痔になりやすい生活習慣とは?

JAの養老生命共済(30年満期共済額100万円 死亡共済額1500万円その他医療特約有り)の満期を4年後(2012年)に控えてますが、諸事情でどうしても年間掛金約13万円ほどが負担になり、解約を検討するため現時点の解約払戻金額をJAに問い合わせてみました。
すると驚いたことに満期まで後4年あるのにかかわらず、掛け捨て部分があるためとかで、満期共済額の100万円よりもさらに2万円ほど多い金額を払い戻してもらえ、それに関して税金も掛からないとのことでした。一応、他の生保の医療特約付き生命保険にも入っているので、万が一の場合も、多少の保障は確保されていますので、解約の方向で考えております。

そこで、唯一気に掛かることがありまして。
実は、この共済は、3年前までJAに勤めていて今は退職している親しい友人を通じて加入した経緯があるので、退職後の友人にも今回のこちらの解約が知られることになるのかが、大変気になっております。
すでに契約から26年も経っているので、こちらの解約で友人が不利益を被ることは何も無いと思いたいのですが、
・もしかしてこちらが満期を迎えるまで毎年報奨金と、さらに満期時には彼にも満期報奨金が支払われたりするようなシステムがあるのでしょうか?
・たとえそのような報奨金は特になくとも、こちらの解約が彼にも報告されるようなことがあるのでしょうか?
もしそうであれば、やはり気まずいものですので、このあたりの事情を是非知っておきたく、事情を詳しい方におたずねいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>JA養老生命共済を30年満期直前に解約しても当時の契約担当者に連絡が届きますか?



届きません。

>すると驚いたことに満期まで後4年あるのにかかわらず、掛け捨て部分があるためとかで、満期共済額の100万円よりもさらに2万円ほど多い金額を払い戻してもらえ、それに関して税金も掛からないとのことでした

主契約部分(満期金100万円を貯める部分)ば満期に向けて毎年積み立ててますが、掛け捨て部分(定期、入院)は30年のうちの後半部分の掛金を先に多く払うので掛金が途中解約でも戻るのです。
なので、主契約部分(現在80万ほど)+掛捨部分(現在22万円ほど)ではないかとおもわれます。主契約部分はこれから増えます(100万円)が、掛捨て部分は30年満期に向けて0円になります。

>もしかしてこちらが満期を迎えるまで毎年報奨金と、さらに満期時には彼にも満期報奨金が支払われたりするようなシステムがあるのでしょうか?

そんなシステムはありません。新規契約を獲った時のみです。

>たとえそのような報奨金は特になくとも、こちらの解約が彼にも報告されるようなことがあるのでしょうか?

そんな報告もされません。また、同僚の方も農協の定款で業務上知りえた情報を他に漏らしてはいけないとあるはずなので、もらすこともありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家の方にきっぱりとしたお答えをいただけて大変安心いたしました。また、払戻金についても丁寧に解説していただいて、なぜ満期前なのに満期金よりも若干払戻金が多いのかもよくわかりました。
これで安心して解約できます。
お忙しいところ本当に有難うございました。

お礼日時:2008/03/05 08:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJA養老生命共済の解約か満期返戻金か

JA養老生命共済の解約か満期返戻金か
 昭和58年に契約した上記生命保険(30年満期、満期共済金額100万円、死亡共済1500万円、災害給付特約500万円、災害死亡割増特約1500万円、入院費用保障特約5000円)は掛金15万1300円で、掛金は割戻金相殺で初めの頃は半額位、最近は割戻金が余り無く入金は12~13万円くらいです。かつて盛んに解約して新共済に転換を勧められましたが、利率がいいから解約すべきではないと同級生のJA職員からの助言で払い続けています。
 昨年四月の積立金127万1000円、今年四月のそれは123万9000円でした。積立金が解約返礼金と思い、今後減額されるなら解約しようと思ったのですが、今年も28回目を入金しました。
 後2回振り込めば満期なのですが、このまま満期まで入金するほうが得なのか、解約したほうがよいのか教えてください。また、満期となったらどれ位の満期返戻金があるのかもお教えください。

Aベストアンサー

元JA職員です。
満期共済金100万円、死亡共済金1500万円というのは、いわゆる「15型」と呼ばれるもので、死亡共済金が満期共済金の15倍になるタイプです。
はっきり憶えていませんが、他に、1型、2型、3型、5型、10型があったと記憶しています。
型の数字が小さいほど補償は少ないですが、利率が良くなります。

15型は最も利率の悪いタイプです。というか、支払った掛け金の何分の一かしか戻ってきません。
もともと死亡保障に重点を置いたタイプですので・・・。
裏話になってしまいますが、ノルマを達成するためには、この15型をいかにたくさん売るかにかかっていました。(ノルマは補償額で課せられます。)

>利率がいいから解約すべきではないと同級生のJA職員からの助言で払い続けています。
利率がいいのは3型までで、5型以上は満期共済金よりも掛け金のほうが多くなります。

>昨年四月の積立金127万1000円、今年四月のそれは123万9000円でした。
これは本当なのでしょうか?
もし、正確な解約返戻金を知りたいのでしたら、JAに電話して「今解約したらいくら返ってきますか?」と聞いてください。機械ですぐに出ます。
聞きにくければ、「共済でいくらまで借りられますか?(共済担保貸付)」と聞いても、大体の数字は把握できます。
共済で借りられる上限は、解約返戻金の90%までだったと思いますので、逆算すれば解約返戻金が出ます。

元JA職員です。
満期共済金100万円、死亡共済金1500万円というのは、いわゆる「15型」と呼ばれるもので、死亡共済金が満期共済金の15倍になるタイプです。
はっきり憶えていませんが、他に、1型、2型、3型、5型、10型があったと記憶しています。
型の数字が小さいほど補償は少ないですが、利率が良くなります。

15型は最も利率の悪いタイプです。というか、支払った掛け金の何分の一かしか戻ってきません。
もともと死亡保障に重点を置いたタイプですので・・・。
裏話になってしまいますが、ノルマを達成するた...続きを読む

Q解約返戻金の額が知りたい

偶然にも担当者が上司の身内で聞きにくい状況ですのでお伺いします。
JA共済の養老生命30年満期で後3年で満期がきます。満期共済金額は100万です。掛け金がどんどん高くなり今年は66000円です。
給料がさがり生活が苦しくなってきて、解約して少々返戻金額が少なくても後3年約21万円の掛け金を払わない方を選ぼうかと考えてきました。ただあまりに少額であればもう一息のところなので考え直そうかとも思っています。(掛け金を下げて受け取りを遅らせることは希望していません)
返戻金のおおよその額でも見当がつく方ご教授ください。

Aベストアンサー

質問だけではわからないのですが、「養老共済」に定期保険が付いてますか?(満期共済金と死亡共済金が同じ100万円であれば定期保険は付いてないといえます)
もし定期保険(掛け捨て)がついていればこれから21万を払うより解約したほうが良いかも。

>掛け金がどんどん高くなり

高くなったのは
1.更新して10年ごとに値上がりしてる
2.最近は毎年値上がり(配当金が保険料との相殺になっている契約)
どの理由かな?
今年66000円って年間の支払いです、よね?「当初月払6250円」の話となんか合いませんけど・・・6250円×12ヶ月は75000円ですよね。最初は年間75000円支払っていた?

「養老共済」なのか、「定期付養老共済」なのか、わからないので「当初月払6250円」が主契約保険料なのか判断もつきません。

もし文字どうりの30年満期の養老共済とすれば、本当に大雑把ですが・・
30年で100万貯める保険ですから、90万弱位の解約返戻金、かなぁ。配当金が積み立てになっていればもっと金額は多いかも。配当金が保険料との相殺になっていたらこんなものかと。あくまで私の経験からの参考数字ですけど。

JA共済から1年に1度位は契約内容のお知らせきませんか?解約返戻金は記載されてなくても貸付限度額の記載はありませんか?あれば参考になりますよ。貸付限度額より解約返戻金の方が多いですから。

なお、JA共済は最近「払い済み」にする手続きしていなかったりするらしい。払い済みにするなら解約してと上から言われてるらしいです。払い済みにする手続きの書類がシステムで作成出来ないと言われたことがあります。こちらの地域限定の話だったらすみません。

質問だけではわからないのですが、「養老共済」に定期保険が付いてますか?(満期共済金と死亡共済金が同じ100万円であれば定期保険は付いてないといえます)
もし定期保険(掛け捨て)がついていればこれから21万を払うより解約したほうが良いかも。

>掛け金がどんどん高くなり

高くなったのは
1.更新して10年ごとに値上がりしてる
2.最近は毎年値上がり(配当金が保険料との相殺になっている契約)
どの理由かな?
今年66000円って年間の支払いです、よね?「当初月払6250円」...続きを読む

Q平成7年頃契約した養老保険の満期金(利率)

あることで、下記の条件の
郵便局の養老保険(簡易生命保険)について、
満期金(10年後の満期金額)がいくらになるか調べています。

平成7年当時は金利が8%ぐらいの時代だったと記憶しています。10年だと利息で2倍ぐらいの200万円でしょうか?大体の金額でもいいので教えて下さい。

(記)

契約年が平成7年2月、10年満期、保険金額100万円、特約(災害特約100万円、疾病障害入院特約100万円)付き、保険料が1ヶ月7650円だが10年分を一括払い済み。

Aベストアンサー

養老保険の満期時の受け取りは100万円ですよ?
配当金があれば若干手取りは増えるかも知れませんけど。

養老保険は定期預金とは違います。保険証券に書いてある保険金額が死亡時と満期時に受け取れる金額です。
>平成7年当時は金利が8%ぐらいの時代だったと
そうでしたっけ?その金利って何の金利でしょう?貯蓄性のある保険に一番関係するのは「予定利率」です。当時8%ではないです。
予定利率は預金の利率ではありません。簡単に言ってしまえば「これくらいの利率で運用できるから払い込み金額を割引する」といったことです。利息じゃありません。masukalさんも(特約保険料を除いた)主契約に払った金額は100万円ではなく(10年分を一括で払った割引の他に)割引されている筈です。
その100万円より少ない金額で、10年の間にもし被保険者が死亡していたら100万円を払う保障と、満期時に被保険者が生存していたら100万円を払う保障を買うのが「養老保険」です。

なお、一番利率的に良かった平成元年の10年満期の一時払い養老保険(特約なし)でも、満期きんは払い込み金額の約1.7倍でした。
平成7年の契約で、しかも特約が付いていてはご期待の金額にはならないです。

養老保険の満期時の受け取りは100万円ですよ?
配当金があれば若干手取りは増えるかも知れませんけど。

養老保険は定期預金とは違います。保険証券に書いてある保険金額が死亡時と満期時に受け取れる金額です。
>平成7年当時は金利が8%ぐらいの時代だったと
そうでしたっけ?その金利って何の金利でしょう?貯蓄性のある保険に一番関係するのは「予定利率」です。当時8%ではないです。
予定利率は預金の利率ではありません。簡単に言ってしまえば「これくらいの利率で運用できるから払い込み金額を...続きを読む

QJA 養老生命共済の見直しについて

先日 両親が亡くなり 父が私を被保険者として、かけていてくれた養老保険をこの機会に引継いで見直そうと思ってます。
そこでご相談です。
今 私は32歳独身女性です。30年満期であと17年払う事になってます。
満期共済金額が200万。 死亡共済金額が2000万。災害給付共済金額が500万。災害死亡割増共済金額が1500万。

共済掛け金が95400円。
入院共済金額が5000円。
特約に全入院保障特約、災害給付特約、災害死亡特約がついてます。


私は独身で結婚する予定もないし 両親とも亡くなりましたので 死亡保障はもしくは少額(葬式代くらい)と考えてます。
この場合 途中解約して新しい保険に入った方がよいと思いますか?
それともこれはそのまま とっておいて 別の保険に新たに入った方がよいのでしょうか?
もっと入院などの保障が大きいものがよいなぁと考えてます。通院手当や入院は日数に関係なく保障があればと。

このまま この養老保険を続けても 元本割れしますよね? 元本割れは 普通ですか?

Aベストアンサー

  この 保険には ご両親の想いもあるかと感じます。

ただ 特約で付加されている 2000万の30年定期保険や全入院保障特約、災害給付特約、災害死亡特約の保険料も含まれているために元本割れしてしまうのですね。 

>死亡保障はもしくは少額(葬式代くらい)と考えてます。

 との事ですので、元本割れを防ぐ事と保障額・保険料を下げるためには
特約を全て解約されて、200万の養老保険(主契約)のみ
を残して継続される方法もあるかと思います。
(JA職員の方は 嫌がるかもしれませんが、契約者の権利です)

>もっと入院などの保障が大きいものがよいなぁと考えてます。通院手当や入院は日数に関係なく保障があればと。

 治療費等に備えるのであれば 診断給付金のある 「がん保険」を検討されてはいかがでしょうか、この病気は選ぶ治療法にもよりますが、 通院をしながらででの高額治療も増えています。

 CM 等では 「入院された場合 1日1万円が給付されます」等と言われていますが、
医療保険とは名が付くものの あくまで、「入院」が前提の商品が多いです。

現在、会社等にお勤めであれば、保障制度も活用出来ると思いますので、
 入院日額給付型の医療保険は5000円位でも良いのではないでしょうか。 
(あとは貯蓄で備えておく事が良いかと)

 また、所得の減に備えるのであれば、自宅療養も対象となる所得補償保険
(損保)等もあります。

 収入 や 貯蓄状況 にもよりますので、一概には言えませんが ご参考までに。
 

  この 保険には ご両親の想いもあるかと感じます。

ただ 特約で付加されている 2000万の30年定期保険や全入院保障特約、災害給付特約、災害死亡特約の保険料も含まれているために元本割れしてしまうのですね。 

>死亡保障はもしくは少額(葬式代くらい)と考えてます。

 との事ですので、元本割れを防ぐ事と保障額・保険料を下げるためには
特約を全て解約されて、200万の養老保険(主契約)のみ
を残して継続される方法もあるかと思います。
(JA職員の方は 嫌がるかもしれません...続きを読む

QJA終身共済に詳しい方、教えてください

義母が夫にかけているJAの終身共済について
JAのホームページで調べたのですが、
よくわからないので、内容をよくご存知の方教えてください。
(義母も付き合いで入ってるようで、よくわからないみたいです。
証書もどこかにしまい込んだらしく、ありません。)

以下、払込のご案内というハガキからです。
☆終身共済金額 300万円
→死亡保障のことでしょうか?主契約払込終了年齢60才とあります。
☆病気・がん死亡 2000万円 災害による死亡 5000万円
→こちらは60才で終了でしょうか?
 60才以降の死亡保障が300万でしょうか?
☆入院(日額) 病気5000円 がん10000円 災害入院5000円
→こちらは、60才以降保険料を支払いつづければ、継続しますか?

契約年月日が平成13年10月で、19年10月で7回目の支払いが来ます。
年払いで24万8869円です。
夫は1968年12月生まれです。60才で払込終了ということは、
全部で何回払い(年払の場合)になるのでしょうか?
算数もできなくて恥ずかしいのですが、詳しい方教えてください・・・

義母が夫にかけているJAの終身共済について
JAのホームページで調べたのですが、
よくわからないので、内容をよくご存知の方教えてください。
(義母も付き合いで入ってるようで、よくわからないみたいです。
証書もどこかにしまい込んだらしく、ありません。)

以下、払込のご案内というハガキからです。
☆終身共済金額 300万円
→死亡保障のことでしょうか?主契約払込終了年齢60才とあります。
☆病気・がん死亡 2000万円 災害による死亡 5000万円
→こちらは60才で終了でしょうか?
 60才以降の...続きを読む

Aベストアンサー

JA共済のホームページの仕組み図からして、民間生保会社でいう「定期保険特約付終身保険」と同様のものと考えられます。

☆終身共済金額 300万円
 …一生涯の死亡保障ですね。期限はありません。60歳の時点でこの部分(主契約)に関する保険料は払い終わるような額になっています。

☆病気・がん死亡 2000万円 災害による死亡 5000万円
 …終身共済に上乗せで死亡保障を厚くしているものと思われます。そしてこの「上乗せ分」は60歳(主契約の払込完了時)までの保障ですね。60歳以降に死亡した場合は終身共済の300万円が支払われます。

☆入院(日額) 病気5000円 がん10000円 災害入院5000円
 …こちらは60歳以降保険料を支払い続ければ「80歳まで」保障が継続されます。

平成13年10月で契約年齢は(恐らく)33歳かと思われますので、ずっとそのままの保障内容で続けたとして、27回払(27年)になるかと思われます。

証券が見当たらないということですが、何かがあった際に手続きが手間取るかもしれませんので、一度お時間があるときにお義母さま(契約者)よりお近くのJA共済に確認されることをお勧めします。
(個人情報保護法等の関係により、契約者からの申出でないと対応できないことが予想されますので。)

参考URL:http://www.ja-kyosai.or.jp/product/human/shushin.html

JA共済のホームページの仕組み図からして、民間生保会社でいう「定期保険特約付終身保険」と同様のものと考えられます。

☆終身共済金額 300万円
 …一生涯の死亡保障ですね。期限はありません。60歳の時点でこの部分(主契約)に関する保険料は払い終わるような額になっています。

☆病気・がん死亡 2000万円 災害による死亡 5000万円
 …終身共済に上乗せで死亡保障を厚くしているものと思われます。そしてこの「上乗せ分」は60歳(主契約の払込完了時)までの保障ですね。60歳以降に死亡した場合は終...続きを読む

Q養老保険が満期になりました。確定申告する必要はありますか?

養老保険の満期のお知らせが来ました。

証書には月々48600円の10年で保険金額は5700000円と書いてあります。
まだ受け取っていないのですが、月々の金額×10年×12ヶ月だと5832000円となり元本割れしているという事でしょうか?

養老保険が良く分からないのですが、減った13万と10年分の利息で
10年分の保険金だったということになるのですかな?

この場合元本われしているから税金はかからないのでしょうか?
確定申告の必要は??

ちなみに私は普通の会社員で10年前は居ませんでしたが今は専業主婦の奥さんが居ます。
質問が多くなってしまいましたが分かる範囲で教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

「契約者 = 満期保険金受取人」であることを前提にお答えします。

この場合の「所得」は「一時所得」になります。

総収入金額(満期保険金+配当金) - その収入を得るために支出した金額(払込保険料総額) - 特別控除額(年間最高50万円)=一時所得の金額 となり、一時所得の金額の1/2に相当する額 が課税対象 となります。

lasichi様の質問内容からは「配当金」の額はわかりません。
「満期のお知らせ」に「満期保険金+配当金」の金額が記載されていると思いますので、それをもとに計算していただければ大丈夫です。

計算例です。

満期保険金   = 5,700,000円
配当金      =   632,000円
満期時総受取額 = 6,332,000円
払込保険料総額 = 5,832,000円(48,600×120)

この場合、満期時総受取額 - 払込保険料総額 = 500,000円
となるため、今回の満期保険金受け取り以外に一時所得が平成21年中になければ、特別控除額(年間最高50万円)を引くと

一時所得 = 0(ゼロ)!
となるため、今回の満期保険金受取による確定申告は「不要」となります。

上記よりも配当金が多ければ確定申告が必要になります。


もし「契約者 = 満期保険金受取人」でない場合は贈与税がかかりますので、充分ご注意ください。

「契約者 = 満期保険金受取人」であることを前提にお答えします。

この場合の「所得」は「一時所得」になります。

総収入金額(満期保険金+配当金) - その収入を得るために支出した金額(払込保険料総額) - 特別控除額(年間最高50万円)=一時所得の金額 となり、一時所得の金額の1/2に相当する額 が課税対象 となります。

lasichi様の質問内容からは「配当金」の額はわかりません。
「満期のお知らせ」に「満期保険金+配当金」の金額が記載されていると思いますので、それをもとに計算して...続きを読む

QJA共済(終身)の解約を考えています

JA共済(終身)の解約を考えています。

今まで10年ほど加入していたJA共済(終身)を解約しようと思っています。(今後は自治労共済に入る予定)
終身を解約したときに戻ってくる金額の目安を教えてください。

ちなみに
終身共済契約 200万
転換原資    78万(関係ないですか?)

Aベストアンサー

一応、元JA職員です。長期共済を担当していました。

正確な金額は、窓口にいけば簡単に試算してくれます。ので金額には触れずに注意(?)点をちょっと教えします。

☆契約日と払込方法
・年払いの場合→ある意味、解約時です。今年の支払いをせず、契約日の一日前に解約するのが一番です。
理由:年払いなので契約した日の一日前の日付までその契約は有効です。内容にもよりますが、入院が…とか言った場合、共済金がおりることもあります。

・月払いの場合→月払いなのでいつでもやめられます。上にも言えることなのですが、今回分を払い込んで解約する場合と今回分を払い込まないで解約する場合で、戻ってくるお金が違います。どっちがいいかはご確認ください。

追記:転換原資について
この契約って養老を転換した契約じゃないですか?満期金がだいたい100くらいの。この78万はその満期金のうち何万までがたまっていたかを表します。この原資を新しく契約する終身の全ての払込金額へ充当したということです。つまり、同じ内容・条件で新規に契約するより、原資を当てた分だけ安くなっているということです。

あまり役に立たなかったらすみませんm(__)m

一応、元JA職員です。長期共済を担当していました。

正確な金額は、窓口にいけば簡単に試算してくれます。ので金額には触れずに注意(?)点をちょっと教えします。

☆契約日と払込方法
・年払いの場合→ある意味、解約時です。今年の支払いをせず、契約日の一日前に解約するのが一番です。
理由:年払いなので契約した日の一日前の日付までその契約は有効です。内容にもよりますが、入院が…とか言った場合、共済金がおりることもあります。

・月払いの場合→月払いなのでいつでもやめられます。上にも言え...続きを読む

Q専業主婦です。養老保険満期について。 月9700円の30年で満期は50

専業主婦です。養老保険満期について。 月9700円の30年で満期は500万+配当になります。主人年収だいたい750万くらいです。この場合の目安の税金と扶養から外れるような場合はその年だけでしょうか?次のとしから、また扶養の申請をしないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

(Q)本人=契約者=口座名義人=満期受取人となっていれば大丈夫
(A)多くの方がこのように誤解しています。
問題は、口座にあるお金の出所です。

質問者様が働いていたときのお金が残っていて、そこから保険料を
支払っていると証明できれば、問題なく一時所得による所得税となります。
なので、使い終わった通帳も残しておいてください。

一方、専業主婦で収入のない方の場合、一定のお金が入金されている
はずです。
収入のない方が入金できるはずがないので、これは、夫様のお金となります。
ここからが一般の方と、税務との意識の違いですが、
一般の方は、口座のお金は、口座名義人のお金と思います。
しかし、税務署は、お金とは、稼いだ人のモノと考えます。
つまり、それが、贈与されたという証拠がない限り、
誰の口座にあろうと関係なく、夫様のお金なのです。
夫様の口座から出金して、奥様の口座へ入金しただけでは、
贈与したことにはならないのです。
つまり、夫様のお金を奥様名義の口座で管理しているだけのことで、
お金の持ち主は夫様、と解釈します。

なので、奥様名義の口座から保険料が支払われていても、
奥様に収入がなければ、そのお金の出所はどこだ、という話になります。
夫様の収入となれば、保険料を払っていたのは夫様で、
奥様が受け取った保険金は、贈与になる、ということになります。

(Q)本人=契約者=口座名義人=満期受取人となっていれば大丈夫
(A)多くの方がこのように誤解しています。
問題は、口座にあるお金の出所です。

質問者様が働いていたときのお金が残っていて、そこから保険料を
支払っていると証明できれば、問題なく一時所得による所得税となります。
なので、使い終わった通帳も残しておいてください。

一方、専業主婦で収入のない方の場合、一定のお金が入金されている
はずです。
収入のない方が入金できるはずがないので、これは、夫様のお金となります。
ここからが...続きを読む

Q最近、JAの養老生命(30年?)と言うものに加入しているということを知

最近、JAの養老生命(30年?)と言うものに加入しているということを知ったのですが、これはどんな保険なのですか? また現在受け取り人が父親になっていますが妻に変えることは出来ますか?途中解約はどうなりますか?

Aベストアンサー

こんにちは

養老保険は一般的には、死亡保障と払込終了時に受け取る満期金が同じ金額の物です。

契約者と被保険者は、保険の内容について知る権利があります。

受け取り人を変更・解約できるのは契約者です。

保険会社に電話して、教えてもらいましょう。

Q実質親が支払っていた養老保険の満期

よろしくお願いします。

似た質問はあったのですが、ちょっと異なるところがあるので質問させていただきます。

親が契約者、受取人ともに私名義でゆうちょの養老保険をかけていました。ずいぶん前でしたので親も忘れていたそうですが、このたび満期となり、500万くらいが支払われます。

多分、当初は私に財産を残す意味でかけていたようですが、親が入院したり引っ越したりして現金が必要になったというので、そっくり返そうと思います(あぶく銭ですから)。

実質的に親が払っていて私が受け取ると贈与税がかかるようですが、上記の場合は、親が私に贈与したことに対し贈与税が、私が親に贈与したことに対し贈与税がかかることになるのでしょうか。

贈与税は高いといいます、対策しておきたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
先の回答での焦点は「保険料の負担者」を誰だとみなすか?ですね。

「保険料の負担者」=「契約者」・・・ 掛け金の支払い責任者は「契約者」ですから 掛け金の贈与を受けて、保険金を支払ったという主張な訳です。 というわけで、契約者がguinetさんであれば、毎年掛け金分の贈与を受けていたと考えて、先の回答になってくるわけです。

これが、契約者が親御さんで被保険者・受取人がguinetさんであれば、残念ながら書類上は 完全に贈与ですね。

真実は、「名義貸し」なので、税務署に「名義貸し」の事実を了解して頂くのが、一番「正しい」解決方法です。
その意味では#1さんのおっしゃるとおりなのですが、どうやって「名義貸し」を納得して頂くか?なのですよね。
税務相談室に電話をかけて、契約書の時の筆跡等で、guinetさんが関わっていなかった事が証明できれば良いのか?等を電話で問い合わせ、名義貸しと認めて頂けそうであれば、担当者のお名前を控えておくとスムーズです。 来年の確定申告時に、親御さんが一時所得として申告をすることになり、その時に「名義貸し」の説明が必要になるわけですので、その時に、○○さんにご指導を受けたと伝えるとスムーズになるわけです。

なお、保険会社に(実際の負担については何も言わないで)今回の満期金に関しての税金関係の申告はどのようにしたら良いですか?と尋ねてみるのも一つの方法です。
契約者・(被保険者~今は関係ないですが)・満期受取人 の 関係を整理して返答を下さると思います。 

(満期金についての支払いの書類が保険会社から税務署に必ず送られ、その内容にに応じた納税がなされているかどうか?というチェックが税務署でなされます。 ただし、名義貸しに関しては保険会社は関与しません。)

#2です。
先の回答での焦点は「保険料の負担者」を誰だとみなすか?ですね。

「保険料の負担者」=「契約者」・・・ 掛け金の支払い責任者は「契約者」ですから 掛け金の贈与を受けて、保険金を支払ったという主張な訳です。 というわけで、契約者がguinetさんであれば、毎年掛け金分の贈与を受けていたと考えて、先の回答になってくるわけです。

これが、契約者が親御さんで被保険者・受取人がguinetさんであれば、残念ながら書類上は 完全に贈与ですね。

真実は、「名義貸し」なので、税務署に...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング