絶対にだまされるどんでん返しがあって、なおかつ感動させられるような推理小説を探しています。オススメの小説があったら教えてください。ちなみに好きな作家は宮部みゆき、伊坂幸太郎、梶尾真治などです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

乙一さんの「暗いところで待ち合わせ」や「君にしか聞こえない」は


どうでしょうか?絶対に騙されるかというと自信がないですが、
感動すること間違いなしだと思います。
    • good
    • 0

どんでん返しとは限りませんが、


推理小説には「新本格」という流れがあります。
メフィスト賞受賞者の作品が多いです。
ここら辺を攻められてご自分のお好みを探ってみてはいかがでしょう?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%95% …

推理小説の世界は語ると深いので割愛します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家の方の貴重なご意見を頂きありがとうございます。
恥ずかしながら、推理小説=どんでん返しだと思い込んでいました。。。
私もこれからいろんな本を読んで推理小説の世界を知っていきたいと思います。

お礼日時:2008/03/06 22:08

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/akakabu/doc/i …
http://www.ebookoff.co.jp/detail/Ctgry/1002/LRac …
和久峻三氏の"時効"ですね。
但し、初回読了当時の私は単純な故!?騙されましたが、絶対と念を押されると余り自信ないのも確かです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私も単純なほうなので騙されると思います。
読んでみたいと思います。

お礼日時:2008/03/06 22:01

推理小説ではないですが、ジェフリー・ディーヴァー著「静寂の叫び」は、絶対だまされるどんでん返しがありますよ。



ジェフリー・ディーヴァーは、「このミステリーがすごい!」の特別企画「もっとすごい!このミステリーがすごい!」で外国の著者部門で20年通算の1位だったと思います。

宮部みゆきさんは、「このミステリーがすごい」の投票者を6,7年ほど務めていたので、分野としてはそう離れていないと思います。外国の作家ですけど参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

外国の作家はまだあまり読んだことがないので、手をつけられませんでした。
この機会に読んでみようと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/06 21:58

東野圭吾の「秘密」でしょうか。



絶対にだまされるどんでん返しがあり、特に娘のいる男親が読むと、かなりせつない気分になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
東野圭吾は大好きですが、
まだ「レイクサイド」しか読んだことなかったので他も気になっていたところです。
読んでみたいと思います。

お礼日時:2008/03/06 21:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどんでん返しの作り方

タイトルの通りなんですが、脚本を書くに当たって最期に持ってくるどんでん返しの作り方を教えてください。また、今まで見た映画の中で”これはだまされた!”というどんでん返しも知りたいです。どんなどんでん返しなのか(夢オチだとか)、なぜだまされたのか、出来るだけ具体的にお願いします。

Aベストアンサー

「猿の惑星」はどんでん返しの代名詞ですね。僕の好きなのは「シャレ-ド」「椿三十郎」です。
メカニズムとしては要するに線路が2本引かれていてどちらでもつじつまが合うように話ができていて、一方の線路に観客が導かれるようになっているという事ですよね。だまされる理由はその一本目の線路が非常に興味深いという事でしょう。
因みに「スティング」「シャレ-ド」型と「シックスセンス」「ユージュアルサスペクツ」型は少しタイプが違いますね。前者は最初から観客にネタはばらされていて常に観客は2本の線路のうち「いったいどっちやねん?」と思いながら見ている。後者はオチが全く予想させないように作られている(だから途中でばれたら目もあてられない)。
という事で本来の狙いではない「一本目」の線路をいかに興味深く描けるかが重要ではないかと思います。それが面白いから観客はオチの方を予測する余地がなくなるわけで。
観客をだます手法の常套手段の一つが二重オチですね。一回落とすと観客は「なーんだ」と安心するので気が緩んでいるのでだまされやすい。
個人的には「ゲーム」「ワイルドシングス」はどんでん返しに含めたくないですね。あんなのなんでもありじゃないですか。つまり、「だます方法」と共にいわゆる推理小説の大前提としていくつかの「ルール」があるわけですよね。そういう制約の中で行うからみな感心するわけでね。

「猿の惑星」はどんでん返しの代名詞ですね。僕の好きなのは「シャレ-ド」「椿三十郎」です。
メカニズムとしては要するに線路が2本引かれていてどちらでもつじつまが合うように話ができていて、一方の線路に観客が導かれるようになっているという事ですよね。だまされる理由はその一本目の線路が非常に興味深いという事でしょう。
因みに「スティング」「シャレ-ド」型と「シックスセンス」「ユージュアルサスペクツ」型は少しタイプが違いますね。前者は最初から観客にネタはばらされていて常に観客は2本の線...続きを読む

Q邦訳された猟奇的な推理小説を探しています

私が覚えている範囲をお伝えするしかないのですが、著者の名前を教えて頂けると大変感謝します。

・著者は女性です。(どこの国の人かはわかりません)
・もうそうとう前に出版されています。(出版本数は10冊ぐらいあります)
・ジャンルは猟奇的殺人もしくはそれに類似した凶悪犯罪に関する推理小説です。

残念ながら今挙げられるのはこれだけしかありません。
もちろん、小説のタイトルでも構いませんし、そういう小説が発売されていた出版社名でも構いません。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

パトリシア・コーンウェルでしょうか?
アメリカの女性作家
検屍官ケイ・スカーペッタ シリーズ 16作(上下巻が多いです)
警察官アンディ・ブラジル シリーズ 3作
捜査官ガラーノ シリーズ 2作

Qマックのナゲット・ソースの作り方

マックのナゲットとナゲットソースが大好き
です。自分で作ってみたいのでお知恵を
貸して下さい。
○ナゲットの作り方
○バーベキュウソースの作り方
○マスタードソースの作り方
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

チキンナゲットの作り方は以下です。

<材料>
皮なし鶏むね肉・・・200g
タマネギ・・・1/4個
砂糖・・・大盛り大さじ1
塩・・・大盛り小さじ1
天ぷら粉・・・大さじ2
卵黄・・・1個

<作り方>
1)鶏肉、タマネギを適当な大きさに切り、材料を全部入れ、フードプロセッサーにペースト状になるまでかける。

2)スプーンで形を整え、油に落とし、キツネ色になったらできあがり。

ソースの作り方は知らないのですが、マックで一つ10円で売ってくれるのでたくさん買ってはどうでしょう?2ヶ月くらいは賞味期限がありますよ。

Qおすすめの推理小説、ミステリー小説

おすすめの推理小説、ミステリー小説を教えてください。

好きな作家は東野圭吾さん、乙一さん、田中芳樹さん、秦建日子さん、松岡圭祐さんです。

海外の作家さんでもOKです。

お願いします。

Aベストアンサー

・天藤真 大誘拐 創元推理文庫
 「文藝春秋・20世紀ベストミステリ・国内部門」第1位をはじめ、多くのミステリ関係の賞に選ばれている誘拐をテーマにしたユーモアミステリー
・川端裕人 夏のロケット 文春文庫
 ロケットをテーマにした第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞受賞の青春ライトミステリー
などどうでしょうか

Qすすきのふくろう みみずくの作り方は?

むかしおばあちゃんが作ってくれた「すすきのふくろう」の作り方を知りたくなって、探してみたのですが、作り方を紹介しているページを見つけることが出来ませんでした。

どなたか、すすきのふくろう、あるいはみみずくの作り方を紹介しているページを御存知の方、ページを紹介していただけないでしょうか?
もちろん、作り方そのものを教えていただけるかたも歓迎です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

僕は小学生のときに作ったことがあったんですが、
作り方は忘れました。
作り方を簡単に紹介しているサイトを見つけたのでお知らせします。

参考URL:http://www01.u-page.so-net.ne.jp/fa2/sakaeya/MIMIZUKU.html

Q殺しのない爽快な推理小説を探してます。

最近ちょっと堅めの内容のものばかり読んでいて、小説はさっぱり読んでおらず、息抜きに小説も読みたいな、、、と思っています。北村薫さんの本を読んでから、推理物もいいなぁと思うようになりましたが、なかなか他にコレというものに出会えません。私は、人殺しがあるものや、おどろおどろしいものが苦手なのですが、こんな私にオススメの、読後感のいい推理小説の本、または作家さんをご存知ないでしょうか?よかったらお教え下さい。

Aベストアンサー

>K・グリムウッドの「リプレイ」などは既に読まれていらっしゃいますか?

初版が出たときに読みました(^^)。これは最初から新潮文庫で出ましたが、当時何度か読み返して、実はつい先日、久しぶりに再読したばかりです。推理小説ではありませんが、北村さんの著作を読んでいるのなら、気になる作品かもしれません。

発売当時はやたら人にすすめてました。今回改めて読んでみて、結構内容を忘れてしまっていたのに、自分でも驚きましたが、当時「傑作だ」と思ったほどの感銘は正直いって受けませんでした。それでも1度は眼を通してもいい作品だと思いますよ。広義のSFということになるんでしょうが。

そういえばSFで読後感がいいというと、おすすめがあります。質問から外れるので恐縮ですが、多少推理的要素も含んでいますし、「リプレイ」的な面も許されるようならば、これもありかなと。広瀬正の「マイナス・ゼロ」。集英社から文庫が出ていましたが、もしかすると絶版になっているかもしれません。どこかで見かけたらぜひ1度手にとってみて下さい。

Q醤油豆の作り方

テレビで醤油豆の作り方見たのですが、ソラマメのとる時期や 作り方が
よくわからず 去年はあまりよくできなかったので 本当の作り方を
教えてください

Aベストアンサー

参考URLをはっておきます。
ソラマメのとる時期?というのが良く分からなかったのですが、
醤油豆の作り方が知りたいということで解釈しました。

参考URL:http://www.kbn.ne.jp/kagawa/products/nousann1.htm

Q社会派推理小説で30代男性が好きそうな本探してます。

彼氏(30代)に、社会派の推理小説で面白いのはないか、と聞かれています。
松本清張氏と森村誠一氏が好きで、昔ほとんど読んだんだけども、最近の本で面白いのないか、とのこと。

イメージとしては、刑事さんが地味に捜査をし(華々しい探偵は登場しない)、事件を解決するもの、で
かなり現実的でリアリティあるものがいいです。長編の方がよくて、
あと、ハードカバーは重いので文庫がいいそうです。

でも、「あっと驚くトリック」が読みたいとも言ってました、が、
ここで言うトリックとは、例えば密室と思ってたらエレベーターになってました、とか
そういう類のものでもなく、「叙述トリック」でもないと思います。
説明が難しいのですが、緻密な捜査の末明らかになる衝撃の事実、みたいな・・・
で、全てのことが白黒つかないと気が済まないようです。

とりあえず宮部みゆき氏「火車」、高村薫氏「マークスの山」、貫井徳郎氏「慟哭」(は気に入るかどうか微妙ですが・・)を今貸しています。
ちなみに「火の粉」を貸したところ「いまいち」らしく、「「13階段」は面白かった」と言っていました。

いろいろ書いてすみませんが、他にお薦めあれば教えて下さい。よろしくお願いします。

彼氏(30代)に、社会派の推理小説で面白いのはないか、と聞かれています。
松本清張氏と森村誠一氏が好きで、昔ほとんど読んだんだけども、最近の本で面白いのないか、とのこと。

イメージとしては、刑事さんが地味に捜査をし(華々しい探偵は登場しない)、事件を解決するもの、で
かなり現実的でリアリティあるものがいいです。長編の方がよくて、
あと、ハードカバーは重いので文庫がいいそうです。

でも、「あっと驚くトリック」が読みたいとも言ってました、が、
ここで言うトリックとは、例え...続きを読む

Aベストアンサー

私のイチオシは小杉健治です。
地味なことこのうえないのですが、今は無きに等しいバリバリの社会派かつ、心にしみる作品が多いです。
たとえば
関東大震災時の朝鮮人虐殺の過去と現在の事件を錯綜させた「死者の威嚇」
銀行オンライン事故に隠された冤罪と国家の罪をあばく「影の核心」

また、箒木蓬生もいいと思います。
医師なので、医学界や学界の陰謀ものなど、淡々とした語り口がリアリティを持っています。
「賞の棺」
「臓器農場」
など。

いずれも古い作品ですが、現代にあってもいろあせていません。文庫になっています。

Qオリジナルカレーの作り方教えてください

(カテゴリー変更の為の再投稿)

カレーって、それぞれの家庭でいろいろとオリジナルな作り方があるそうですね。
種類の違うカレー粉、ルウを混ぜたり、意外な調味料を使ったり。

貴方の家庭のオリジナルな作り方、教えて頂けませんでしょうか。
良くあるような作り方でも構いません。
普通の作り方以外、まったく知りませんので。

Aベストアンサー

私は辛口が好きなのですが、1日も寝かす事が好きではありません。
ので、サラダ油に一味唐辛子を先に漬け込んで、ラー油もどきを先に作っておき、これをカレーの辛味に入れます。まろやかな辛味でうまいですよ。

野菜は皮むいてきったら水洗いを一切しない、じゃが芋の表面の澱粉とかはそのまま。水を入れる量を減らすのと旨みが減るのが嫌いって言われて・・・ただの手抜きの気もしますが、これが私の家の基本のやり方ですね。

Q冬に読む本を探しています。感動小説でほんわかしたいのですが、冬の夜空・

冬に読む本を探しています。感動小説でほんわかしたいのですが、冬の夜空・星空のきれいさを感じられる本ってありますか?

冬にホットコーヒーを飲みながら感動できるものを探しています。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

映画のノベライズです。

「大停電の夜に」単行本(源孝志)

出版社 / 著者からの内容紹介
映画『大停電の夜に』原作小説
クリスマスイヴ、光が消えた東京で、一夜だけの奇跡が起きる。
映画『大停電の夜に』監督・源孝志(『東京タワー』)が書下ろした、感動のオリジナル・ラヴ・ストーリー。
10年間、忘れられない女がいる男/妻と恋人の間で揺れる会社員/ある秘密を抱える主婦/出所したての元ヤクザ/ワケありの妊婦/社内不倫中のOL/ホテルの中国人研修生/人工衛星マニアの少年/乳ガンを患うモデル/キャンドルショップの女主人/息子を捨てた母親/50年、妻を愛し続けた男


人気Q&Aランキング

おすすめ情報