。必要がない限り、言い回しは、条文→判例→理論上固有→学説で良く使うという優先順位で使った方がいいですよ(その方がほとんどの場合話が正確に通じます。「固有の資格」の意味もそうですが法律の話をしているのに法律用語、条文等の言い回しが通じない人は無知を自覚していない無"恥"な人なので相手をするだけ時間の無駄ですから放っておきましょう)。

最後に、参考として以下の「意見書」を一読すると良いと思います。良くまとまっていてわかりやすいと思います。
http://www.jilg.jp/_cms/wp-content/uploads/2015/10/a8035fbbc119120e3041f10b79145946.pdf

行政法の審査請求の適格性に関して「固有の資格」が問題になるのは国又は地方公共団体に決まってるってことすら知らない人なんてお呼びでないよね。

一言で言えば、

行政不服審査法による審査請求の制度は、"国民の"権利利益の救済を図る(同法1条1項)ための制度なので国又は地方公共団体が固有の資格で処分の名宛人となる場合には認める必要がない

というのが理由です。

ところでこの理由からわかる通り、「固有の資格を有する者は、行政不服審査法に基づく審査請求の適格性を欠く」という表現は、前後の文脈...続きを読む

Qフランス語のordreの意味

フランス語のordreという言葉には、秩序、命令、種類といった意味がありますか、よく使い分けがわかりません?

そもそも何で「種類」なんて意味になるのですか?

Aベストアンサー

ordreは元はラテン語のordoで、順列とか序列と言う意味から「秩序」と言う意味になりました。また、血統の序列みたいなかんじで「種類」と言う意味も生じたと思います。英語ではもちろんorderですが、「種類」という意味ではゲルマン語系のkindの方が残ったみたいですね。生物の分類ですと「目」の意味でorderが使われています。

Qここ5年間にあった憲法の法改正について一覧が見れるところってないのでし

ここ5年間にあった憲法の法改正について一覧が見れるところってないのでしょうか?(有料でもかまいません)

そもそも憲法の法改正って1年でどのくらいあるのでしょうか?


ネットで調べてるのですが、いいサイトが見つかりません。
この際、有料でもいいので、サイト、書籍でどこかないでしょうか?

Aベストアンサー

そういう話であれば、できるだけ新しいテキストを用いる方がよいです。なぜなら、法改正がなくても憲法は「判例が重要」だからです。過去5年間でも幾つかの重要な憲法判例があるのでそれを押さえてある最新のテキストの方がよいというわけです。
ただ、これに関しては、5年前のテキスト+過去5年分の重要判例解説でも対応できなくはありません。もっとも初学者にはあまりお勧めできるやり方ではありませんが。それに過去5年分の重判を揃えるなら新しいテキストを一冊買う方が安いでしょうし。

ともかく、試験対策としてはテキストを最低5回は読むくらいの覚悟がいるので、とりあえず手持ちの古いのを一読し、その本の利点欠点を知った上で新しいテキストを比較で選ぶというのもありだと思います。いきなりテキストを選ぶのって結構難しいですよ。


>ただこんな変な質問をしてる時点で法律家失格かもしれませんが

大丈夫です。最初は皆そんなものです。そこから正しく知識を身に付けられるか独り善がりの変な方に進むかが問題なのです。自分も回答しておいて言うのもなんですが、このサイトでは後者の人がまま見受けられ、しかもそのへんてこりんな回答がベストアンサーになってたりするので要注意です。先日もちょっと一件ほど……。

そういう話であれば、できるだけ新しいテキストを用いる方がよいです。なぜなら、法改正がなくても憲法は「判例が重要」だからです。過去5年間でも幾つかの重要な憲法判例があるのでそれを押さえてある最新のテキストの方がよいというわけです。
ただ、これに関しては、5年前のテキスト+過去5年分の重要判例解説でも対応できなくはありません。もっとも初学者にはあまりお勧めできるやり方ではありませんが。それに過去5年分の重判を揃えるなら新しいテキストを一冊買う方が安いでしょうし。

ともかく、試験対策...続きを読む

Qcome to orderの意味

come to order=静粛にと出ていました。また、orderは秩序、整理などの意味のようですが、
その意味のorderで良いのでしょうか、また、この場合のcome to はどういう意味でしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

裁判官が order と叫ぶシーンがよくあります。秩序とは静粛にということですね。

come to は...になる という意味でいろいろに使われます。(英辞郎に沢山書いてあります)
come to a deadlock 行き詰まる
come to a decision 決定する
come to a stop 止まる

Q司法権と裁判権

司法権と裁判権はどう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

法律学小辞典第3版(有斐閣)によれば、司法権と裁判権は同義だということです。
用法の区別としては、国家の権能を指す場合(立法権・行政権に対する)は司法権を、
その司法権が及ぶ事件または人との関係を問題とするときには裁判権を使うとのことです。

司法権を使うときは、「司法権の及ぶ範囲」「立法権と司法権の関係」といった感じ。
裁判権を使うときは、「どの国が民事裁判権を有するか」「治外法権だから裁判権は及ばない」「天皇は民事・刑事裁判権に服さない」といった感じ。

Q「智者守序」(智者は秩序を守る)について

日本語を勉強中の中国人です。中国の地下鉄駅のなかの標語について日本の皆さんにご意見をお伺いします。

「文明礼譲、智者守序」(「礼儀正しく礼儀を尽くして譲る、智者は秩序を守る」のような意味)という標語が鉄道とホームの間のガラスに貼っています。「智者守序」(智者は秩序を守る)という言い方は問題があると思われますか。「( )は秩序を守る」という標語を作るなら、日本の皆さんは括弧にどのような言葉をお入れになるのでしょうか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

日本人は「智者」だから社会性を発揮するのではなく、
人の目を気にし、他人に迷惑をかけるのがイヤだから、
結果的に秩序が保たれるのだ(隣の人の隣のくり返し
が社会)。
日本人は、「(他人の気持ちになれば)秩序を守る」と
いう感じでしょうか。

Q刑事訴訟法の司法警察員と司法巡査

刑事訴訟法に司法警察員っていうのが出てきますよね。
普通の警察官のことかなと思ってたんですが、司法巡査というのもでてきます。
それでよくわかんなくなったんですが、具体的にどういう人が司法警察員に当たって、どういう人が司法巡査になるのか教えてください。
警察組織内部の役職とかで決まってるんでしょうか?

Aベストアンサー

先の回答は誤りのようです。
司法巡査とはそのまんま巡査と巡査長なのですが
巡査、巡査長でも司法警察員となる場合があります。
司法警察員の中でも階級により礼状請求の権限の有無が別れます

参考URL:http://www.reiki.metro.tokyo.jp/honbun/g1012210001.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング