「三途の川」とは仏教で、人があの世に行く途中で渡ると信じられている川。以前私が読んだ本(漫画でしたが)に“女性は初めての男性に背負われてその川を渡るという説がある”と書かれてありました。
それを読んだ時、もしそうならあの世に行く前に自分の初めての恋人と最後に再会できるんだなぁと思ってなんだかロマンチックに感じたものです。
仏教はもちろん宗教にはてんでうといので、このような説は初めて聞きましたし、その本以外で見聞きしたこともありませんが、ちょっと気になっています。
もしご存知の方、自分も聞いたことあるゾ~という方がいらっしゃったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どうもはじめまして、Kumosukeと申します。


「源氏物語」と聞いて、しゃしゃり出てきてしましましたm(_ _)m

え~
「源氏物語」朝顔 [第五段 源氏、藤壷を供養す]
にこのことが出てきます。
"亡き人を慕ふ心にまかせても影見ぬ三つの瀬にや惑はむ"
源氏の独詠歌ですね。

「亡き人」「影」は藤壷をさをさしてまして、「水の瀬」「三つの瀬」は掛詞。
『新日本古典文学大系 源氏物語』第二巻(だったかな?)では、「女は最初に契った男に負われて三途の川を渡るとされる。冥界でも面会ができぬとする源氏の絶望を詠んだ歌」とか訳されてます。

コミックのほうは知らないので、なんともいえないのですが……
おそらくここからの引用だと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

w( ̄△ ̄)wおおっ!
kumosukeさんのご回答で、「源氏物語」にしっかりこの説についての記述があったことが分かりました。どうもありがとうございます。
源氏の詠んだ歌の藤壺は、ナルホド彼のお父さんの奥様なのですからなんとも切ない歌ですね~。ちなみに漫画「あさきゆめみし」では、源氏がこの恋人を亡くした場面が、ストーリーを通してもっとも悲しく美しく描かれていたという覚えがあります!(^o^)

お礼日時:2001/02/09 07:00

その漫画って大和和紀さんの「あさきゆめみし」じゃないですか?ちゃんとした確認は取れないのですが、私もそれ、読んだことあるようなきがします。

または、原作の「源氏物語」に出てきたのかも知れません。ただ、背負ってではなく、手をとられて、といったかたちでだったような気もしますが・・・。不確かですみません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

bahhoさん、早速の回答ありがとうございます。
私が読んだ漫画は秋里和国の「空飛ぶペンギン」です。(←これはかなりコミカルなストーリーでした)
私も学生時代「あさきゆめみし」を読みました!田辺聖子著なら「源氏物語」も。当時はそういった記述に全然気づきませんでした・・・(失笑) でも、異なる本で同じ内容の説が描かれていたということですから、やはりこれはまったくナイ話でもなさそうですね。
仏教も難しい説法ではなく、こういう神話的な話には心惹かれるものがあります。
でも、男性が聞いたらちょっと引いてしまう説かな?(笑)

お礼日時:2001/02/09 00:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界史の質問です! 大乗仏教 小乗仏教 上座部仏教の違いと関係がよくわからないのですが教えてください

世界史の質問です!
大乗仏教 小乗仏教 上座部仏教の違いと関係がよくわからないのですが教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

スリランカ、タイ、ミャンマー、カンボジア、ラオス等の
地域に伝わったのが上座部仏教で、
中国、チベット、ベトナム、朝鮮、日本等の地域に伝わった
仏教が大乗仏教です。

小乗仏教というのは、大乗仏教がバカにした
差別用語なので、今では上座部仏教と呼ぶ
ようになりました。

内容の違いですが、上座部仏教は個人の救済、
悟りが中心になり、
大乗仏教では、広くみんなの救済を目的と
しています。

だから大乗仏教が、上座部仏教を小乗仏教だと
バカにしたのですが、
みんなを救済するという性質上、政治と関係
するようになり、宗教としては堕落した、と
批判があります。

Q釈迦の説いた仏教

佛教大学や、仏教系の大学、仏門に入っても、いま日本等で横行している大乗仏教について学ぶだけで、釈迦が説いた本物の仏教は学べませんか?
学ぶにはどうすれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

仏教系の大学でもダメですか?

これはどうでしょうか
     ↓
http://www.j-theravada.net/

Q縁起の法・四聖諦・五分法身・三宝が説かれていれば、それは仏教ですか?

縁起の法・四聖諦・五分法身・三宝が説かれていれば、それは仏教(仏教を正統に受け継いだ教え)なんですか?

Aベストアンサー

こんばんは。

大乗仏教の伝統的な考え方に従うならば、
三法印、または、四法印が説かれているものが仏教(の経典)
です。
〜〜〜〜〜〜〜〜
諸行無常印(梵: sarvasaṃskārā anityā)-「すべての現象(形成されたもの)は、無常(不変ならざるもの)である」
諸法無我印(梵: sarvadharmā anātmānaḥ)-「すべてのものごと(法)は、自己ならざるものである」
涅槃寂静印(梵: śāntaṃ nirvāṇaṃ)-「ニルヴァーナは、安らぎである」
一切行苦印(苦印)-「すべての現象(形成されたもの)は、苦しみである」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B3%95%E5%8D%B0
〜〜〜〜〜〜〜〜

実在した歴史上の人物であるゴータマ・シッダールタは、法身について説いてはいません。
これは釈迦滅後数百年経過した部派仏教の時代に成立したもので、その意味で仏説ではありません。
ですから、いわゆる小乗のお経では法身は説かれていない。
もし、五分法身が説かれているものを仏教の教えとするならば、小乗仏教(の経典)は仏教ではないということになり、仏教そのものを否定することになってしまいます。

縁起はともかく、四聖諦・五分法身・三宝については、経典で必ずしも説かれているわけではないんですよ。

たとえば、有名な般若心経には、四聖諦・五分法身・三宝は出てきません。
苦集滅道は無いという形で四聖諦という形で出ているとしても、
五分法身・三宝は出てきません。
これをもって般若心経を仏教の教えではないと誰も言わないでしょう。

仏法僧の三宝という考えは、あきらかに、仏教教団という宗教組織ができて以降の考え方でしょうね。
仏教の僧は、世俗を離れ、しかも、農業などの生産活動にすら従事できず、もっぱら信者の寄進・寄付に頼らないと生きていいけない、仏教教団を維持できないので、どうしても、三宝ということを説かないといけないんですよ。

うがった見方をするとですよ。

まっ、そういうことで。

こんばんは。

大乗仏教の伝統的な考え方に従うならば、
三法印、または、四法印が説かれているものが仏教(の経典)
です。
〜〜〜〜〜〜〜〜
諸行無常印(梵: sarvasaṃskārā anityā)-「すべての現象(形成されたもの)は、無常(不変ならざるもの)である」
諸法無我印(梵: sarvadharmā anātmānaḥ)-「すべてのものごと(法)は、自己ならざるものである」
涅槃寂静印(梵: śāntaṃ nirvāṇaṃ)-「ニルヴァーナは、安らぎである」
一切行苦印(苦印)-「すべての現象(形成されたもの)は、苦しみである」
https...続きを読む

Q深い瞑想で真理を悟り仏陀となって、ガンジス川流域で布教した仏教の開祖は誰ですか?

深い瞑想で真理を悟り仏陀となって、ガンジス川流域で布教した仏教の開祖は誰ですか?

Aベストアンサー

釈迦(ガウタマ・シッダールタ)

Q深い瞑想で真理を悟り化陀となって、ガンジス川流域で布教した仏教の開祖は誰か 教えてください(>_<)

深い瞑想で真理を悟り化陀となって、ガンジス川流域で布教した仏教の開祖は誰か
教えてください(>_<)

Aベストアンサー

釈迦でしょ⁉シャカシャカ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報