新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

窒素ってなんで空気中で一番割合が高いんですか?
主にどのような場所で発生?するのでしょうか?
ふと気になったので^^;
誰か知っている人がいたら教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

地球上に存在する元素を重量パーセント順に並べたものがクラーク数ですが、


1位の酸素は49.5%で、それに対し窒素は16位の0.03%です。
ちなみに大気は地球の総重量の0.03%ですので、
窒素はほとんどが大気中に存在することになります。

ところが、酸素は反応性が極めて高く、
鉱物とすぐに酸化物を作ってしまい(鉄などだと錆ですね)、
主に地殻中に存在するわけです。
対して窒素は反応性があまり高くないため、
大気中にそのまま存在します。
アルゴンが大気中に1%存在し、
大気中元素の第3位を占めるのも同じ理由です。

窒素は、従ってあまり「発生」しません。
ただし、ある種の細菌は、窒素を反応させて水に溶けやすい形に変え、
それを植物が吸収します。
そして、それを動物が食べることで、我々の体に窒素が供給されます。
(蛋白質は主に炭素、酸素、水素、窒素で構成されるため、生物には窒素は必須です)
ですので、動物の死骸が細菌等によって分解される際、
窒素が大気中に再び戻るわけです。

それでは、現在地球上に存在する窒素はどこから来たかといいますと、
太陽系形成の際、宇宙に薄く広がっている元素を、
地球の元となる塊が重力で拾い集めた際に得られたものです。
それも元はといえば、
昔太陽系付近にあった大きな星が超新星爆発をした際に、
核融合によって合成され、
それがばらまかれたものです。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。
分かりやすく理解しやすかったです。

お礼日時:2008/03/16 14:31

どうも、クラーク数は地表付近のみでしたね。


失礼しました。
    • good
    • 1

皆様のお答えでほぼご理解頂けたと思いますので、追加だけ。


1.#3のお答えのように、元素としての窒素の起源は地球の遠い祖先である恒星が、超新星として消えるまでの間に蓄積され、原始太陽系が生じるときに、他の惑星と同じように地球にも蓄積されたと思われます。
2.#2、#3のお答えのように、窒素は「地球全体の元素の比率」で見るとかなり小さい割合しか占めていません。
3.#3のお答えにあるように、地圏に占める割合は、非常に小さなものです。なおクラーク数は岩石圏(地表から10マイル、93.06重量パーセント、未だに10マイルなのかな?)、水圏(同6.91%)、気圏(同0.03%)の元素比率ですので岩石圏下のプレート、マントルは別扱いです。wiki↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9% …
4.地圏において、窒素は酸素に比べその反応性の低さから、大きな比率を占めるに至りませんでした。金属窒化物を幾つ暗記されておられるでしょうか?
5.木星型惑星では窒素がアンモニアの形で存在し、重力のために液体窒素が下層付近にあるのではないかと考える人もおりましたが、最近の観測では、分からなくなったというのが本音でしょう。
http://www.seed.pro.or.jp/~kin/jupiter/yuseijin/
http://www.nhk.or.jp/school/junior/yougo22.html
6.酸素は当初気圏にはほとんど無く、光合成細菌が発生して水から酸素を生じさせるようになった後も、水中の鉄などが先に沈殿して鉄鉱脈を作った後、気圏に現れました。生物にとって酸素は非常に有毒な物質でありましたが(現在でも同じ、スーパーオキシドディスムターゼなどによる解毒が必要)、ミトコンドリアの祖先である好酸素細菌が他の生物内に取り込まれる事により、生物の炭化水素化合物代謝効率が飛躍的に向上し、地球は住みやすい星になったわけですが、これでも大気中に酸素が蓄積し、オゾン層が出来て短波長の紫外線を遮って呉れるようになるまで地上はは赤はだかだったはずです。
窒素から脱線してしまいましたが、大気中の窒素は地球の歴史をじっと見ていたと言えるのではないかとしみじみ感じます。
m(_ _)m
    • good
    • 4
この回答へのお礼

補足説明ありがとうございました。
このジャンルについては無知なので
くわしく勉強したいと思います。

お礼日時:2008/03/16 14:35

 happy2bhardcoreさんの答えで合っていると思います。


多分、地球が出来るときに重たい元素は中の方に集まってマントルや地核を作り、軽い元素は一番外側で大気を作りました。出来た時の大気の組成はお隣の金星、火星と似たりよったりだったと思われます。
金星:二酸化炭素96% 窒素3.5%
火星:二酸化炭素95% 窒素2.7%
地球もやはり二酸化炭素が多かったのですが、植物プランクトンが大発生した結果二酸化炭素は光合成により取り込まれて大量の酸素が大気中に放出されました。ただ、酸素は反応性が大きいのでいつまでも大気中にいることなく、酸化物を作り固定されてしまいます。その様なわけで、光合成で取り込まれることもなく、化合物を作りにくい窒素が大気中に多く”残された”と考えられます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど。分かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/16 14:27

窒素は反応性が乏しいから?


自信なし
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2008/03/16 14:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ空気中に窒素あ80%もあるのか

 なぜ空気中には窒素が80%近くもあるか。

 酸素が多すぎ(60%以上)ると酸素中毒になるとか、窒素が多すぎると、文字通り窒息死する、というところまでは分かったのですが、なぜ、地球上には窒素がこんな(約80%)にも多いのでしょうか。
 もっと酸素の割合が多くてもよさそうなものですが。

 『酸素が約20%+窒素約80%』前後というのが、生態系において、最も快適あるいは都合のいいバランスなのでしょうか。


 どうか教えてください。

Aベストアンサー

たぶん、ですが窒素の量は最初から決まっているんでしょうね。
堆積岩などに閉じ込められる分も多少はあるのかもしれませんけど。

で、酸素のほうですが、何億年というスパンで見ると酸素濃度はそれなりに上下しているようです。
古生代は酸素が現在の2倍近くあって、昆虫や動物は現代より活発に動き回っていたなんて話も聞きます。現代では考えられないような巨大なムカシトンボなどが飛べたのも、ひとえに生体が豊富な酸素を使えたから‥という話です。
逆に火山活動や気候変動の影響で酸欠気味の時代もあったようです。

窒素はどうか分かりませんが、酸素・炭素については、海に溶けたり、鉱物に形を変えたり、空気中の炭酸ガスになったり、いろいろなので生態系・気候・太陽活動などのバランスで酸素や二酸化炭素の濃度は上下してもおかしくはないはずです。
いずれにせよその都度適応した生物が栄えた訳でしょう。

あと酸素が多すぎると何でもかんでも燃えやすくなるので、山火事などで酸素が消費されて、結局それほど濃度はあがらない‥という話も聞いたような気がします。

何だか自信なさげな回答で恐れ入りますが。

たぶん、ですが窒素の量は最初から決まっているんでしょうね。
堆積岩などに閉じ込められる分も多少はあるのかもしれませんけど。

で、酸素のほうですが、何億年というスパンで見ると酸素濃度はそれなりに上下しているようです。
古生代は酸素が現在の2倍近くあって、昆虫や動物は現代より活発に動き回っていたなんて話も聞きます。現代では考えられないような巨大なムカシトンボなどが飛べたのも、ひとえに生体が豊富な酸素を使えたから‥という話です。
逆に火山活動や気候変動の影響で酸欠気味の時代もあ...続きを読む

Q元素と原子の違いを教えてください

元素と原子の違いをわかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい話は、抜きにして説明します。“原子”とは、構造上の説明に使われ、例えば原子番号、性質、原子質量などを説明する際に使われます。それに対して“元素”というのは、説明した“原子”が単純で明確にどう表記出来るのか??とした時に、考えるのです。ですから、“元素”というのは、単に名前と記号なのです。もう一つ+αで説明すると、“分子”とは、“原子”が結合したもので、これには、化学的な性質を伴います。ですから、分子は、何から出来ている??と問うた時に、“原子”から出来ていると説明出来るのです。長くなりましたが、化学的or物理的な性質が絡むものを“原子”、“分子”とし、“元素”とは、単純に記号や名前で表記する際に使われます。

Q畑の窒素分を減らすにはどうすれば良いでしょうか?

牛糞貯蔵場だったところの近所を家庭農園として借りております。
サツマイモ・ジャガイモを植えても葉ばかり茂り、作物は小柄で特にサツマイモは美味しくありません。
窒素分が多ければ葉ばかり茂る・・といったことを良く聞きます。
ではどのようにすれば多すぎる窒素分を減らす、あるいは中和することが出来るでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

まず土壌診断を農林業振興センターでしてもらってくださいたぶん無料だと思います。分析項目はpH、EC(電気伝導度)、総窒素、硝酸態窒素、可吸態リン酸、カリ、可吸態カルシュウム、マグネシュウム位です。このなかで問題になるのはECと硝酸態窒素、塩基バランスといつてカリ、カルシュウム、マグネシュウムのバランスです。農業改良普及員が改良の基準を作ってくれます。牛糞堆肥はpHは7~8ありますから酸性になることはあまりありません。堆積した年数にもよりますがカリと硝酸態窒素が集積している可能性が多いですECと硝酸態窒素には厳密な関係があります。塩類が集積すると塩類障害が起こります。とくにカリが集積すると顕著に出現します。
対策はイネ科のギニアグラス、やオーチャードグラス、ソルゴーなどを栽培し畑に鋤き込むのではなく刈り取ってはたけの外に持ち出す。これによりカリや硝酸態窒素を吸収できます。トウモロコシも大量にカリや窒素を吸収しますから食用トウモロコシを栽培するのもいいでしょう。からは畑の外にもちだしてください。2年作るとほぼ正常な化学性になると思います。それでもカリ分が高いときは赤土などの肥料分のない土を客土するか重機を使って天地返しをするしかないと思いますがカリ分は下層まで集積していることが多いので天地返しをする前に下層のカリ分を調べてください。カリの集積した土壌の改良は専門家でも難しいのです。毎年の土壌分析の結果を見て農業改良普及員や専門技術員などの専門家と相談してください。
  

まず土壌診断を農林業振興センターでしてもらってくださいたぶん無料だと思います。分析項目はpH、EC(電気伝導度)、総窒素、硝酸態窒素、可吸態リン酸、カリ、可吸態カルシュウム、マグネシュウム位です。このなかで問題になるのはECと硝酸態窒素、塩基バランスといつてカリ、カルシュウム、マグネシュウムのバランスです。農業改良普及員が改良の基準を作ってくれます。牛糞堆肥はpHは7~8ありますから酸性になることはあまりありません。堆積した年数にもよりますがカリと硝酸態窒素が集積している...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Qなぜ100度になっていない水も蒸発するのでしょうか?

中一の子供に
「水は100度で蒸発するって習ったけど、部屋や外に置いてある水が、沸騰してないのに、ちょっとずつ蒸発してるのはなんで?」
と聞かれました。
どなたか中学生にもわかるように、説明していただけるかたいらっしゃいませんでしょうか!(自分もそういわれると、気になってしょうがなくなりました・・笑)

Aベストアンサー

 「今日はじめじめしてますね」とか、「異常乾燥注意報発令中」とか聞いたことありませんか? どれも、湿度つまり空気中の水蒸気の量を問題にしている言い方です。もっと直接的には「今日の○○時の湿度は△△%程度です」などという表現をすることもあります。

 この湿度というのは何を基準にしているかというと、その時の温度で、空気中に存在することが可能な水蒸気量です。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるというわけです。

 さて、液体の水は、互いに結びついて完全に固くはならない(氷にはならない)けれど、完全に切り離されてばらばらにもならない(水蒸気にならない)状態にある水の「分子」の集まりです。この集まりの中には、ちょっと"元気な"分子もいて、中には空気中に飛び出してしまうものがあります。一方、空気中の水蒸気の中にはちょいと"元気"がなくなって、"おとなしくしている水"の仲間に加わるものもあります。

 このような性質を持つ水を、空気といっしょに密閉容器に半分くらい入れて温度が一定の状態に保ってみましょう。最初は水蒸気がなかった、つまり完全に乾燥した空気があるとします。初めのうちは、水の中の"元気者"がどんどん出て行って空気中に広がり、湿度が上がっていきます。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるので、そのうち容器の中の空気は水蒸気でいっぱいになってしまいます。湿度100%です。こうなってしまうと、後は、ちょいと"元気がなくなって"水に戻る分子と"元気よく"水から飛び出す分子の割合が等しくなって、見かけ上何も変化が起こらなくなります。

 密閉容器の場合は、上記のようになりますが、水が部屋や外にある場合は、空気は大量にありますしどんどん入れ替わりますから、周囲の空気の湿度が何かの理由で100%にならない限り、水からは分子が逃げ出す一方になります。そのために、からっとした季節には、雨上がりにあった水たまりがいつの間にか蒸発してなくなったり、洗濯物がよく乾いたりするわけですね。逆にじめじめした季節には乾きが悪くなります。

 ちなみに、水は1気圧のもとで100℃で沸騰します。このときも蒸発は起こっていますが、水の表面ではなくて内部でいきなり気体になる(この現象を「沸騰」と呼んでいます)分子の方が圧倒的に多くなるので、目立たなくなります。

("元気"のような擬人的な表現を使いましたが、本来は"運動エネルギー"のような物理用語を使わなければいけません。中学生にもわかるように、ということですので、敢えて"禁断の"表現法を使いました。)

 「今日はじめじめしてますね」とか、「異常乾燥注意報発令中」とか聞いたことありませんか? どれも、湿度つまり空気中の水蒸気の量を問題にしている言い方です。もっと直接的には「今日の○○時の湿度は△△%程度です」などという表現をすることもあります。

 この湿度というのは何を基準にしているかというと、その時の温度で、空気中に存在することが可能な水蒸気量です。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるというわけです。

 さて、液体の水は、互いに結びついて完全に固くはならない(...続きを読む

Q重曹+クエン酸→二酸化炭素 の化学反応式

自由研究に書きたいのですが、調べてもなかなか出てきません。知ってる方お願いします。
また、「3」と「₃」などの区別もしていただけると助かります。

また、期日が迫っているので、なるべく早くお願いします。

自分でろくに調べないくせに、催促するなんて、とんだゆとりだと思われているかもしれません。ごめんなさい。しかしこれに頼らざるを得ない環境を作ってしまいました。反省しています。来年はできる限り自力で頑張ります。ごめんなさい。

Aベストアンサー

先ず質問者さんがどこまで化学を知っているのか?というところが分からないので,知っているであろうと思われる内容を含めて回答します.


重層とは炭酸水素ナトリウム(NaHCO₃)で炭酸イオン(CO₃2-:2-は上付き文字で2価の陰イオン)とナトリウムイオン(Na+ 1価の陽イオン),水素イオン(H+ 1価の陽イオン)から成るイオン性化合物です.

一方クエン酸はIUPAC命名法においては2-ヒドロキシプロパン-1,2,3-トリカルボン酸(HOOC-CH2-CH(OH)(COOH)-CH2-COOH 式中の2は下付き文字)という3価のカルボン酸です.
カルボン酸というのは有機物の酸と考えて下さい.

反応式はクエン酸中のカルボン酸1つと炭酸水素ナトリウム中のナトリウムが反応して,クエン酸ナトリウムと水,二酸化炭素が生成します.

反応式(式中の数字は全て下付き文字 クエン酸中の-は結合の手を示しています.)
HOOC-CH2-CH(OH)(COOH)-CH2-COOH + NaHCO3 →HOOC-CH2-CH(OH)(COOH)-CH2-COONa + H2O + CO2↑

式中の数字について,今回の反応式では全て下付き文字ですが,数字の書き方のルールとして分子中に含まれる元素の個数は下付き文字で書きます.書く場所もその元素の右下です.例えば組成式ではクエン酸はC6H8O7と書き,その数字は全て下付きです.
一方mol数を書くときはその分子より前で普通の大きさの数字を入れます.
例えば硫酸に水酸化ナトリウムを反応させて,硫酸ナトリウムと水が生成する場合では

H2SO4 + 2NaOH → Na2SO4 + 2H2O

と書きます.元素の個数で考えれば2H2Oの場合,H2Oが2つ有る意味になるのでHは4,Oは2つ有る事になります.

参考URL:http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/kagakukiso/archive/resume030.html

先ず質問者さんがどこまで化学を知っているのか?というところが分からないので,知っているであろうと思われる内容を含めて回答します.


重層とは炭酸水素ナトリウム(NaHCO₃)で炭酸イオン(CO₃2-:2-は上付き文字で2価の陰イオン)とナトリウムイオン(Na+ 1価の陽イオン),水素イオン(H+ 1価の陽イオン)から成るイオン性化合物です.

一方クエン酸はIUPAC命名法においては2-ヒドロキシプロパン-1,2,3-トリカルボン酸(HOOC-CH2-CH(OH)(COOH)-CH2-COOH 式中の2は下付き文字)という3価のカルボン酸です....続きを読む

Qどうしてオキシドールで酸素が発生するの?

大根やにんじん、ごぼうを大根おろしですったものに、
オキシドールをかけると酸素が発生する理由を
教えてください。

他の質問の回答にあった、「カタラーゼ」という酵素は
どんなものか、分からないので詳しく説明していただけますか?

Aベストアンサー

オキシドール(過酸化水素)は
2H2O2 → 2H2O + O2
つまり2分子のオキシドールが分解して水と酸素になります。カタラーゼというのは酵素(こうそ)の一種で生物の中で化学反応を触媒しています。触媒というのは反応を行い易くしていると考えて下さい。カタラーゼは上にあるような反応式で分解しますが。カタラーゼがあるとこの反応が更に行きやすくなり、酸素が泡となって見えるほど出てきます。
簡単に説明するとこんな感じです。詳しいことは下のホームページなどでお調べ下さい。

http://kilkhor.cc.iwate-u.ac.jp/e-haku/kokabou/1998honbun.html

参考URL:http://www3.justnet.ne.jp/~konan/waku/a-0720.htm

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Q宇宙の中心はどこ?

現在、宇宙はすごい速度で膨張しているといわれていますが、どこを基準にして膨張しているのでしょうか、ビッグバーンがおきたのは、現在の宇宙のどの
へんなのでしうか?
関連の本によると、風船が膨らむように、宇宙がふくらんでいて、とくに中心はないとかいてありましたが
風船が膨らむのは空気の取り入れ口を中心に膨らんでいるとおもうのですが。
過去に同じ投稿があったか検索しましたが、わからなかったので質問します。

Aベストアンサー

 よく風船が例に出ますよね。ただし、風船を立体として捉えるのではなく、風船の表面だけを見てください。

 たとえば、風船の表面の数カ所にマジックで印を付けます。風船をふくらませると、それぞれの印がお互いにほぼ均一に離れていって、特に中心というのはないはずです。
 あるいは、球の表面を考えてください。立体としての球の中心はありますが、面(2次元)の世界として、球の表面に中心はありますか? ありませんよね?

 宇宙のとらえ方はきわめて概念的・論理的なものです。そのまま形にすることはできないので、単純化して2次元(面の世界)のモデルとしてよく例えられるのが、風船の表面です。

Qカチオンとアニオンとは?

最近、化学を勉強し始めました。
カチオンとアニオンが分かりません。
テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとありますが、分からないため、それらの結合次数が求められません。
基礎かもしれませんが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

> カチオンとアニオンが分かりません。

 既に回答がありますが,カチオンとは (+) の電荷(正電荷)を持ったイオンの事です。日本語では「陽イオン」と言います。逆にアニオンは (-) の電荷(負電荷)を持ったイオンで「陰イオン」と言います。

 『最近、化学を勉強し始めました。』との事ですので,敢えて注意しておきますが,化学の用語で「プラスイオン」や「マイナスイオン」はありません。上記の様に「陽イオン」または「陰イオン」と言います。

> テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとありますが、

 何か勘違いしていませんか? でなければ,教科書が間違っています。「CN+」や「CN-」の「+」や「-」は正電荷を持っている事及び負電荷を持っている事を示していますから,「CN+」はカチオンで「CN-」はアニオンです。つまり,「CN+ カチオン」と「CN- アニオン」です。

> CNとCNカチオン、CNアニオンの結合次数を求めていますが、使用しているテキストには等核二原子分子しか記載されておらず、異核二原子分子は記載されていません。今求めています。
求め方は違うのでしょうか?

 等核2原子分子でも異核2原子分子でも考え方は同じはずです。同じ様に考えれば良いと思います。

> CN,CN+,CN-の結合次数と結合の強さを考えたかったのですが・・・。

 どの結合の結合次数と結合の強さでしょうか? どういったレベルの話でしょうか? 『最近、化学を勉強し始めました。』との事から,勝手に「炭素・窒素間の結合」についての「初歩的レベルの話」と考えましたが・・・。

 そうであれば,「CN」,「CN+」,「CN-」で違いは無いと考えて良いと思います。それぞれの構造を考えてみれば解るかと思いますので,以下構造について説明しておきます。

 まず,炭素及び窒素原子の電子配置は,炭素:1s(↑↓), sp(↑), sp(↑), py(↑), pz(↑),窒素:1s(↑↓), sp(↑↓), sp(↑), py(↑), pz(↑) となっています。

 ここで,両原子の 1s 軌道の電子は結合には関与しませんので考えなくても良いです。で,両原子の電子1個を有する sp 軌道を使って C-N のσ結合が出来ます。さらに,両原子の py 軌道同士,pz 軌道同士の重なりによってπ結合2つが生じます。結果,CN 間は3重結合になります。

 残った軌道と電子をみると,炭素原子には電子1個の sp 軌道が,窒素原子には電子2個(孤立電子対)の sp 軌道がそれぞれ残っています。炭素の sp 軌道は窒素原子とは反対側,窒素の sp 軌道は炭素原子とは反対側,をそれぞれ向いていますので,結合に関与することはできません。したがって,その電子状態を書くと ・C:::N: となります。これが「CN」と書かれている構造です。ですので,より正確に書けば,炭素上の不対電子も示した「・CN」となります。

 この不対電子が存在する炭素の sp 軌道の電子を取り除いてやれば電子(負電荷)が1個減りますから -(-1) = +1 で「+」になります。これが「CN+」ですが,「+」電荷は炭素原子上にありますので「+CN」と書く方が正確です。

 さて,先の不対電子が存在する炭素の sp 軌道は電子を1個受け入れる事が可能です。ここに電子を受け入れた場合 +(-1) = -1 で「-」になります。これが「CN-」です。「-」電荷は炭素上にありますので「-CN」と書く方がより正確なのは先の「+CN」の場合と同じです。

 如何でしょうか。こうみれば「CN」も「CN+」も「CN-」もCN間の結合に関しては同じですね。勿論,炭素の sp 軌道上の電子の数はCN間の結合に影響が無いわけではありませんが,それを議論するのであれば『最近、化学を勉強し始めました』というレベルではないと思いますので・・・。

> カチオンとアニオンが分かりません。

 既に回答がありますが,カチオンとは (+) の電荷(正電荷)を持ったイオンの事です。日本語では「陽イオン」と言います。逆にアニオンは (-) の電荷(負電荷)を持ったイオンで「陰イオン」と言います。

 『最近、化学を勉強し始めました。』との事ですので,敢えて注意しておきますが,化学の用語で「プラスイオン」や「マイナスイオン」はありません。上記の様に「陽イオン」または「陰イオン」と言います。

> テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとあります...続きを読む


人気Q&Aランキング