親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

このサプリメントは肝臓に良いですか?
脂肪肝なので、気になります。
また、バコパは肝臓に悪いでしょうか?
http://www.supmart.com/search/?pid=13117
3粒中:
熱量 10kcal
総脂質量 0.5g(2%未満)
ナトリウム 10mg(2%未満)
総炭水化物 1g(2%未満)
  食物繊維 1g(4%未満)
ビタミンC 55mg(90%)
(アスコルビン酸亜鉛として)
チアミン 25mg(1,670%)
(ビタミンB-1)
リボフラビン 25mg(1,470%)
(ビタミンB-2)
ナイアシンアミド 50mg(250%)
ビタミンB-6 50mg(2,500%)
(ピリドキシンHClとして)
葉酸 800mcg(200%)
ビタミンB-12 30mcg(500%)
(シアノコバラミンとして)
ビオチン 300mcg(100%)
パントテン酸 25mg(250%)
(D-パントテン酸カルシウムとして)
カルシウム 160mg(15%)
マグネシウム 195mg(50%)
(酸化マグネシウム、タウリン酸マグネシウムとして)
亜鉛 10mg(70%)
(アスコルビン酸亜鉛として)
マンガン 3mg(150%)
(クエン酸マンガンとして)
セントジョーンズウォルトエキストラクト(0.3%) 900mg
(ヒペリシン 2.7mg相当)
GABA(ガンマアミノ酪酸) 500mg
タウリン 222mg
(タウリン酸マグネシウムとして)
L-チロシン 200mg
バコパ(葉)エキストラクト 100mg
(バコシド 20%)
セイヨウヤマハッカ(葉) 100mg
バレリアン(根)エキストラクト(0.8%) 100mg
(バレレン酸 800mcg相当)
L-フェニルアラニン 100mg
DMAE 60mg
(重酒石酸塩として)
L-テアニン 50mg
N-アセチルL-チロシン 50mg
Relora® 50mg

その他の原材料:
リン酸二カルシウム、ステアリン酸、修飾セルロースガム、アカシアガム、コロイド状二酸化ケイ素、ステアリン酸マグネシウム

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

サプリは飲んでも効果は実感できませんが,副作用だけはしっかり出ます.添加物てんこ盛ですから,当然肝臓には負担が掛かります.


結構,健康被害多いんですよ.

 http://kenkou-minami.jugem.jp/?eid=25
 http://lumin.cocolog-nifty.com/jissyoudou/2004/1 …
 http://hfnet.nih.go.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
サプリメントの怖さは知ってるつもりでしたが、改めて注意深く
なる必要があると思いました。
悪いのは分かりますが、特に何が悪いのか知りたかったです。
サプリメントの効果ですが、私は実感できます。
上に上げたバコパは本当に頭が良くなります。

お礼日時:2008/03/03 22:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサプリメントをたくさん飲むと肝臓に悪い?

私はサプリメントを10種以上毎日飲んでいました。健康診断では、いつも肝臓の値が悪く、近所の内科ではサプリメントをやめるように言われました。三ヶ月前に開腹手術を受け服用は中止していましTが、現在は肝臓の値は正常です。まだ、食事量が少ないのでサプリメントを再開しようと外科医に相談しましたら、okと言われました。どちらが正しいでしょう?肝臓の値とは、γ-GTPです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サプリメントと云ってもピンからキリ迄です。痩せるサプリ、などと謳われており飲んだら死んでしまった、などと云う某国製のものもあった。また、肝臓に良いから、との謳い文句に誘われて少し飲み過ぎたら重篤な肝障害を引き起こし、中には死亡者まで出たものもある。

かと思えばサプリメントの有効性で、癌の標準治療群との生存率の違いにも面白い結果がある。
愛知がんセンターの中里博士らが、胃癌のII期、III期の患者らに癌の標準治療(手術・抗癌剤・放射線治療)された方々と、其処に免疫療法をしたものと比較した統計を出した。
標準治療群は、5年生存率 57% 7年生存率 55%
免疫療法群は、5年生存率 72% 7年生存率 68%
であった。
そのデータに、胃癌摘出の手術はしたが抗癌剤・放射線を拒まれて、サプリメント療法に頼った同じ病期の胃癌患者240人から、無作為に86人を選び同じ統計に重ねてみると、
サプリメント療法群は、5年生存率 89% 7年生存率 85% 20年生存率 75% であった。

サプリメントの種類は、十数種類に及び、飲む量も栄養所要量の十数倍~百倍以上にも及んでいる。そうしたメガドーズに反論される方も多いと思う。しかしながらその患者達、サプリメントを否定されたら生存率が統計通り標準治療群の域に下がって、亡くなられてしまう方々が増える、と結論できる。

サプリメントは厚労省の分類では「食品」に区分けされる。母乳を与えられない乳幼児にミルクを飲ませるのは、医師も栄養士も異論を唱えない。ミルクは母乳を真似て作られたサプリメントと云っても過言ではない。

γ-GTP上昇の原因はアルコールや薬物代謝に限らず、胆石や脂肪肝(肥満の人に多く観られる)で上昇することも知られている。サプリを休んだら、γ-GTPが下がった! と考える前に、今一度冷静に、数値が下がった原因を調べられる必要があると思います。
γ-GTPの基質はグルタチオン(システイン・グリシン・グルタミン酸)であり、タンパク不足からγ-GTPの基質『グルタチオン』産生が減り、数値の低下もあり得ます。この不足に因る低下は、良好な低下ではなく見せ掛けの数値であることも多い。

サプリメントの再開についてですが、病後の回復には栄養補給が欠かせません。選択は良品のサプリメントです。
一冊の本を紹介します。栄養医学ガイドブック Gakken マリアクリニック院長 柏崎良子著  サプリメント(栄養素の解説)、検査数値について、病気とサプリメント療法(処方と推奨量も含む)
先に示した癌患者の生存率についてですが、このドクターも統計結果は体験を通して熟知されています。
是非、ご一読あれ。

サプリメントと云ってもピンからキリ迄です。痩せるサプリ、などと謳われており飲んだら死んでしまった、などと云う某国製のものもあった。また、肝臓に良いから、との謳い文句に誘われて少し飲み過ぎたら重篤な肝障害を引き起こし、中には死亡者まで出たものもある。

かと思えばサプリメントの有効性で、癌の標準治療群との生存率の違いにも面白い結果がある。
愛知がんセンターの中里博士らが、胃癌のII期、III期の患者らに癌の標準治療(手術・抗癌剤・放射線治療)された方々と、其処に免疫療法をしたものと比...続きを読む


人気Q&Aランキング