EXCEL2000において、SUM機能は知っているのですが、これは連続する行や列でしか使えなくて、私は、たとえばある列の偶数行だけの合計値を知りたいというとき、おそらくSUMIF機能を使うのかな・・・と思ったのですが、どんな計算式を作ればいいのか分かりません。どなたか計算式を教えて下さい。

A 回答 (4件)

{=SUM(IF(MOD(ROW(A1:A10),2)=0,A1:A10,""))}


で、偶数行の合計ができたと思います。
詳細は
http://www.microsoft.com/japan/enable/kblight/t0 …
http://pc21.nikkeibp.co.jp/pc21/pc_10/hr2.htm
を参考に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。いつもこの場を借りて分からない関数を教えていただいています。感謝です。

お礼日時:2002/10/17 16:31

=SUM(IF(MOD(ROW(A1:A16),2)=0,A1:A16,0))


と入力して[Ctrl]+[Shift]+[Enter](配列数式)でどうですか?
A1~A16までデータが入っているとします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

配列数式というのがあるなんてはじめて知りました。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/10/17 16:36

=SUMPRODUCT(A1:A10,ROW(A1:A10)-EVEN(ROW(A1:A10))+1)


というのもあります。この式の「EVEN」を「ODD」に書き換えるだけで奇数行の合計に
なるので、私のお気に入りの式です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一つの結果を出すのにいろんな関数の組み方があるのですね。頭がいい人がうらやましいです。ありがとうございました。

お礼日時:2002/10/17 16:37

余分な列を1列使わせてください。

それをB列とします。
A列のA1:A10に1から10までテストデータを入れます。(1)B1に0をいれる。初期値設定です。
(2)B2に関数式
=IF(ISEVEN(ROW(A2))=TRUE,B1+A2,B1)をいれる。最下行まで式を複写する。本例ではB10に2+4+6+8+10=30が出ます。row(a2)はrows(a2)としないように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

注意書きまでして頂いてありがとうございました。いろんなやり方があるのですね。

お礼日時:2002/10/17 16:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q0は奇数か偶数なのか?

数字の0は奇数か偶数かどちらなのでしょうか?理由も付けて回答をお願いします。

Aベストアンサー

偶数とは、2で割り切れる整数のことをいうので、ゼロは2で割り切れ(0÷2=0)るので、偶数

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%B6%E6%95%B0

QSUM関数の範囲に#N/Aがあっても合計してくれる計算式

A列に氏名、B列に金額(計算式が入っている)があります。
B列の最終行に合計金額を出したいのですが、
B列に、#N/Aとなるセルがあり、
SUM関数を使うと結果がエラーになります。
なんとかエラー値のセルは無視して合計金額を出す計算式は
ないでしょうか。
よろしく御指導下さい。

Aベストアンサー

=SUMIF(A1:A10,"<>#N/A")
または、
=SUMIF(A1:A10,"<"&10^10)

★数値にマイナスが無ければ
=SUMIF(A1:A10,">0")

Q16進数の偶数奇数の判別について

ウィキペディアによると、n 進法(ただしnは正の偶数)においてある整数が偶数であるかどうかは、1の位(n0 の位)を見るだけで判別できる。
と書いてありますが、何が存在すれば偶数奇数が判るのでしょうか。

また16進数の交換を偶数と奇数で分け、対象のもの同士で交換したいのですが、
その例が、
01なら0f、
2なら0e
らしいのですが、なぜそうなるのでしょう?
00なら0fの様な気がするのですが...

Aベストアンサー

偶数は下1桁が0,2,4,6,8,a,c,e
奇数はそれ以外

>また16進数の交換を偶数と奇数で分け、対象のもの同士で交換したいのですが、

「16進数の交換」とは何? 足して繰り上がるペアなら
1-f,2-e,3-d,...,7-9,8-8(変わらない)
0は0とペア、または交換できないとすべきか?
とにかく定義が分かりません。

QオートSUMで列の合計がヘン

オートSUMで列の合計を出そうとすると
合計が 「7/9」のようになってしまいます。
なにかの設定がまちがっているのでしょうか・・

このようになってしまうのはある列ひとつだけで
他の列は合計が出ます。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

合計のあるセルにカーソルを合わせ、書式・セルのメニューを開きます。
多分、書式が日付になっていると思われるので、標準に戻してみてください。

Q【奇数+偶数=奇数の証明】 これって間違いですか?

『奇数+偶数=奇数』の証明です。これは間違いでしょうか?

nを自然数とすると、偶数は2n、奇数は2n+1で表せるから、
2n+(2n+1)=4n+1
nは自然数だから、4nは偶数である。
よって4n+1は奇数となり、奇数+偶数=奇数である。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これでは100点をあげられないなあ。
> nを自然数とすると、偶数は2n、奇数は2n+1で表せるから、
ここでは一般の偶数と奇数を考えているのだから,これではまずい。どうして偶数よりも1だけ大きい奇数しか考えないのか?

QエクセルでA列にある数字の合計が特定の数値を超えたらB列に合計を表示させるには

エクセルについての質問です。
以下の様なエクセルの表でA列の合計が、「10」を超える場合、B列に合計を表示させるには、B列にはどの様な関数を入れれば良いでしょうか。お教えください。
なお、最終行にも合計を表示です。

A列 B列
5
4 9
3
5 8
1
2
1
2 6

VBAを知らないため、何とか、関数で対応できると、大変、助かります。

よろしくお願いいたします。

右側の数字がB列の数字です。
解りにくくて、すみません。

Aベストアンサー

例示のようにならない。
B2セルに
=IF(OR(A3="",SUM(A$1:A3)-SUM(B$1:B1)>10),SUM(A$1:A2)-SUM(B$1:B1),"")
下へオートフィル

解決したいと思うなら、もう少し具体的な説明お願いします。
画面の取り込みは([Alt]+[)[PrintScreen]キーで、ペイント等で貼り付け、加工してください

Qコンビネーションの偶数奇数判定ってできますかね

nCm コンビネーションについてですが、n,mが偶数か奇数かによって偶数奇数判定ってできないでしょうか?
分数が入ってると偶数か奇数かわからないような気がするのですが、

階乗計算をしないでできるだけ簡単にコンビネーションの偶数奇数判定をしたいのですが、

どなたか、知恵を御貸し下さい。
お願い致します。

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2385467.html

QA列~E列の合計数をF列に表示させる。

どなたかご存じでしたらご回答をお願いします。
【質問】
下記のVBAを実行すると、「異なる 25個のものから 5個を選ぶ組み合わせ
の総数 nCr (53,130通り)」を作成します。A列~E列の合計をF列に表示させるには
下記VBAのソースはどのように修正すればよいでしょうか?
教えてください。

●VBAソース

Sub test()

Const MaxNum = 25
Dim s(25) As String
s(1) = "1"
s(2) = "2"
s(3) = "3"
s(4) = "4"
s(5) = "5"
s(6) = "6"
s(7) = "7"
s(8) = "8"
s(9) = "9"
s(10) = "10"
s(11) = "11"
s(12) = "12"
s(13) = "13"
s(14) = "14"
s(15) = "15"
s(16) = "16"
s(17) = "17"
s(18) = "18"
s(19) = "19"
s(20) = "20"
s(21) = "21"
s(22) = "22"
s(23) = "23"
s(24) = "24"
s(25) = "25"

Dim i, j, k, l, m

Dim rowX As Long
rowX = 1

rowX = rowX + 1

For i = 1 To MaxNum - 4
For j = i + 1 To MaxNum - 3
For k = j + 1 To MaxNum - 2
For l = k + 1 To MaxNum - 1
For m = l + 1 To MaxNum
Cells(rowX, 1).Value = s(i)
Cells(rowX, 2).Value = s(j)
Cells(rowX, 3).Value = s(k)
Cells(rowX, 4).Value = s(l)
Cells(rowX, 5).Value = s(m)
rowX = rowX + 1
Next m
Next l
Next k
Next j
Next i

End Sub

●現在のVBAの実行結果
A     B     C     D    E 
1     2     3     4     5
1     2     3     4     6
1     2     3     4     7
1     2     3     4     8
1     2     3     4     9
1     2     3     4     10
1     2     3     4     11
1     2     3     4     12
1     2     3     4     13
1     2     3     4     14
           :
           :
20    21    22     24    25
20    21    23     24    25
20    22    23     24    25
21    22    23     24    25


●VBA実行結果(F列:A列~E列の合計) <- やりたいこと
A    B     C     D    E     F
1     2     3     4     5     15     
1     2     3     4     6     16     
1     2     3     4     7     17
1     2     3     4     8     18
1     2     3     4     9     19
1     2     3     4     10     20
1     2     3     4     11     21
1     2     3     4     12     22
1     2     3     4     13     23
1     2     3     4     14     24
           :
           :
20    21    22     24    25     112
20    21    23     24    25     113
20    22    23     24    25     114
21    22    23     24    25     115
 

【注意事項】
  ・使用するエクセルは2010です。

以上、よろしくお願いします。

どなたかご存じでしたらご回答をお願いします。
【質問】
下記のVBAを実行すると、「異なる 25個のものから 5個を選ぶ組み合わせ
の総数 nCr (53,130通り)」を作成します。A列~E列の合計をF列に表示させるには
下記VBAのソースはどのように修正すればよいでしょうか?
教えてください。

●VBAソース

Sub test()

Const MaxNum = 25
Dim s(25) As String
s(1) = "1"
s(2) = "2"
s(3) = "3"
s(4) = "4"
s(5) = "5"
s(6) = "6"
s(7) = "7"
s(8) = "8"
s(9) = "9"
s(10) = "10"
s(11) = "11"
s(12) = ...続きを読む

Aベストアンサー

単純にCells(rowX, 5).Value = s(m)の後に、以下のコードを追加するだけで良いのではないでしょうか?

Cells(rowX, 6).Value = Application.WorksheetFunction.Sum(s(i), s(j), s(k), s(l), s(m))

Q偶数、奇数、倍数、約数について

いろいろ調べたんですが、人によって違っていたりして分からず困っています・・・。
高校までの範囲では
[1]偶数と奇数は負の範囲も含めて良いのでしょうか?。自分が調べた教科書や参考書によると、算数では、0以上の整数において偶数・奇数を定義しているのですが、中学・高校の数学では偶数・奇数についての定義は触れられていません。
[2]倍数に0は含めても良いのでしょうか?。算数の参考書などには、「ある整数に整数をかけてできる数のことを倍数、0の倍数やある数の0倍は考えないことにする」と書いてあります。人によっては、含めるだったり、含めないだったり・・・一体どうすれば・・・?。
[3]倍数・約数は負の範囲まで考えていいのでしょうか?。
[4]0の約数というのは考えても良いのでしょうか?。
以上4点です。どなたか詳しい方、教えてください。お願いしますm(__)m。

Aベストアンサー

[1]通常負の数を習った中学以降では偶数・奇数とも負の数を含みます。むしろ誤解の可能性がある場合は「正の偶数」とか、「負でない偶数」などの表現をしないといけません(まあ正である事が明らかな場合などは特にことわらない事もありますが)。

[2]0を含めて問題ありません。というか含めるのが普通です。これは[3]についても同様負の範囲も考えるのが普通です(中学以降)。ですから[1]同様正確さを期する時は「正の倍数」とか「負でない倍数」、「正の約数」などの表現をします。ただし、例によって正である事が問題の趣旨から明らかな場合はこういうった煩瑣な記述を省略する場合もあるだけです。(あくまで省略です)
ただし、ある数の倍数(0倍)として0を考えて良いのであって、0の倍数は下記[4]と同様の論拠で考えないのが普通です。

[4]そもそも約数の議論には0を加えない事が重要です。0=0×(任意の数)と表せるため、特殊すぎて0の約数を考える事に意義が見いだせないからです(むしろ議論をややこしくしてしまいます)論理的には0の約数といってもよいかもしれませんが、他の整数と整合性がとれないので、考えないのが普通です。

[1]通常負の数を習った中学以降では偶数・奇数とも負の数を含みます。むしろ誤解の可能性がある場合は「正の偶数」とか、「負でない偶数」などの表現をしないといけません(まあ正である事が明らかな場合などは特にことわらない事もありますが)。

[2]0を含めて問題ありません。というか含めるのが普通です。これは[3]についても同様負の範囲も考えるのが普通です(中学以降)。ですから[1]同様正確さを期する時は「正の倍数」とか「負でない倍数」、「正の約数」などの表現をします。ただし、例によって正であ...続きを読む

QA列が空白なら、計算式の入っているB.C・・~列も空白で表示する方法。

A列に対して、B.C・・~列にそれぞれ違った式が入っています。
A列が空白だと、B列#N/A、C列1 ・・・と、それぞれ答えが返ってきます。
今までは、各B、C・・列に「A列が空白の場合は表示しない」設定を「条件付書式」を使ったり「IF(ISERROR・・」の関数を使ったり
無い知恵と知識を振り絞って悪戦苦闘の末、1列1列・・こつこつ設定していたのですが
「もっと簡単な方法があるのでは??」と都合のいいことを考えました。

しかし、恥ずかしながら私には知識が無いもので、そんな事が出来るのか、また仮に出来るとしても方法がわかりません。
関数でも、条件付書式でも、何でもかまいません。
指定したセルが空白の場合、そのセルに対して数式が入っている他の複数セルにも何も表示しないように一発で出来るようにするには、
どうすればいいのか教えて頂けませんか?
98です。出来るだけ簡単な方法がありがたいです。
余談なのかもしれませんが、B列にはVLOOKUPの関数、C列には「A列内の数字+1」と言う式が入っています。
C列はA列に0と入力しても、空白でも1という答えが返ってきてしまいます。そこでA列が空白の場合答えが表示されないようにしたいのです。)
宜しくお願いします。

A列に対して、B.C・・~列にそれぞれ違った式が入っています。
A列が空白だと、B列#N/A、C列1 ・・・と、それぞれ答えが返ってきます。
今までは、各B、C・・列に「A列が空白の場合は表示しない」設定を「条件付書式」を使ったり「IF(ISERROR・・」の関数を使ったり
無い知恵と知識を振り絞って悪戦苦闘の末、1列1列・・こつこつ設定していたのですが
「もっと簡単な方法があるのでは??」と都合のいいことを考えました。

しかし、恥ずかしながら私には知識が無いもので、そんな事が出来るのか、また仮...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の「もっと簡単??」、「一発で出来る」という事と解釈して回答しますので、相違していれば読み捨て下さい。
(1)対象範囲を選択
(2)選択された状態で数式を入力、完了時にctrl+enterキー同時に押下して下さい。
   一例ですが以下のようになります。
   =IF(セル<>"",VLOOKUPやセル+1の数式,"")
   セルが""(空白)でなければ数式を実行、空白ならば空白を設定。
為参考.B列はVLOOKUP関数の為、検索値が見つからない場合は#N/Aが戻りますので、IF(COUNTIF(検索範囲,A1),VLOOKUP数式,"")とする方法もあります。


人気Q&Aランキング