ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

宜しくお願い致します。

[問]VとDual(V)をそれぞれ有限次元内積空間とVの双対空間とする。
∀f∈Dual(V),∃1y∈V such that f(x)=<x,y> (∀x∈V)

という問題が証明できません。

Dual(V)はvHom(V,C):={f;f:V→C,fはベクトル空間準同型}(Cは複素数体を表す)
の事です。
fがベクトル空間準同型とは∀v,w∈V,∀c∈C,f(v+w)=f(v)+f(w)∧f(cv)=cf(v)と満たす線形写像の事です。

内積の定義は複素線形空間Vの任意の要素x,yに対して複素数<x,y>が定まり,次の4条
件を満たす時<x,y>をxとyの内積といい,内積が定義されている空間Vを内積空間と言
う。
(i) <x,x>≧0; <x,x>=0⇔x=0
(ii) <x,y>=<y,x>~ (~はバーを表す)
(iii) <x+y,z>=<x,z>+<y,z>
(iv) <αx,y>=α<x,y>

です。
この命題を満たすyとして何を採れば宜しいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

,""」に関するQ&A: I am a stranger, myself

表 体」に関するQ&A: 名は体を表す?

A 回答 (3件)

んーー,わざわざ「射影」といったのに


証明のその部分を読み飛ばしてるとは・・・

>∃v∈V\Ker(f)でC∋)f(v)≠0(∵Kernelの定義)で∀x∈Vに対し
>f(x-f(x)/f(v)v)=f(x)-f(x)/f(v)f(v)(∵fは線形写像)=f(x)-f(x)=0…(1)

これ自体は正しいのですが,このvだと余計な成分があって駄目です。
射影もしくは「分解」とかの議論がありませんでしたか?
(何を参照したのか分かりませんがなければその証明はだめです)

vそのものではなく,
Kef(f)+U=Vのように直交分解して
v=w+u,wはKer(f)の元,uは0ではなく,Ker(f)とuは直交
となるようにします.
#これは有限次元だから可能
#けどヒルベルト空間ならこれに類することができる
このとき,
∀x∈Vに対し
f(x-f(x)/f(u)u)=f(x)-f(x)/f(u)f(u)=0
したがって,x-f(x)/f(u)uはKer(f)の元
だから,
0=<x-f(x)/f(u)u,u> (uはKer(f)の直交補空間Uの元)
=<x,u> - f(x)/f(u) <u,u>
よって
<x,u>f(u)=f(x)<u,u>
f(x)<u,u>=<x,u>f(u)
f(x) = (f(u)/<u,u>) <x,u>
= <x, (f(u)/<u,u>)~ u>
ですか.複素でやってるので
内積の後ろに方に
スカラーを入れると共役になるのに注意.

#内積があれば,双対・もとのベクトル空間・双対の双対が
#簡単になるというありがたいお話ですな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> んーー,わざわざ「射影」といったのに
> 証明のその部分を読み飛ばしてるとは・・・

すいません。ググって射影定理見つけましたが読み飛ばしてました。


> vそのものではなく,
> Kef(f)+U=Vのように直交分解して
(snip)
> #内積があれば,双対・もとのベクトル空間・双対の双対が
> #簡単になるというありがたいお話ですな

ご説明大変有難うござました。m(_ _)m
よく理解できました。

お礼日時:2008/03/07 07:20

これは


「リースの表現定理」
という定理ですので,適当にぐぐれば
証明は見つかります.
ただし,これは普通はヒルベルト空間で考える定理なので,
それを「有限次元内積空間」用に書き換える必要はあります.
#ほとんど自明ですが。。。
この定理は「射影の存在」が本質です.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> これは
> 「リースの表現定理」
> という定理ですので,適当にぐぐれば

ご紹介有難うございます。

[問]VとDual(V)をそれぞれ有限次元内積空間とVの双対空間とする。
∀f∈Dual(V),∃1y∈V such that f(x)=<x,y> (∀x∈V)
存在性の証明がいまいち分かりませんでした。

(i) V=Ker(f)の時
∀x∈V,f(x)=0で,また0=<x,0>とも書け,勿論<x,0>は線形写像をなす
(<x1+x2,0>=<x1,0>+<x2,0>,<cx,0>=c<x,0>)から
f(x)=<x,0>と書ける。よってy:=0と採れる。
(ii) V≠Ker(f)の時
∃v∈V\Ker(f)でC∋)f(v)≠0(∵Kernelの定義)で∀x∈Vに対し
f(x-f(x)/f(v)v)=f(x)-f(x)/f(v)f(v)(∵fは線形写像)=f(x)-f(x)=0…(1)
そして,<x-f(x)/f(v)v,v>=<x,v>-f(x)/f(v)∥v∥^2=<x,v>-f(x)/f(v)<v,v>=<x-f(x)/f(v)v,v>
でこれが0になる事が分かりません。多分(1)を使うのでしょうがどうして(1)から0がいえるのでしょうか?

お礼日時:2008/03/06 04:30

>この命題を満たすyとして何を採れば宜しいのでしょうか?


具体的に y を求める必要がないことと、V が有限次元であることに注意するだけです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング