最新閲覧日:

「三途の川」とは仏教で、人があの世に行く途中で渡ると信じられている川。以前私が読んだ本(漫画でしたが)に“女性は初めての男性に背負われてその川を渡るという説がある”と書かれてありました。
それを読んだ時、もしそうならあの世に行く前に自分の初めての恋人と最後に再会できるんだなぁと思ってなんだかロマンチックに感じたものです。
仏教はもちろん宗教にはてんでうといので、このような説は初めて聞きましたし、その本以外で見聞きしたこともありませんが、ちょっと気になっています。
もしご存知の方、自分も聞いたことあるゾ~という方がいらっしゃったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

どうもはじめまして、Kumosukeと申します。


「源氏物語」と聞いて、しゃしゃり出てきてしましましたm(_ _)m

え~
「源氏物語」朝顔 [第五段 源氏、藤壷を供養す]
にこのことが出てきます。
"亡き人を慕ふ心にまかせても影見ぬ三つの瀬にや惑はむ"
源氏の独詠歌ですね。

「亡き人」「影」は藤壷をさをさしてまして、「水の瀬」「三つの瀬」は掛詞。
『新日本古典文学大系 源氏物語』第二巻(だったかな?)では、「女は最初に契った男に負われて三途の川を渡るとされる。冥界でも面会ができぬとする源氏の絶望を詠んだ歌」とか訳されてます。

コミックのほうは知らないので、なんともいえないのですが……
おそらくここからの引用だと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

w( ̄△ ̄)wおおっ!
kumosukeさんのご回答で、「源氏物語」にしっかりこの説についての記述があったことが分かりました。どうもありがとうございます。
源氏の詠んだ歌の藤壺は、ナルホド彼のお父さんの奥様なのですからなんとも切ない歌ですね~。ちなみに漫画「あさきゆめみし」では、源氏がこの恋人を亡くした場面が、ストーリーを通してもっとも悲しく美しく描かれていたという覚えがあります!(^o^)

お礼日時:2001/02/09 07:00

その漫画って大和和紀さんの「あさきゆめみし」じゃないですか?ちゃんとした確認は取れないのですが、私もそれ、読んだことあるようなきがします。

または、原作の「源氏物語」に出てきたのかも知れません。ただ、背負ってではなく、手をとられて、といったかたちでだったような気もしますが・・・。不確かですみません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

bahhoさん、早速の回答ありがとうございます。
私が読んだ漫画は秋里和国の「空飛ぶペンギン」です。(←これはかなりコミカルなストーリーでした)
私も学生時代「あさきゆめみし」を読みました!田辺聖子著なら「源氏物語」も。当時はそういった記述に全然気づきませんでした・・・(失笑) でも、異なる本で同じ内容の説が描かれていたということですから、やはりこれはまったくナイ話でもなさそうですね。
仏教も難しい説法ではなく、こういう神話的な話には心惹かれるものがあります。
でも、男性が聞いたらちょっと引いてしまう説かな?(笑)

お礼日時:2001/02/09 00:11

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ