中国では室内で靴を脱がずにいるということを聞いておどろきました。
あれはアジアの習慣だと思ったらちがうようです。
ハワイで靴をはかないというようなことを聞きかじった記憶もありますが、どの程度正確な情報かわかりません。
そこで、室内で靴を脱ぐ外国(一部地域、あるいは人種などでも)を御存じでしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

上流階級の人ならいざ知らず、発展途上国の人の中には靴を履く習慣がない国も沢山ありますね。

これらは除外した方が良いでしょうか?

そこで、その中間に属する国でも、普段外出するときは靴を履くけど、家の中では脱いだ方が気持ちがよいという所があります。これは、国としての習慣と言うより、個人的な好みの問題だと思いますが、例えば、タイ・ベトナムで出会ったことがありますし、カリブ海の島国であるドミニカ共和国に住んでいる日本人も靴を脱いでいました。比較的熱帯地方に住む人は、タイル張りもしくはコンクリートの床の冷たさを心地よく感じて、素足でいることを好む傾向にある様です。

以上。
    • good
    • 0

靴を脱ぐかどうか、どのような場合に脱ぐのか世界中の国を想定して語れる人はいないでしょう。

また知る必要もないように思いますが・・・

一般に欧米人は寝る時以外は靴を脱がない、靴を脱ぐ(特に人前で)ということは裸になる第一歩と理解すべきです。上半身裸になっても靴は脱ぎません。一人でくつろぎたい時、夫婦、兄弟(姉妹)恋人の前で靴を脱ぐケースは考えられます。日本でいえばパンツとシャツだけで室内を歩く感覚です。我々はどのような条件下でパンツとシャツだけで歩けるか知っています。欧米人がどのような時に靴を脱ぐか
は夫々の育った環境で暗黙の了解があるように思います。日本人は真似しない方が無難です。

いずれにしても習慣は国によって変るのでアジアとかアフリカとかいうくくりは避けた方が良いでしょう。日本は明治以来、外国即ち欧米という考えが浸透していますが、最近のように日本人が地球上のあらゆるところで働き、観光をする時代は国ごとに見ていくことが必要になってきます。

質問からずれたアドバイスになってしまいました。失礼。
    • good
    • 0

私はアメリカにホームステイた事があるんですが、ハワイを含むアメリカでは、


「室内で靴を脱がない」ではなく
「玄関で靴を脱ぐ習慣がない」です。

つまり、
「靴を履いて外出した後、外からか選ってきたら、
ベッドの床までいって靴を脱いで着替えて
そのまま裸足でペタペタ歩き回る。」って感じで生活してました。
    • good
    • 0

外国というように国でくくるよりも人に寄りけりではないでしょうか?


と、言うのも実際カナダ、イギリス、スイスと私の経験だけでも本当に
様々でした。ある人は日本人のように玄関で靴を脱ぐし、ある人は多くの人が
想像してるように土足でした。とはいえ、一日中靴のままでいるのは
やはり窮屈なものなのでしょう。いわゆるスリッパのような室内履きに履き替え
たりするのをよく見ました。家のつくりや文化にもよりますが、はっきり言って
個人の問題だと思います。特にアジアだけの習慣だとは思えませんが。
あんまり参考になりませんか?
    • good
    • 0

韓国では靴を脱ぎます。

北朝鮮でも脱ぎます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q男の靴(女性の方に質問)

最近、男の人の靴の先がとんがった靴をよく見ます。
しかし、女性にはあまり評判はよくありません。
そこで思ったのですが、とんがり靴はどこからがとんがり靴なのでしょうか?
http://shop-chiyoda.com/SHOP/140212240_str.html
ちなみに↑の靴はとんがり靴にはいるのでしょうか?

Aベストアンサー

とんがり、確かに気持ち悪いですが
トンガリ靴ファッション(歌舞伎町に掃いて捨てる程いるアレです)と合わせていれば
違和感は無いですが、そもそもそういうファッションは好き嫌いが激しいですから。

ただ駄目なのは、トンガリ靴と服が合っていないのですね・・・痛いです

リンクの靴は、半トンガリと言うか
スーツにはOKだけど(個人の好みから言うと、エナメルじゃなくて皮で、金具じゃなくて紐の方が良いですが)
私服にはNGかと思います。

Q黒人、白人、黄色人種以外に人種はいますか?

黒人、白人、黄色人種以外に人種はいますか?

中東とかあっちに微妙な人がいそうなので…

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 もう18世紀にブルーメンバッハは De generis humani varietate nativa 「ヒトの自然的変種」で、コーカシア(白人種)、モンゴリカ(黄色人種)、エチオピカ(黒人種)、アメリカナ(赤色人種)、マライカ(茶色人種)の5種に分類しています。

 まあそれ以来いろいろ分けている人が、出ていますが、『掌中万国一覧』での福沢諭吉もこの説を追って5つに分けています。

 こういうのは時の流行で変ります。その一部は下記をご覧下さい。

 http://www.weblio.jp/content/%E4%BA%BA%E7%A8%AE

Q家の靴箱の木の湿気たようなにおいなどの解消

家の玄関に備え付けの靴箱があります。
中身は木板、ベニヤ?でできています。
家は玄関すぐがユニットバスで出たらすぐ靴箱で湿気がすごいです。
靴箱の全部の段に脱臭炭とか湿気取りをおいてます。
一番上の段には空気清浄機も設置してます。
もちろん部屋自体にも空気清浄機は設置してます。
それでも靴を入れておいたら木の湿気たようなにおいとバス電車などの古いシートの
ようなにおいが靴につきます。
靴は消臭スプレーをしてから翌日まで置いておいてそれから靴箱に収納してます。
靴箱の中は拭き掃除などもしてます。
時々靴箱を開放したりもします。
私は足はにおわないほうです。
それでも一度も履いてない新品の靴などを入れておいたら新品の靴にもその靴箱のにおいがつきます。
どうしたら靴箱のにおいが解決できますか。

Aベストアンサー

ただでさえ、湿気のこもる下駄箱が風呂のそばというのは、きついですね。
我が家は備長炭を置いていますが、そんなのでは追いつかないかな?
湿気を好む虫や、白アリの心配も出てきますね・・
拭き掃除は、かわいた布でなければ、湿気の上乗せになってしまいます。
アルコールであれば、すぐ気化するのでいいのではないでしょうか。
機械を置くのであれば、空気清浄機でなく除湿機を置きましょう。
お風呂の除湿にもなります。
空気が乾いている日などは、扇風機をあててなるべく乾かすようにします。
湿気があると、置いている靴にも悪影響が出ます(菌が繁殖したり、靴の材質が変質してしまったり)から、なるべく「乾燥させる」ことに重点を置いて下さい。

Q裏シラバスというものを御存じですか??

学生が講義内容を批評(批判?)する冊子が、
内々に作られている大学があると聞いたのですが、
そういったものの御存じの方、内容、出版元の
事情等、詳しく教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

早◎田大学では毎年出ています。
大学近くの書店でも校内の生協でも普通に売っています。
だいたい毎年3月末くらいから売り出しますよ。
ただ、あまりにもおおっぴらで、「裏」という存在ではないですが。
一部教員もどのように評価されているのかが気になっている人も
いるようです…
出版元は学生が作っているのではないかな?

Q重登山靴の比較

30-40年前の重登山靴を買換えます。(昔は 単なる「登山靴」と言われていたものです)
総革のゴツイ物です。
(これ以外に 軽登山靴・安物・使い捨て、と軽?普通のハイカット登山靴・つま先しっかり、ビブラムの2足の計3足を行き先で使い分けしてきました)

北アの槍→西穂や南アの鋸などはこの重登山靴で歩きました。
やはり信頼感が違いますね。

そこで質問です。

今もこの総革の重登山靴は売っていますが、やはり数が少ないですね。

ほぼ同じ形の軽登山靴(カテゴリは重登山靴? 生地でできているがオールラウンドで使えると謳っている、価格も3-4万ほどする、アイゼンOK)がありますね。

(質問)総革の重登山靴とこの軽登山靴(「軽登山靴」ではなく同じ重登山靴のカテゴリ?)のトップモデル?でのメリット、デメリット(要は比較)を教えてください。

使い方は テント使用での岩稜縦走やバリハイですが、完全なロックや沢登はしません(卒業しました)。
冬山はしませんが、3-4月の2千以上は行きますので軽アイゼン(10本)は使います。

Aベストアンサー

10年位前に軽い重登山靴に買い換えました。
見た目はそんなに変わらず、足首もちゃんと固定されるし、
靴底はちゃんとビブラムだし、なにより軽いし。

買い換えた理由は、単に前の重登山靴に穴が開いていて
浸水してしょうがないのと、(それでもその状態で何年も使っていた)
ビブラムを換える時期が来ていたので、
それならばと買い換えたのですが、あまりのギャップに
なんだかフワフワして中途半端な感じがぬぐいきれず
歩き方もなんか変えなきゃうまく歩けないような感じで
結局使わなくなって、「しっかりした軽登山靴」に移行してしまいました。
(稜線上でのテント泊をすることがなくなり、重登山靴が必要なような場所にも
行かなくなったというのが一番の理由ですが)

ブランクがあって、再開する際に、軽い重登山靴にするのは
何の問題もないと思います。が、特にブランクもなく
今までと同じように使用したいのであれば
見た目のギャップのなさに対する、使いごこちのギャップに戸惑うかもしれません。

あと、あの重い靴を脱いだときの身の軽さというか
開放感というかが好きだった事に、後から気づいたのでありました。

10年位前に軽い重登山靴に買い換えました。
見た目はそんなに変わらず、足首もちゃんと固定されるし、
靴底はちゃんとビブラムだし、なにより軽いし。

買い換えた理由は、単に前の重登山靴に穴が開いていて
浸水してしょうがないのと、(それでもその状態で何年も使っていた)
ビブラムを換える時期が来ていたので、
それならばと買い換えたのですが、あまりのギャップに
なんだかフワフワして中途半端な感じがぬぐいきれず
歩き方もなんか変えなきゃうまく歩けないような感じで
結局使わなくなって、「しっかり...続きを読む

Q人種について

人種それぞれについて固定観念が有る(白人は~だ、とか日本人は~だ)と思われるのですが、それについて、書いてあるサイトがあれば教えてください。英語のものがあればベストなんですが…。

Aベストアンサー

参考URLをご覧ください。何かヒントにつながれば幸いです。

英語バージョンは、それぞれの項目にある''他の言語''という欄のEnglishをクリックすれば見られます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E7%A8%AE

Qジョギングにはカカトがない平な靴がいいの?

ジョギングのシューズについて質問です。

ジョギングシューズがない場合次のどのシューズで走るのがマシですか?
距離は5キロを週3回です。

①底が平なコンバースの靴(真ん中で真二つに折れるやわらかい靴)
②底が平なコンバースの靴(折れない固めの靴)
③カカトがある運動靴(折れない固めの靴)

Aベストアンサー

「かかと」にクッションが無いランニングシューズと
言うのは、走り込んだランナー用で、足(踵)の方に
クッションを持った人が使うものだと聞いたことがあり
ます。
ですから、普通の人は、かかとの部分にクッションが
ある、ジョギングシューズが適しているようです。

Q将来の世界の人種

今世界には白人、黒人、黄色人種がいますが、今後ますます国際結婚が増えて行けば、遠い将来世界は同じ人種になっていくんでしょうか?(何らかの原因で滅びなければ)
そうなるとどんな風な人種になるのかな?

Aベストアンサー

何年か前に”平均的人類の顔”と言うプロジェクトがありました。全世界の人間の顔を、人種ごと(3種類ではなくてもっとたくさんのサンプルを利用)にその人口比を考慮して、平均的な顔を合成したものですが、それはどちらかというとアジア人という感じでした。アジア人の人口が多いですからねぇ。
下記リンクはこの調査(どこかの大学が主催したもの)とは違うのですが、世界各国から提出されたいろいろな人種の顔写真(あなたも提出できます!)を合成して平均的人類の顔を作成しようというプロジェクト。
人種を人口比別に掛け合わせているのではないので白人の顔ですね。
http://www.octapod.org.au/webdweller/averageface/
別なものも発見
世界各国の平均の顔
http://www.faceoftomorrow.com/home.asp

Q家の中を靴で歩くのはおかしいんでしょうか?僕の家族は全員家の中でも靴を履いています。靴と言っても革靴

家の中を靴で歩くのはおかしいんでしょうか?僕の家族は全員家の中でも靴を履いています。靴と言っても革靴のようなものでなくてスニーカーやランニングシューズなどの靴です。もちろん家で履くようの靴と外用の靴と分けてあります。でも世間一般で見たら僕の家はおかしいんでしょうか?ちなみに父はアメリカに15年住んでいてアメリカでも靴で生活していたそうです。

Aベストアンサー

お父さんがアメリカで生活していたのなら、全くおかしくないですよ。
家族全員がそのルールでやっているのなら良いんじゃないですか。
畳の部屋で靴というのはおかしいですけど。
我が家は洋室はスリッパです。

Q人種名中国人や韓国人

中国人や韓国人と呼ぶ時、何故(国)←が付くのですか?

フィリッピン国人とか、ベトナム国人とは言わ無いし、私は、日本国人ですとも言わないです。
本来なら(中人)(韓人)で良さそうに思うのですが ?

Aベストアンサー

 フィリピンは略称で、正式には「フィリピン共和国」で、「国」が付きます。
 ベトナムも略称で、正式には「ベトナム社会主義共和国」で、「国」が付きます(国名変わりましたかね?)。
 北朝鮮も、ご承知のとおり正式名には「国」がつきます。

 だから、例えば「フィリピンの国名に"国"が着かないからフィリピン国人と言わない」という理解は間違いですね。

 余談ですが、「ニュージーランド」はそれが正式名称で、「国」が付かないようです。

 昔、ニュージーランドの首相だったか大使だったかが、日本人がオーストラリアを「豪州」と漢字名で呼んで親しんでいるのをうらやましく思い、「ニュージーランドを乳国(にゅうこく:乳州?)と呼んでほしい。我が国は牛や羊が多いのでそう呼ぶのはイメージにあうはずだ」と言っていましたが、定着せずに終わってしまいました。

 閑話休題

 中華人民共和国人を「中国人」、大韓民国人を「韓国人」と呼び、フィリピン共和国人を「ふぃ国人」と呼ばないのは、ひたすら「ゴロ」の問題だろうと思っていたのですが、昔「1字呼称は蔑称」という説を読んだことがあります。1字呼称+「人」の2字で呼ぶのは、相手を下に見た上から目線の言い方だと言うのです。

 どんな本だったか完全に忘れましたので、信じるも信じないも、あるいは私独自の説だと思うのも自由ですが、「南人」とか「蛮人」とかいう言い方からの連想で、忌まれた習慣だ、と。

 で、中人、韓人とは言わないのだと思われます。それに、切符売り場などに行くと、小人、中人、大人、とか書かれていますしね。

 「ふぃ国人」と呼ばないのは、やはり、言い慣れない。だから通じない、というだけの理由でしょう。

 私は「シナ」や「シナ人」の代わりに、(中国は同じ語源のチャイナは認めているらしいので)「茶稲」「茶稲人」を推奨していますが、「ふぃ国人」同様に通じませんので言葉にはなっていません。茶と稲の発祥地みたいだから合っていると思うのですが。

 好奇心から、「越南人(えつなんじん)」というのを変換してみましたが、辞書にありませんでした。
(^_~;;

 

 フィリピンは略称で、正式には「フィリピン共和国」で、「国」が付きます。
 ベトナムも略称で、正式には「ベトナム社会主義共和国」で、「国」が付きます(国名変わりましたかね?)。
 北朝鮮も、ご承知のとおり正式名には「国」がつきます。

 だから、例えば「フィリピンの国名に"国"が着かないからフィリピン国人と言わない」という理解は間違いですね。

 余談ですが、「ニュージーランド」はそれが正式名称で、「国」が付かないようです。

 昔、ニュージーランドの首相だったか大使だったかが、日...続きを読む


人気Q&Aランキング