ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

今朝NHKで玉虫厨子を復元する作業についてのニュースを見ました。日本史の資料集で見た時はどこが玉虫?って感じでしたが今朝のニュースでは6600枚もの玉虫の羽を貼ってあってとても神秘的な輝きをしていました。その玉虫厨子の本体に描かれた絵について教えてください。

日本史の参考書でその絵が捨身飼虎図だということは分かりましたのでググって見ました。お釈迦さまの前世の王子が飢えた虎の親子をかわいそうに思って自分の体を食べさせたという話でした。
ここで疑問なのですが…王子なんだからお城で飼えば良いんじゃないでしょうか?その日王子の体を食べた虎の親子は何日かは生き延びるけど数日後同じように飢えたらどうなるんでしょう。それに王様が自分の子供を食べた虎を生かしておくとも思えません。国中で虎狩がされるかもしれませんよね?そう考えると王子の行動は意味があったのでしょうか…というのが今回の質問なのです。

もちろん、深い意味があるのだろうとは思いますので、お釈迦さまの前世での行動について意義を解説してくださると助かります。

皆さんどうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

#5です。

忘れてました。捨身飼虎の話は日本の古典でも読むことができます。お勧めなのが、「三宝絵詞」、現代思潮社の版には現代語訳もついています。この上11の説話です。金光明経に基づいたもののようです。みごとな和文で書かれています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01561704
 話の要約ならネットで読むこともできますが、要約ではもうひとつ王子の気持ちが伝わってきません。たとえば、次のブログにも要約が掲載されています。参考までに。
 http://blogs.yahoo.co.jp/kyomutekisonzairon/1682 …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

この質問に最後までお付き合いしてくれて本当にありがとうございました。

和訳の部分読みました。こういった前後関係があるのなら王子の行動も納得です。おかげで大変スッキリしました。

また質問をしたときに是非ご教授ください。

お礼日時:2008/03/14 20:24

 ANo.6でご紹介した私の読書は、必ずしも輪廻転生に敷衍しているものではなく、ブラフマンと創造界のことが主題になっております。


 不顕現、超越なるブラフマンは創造の意識の側面、半月の方に輝くブラフマという存在(意識)になり、一切を自己としてリフレクト、見つめ、シミュクラ形象形成します。ですから創造界とその内容はブラフマの姿、意識、観念の投影、形象となっている。
 互いに異なる存在として、個別意識の人間と雀も一なるブラフマの観念でしかなく、同じ一なるひとり子、普遍者でしかない。
 それはオーという創造vibration、ウーという継続維持のvibration、そしてムーという自己への溶かし込みのvibrationの連鎖の中の各一形態たちでしかない。
 一なる創造者の個別的見方でしかない。だから雀はブラフマであり、ブラフマは雀であり、全てはブラフマであり、ブラフマは全てである。それは全く全部一でしかない。ということ、その連鎖、生々流転と帰着を象徴しようとする、比喩なのだそうですよ。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答&追加情報ありがとうございます。お礼が遅くなって失礼しました。

すぐにはkrya1998さんの言っている意味が理解できないと思います。自分の中でじっくりと考えてみたいと思います。

お礼日時:2008/03/14 20:20

#5です。


>死んでしまっては終わりなのではないでしょうか?
 死んで終わりというのは無宗教の現代人の考えで、当時の人は輪廻を信じていました。この世ですべてが終わるわけでありません。サッタ王子にとって大事なことは涅槃の境地だったのでしょうね。
 参照した「漢訳仏典」に収められている捨身飼虎の話ですが、金光明経ではなく、「菩薩本生鬘論」です。この経はJataka Malaから訳出したとされてはいるものの、手に入るこの刊行本はこの漢訳本の直接依拠した原典ではないと書かれています。もとはパーリ語、もしくはサンスクリットの原典があったと思われますが、現在確実に原典とされるものはわからないようです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足に対しての回答ありがとうございます&お礼が遅くなってすいません。

確かに他の回答を読んで自分の考えは現代人の価値観なんだと気付かされました。輪廻転生を前提に考えれば王子の行動も意味があるのだとわかりました。

負け惜しみを言うわけではありませんが捨身飼虎の絵にこんなにも深い意味があるって大勢の人にもっと知ってもらいたいと思いました。

お礼日時:2008/03/14 20:15

漢文原典


ということは捨身飼虎は中国で書かれたのでしょうか。インドではなく>>>>>もとは、サンスクリット語(古代インドネパール語)です。

Suvarl aprabh sa(黄金の輝き)の成立は4世紀ぐらいと考えられているようだ。それの漢訳が数種あるが、最古のものが曇無讖[どんむせん]訳『金光明経』4巻(5世紀初め)である。義浄訳『金光明最勝王経』10巻(長安3年703)が、「最勝王経」という経典。
漢訳以外に、チベット訳、ウイグル語・満州語・蒙古語などに訳されて東アジアに広く普及したことが知られる。義浄訳の『金光明最勝王経』が日本に舶載されたのは、漢訳ができたわずか15年後だという。そして、国分寺の七重塔に納めて、仏教による律令国家の精神的支柱にしようと聖武が詔を発したのは、その後20余年後のことである。
ただ、日本の文献資料に最初に出る「金光明経」は、『日本書紀』の天武天皇5年(677)11月に甲申[きのえさる 20日]に、使ひを四方の国につかはして、金光明経・仁王経を説かしむ。
と述べられているものである。これは、曇無讖訳『金光明経』がすでに日本に入っていたことの証拠になる。

と、あります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。&お礼が遅くてすいません。

専門的な解説ありがとうございます。多分図書館にも無い経典ですので将来そちらの方面の研究をする場合には参考にさせていただきたいと思います。

日本人は仏教徒が多いと思いますがboobooxさまのようにお経に詳しい仏教徒は少ないと思いますので、こういった場所で知り合えた事を光栄に思います。

お礼日時:2008/03/14 20:10

 律儀にご対応ありがとう。


 もう一つ。ヒンドゥの本で、人間が空腹で歩いていたら、枝の雀が、可愛そうに、私を上げましょう。といって身を投げ出したそうです。
 まぁお話かな。事実でもありうる経験は私個人はないではないが。
 雀は創造の、維持のそして消滅の神であった。神は雀であった。
 神は全てであった。
 こうして創造し、維持し、自己の中に溶解させ、消滅させていく。
 というような話は、伺っております。
 下のURLはアメリカの本部です。日本には支部はありあせん。
 URLも当然ありません。でもあちらにたくさんの修道僧・尼さんがいっており、日本語のメールも大丈夫ではないでしょうか。
 インド発祥ですから、そこにも本部はありますが、私達はアメリカと繋がっています。
  
 

参考URL:http://www.yogananda-srf.org/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度回答ありがとうございます。

インドの哲学は日常の中にも輪廻があるのですね。参考になります。参考URLは英語だったのでよく読んでからメールするかどうか考えたいと思います。
このサイトでは日本語で質問ができ回答も日本語でもらえるので本当にありがたいと思います。

お礼日時:2008/03/10 18:11

是非とも原典を読んでください。

中国の古典シリーズ10「漢訳仏典」学習研究社の冒頭に原文の書き下し文と現代語訳が載っています。漢文原典ならネットで読むことはできるのですが、現代語訳はネットにはないでしょう。原典には身を捧げるまでのサッタ王子の苦悩が明確に書かれています。王子の言葉の現代語訳の一部だけ引用しましょう。
「わたしは、過去、百千の限りなく繰り返す生において空しく滅びてきたのみで、今まで世のため、人のために何の益ももたらしたことはなかった。・・・(中略)・・この身は糞尿のように不浄な身体を持っているだけだ。わたしはこの身を捨てて最上のニルヴァーナ(悟り)を求めよう」
欣求浄土、厭離穢土という言葉がありますが、王子ははげしい厭世観を持っていました。それ以上は是非図書館等で原文を読んでください。
 そもそも現代の倫理観を2000年前のインドの世界に持ち込んでも意味がありません。昔の人の価値観は現代とは違うのです。徒然草とか読んでも書いてありますが、野生動物を檻に入れて飼うなどということは仏教倫理に反することだったのです、動物はもと棲んでいた森に帰りたいもの、子供が殺されたからと言って狩りをしてその動物を殺したりすることも仏教倫理に反します。仏教では動物を殺してはいけないのです。人間は無数の輪廻を繰り返し、また動物に生まれ変わるかもしれないのです。動物に対しても人間に対するのと同様に同胞愛を持つべきなのです。

この回答への補足

すいません、お礼を書き損なっていました。改めて回答ありがとうございます&お礼が遅くなりすいません。

>>漢文原典
ということは捨身飼虎は中国で書かれたのでしょうか。インドではなく?学校の図書館には中国の古典シリーズがありませんでしたので別の図書館に行ってみたいと思います。

補足日時:2008/03/10 18:14
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>>王子ははげしい厭世観を持っていました
この部分については納得できるのですが疑問もあります。死んでしまっては終わりなのではないでしょうか?

>>現代の倫理観を2000年前のインドの世界に持ち込んでも意味がありません
この部分については100%納得です。おかげでこの質問の疑問は解消しました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/03/10 18:08

「捨身飼虎」は『金光明最勝王経(こんこうみょうさいしょうおうきょう)』の中にある「捨身品」に説かれるものです。



一見グロテスクな内容ですが、この説話は何を象徴しているのでしょうか?
私は「飢えた虎の親子」とは過去・現在・未来にわたって生き続けるもろもろの人々(衆生)を表すと。
そして王子は釈尊の前世の姿ですが、それと同時に大乗仏教を信じ、衆生の救済のためには身命を惜しまないその決意を表す、つまり菩薩の心を表す。
肉体を食わす(命を捨てる)というのは、世間的な名誉や営利、名声を求めないことを意味すると思います。肉体は死ねば消えてなくなりますね。つまりこれらの世間的価値観は時代、地域、環境によってコロコロと変わり不変ではない。
そしてこの話では、食われた王子の骨は光り輝いていたとあります。ここでの骨とは、大宇宙にある絶対不滅なる真理(悟り)を象徴していると思います。
すべての衆生はそれに気付いているか、気付いていないかの違いはあれでも真理を有している。だからこそ菩薩(自身の悟りを求めると同時に、衆生救済を実践する修行者)は、世間的な価値観を顧みずに衆生救済を行うということを表していると思います。
教典中は王子は「釈尊の前世」としていますが、同時に私たちもこのような心で生きていくことを説いている。決して表層的に見て「自殺をしろ」と言っているわけではないことは、誤解しないでください。

なお「金光明経」は自身が今まで重ねてきた(重ねたであろう)罪を懺悔(さんげ)することの重要さを説き、そしてこの教えを実践することで四天王や弁才天などの天神や鬼神が、国土の平和と安寧を守るという護国の思想が説かれます。
そして国の平和は、国王が正しい行いをすることにより、鬼神の守護を得るとありますので、その点でも“王子が飢えた虎に身を捧げる”という説話は、仏教的な護国思想とも関係あるかもしれません。

なお、聖武天皇が全国に建立した国分寺の正式名称は、「金光明四天王護国之寺(こんこうみょうしてんのうごこくのてら)」といいます。金光明経の教えによって国の安寧を祈願した寺です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家の方の回答ありがとうございます。&お礼が遅くなりすいませんでした。

>>「自殺をしろ」と言っているわけではない
さすがに、そういった誤解はしませんでしたが^^;
他の部分の解釈はとても参考になりました。とても納得できました。

お礼日時:2008/03/10 18:05

 教えはご回答の通りです。


 絵そのものは宜しいのでしたか。
http://azby.search.nifty.com/cgi-bin/search.cgi? …
 雪山童子(せつざんどうじ)で検索しててみました。
 捨身飼虎でも別のがありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

雪山童子という捨身羅刹という別の話があるのですね。勉強になります。

回答をいただいてそれ自体はとても勉強になるのですが、虎にこだわってはいけないのでしょうか。捨身羅刹も羅刹を生き延びさせてしまうのですから、この羅刹が別の人を襲ったらどうなるのでしょうか…って考えは次元が違うのでしょうかね?^^;

回答者の皆さんは悟りを得ているかのような明快なお答えですが、私のような未熟者には深い考えにいたる入り口で引っかかっている状態なのです。

お礼日時:2008/03/06 18:26

http://www.eonet.ne.jp/~kotonara/syakanyoraino.htm

釈迦前世物語で、調べてください。

天上天下唯我独尊はお釈迦さまだけが世界で唯一尊いという意味だと思ったのですが違うのでしょうか?我とは誰にとっても自分という意味なのですか?>>>>釈迦が1番偉いと言ったところで、カーストの時代に、貧乏人が、感動しますか?しませんよね。この場合、我とは、宇宙のすべてのもの(物質を含む)ですから、動物だけとは、限りません。無生物つまり、机とかを含みます。唯識論をお読みください。

仏教誕生当時のお釈迦さまの生の思想という意味ですね>>>釈迦の父親は、ヒンズー教でした。ヒンズーの神、シバ神の僕に、釈迦は、位置しますが、釈迦は、反対に、ヒンズーを邪教として、嫌いました。カーストが根本にあるヒンズーの否定、出家をしたとの話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>>唯我独尊
確かにカースト制度の中でお釈迦さまが一番エライって宣言しても新しい身分制度のスタートですもんね…けどググったら幾つかは逆の意味で書いているページもありました。私と同じように誤解している人は多いようです。

>>唯識論
ウィキの唯識論を読みましたが、今回の捨身飼虎とどうつながるのかが今一つ理解できませんでした。しかし、これは別の質問にしたいと思います。

>>カーストが根本にあるヒンズーの否定
これについては理解できましたが、マンガのブッダではバラモンになるために出家していました…マンガですから手塚治虫のアイデアが入っているのでしょうが、出家→カーストの否定(仏教の創設)だと思っていたのですが、そうではなくて出家そのものがバラモンの家系でないブッダがバラモンになることでカーストの否定だったのですね?

お礼日時:2008/03/06 18:19

これらを、多分、ジャータカ思想と言って、釈尊が生まれる前の人間としての、夢思想を、絵にしたものと考えられます。



つまり、天上天下唯我独尊と同様に、虎の命も、釈尊の命も、農民の命も、どれも、命の重さに優劣がつけられないことを、示している。また、命あるもの、いつかは滅すとも、考えているものと、想像します。

ジャータカ物語で、調べてみてください。

カースト制度支配下での、釈迦の価値観について、述べているのであって、釈尊とか、虎とか、個々に、こだわっては、本質は見えないと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

ジャータカ思想を調べてみました…父が持っているマンガのブッダに出ていた鹿の王の話と月のウサギの話がこのジャータカが元だった事を知りましたが捨身飼虎は出ていませんでした。探し方が悪いのでしょうか?
http://www.j-theravada.net/jataka/index.html
にある物語を幾つか読んでいるところです。
>>天上天下唯我独尊と同様に、虎の命も、釈尊の命も、農民の命も、どれも、命の重さに優劣がつけられない
すいません、天上天下唯我独尊はお釈迦さまだけが世界で唯一尊いという意味だと思ったのですが違うのでしょうか?我とは誰にとっても自分という意味なのですか?初めて知りました。
>>カースト制度支配下での、釈迦の価値観について
それは仏教誕生当時のお釈迦さまの生の思想という意味ですね?仏教の源流だったのですか。質問してものすごく勉強になりました。

お礼日時:2008/03/05 19:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q玉虫の厨子(平成レプリカ)について

ちょっと前に、法隆寺の国宝「玉虫の厨子」のレプリカが完成し、法隆寺におさめられました。

この厨子に使われたタマムシの数がマチマチで困ってます。(困りはしないか。)
NHKで放映されたのは、6600枚の羽(3300匹分か?)。
別サイト(厨子を作ろうと企画したトコ)では4500匹(9000枚分?不良もあれば もっと少ない?)。また、違うトコだと4万2000枚・・・もうむちゃくちゃです。

本当のところ、平成版「玉虫の厨子」には、何匹のタマムシが犠牲になったのでしょう?

Aベストアンサー

新聞記事を探してみました。
復元された玉虫厨子は2基あって、片方が国宝の復元版で6600枚ほど、もう片方は国宝よりも多くの範囲に玉虫の羽を用いたため36000枚。
あわせて42000枚。
6600枚と42000枚のふたつの報道のずれはこれが原因では。
http://www.asahi.com/culture/news_culture/OSK200803010095.html

厨子を作るプロジェクトでは写真撮影のときに用意した数だけを載せていたのかもしれません。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q卒業検定に落ちた人!

卒業検定に落ちた人!
(ペーパー試験じゃなくて、実技の方)

どの理由で落ちたか教えてください。
あと10日程で、卒業検定です。
参考にさせてください。

Aベストアンサー

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返しで
抜けられるところ,未熟なため列から抜け出せず
全員が100点原点で不合格になった(実話ですよ)

ポイントは状況判断ミスと走行不能による検定中断になったため
一般的なことは皆様書かれているようなことで
おそらく,質問者様もある程度予測できていることも
あると思います
上のような,予測不可能な事態に巻き込まれたとき
如何に判断して抜け出せるかだと思います

運とか,こういう場面に出くわす確立とか
ありますが,平常,冷静を保つことが大事です!!

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返し...続きを読む

Q本日天気晴朗ナレドモ波高シ……は何故名文なのか?

東郷平八郎が丁字戦法を使ってバルチック艦隊を破った時、
秋山参謀という人が東京にこんな打電をしたそうです。

「敵艦見ユトノ警報ニ接シ 連合艦隊ハ直チニ出動 コレヲ撃滅セントス、
本日天気晴朗ナレドモ波高シ」

高木彬光先生の歴史小説の中で「名文中の名文」と謳われていましたが、
どうもしっくりきません。

だって、単なる指令と天候を伝える平叙文じゃないですか。
これだけシャープに必要なことをまとめた、ということが
賞賛されているのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連合艦隊は予定どおり、故障艦も脱落艦もなく、直ちに出撃し敵を撃滅することを前文で伝えています。後半の天気の文章も海軍の現場の人にはいろいろな情報を伝えています。即ち、本日は天気に恵まれ海上の見通しは非常に良い。砲撃戦に理想の天気である。しかし、海上には高波が見られるので、魚雷艇などを使った細かな作戦を実行するには難がある。本日の戦いは砲撃で決着がつくだろう。

ようやく近代国家の仲間入りをしたばかりの日本の存亡を賭けた戦いを前にして、七、五調の短い電文でこれだけの情報を送れるのは名文でなければ出来ません。しかし、これが決意表明ではなく作戦の変更や指示を仰ぐ電文であれば、決して名文とはいえないでしょう。読む人によって理解が異なるような文章は戦時に使用すべきではないでしょう。やはり戦争に勝ったということと決意表明の電文だったからこそ後世まで語り継がれたのでしょう。

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連...続きを読む

Q野暮ってどういう意味?

野暮ってどういう意味なんでしょう?
色々調べてもわかりやすく記されていないで、
イマイチ理解できません。

例えば、無職の人にお金貸してって言うのは
聞く自体が野暮だよって。

あとゴホゴホ咳をして風邪を引いてると思われる人に
なんでマスクしてるの?って
言うのも言うだけ野暮だろって。

こういう使い方あってます?

Aベストアンサー

気が利かない、垢抜けない、空気が読めない、そんなことを「野暮」っていいますね。

例文だと、使い方が間違っているわけじゃあ無いけれどしっくりきませんね。
お金の無いひとが金を貸してくれないのは当たり前のことなのでここに「野暮」云々を持ち出すのは皮肉にもエスプリにもなりません。

お金持ちだけどけち臭いやつに金借りようとして失敗した人が他人に借金の首尾を訊かれて「訊くだけ野暮だよ」と答えるような状況の方がいいような気がします。

首筋を蚊に食われて赤くなっているのを「それキスマーク?」なんて訊くのも野暮ですね。「蚊に食われたんだよ」なんて答えるのも野暮ですね。

Q始めとする、初めとする どちらが正しいのでしょうか?

日本をはじめとするアジア諸国は。。。
のような使い方をする際の「はじめとする」は
「始めとする」と「初めとする」のどちらの表現の方が正しいのでしょうか?
日本語に詳しい方がおられましたら教えていただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

どちらでもOKです。
NHKではこうした揺らぎのある表現については
ひらがなが望ましいとして、ニュースの字幕など
ではそのように取り扱っています。

Q薬を水で飲み、それからコーヒーで一服してよい?

よく薬を飲むときに「この薬は水で飲んでください。コーヒーやお茶やジュースでは飲まないでください。」という言葉を聞きます。
これはコーヒーやお茶に含まれている成分が薬の効果を消したり強化したりしてしまい、意図した効果がでないため、とも聞きました。(違っていたら指摘してください)

さて、ここで疑問が湧いたのですが、例えば、食後に薬を水で飲んで、その後コーヒーで一服するのは問題ないのでしょうか?
やはり時間を空けたほうがよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

myeyesonly です。
下の回答に一部誤解されているようなのまたきました。
コーヒーの件では、飲む順番がどっちが先でも同じといえます。お腹の中で混ざっちゃいますから。

グレープフルーツの件は、この食物はいろんな薬と反応し、作用を強めたり弱めたりの悪事がはなはだしく、おまけに、成分が血液中に吸収されて血液中で薬と出会っても悪事をなすなど、有名札付きなので例として出しました。

固形物だから滞在時間が・・・ということではないです。

Q通りゃんせの歌・・・帰りの何が怖い?

通りゃんせの歌で
「行きは良い良い 帰りは怖い 怖いながらも通りゃんせ 通りゃんせ」
と歌いますよね。

私はむかしこの歌について「7歳のお祝いに札を収めて成長をお祝いする」ために天神様へのお参りをするということで聞いたことがあるんですが、めでたい席の帰りでなぜ帰りが怖いんでしょうか?お払いとか受けた後のはずなのに。
むしろ細道の行きの方が感覚的に怖く感じます。子供の成長についても7歳までのほうが7歳からよりも危ないような気がしますし。

なにか魔物の伝承でもあるんでしょうか?

Aベストアンサー

 
  こういう話というか、民謡に含まれる古い「恐ろしい真実」の意味については、『孔子暗黒伝』などの作者の諸星大二郎が書いていたはずだと考えていますと、検索した以下のURLのページで、やはり、諸星氏の作品に触れています。
 
  この何故「帰りは怖い」のか、というのは、多分、答えはないのだと思います。昔はあって、失われたという可能性と、もう一つ、言語化できない直観の真理認識のようなものがあったのかも知れません。
 
  もう少し散文的に言うと、これは、「神隠し」などと同じような地平の話というか、心の状態なのだと思います。「神隠し」とは何かというと、子供が行方不明になるのですが、これも散文的に理由を考えると、例えば、人さらいにさらわれたとか、山人とでもいうか、サンカとか、山男とか山姥などと呼ばれている人々が連れ去ったとも言え(サンカと山人や山姥との関係は必ずしも明確でありませんが)、または、迷子になって死ぬ子供とか、または、食人の野生人が山にいたのかも知れません。
 
  散文的な話ですが、子供が遊びにでかけると、行く時は、遊びに行くので楽しいが、帰れるかどうか分からない……「神隠し」に会う可能性があるぞ、という歌なのではないかと思います。「帰りは怖い」は、行って帰って来て、帰りが恐ろしいのではなく、帰ろうとすると恐ろしいものがたちふさがるということを警告している、あるいは、遊んでいる子供達は、直観的に理解していたのかも知れません。
 
  「七つのお祝いに、天神様の細道」ですが、天神は怨霊を神として祭ったものです。非常に古い日本の伝統的な宗教観が、怨霊は神として祭らねばならないということを教えるのです。そして「七」というのは、吉兆数ですが、神秘数でもあり、諸星風に言うと、「異界」への数とも言えます。
 
  諸星の話からの連想だと、「神隠し」の背後には、子供を神の生け贄にして殺すという儀礼が背景にあった可能性も想定し得るのです。七歳の祝いの日に、子供に晴れ着を着せて、神界への細道を進ませ、そして子供は消えて、帰って来なくなるのです。
 
  行きは、「神界」へと晴れて行くのですが、帰りは、「異界=黄泉の国」へと帰って行くのです。それでもよいなら、「通りゃんせ」という歌なのでしょう。
 

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s683.htm

 
  こういう話というか、民謡に含まれる古い「恐ろしい真実」の意味については、『孔子暗黒伝』などの作者の諸星大二郎が書いていたはずだと考えていますと、検索した以下のURLのページで、やはり、諸星氏の作品に触れています。
 
  この何故「帰りは怖い」のか、というのは、多分、答えはないのだと思います。昔はあって、失われたという可能性と、もう一つ、言語化できない直観の真理認識のようなものがあったのかも知れません。
 
  もう少し散文的に言うと、これは、「神隠し」などと同じ...続きを読む

Q「今日も今日とて」の意味を教えて下さい

「今日も今日とて」の意味を教えて下さい。
前後の文章から、単純に「今日も」という事かなと思ったのですが、「今日とて」がひっかかります。
「今日」は「キョウ」でいいんですよね?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

同じ意味の重ね合わせで、強調してるのです。

「今日も」、今まで通りなんだ、
「今日とて」明日になれば変わるかも希望をもっていたとしても、「今日とて」変わらない。という事ですね。

音を踏んで、何も変わらない事を強調表現しているのです。

Q「看護士」?「看護師」?

「看護婦」を「かんごし」と呼ぶようになりましたが、漢字で書く場合は「看護士」「看護師」どちらが正しいのでしょうか?
私はこれまで、「看護婦」と呼んでいた時代に、男性看護職の方を「看護士」とするものだと思っていましたが、最近、男性、女性に限らず看護職の方を「看護士」としている表現を多く目にします。
正しいのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

看護婦(女性)、看護士(男性)と言う名称は廃止され、看護師(男女)と言う名称に統一されました。

したがって看護師(と言うのが正しい呼び方です。

参考URL:http://www.city.kyoto.jp/hokenfukushi/siritubyoin/event/kangoshi/kangoshi.html


人気Q&Aランキング