余り布を捨てられないうちに沢山たまってしまいました。何とか有効活用したいと思っています。
小さな布を合わせて大きな布にしたいのですが、そのための日本の伝統的な方法を知りたいです。

具体的なあこがれは、2006年のNHKの大河ドラマ「功名が辻」で登場したような小袖や
http://www.nhk.or.jp/drama/tsuji/

あるいは、このようなものなんですが、
http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageI …

とりあえずは布団カバーや、ちゃんちゃんこができればいいなと思っています。

ネットでパッチワークについて探してみると、アメリカンキルトや韓国のポジャギなどの手法は沢山ありますが
日本の伝統的なやり方というのが見つかりません。

どうも「 寄裂(よせぎれ)」というものがあるようなのですが、作品の表面だけを見ていても分からないことだらけです。
http://www.marubeni.co.jp/gallery/kimono/kimono_ …

はぎれ同士の布端の始末はどうしているのでしょうか?
裏地は付けるのでしょうか?
(クレイジーキルトのように)実は下地に大きな布があって、そこに縫い付けているとか?
布目の方向はどうなっているんでしょうか?
縫い代はゴロゴロしないんでしょうか?
厚い生地と薄い生地では違う手法をとるのでしょうか?

些細な事でも結構です。また手法は日本の伝統手法でしたら「寄裂」以外でも構いません。
分かる方がいらっしゃったら、どうか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

キルターから一言添えさせてください。



縫い代は7ミリが基本です。
カーブするものは5ミリです。

この縫い代が、もっとも浮かないベストです。
一センチの縫い代は浮きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/03/05 23:41

まず、アメリカンキルトの定義をどう捉えていらっしゃるのでしょうか?


寄裂との違いは縫い方ではありません、パターンです。
伝統的ということを起源と解釈すると、縫い方は貧しい時代の布が貴重だった頃のリサイクル、日本とアメリカの数百年前の時代のお母さんがする手仕事、違いはさしてないはずです。
また、アメリカの方と一緒にキルトをしたことがありますが、日本人の「アメリカンキルト」と本場とも違うものです。
日本でいう「アメリカンキルト」は、カリフォルニアロールのようなものです。

日本での第一人者は共立女子大の伊藤紀之教授です。
http://www.kyoritsu-wu.ac.jp/kasei/staff/p_itou_ …
スレ主さんんが、どの程度まで伝統を重んじているのか(庶民のものか、庶民のものをまねて豪華に作った身分の高い人のものか、それとも現代版のカリフォルニアロール版か)がわかりませんが、教授の著作物や放送大学を聴講されてみてはいかがでしょうか?

カリフォルニアロール版なら、古布のキルト本、たとえば黒羽しずこ先生の技法でされたらいいのではないでしょうか。
また、↓の本も参考になるかもしれません。
http://books.bunka.ac.jp/np/isbn/02941092006/

具体的な質問は、手持ちの共立女子大の蔵書の写真と、私の意見とでお答えしますね。
1.はぎれ同士の布端の始末はどうしているのでしょうか?
庶民のものなら間違いなくしていなかったでしょう。
2.裏地は付けるのでしょうか?
庶民のものなら一枚仕立てだったと思いますが、身分の高い人のものは二枚仕立てだと思います。
3.(クレイジーキルトのように)実は下地に大きな布があって、そこに縫い付けているとか?
庶民のものは単純につぎはぎだと思われます。
4.布目の方向はどうなっているんでしょうか?
庶民のものなら布目に気を配っていないと思われます。また、洋裁と違い、キルトの場合は端は布目を大切にしますが、それ以外の内部は縫いなれたキルターさんは布目より柄をいかすためにはなんでもありです。
5.縫い代はゴロゴロしないんでしょうか?
手持ちの写真では、縫い代の上にステッチをかけて、縫い代を抑えています。アメリカンキルトでは芯を挟むので、縫い代ではないほうにステッチをかけるので、興味深いところです。
6.厚い生地と薄い生地では違う手法をとるのでしょうか?
それはないと思います。

私の見解ですが、アメリカンキルトは大草原の少女ローラの時代、寄裂もは数百年前の農家の囲炉裏端を想像してみてください。
どちらも貧乏で物がなく、情報も書籍もなく、必死に生きていた時代です。
ぜったいにこれ、というやり方はなかったはずで、それぞれのお母さんの自己流です。

今のキルトのいいところを取り入れて、布の柄・質にこだわって、現代なりの寄裂を作られたらいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>>手持ちの写真では、縫い代の上にステッチをかけて、縫い代を抑えています。
これは、アメリカのキルトの写真ではなく、日本のものですよね?
確かに縫い代の上にステッチをかければ収まりが良さそうですね。

実は以前はアメリカのキルトに興味がありました。
ほんの小さな余り布も無駄にしない精神が気に入り私もやってみようと思いました。
が、実際に作成してみると私の事情とは少し合わず、やきもきしていました。

手元にある布は大体 10cm x 20cm 位の大きさのものがほとんどで、
アメリカで19世紀以降一般的になったようなきれいなパターンを形成するためには切断しなければなりません。
これがどうしても性に合わないんです。

で、ちらほら見かけた日本のやり方なら、少し大きな不定形の布を、あまり切らずに最大限活かせるのではと思った次第です。
目指すところは、庶民の普段着に毛の生えた程度です。

もっと小さな、切手サイズくらいの布が沢山たまってきたら、またキルトをやろうと思います。
ご紹介の著者や本を参考にさせていただきます。そして何より、自分なりの「いい塩梅」を探ろうと思います。

お礼日時:2008/03/05 23:17

寄せきれは初めて知りましたが、(教えてくださって、ありがとうございます)



「不整形に切られた異なった色や文様の裂を縫い合わせて布面を作る方法」

とありますから、縫い合わせてあるだけでしょう。

端の始末は、裏をつけるなら切りっぱなしでも言いでしょうし、

作るものによって、ロック等始末すれば良いのではないでしょうか。

元になる型紙に自由に線を入れ、そこで縫い合わせるように縫い代分をつけて(1cm)裁断すればいいと思います。

一つ一つきれいに割ってから次を縫えば、ゴロゴロする事はないと思うし、このようなキモノの場合では、あまり厚みの違う生地を縫い合わせるのは、形がきれいに出ないと思います。薄い生地が負けてしまいますから。

ジのメは、写真を見る限り、どの柄も縦に地の目が通っていますね。
コレは裁縫の基本だと思います。型くずれしないように通しておくべきだと思いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。縫い合わせているだけなんですか。ちょっとびっくりしました。
しかし地の目は通すのですね。私はそこまで判断できなかったので助かりました。
なるほど、型紙に線を入れるようにすれば、布団カバーや着物のような平面なものだけではなく
シャツのような洋服でも何でもできそうな気がしてきました。・・・問われるのは製作者のセンスですが(^^;
ポイントを押さえて丁寧に作業してみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/05 22:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q接着芯とキルト芯の違い(布絵本作成中です)

布絵本を作っています。初めてのことなので本を見ながらです。

手芸にも詳しくなく初心者の質問ですが誰か教えてください。

絵本の台布ではなく、アップリケ(人形や食べ物など)を作る時、接着芯をはさむものと、キルト芯をはさむものがあります。接着芯はアイロン使用と言うのは知っているんですが、この2つの使い分けが分かりません。
どこかにくっつけるのではなかったらすべてキルト芯で良いのではないかなーとか思います。

ちょっと本は難しいので、自分で簡単なパーツやアップリケを応用して作りたいのですが、この違いが分からず先に進めません。
補足した方がよい点がありましたらお知らせください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

接着芯は、片側に糊がついています。材質は紙と布があり、厚さもいろいろです。
(裾上げテープのように両面糊のものもありますが基本的に片側です)
アップリケの布をどこかに張りつけるために使うのではなく
アップリケの布自体に接着芯を張りつけるのです。
布に接着芯が糊付けされるので、下の方の言われるように布に張りが出ます。

見た目の違いですね。
全部もこもこにしたければキルト芯でOKですし。
キルトをはさまないなら、接着芯を張っておいた方が
強度も上がり、ピッとしますよ。

Qアップリケキルトの土台布選び

アップリケキルトを作ろうと思っているのですが、土台の布選びで迷っています。白地の無地の布(コットン)を使いたいのですが、特に適した布の種類などあるのでしょうか?あと、もしオススメのブランドなどおありでしたら、是非教えてください!宜しくお願いします。

Aベストアンサー

キルトの使用目的で多少違ってきますが、
土台布はエイティースケアー、シーチングなど、針通りが良くて、
普通~中よりやや薄いくらいの厚みの生地が適しています。
手芸店でパッチワーク用として売られている生地なら
ほぼこれに相当すると思います。
ブロードは生地が硬く、長く使用していると裂けることがあるのでお薦めできません。

私はエイティスケアー(メーカーは各社あります)をよく使います。
白地は各社とも定番品なので純白かオフ白かを確認して購入してください。

アプリケ布とバッキング(裏布)は土台と同じか、土台より薄い生地を選んでください。
土台より厚い、硬い生地にするとキルティングをした時のふっくら感が
出にくいです。
ステキな作品ができるといいですね。

Q厚手布、普通布、薄い布に合う手縫い用糸番手の番号は

厚手布、普通布、薄い布に合う、手縫い用の糸の番手の番号って決まっていますか?
たとえば、厚手布にあうのは10番、普通布に合うのは20番、薄い布にあうのは30番みたいに決まったのってあるのでしょうか?
ミシン糸なら分かりますが、手縫い糸は検索しても分かりません。
今まで母のお古の手縫い糸を使っていて、使い切ってしまって買いに行きたいのですが、手縫い糸についての知識がなかったことに気が付き、困っております。
ネットで通販サイトを見ても厚手用とか普通布用とか書いていません。
教えてください。

Aベストアンサー

・オーガンジー等の薄手生地には80番
カード巻糸なら30番
大黒糸業のフェザナには40番があります
・ブロードやシーチング等の普通生地なら80~60番
カード巻糸なら30~20番
・デニムやコーデュロイ等の厚手生地なら60~50番
カード巻糸なら20番

メーカーによっても若干糸の太さが違う事もあるし
色揃えの多い&少ない事があり,生地の色に合わず浮いて目立つ事があるかも・・・
生地にも同じ事が言えます
同じシーチングのはずなのに薄手&厚手に見えるものもあります

Q広範囲で布と布をつけるには?

小窓にカーテンを作ろうと思います。

カーテン用の遮光の布と表側の柄の生地をつけたいのですが、どんな方法がありますか?

ワッペン等になら、布用ボンド等で対応するのですが、固くなっちゃいますよね。今回はあまり固くしたくないんですが・・・無理でしょうか?

両面接着シートは大きさが足りないです。

パッチワーク等のかり止めスプレーみたいな感じで(使った事は無いのですが)本当に接着できる物があればなぁと思うのですが・・・。

Aベストアンサー

あら…失礼しました(^-^;)
「広範囲でべったりとめる」のですね?

布ですと、染み込む分も考えなければならないので、ある程度強力じゃないと無理かもです。
http://item.rakuten.co.jp/kys/sn99/

一部分だけをとめて、風で布同士がずれて動くのも可愛いと思いますけど、それじゃ駄目なのかな?(^-^;)

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/kys/sn99/

Q伸縮する布としない布の縫い合わせ

質問させて下さいm(_ _)m

舞台衣装に使うような、伸縮するスパンコールニットでスカートを作ろうとしています。が、そのままでは裏地が透けてしまうので、ニットと同じ色のサテンを、ニットに重ねて一緒に縫うことにしました。

でも実際縫おうとしたら外側のニットだけが自重でたるんでしまい、内側のサテンと長さが合いません(バルーンスカートみたいに、内側だけが短くなります)。

仕方なくあらかじめトルソーに着せた状態で裾をしつけ縫いして合わせようかなと思うのですが、他にいい方法は有りますでしょうか?
市販のスカートのように、裾同士は縫い合わせないでそれぞれで三つ折りにすると綺麗なんですが、この後の工程で裾までピッチリ別の裏地と縫い合わせたいので、どうしてもその前にニットとサテンを縫い合わせたいと思っています。

伝わりにくければ補足しますので、宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

No,1で回答したものです。補足させてください。余計なことでしたら、申し訳ありません。。。

トルソーが無ければ、裾あげの前にスカートをハンガーなどで形がゆがまない様につっておいて、裾をあげる時は人に着せるのがいいです。
一番いいのは、生地の状態でもスカートに使用する生地方向でたらして置くといいですね。
●生地の垂れ分をパターンでカット(短く)してしまう
●表の2枚重ねのスカートを生地がつれない程度に縦に接ぎを入れ、表と裏を一緒に縫いハリを持たせる(接ぎが目立たない生地であれば)接着芯が貼れない生地の仕様です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報