人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

 この3、4年の間に、展示会で自社のブースを出展するため、日本から展示サンプルを持参して、十数回、ビザ免除プログラムを利用して、米国へ入国しました。申告用紙には、商用目的であること、商品(展示サンプル)の持参の旨を必ず記入していました。そのため入国審査では必ず、商用の目的やら、商品の内容を必ず聞かれますので、正直にXXXXという展示会に出展し、そのための展示品を持っていることを知らせてきました。幸い入国審査・税関ともこれまで大きなトラブルになったことも無く、関税を支払ったことありません。
 ところが先日たまたま米国大使館のHP、http://tokyo.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-niv-b1. …
をみていたら、
”販売: 米国で催される展示会のために渡米する方で、展示ブースの設営、サンプルの陳列、契約書の署名、日本で製作・搬送される製品の受注等はB-1ビザに該当します。 B-1ビザ所持者は米国で製造されたものを実際に販売したり受注することはできません。これら以外の仕事に関しては一時就労ビザ(H)が該当します。”
とトップの項目に記述があるのを発見しました。英文のページも見ましたが、誤訳でもなさそうです。これは、まさに私のケースに合致しており、早速今後はB-1ビザ取得しなければいけないと思っているところです。
 さて、私が疑問に思っているのは、なぜ今まで何事もなく私は無事入国できたか?です。既にルールが変わっている、考え難いですがたまたまこれまで当たった審査官が皆無知だった、親切で通してくれていた(ただ今度からB-1とって来てねと言われたはありません。)、私の言っている事が相手に通じていなかった、ただ展示品を運んでいるだけと良きに解釈してくれていた位が想像できるのですが、如何なものでしょうか?
 また、B-1ビザは10年間有効のようなのですが、有効期間内は、複数回に渡って使用できるのでしょうか?もしそうだとすると、取得後は、たとえ観光目的の入国でもB-1ビザでの入国という扱いになるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 米国ビザ保有者です。

ご存知のように、日本人はビザ免除プログ
ラムが利用できます。同プログラムに該当しない国の人が、展示会
参加目的で取得すべきビザが B だということです。

 大使館の説明ページでは、日本人だからといってビザ要件を変更
して書いてくれたりはしないので、原理原則に従った要件が書かれ
ているというわけです。

 なお現在、日本人には基本的に B ビザは発給されません。ビザ
免除プログラムを利用してくれという方針です。仮に B ビザを申請
したとして、申請自体が受理されません( そのため、発給拒否の
前歴は付きません )。

 ですので今後も引き続き、ビザ免除プログラムで入国することに
なります。ちなみに現在、日本人で B ビザを持っていると、かえって
メンドウなことになりかねません。たとえば何らかの理由でビザ免除
プログラムが利用できない人が、B ビザを持っているからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 詳しいご説明ありがとうございます。
 そういうわけだったのですが、実は、大使館のページを見つけたときは、今まで随分危ない橋を渡っていたのだと、冷や汗ものでした。お蔭様で、何の不安も無くこれからも渡米できます。

お礼日時:2008/03/05 10:49

日本人が90日以下の滞在で商用活動を行う場合には、ビザ・ウェーバー・パイロットプログラム(ビザ免除プログラム)が適用されるためB-1ビザを申請する必要はありません(ビザ免除プログラムでB-1と同様の商用活動をすることが可能です)。



逆にビザ・ウェーバー・パイロットプログラムが適用される場合に、B-1ビザを申請するには90日以上滞在しなければならない明確な理由が必要となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 明確な回答いただきありがとうございます。スッキリいたしました。今まで通りビザ免除で入国いたします。

お礼日時:2008/03/05 10:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLAXでの入国審査(目的が「服の買い付け」の場合)について

質問させていただきます。

輸入衣類を日本で販売している者です。
現在、買い付けのためにロサンゼルスに年に約5、6回ほど、毎回約10日間の滞在をしています。
すごく幼稚な質問でお恥ずかしいのですが、どうかお付き合いください。。

わたしはこれまでLAXでの入国審査の際、旅行目的は「観光です」と毎回答えてきました。
わたしは英語があまり得意ではないので、ヘタなことを言ってしまうとかえって怪しまれてしまうのでは無いかと不安なのと、
「衣類の買い付け」=商用→「パスポートだけでの入国はだめなのではないか」という漠然とした不安からでした。
わたしのように旅券パスポートしか持っていない旅行客が、旅行目的を聞かれて「服の買い付けです」と答えても、とくに何の問題はないのでしょうか?それとも、このまま「観光です」と答えていたほうが無難でしょうか?

また、わたしと同じように、衣類の買い付けをされている方々は、通常の旅券パスポート以外に何かお持ちなのでしょうか。
素人なりにB-1ビザ(?)などについても自分なりに調べてはみたのですが、取得が極めて難しいことなどを知りました。そもそも衣類の買い付けには必要無いものなのですか?このまま旅券パスポートだけでも全く問題はないのでしょうか。

それと、商用ビザを持たずに年に何度も「観光目的」と言って入国していること事態には問題はありませんでしょうか?入国頻度が多くてマークされたり・・ということはないのでしょうか?(><)

悪いほうにばかり想像してしまう性格で、周りに相談しても「心配しすぎだよ」と言われます。。
何より、入国できなくなることがいちばん怖いです。

どなたか、誠に恐れ入りますが何卒ご回答宜しくお願いいたします。

質問させていただきます。

輸入衣類を日本で販売している者です。
現在、買い付けのためにロサンゼルスに年に約5、6回ほど、毎回約10日間の滞在をしています。
すごく幼稚な質問でお恥ずかしいのですが、どうかお付き合いください。。

わたしはこれまでLAXでの入国審査の際、旅行目的は「観光です」と毎回答えてきました。
わたしは英語があまり得意ではないので、ヘタなことを言ってしまうとかえって怪しまれてしまうのでは無いかと不安なのと、
「衣類の買い付け」=商用→「パスポートだけでの入国は...続きを読む

Aベストアンサー

観光目的で一年に何度も訪米というのはありえないことなので、
繰り返していると怪しまれてしまう可能性があります。

正直に訪米目的を「BUSINESS」にして、
入国管理官が細かいことを聞いてきたら
「BUSINESS MEETING FOR IMPORT NEGOTIATION」
(輸入交渉の為の商用ミーティング)と言えばいいです。(実際そうですよね!)

日本人には観光目的と商用目的にはノービザですから、
わざわざビザを申請する必要はないですよ。

決して「WORK」という言葉は使わないように!


人気Q&Aランキング