AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

皆様、おはようございます。

 納期の特例を適用しておりますが、源泉所得税を中間時に多く納めすぎてしまいました。年末調整の後に、これに気付きまして、過納付額を、翌年以降の源泉所得税に充当しようと考えています。

 この場合、源泉所得税の仕訳はどのようにしたら、よろしいのでしょうか。源泉所得税を多く納めすぎているので、預り金勘定はマイナスになっています。

 預り金勘定を訂正するので、貸方(預り金)とは思うのですが、借方の勘定が判りません。ご存知の方、ご教示の程、よろしくお願い致します。


 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>預り金勘定を訂正するので、貸方(預り金)とは思うのですが、借方の勘定が判りません。



預り金勘定はマイナスのままが良いです。源泉所得税預り金を「過納付した」という事実を忠実に仕訳と元帳に表示するのが正しい会計だからです。

しかし、もし銀行の手前、預り金勘定のマイナスはマズイというような特殊な事情があるのであれば、期末決算で
〔借方〕仮払税金ооо/〔貸方〕預り金ооо
としてマイナスを消しておき、翌期首に
〔借方〕預り金ооо/〔貸方〕仮払税金ооо
としてマイナスに戻すという方法が考えられます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答をして頂きましてどうもありがとうございました。預り金がマイナスでも良いということが判り、安心致しました。

お礼日時:2008/03/21 15:54

預かり金勘定がマイナスでも理由がわかっているわけですからなんら問題はありませんが・・・仮払金でどうですか

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をして頂きまして、どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/03/21 15:54

1)年末調整時に適正税額以上を納付してしまった。


2)従業員本人が所得税の過払いではなく、経営者が負担している。

ということのようです。

a)翌年以降の源泉所得税に引き当てはできません。
基本的には、確定申告時に精算が完了するのが建前です。
仕訳の問題ではなさそうです。税務署に過払い分の戻し方を確認されることが手っ取り早いのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をして頂きまして、どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/03/21 15:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源泉所得税の過払金を翌月以降に充当する仕訳

源泉所得税の過払金を翌月以降に充当する仕訳

ぎりぎりに質問してすみません。

年末調整による超過税額が、12月の源泉所得税額を超えており
還付を受けずに次回以降の納付で相殺すればよいといわれました。
(納付書の書き方等は、教えてもらいました)
通常仕訳、決算仕訳および相殺の仕訳はどのようにすればよいでしょうか。

また、預り金が余っている期間は、給与から天引しなくてよいのでしょうか。


・12月決算
・月末締め翌月15日払い
・給与(毎月) 150,000円 源泉所得税 3,000円 

(1)年末調整する前に1年分の源泉所得税を支払い済
(2)過払い15,000円(年)
(3)決算(12月分給与は、未払金として処理)


<毎月>
〔借〕給与 150,000 /〔貸〕現金 147,000
           〔貸〕預り金 3,000


<納付>
〔借〕預り金 36,000 /〔貸〕現金 36,000


うまく質問できてなくて申し訳ございません。
いろいろ調べても仕訳方がたくさんあって困ってます。
分かりやすくて例外にならない方法教えてください。
この質問確認したらいいよ等もあればお願いします。

源泉所得税の過払金を翌月以降に充当する仕訳

ぎりぎりに質問してすみません。

年末調整による超過税額が、12月の源泉所得税額を超えており
還付を受けずに次回以降の納付で相殺すればよいといわれました。
(納付書の書き方等は、教えてもらいました)
通常仕訳、決算仕訳および相殺の仕訳はどのようにすればよいでしょうか。

また、預り金が余っている期間は、給与から天引しなくてよいのでしょうか。


・12月決算
・月末締め翌月15日払い
・給与(毎月) 150,000円 源泉所得税 3,000円 

(1)年末調整...続きを読む

Aベストアンサー

(社員に給与を払ったときの右側の現金21,000→15,000円に訂正です)

[決算]
納付したときの
 預り金 36,000  現金 36,000

 立替金 15,000 現金 36,000
 預り金 21,000
に訂正します。


または、元の仕訳はそのままにして
 立替金 15,000 預り金 15,000
の振替仕訳をします。

・社員に1月給与とともに還付金をはらったとき
未払給与  150,000  現金      147,000
預り金(還付分)15,000 預り金(毎月分) 3,000
              現金      15,000

・以後、10日までに税金を納付するとき(相殺)
預り金 3,000  立替金 3,000(その社員分)
預り金 ××× 現金 ××× (他の社員分)

>年末調整する前に1年分の源泉所得税を支払い済
それをするので面倒なことになるのです。年末調整してから納付しましょう。

>また、預り金が余っている期間は、給与から天引しなくてよいのでしょうか。
いえ、普通に源泉徴収して、その分は上のように3,000×5か月間、立替金と預り金を相殺します。

(社員に給与を払ったときの右側の現金21,000→15,000円に訂正です)

[決算]
納付したときの
 預り金 36,000  現金 36,000

 立替金 15,000 現金 36,000
 預り金 21,000
に訂正します。


または、元の仕訳はそのままにして
 立替金 15,000 預り金 15,000
の振替仕訳をします。

・社員に1月給与とともに還付金をはらったとき
未払給与  150,000  現金      147,000
預り金(還付分)15,000 預り金(毎月分) 3,000
              現金      15,000

・以後、10...続きを読む

Q源泉所得税を還付の際の仕訳について

源泉所得税を還付の際の仕訳について

年末調整による超過税額が、12月の源泉所得税額を超えた場合、各従業員への仕訳はどのようになりますか?
翌月の支払いに繰り越す場合はどうにかわかりますが、12月で一括で還付する方法がわかりません。

給料 320,000円 源泉所得税 9,000円 超過税額 20,000円 という設定でお願いします。
(※住民税や社会保険は考慮しないで下さい)

それから当方は弥生会計を使っていますが、補助科目の使い方は知りませんので、補助科目を使わないやり方でお願い致します。


11月までの仕訳
給料手当 311,000 / 現金 311,000
給料手当 9,000 / 預り金 9,000 

上記のような書式でお教え頂けると幸いです。

Aベストアンサー

納期の特例を受けていて、税務署から20,000円の還付を受けるのは例えば下記のようなケースです。

〔借方〕給料手当 90,000/〔貸方〕預り金 90,000

<源泉所得税1~6月の納付>

〔借方〕預り金 90,000/〔貸方〕現金 90,000

<源泉所得税の控除7~11月分>※便宜上まとめてある

〔借方〕給料手当 54,000/〔貸方〕預り金 54,000


<源泉所得税の控除7~11月分>※便宜上まとめてある

〔借方〕給料手当 54,000/〔貸方〕預り金 54,000

以上は問題ありません。


さて、税務署から還付を受けるのは下記のようなケースです。社員が1人だけだと仮定します。

年末調整の結果、その社員の年税額が70,000円と算定された。

ここで、11月までの預り金の合計が144,000円ですから、
社員には 144,000円-70,000=74,000円 を還付することになります。

ところが後期分の預り金合計は54,000円ですから、
  54,000-74,000=-20,000 と、マイナス残高になります
 ここで20,000円を税務署から還付を請求するわけです。

・12月の給料を支給するとともに、70,000円を社員に還付した
 (ここでは12月分の給料の所得税を計上しない方法とします)

〔借方〕給料手当 320,000/〔貸方〕現金 320,000
〔借方〕預り金  74,000/〔貸方〕現金 74,000

・預り金のマイナス勘定を未収金に振り替えるとともに、税務署に還付請求をした
   〔借方〕未収金 20,000/〔貸方〕預り金 20,000

(社員がその1名だけなら、7~12月分を納付するのではなく、還付請求することになります)

・後日、税務署から銀行口座に還付があった
〔借方〕普通預金 20,000/〔貸方〕未収金 20,000

 

納期の特例を受けていて、税務署から20,000円の還付を受けるのは例えば下記のようなケースです。

〔借方〕給料手当 90,000/〔貸方〕預り金 90,000

<源泉所得税1~6月の納付>

〔借方〕預り金 90,000/〔貸方〕現金 90,000

<源泉所得税の控除7~11月分>※便宜上まとめてある

〔借方〕給料手当 54,000/〔貸方〕預り金 54,000


<源泉所得税の控除7~11月分>※便宜上まとめてある

〔借方〕給料手当 54,000/〔貸方〕預り金 54,000

以上は問題ありません。


さて、税務署から還付を受けるのは下記のよう...続きを読む

Q過誤納金還付の仕分けを教えてください

経理はおろか家計簿もつけた事がないほどの初心者です・・・。 
 14年度に納めた市・府民税の過誤納で当座に還付金が振り込まれています。給料から預り金として納めた地方税が多くて、誤納分が会社の当座に入金、ということですよね。仕分けはどうなるのでしょうか。初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

給料から天引きした時点で預り金で処理していると仮定すると、その預り金以上に納税したわけですから、過納分だけ、預り金がマイナスになっているはずです。ですから、還付されたら、貸方を預り金にして、マイナスを埋めてやればOKです。

給料100,000、住民税10,000、控除は他にないと仮定すると、
給料支払い時には
(給料)100,000    (現金)90,000
             (預り金)10,000
となります。
ここで、間違って11,000納めたとすると、
(預り金)11,000    (現金)11,000
この結果、預り金勘定は-1,000となっているはずです。
これが還付されたら、
(現金・預金)1,000  (預り金)1,000
となります。

なお、ご質問の場合には、還付加算金(利息)は付かないと思いますが、過誤納金額に加算金を付加して還付された場合には、その分は雑収入として処理します。  

Q源泉所得税の納付 訂正方法を教えてください。

学童保育の会計をしています。人事・総務系のことは素人なのですが…今回、初めて源泉所得税の納付をしたのですが、金額を間違えて記入及び納付てしまいました。訂正方法をおしえてください。

Aベストアンサー

 
正規の税額(本来納付すべきだった税額)より多く納付した場合。


誤って多く納めた税額を還付してもらう方法と、その後納付する給与等に係る所得税額に充当する方法との二通りあります。

前者(還付)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の還付請求」の手続きにより還付を受けます。
申請書や記載要領及び添付書類等はこちら(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/annai/1648_22.htm)からDLできます。

後者(充当)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の充当届出」の手続きにより、その後納付する税額に充当します。
申請書や記載要領及び添付書類等はこちら(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/annai/1648_23.htm)からDLできます。


正規の税額(本来納付すべきだった税額)より少なく納付した場合。


税額欄だけを間違えたのであれば、「人員」、「支給額」の欄は空欄とし、税額欄に不足分の税額を記載して、摘要欄に「**年**月不足分(あるいは納付漏れ分)」と記載して速やかに納付します。(税額にもよりますが延滞税の対象税額の場合、納付が遅れるとその日数分延滞税が増えますので早めに納付したほうが良いです)

「人員」や「支給額」欄等も間違えた場合は、それぞれ不足分の人数や支給額及び税額を記載して摘要欄には上記のように記載して納付します。
 

 
正規の税額(本来納付すべきだった税額)より多く納付した場合。


誤って多く納めた税額を還付してもらう方法と、その後納付する給与等に係る所得税額に充当する方法との二通りあります。

前者(還付)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の還付請求」の手続きにより還付を受けます。
申請書や記載要領及び添付書類等はこちら(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/annai/1648_22.htm)からDLできます。

後者(充当)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の充当届出」の手続き...続きを読む

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q源泉所得税を支払った勘定科目は何ですか?

一人で法人を営んでいます。源泉所得税を六ヶ月に一回支払っています。(甲)

帳簿に記載する場合でお聞きします。

毎月法人として預かっている金額は科目として「預り金」で「収入」に記載すればいいと思うのですが、法人が支払った(甲)の科目は「預かり金」で「支払い」欄に記載すればいいのでしょうか?

税金なので違う科目があるように思うのですが・・

検索しても支払った時の(甲)の科目を説明したサイトを発見できません。

お詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

横レス失礼します。


議論が長引いているようですので、私の回答で納得して下さい。

以下、会計ソフトを使います。

ケーススタディとして、「11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

※仕訳の入力では、「振替伝票」の画面だけを使うようにして下さい。その他の入力画面、例えば「現金出納帳」、「入金伝票」、「出金伝票」、「預金出納帳」、「売上帳」、「仕訳日記帳」などの画面は決して使わないようにして下さい。間違いが起きやすいので。

◇11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。

〔借方〕給 与 300,000/〔貸方〕現 金 290,000
〔借方〕…………{空欄}…………/〔貸方〕預り金  10,000
※この「預り金」は、「所得税預り金」でも良い。

この仕訳が、自動的に総勘定元帳へ転記されます。
・「給 与」元帳の借方へ300,000と記入。相手勘定は「諸口」。
・「現 金」元帳の貸方へ290,000と記入。相手勘定は「現金」。
・「預り金」元帳の貸方へ10,000と記入。相手勘定は「現金」。
転記後の総勘定元帳を確認して下さい。

また、現金出納帳へも自動的に転記されます。
・「支出」の欄へ290,000と記入。相手勘定は「給与」。

《注》しかし、このとき、「預り金」は現金出納帳へは転記されません。
  そもそも現金出納帳とは、財布(金庫)の現金の増減を記録するとともに、現金の有り高を管理するのが目的の帳簿です。入金があったら記入し、出金があったら記入します。そして出納帳の残高と財布(金庫)の中の現金とが一致することを確認します。
  ここの「預り金」は現金の増加に伴って発生する「預り金」ではないので、この「預り金」の増加を現金出納帳に記録するのは誤りです。この「預り金」は、給与の一部の支払いを保留するために生じる負債を表示する「預り金」に過ぎません。

【重要】ここで「現 金」元帳と現金出納帳は同じ機能を果たしていることに注意して下さい。そうです。会計ソフトでは、現金出納帳は必要ありません。「現金出納帳」は、コンピュータ会計時代の前の古い時代、つまり手書き簿記時代の「遺物」に過ぎないのです。


◇12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した。

〔借方〕預り金 10,000/〔貸方〕現 金 10,000
※「預り金」で天引きした所得税を納税したときは「預り金」で支払いをします。「所得税預り金」で天引きした所得税を納税したときは「所得税預り金」で支払いをします。

この仕訳が、自動的に総勘定元帳へ転記されます。
・「預り金」元帳の借方へ10,000と記入。相手勘定は「現金」。
・「現 金」元帳の貸方へ10,000と記入。相手勘定は「預り金」。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということで、標題の御質問ですが、

>源泉所得税を支払った勘定科目は何ですか?

源泉所得税を支払う際の借方の勘定科目は「預り金」または「所得税預り金」です。

横レス失礼します。


議論が長引いているようですので、私の回答で納得して下さい。

以下、会計ソフトを使います。

ケーススタディとして、「11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

※仕訳の入力では、「振替伝票」の画面だけを使うようにして下さい。その他の入力画面、例えば「現金出納帳」、「入金伝票」、「出金伝票」、「預金出納帳」、「売上帳」、「仕訳日記帳」などの...続きを読む

Q保険料の戻りの仕訳

事業用の車の自動車保険の内容を変えたので、保険会社からお金が事業用の預金通帳へかえってきました。
この場合の仕訳を教えて下さい。

Aベストアンサー

保険料の支払が期中なら、
預金 **** / 保険料 ****
で、戻すことが出来ます。

期をまたいでいるのなら
預金 **** / 雑収入 ****
で処理します。
 

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング