ファンタビの世界観を作る二人にインタビュー!

強迫性障害はやはり脳内の何らかの障害なんですか?
どのような流れでそうなるのか教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

脳科学の観点から言いますと、


左脳「分別脳―意識が有る、自我が感じられる。働きは、物事を論理的に解決してゆく事。有限のものだけを解決する能力(無限とか永遠とか、言葉を変えれば、分別出来ないことは、解決できない)」

右脳「無限、永遠、分別できない事、(感情、直感、イメージ、体を使う事、無意識界を統率する事)」等が専門分野。殆ど自覚できないが、もう一つの「人格」が有る。

その事で、人間は、意識して生きている時と、無意識で生きている時が在り。東洋の「無」の思想は「没我」の思想と言って右脳「無意識」を多く使っていると言えます。無意識的、右脳的と言えます。

西洋は、われ、我、と云って意識界(左脳的)と言えます。

ところで、強迫神経症の問題に入ります。「神経症」というものは「意識する」と云う事が「症状」です。何を意識するかで、病名が変わります。「しなければならない、」と意識すれば「強迫神経症」と言う名になります。「不安」を意識すれば「不安神経症」になります。「恐怖」を意識すれば、何を恐怖したかで、変わってきますが。対人、広場、閉所、赤面、細かく言うと何でもありと言う感じです。

症状はいろいろと、違いますが、元は全てが「意識」したことによります。それを先ほどの、脳科学の観点で説明すれば、右脳で解決する問題を、左脳で引き受けてしまって、対応出来なくて、立ち往生している事。そう言う事が云えます。「離任神経症」というものが、有りますが、これは、深い悩みの果てに、感情が沸きにくくなった状態と言えます。この深い悩みも、今言った事が原因です。

悩みと言うものは、心の矛盾です。一人の人間に「心が二つ有る」その事が原因です。その二つの「意思」或いは「意識」が違っている事が原因です。その事を矛盾といいます。

では、強迫神経症の解明です。心には、自分でも分からない「働き」が有ります。怖いとか、の感情ですが、誰が怖いと思わせているのか?と言う事です。それは「右脳」です「仏性」です。この事が「自我」「左脳」には分からなくて。怖いを、理解できません。その事で「意識」してしまい、身動きできなくなります。本当はこの「怖い」と言う事を「意識=左脳」の問題にしなければ良いのです。意識=左脳には解けない問題なのです。

今の話を分かりやすく説明するために「禅問答」を、取り上げます。この問答は、左脳では解けません。強迫神経症と同じ事です。分別を捨てないと「強迫神経症」も「禅問答」も解けません。

従って強迫性障害は脳内の病気ではありません。論理的に考えるクセのせいです。右脳で解決する問題を、論理脳の左脳で考えているためです。
    • good
    • 2

昔は、家庭環境など、はっきりした原因は、わからなかったのですが、ある大学病院、で,抗欝薬を投与する事で、改善が見られた、という話で強迫神経症の患者は、落ち込んでうつ状態であることが、考えられるので、抗欝薬を投与したと聞いています。

今の薬(SSRI)強迫神経症にも効く抗欝薬で、改善が、進んだ、という結果、うつ病には、セロトニンをやり取りする力が、少ないのは、以前から言われていたようで、効果ありという事で、強迫神経症も、セロトニンが、伝達しにくいと判断され、今(SSRI)たとえばルポックスなどが効果てき面だといわれています。でも現実は、効果が見られないという患者がおおいです。だから認知療法と併用する事で改善が見られるらしいですが、これも、十分な効果があるとは考えにくいです。将来、本当に効果がある薬が出て、その結果セロトニンは関係ないという結果になる事も十分理解していたほうが、いいです。僕も服用してますが、よくなりました。でも、薬の効果というよりは、家族を一度に亡くし頼れるものがなくなり、その影響がつよいとおもってます。欧米のように、追跡調査をやるべきです。一度直っても、完治したのでなく、たまたま、良くなったということなら再発があるはずですので、確かに、ショック、長期の悩み、遺伝など考えれます。でも、今は医学を信じて、服用していくしかありません。
    • good
    • 0

うつ病の場合、脳内のセロトリンが不足している事が良く言われるが、強迫神経症、その他の神経症は、原因がまだ分からないと言うのが現状です。

特定の性格傾向は見られず、遺伝負因がみとめられている。
強迫神経症を引き起こす刺激に決まったパターンがあり、犬、猫にも強迫神経症に類似した病気を持つものがある事から、強迫性障害には、生物学的な準備性があることが想定される。この準備性を進化生物学から説明する事が試みられている。森田療法では、神経症患者を病人と見なさない、とは言っても、うつ病と合併すろことが多く、セロトリンの脳内投与によって機能的脳イメージンングの研究結果から、セロトリン動作性ニューロンの機能障害や前脳前野一帯状回一大基底脳えを結ぶ回路の機能亢進が関連していると考えられる。

参考URL:http://www.mental-health.org/?gclid=CIXetO-s8o8C …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 強迫神経症(強迫性障害)<こころの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    強迫神経症(強迫性障害)とはどんな病気か  自分の意に反して、不安あるいは不快な考えが浮かんできて、抑えようとしても抑えられない(強迫観念(きょうはくかんねん))、あるいはそのような考えを打ち消そうとして、無意味な行為を繰り返す(強迫行為(きょうはくこうい))。このような症状を強迫症状といいますが、強迫神経症は、強迫症状を主症状とする神経症の一型です。  自分でもそのような考えや行為は、つまらない、...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q精神障害者手帳2級とはどのレベルのなのでしょうか

最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。

普通に遊んでいますし、喋れます。料理もしているし、ゲームもしています。
普通の生活はできていると思います。

仕事はできないそうです。
たまに頭が痛くなるとか。

なぜこのような質問をしているかと申しますと
子作りをしていると聞いたからです。

薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。
私にも子供がいますが、やはり大変でした。
普通の人でも精神的に不安定になると思います。
ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。
友人だったら応援するかもしれません。
しかし、身内となると、そうは言っていられません。
何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。

※鬱病の方を批判しているわけではありません。

中立なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。
理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。
そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね

2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。
自己の判断もできない状況が多々あると思われます。
そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。
私もそんな状況で子育てには賛成できません

ですががやはり決めるのは本人です
あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。
強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。

Q意識は右脳?左脳?

運動するとき「使っている身体の部分に意識を向けて!」と言われた場合、
使っている脳は右脳ですか?それとも左脳でしょうか?

Aベストアンサー

意識している自分を感じている場合は『左脳』と思います。左脳が顕在意識を司っていて、この意識を『自我意識』と呼んでいます。

右脳の意識は『無意識の時の自分』の身体と心を支配していると思われます。

右脳の意識に身体と心を支配されている時は『我を忘れた状態、或いは没我』という状態になっています。

メンタル面が強いという場合では『自我意識が出ないようにしていて、無意識の自分に身体と心を預けている場合です。』

メンタル面が弱い場合はその反対です、『自我意識』が出たままになって、なかなか無意識の自分に『交替出来なくなる場合です。』この場合では『自意識過剰』の状態になっていて、本来の自分の心の状態を取り戻す事が出来なくなっています。

こうなった場合では『自分の心に圧迫が加わる場合があります。』この圧迫は、無意識からの交替要請です。漠然とした不安の事です。

こう云う『意識地獄から抜ける方法は、幾つかあります。』

一つは、夢中になれる事に熱中する方法です、この場合では、行動する事によって、意識が抜けてゆく、行動する事で、無意識の自分にきり替わるからです。

又他にも方法はあります、自意識過剰という意味を良く学ぶ事です。是は人間の意識性という問題になりますので、人間の意識性を乗り越える事を学ぶという方法です。

この方法を書く場合は、かなり分かり難くなりますので、仏典や聖典にその説明を任せる事が良いと思います。

意識している自分を感じている場合は『左脳』と思います。左脳が顕在意識を司っていて、この意識を『自我意識』と呼んでいます。

右脳の意識は『無意識の時の自分』の身体と心を支配していると思われます。

右脳の意識に身体と心を支配されている時は『我を忘れた状態、或いは没我』という状態になっています。

メンタル面が強いという場合では『自我意識が出ないようにしていて、無意識の自分に身体と心を預けている場合です。』

メンタル面が弱い場合はその反対です、『自我意識』が出たままになって、なか...続きを読む

Q不安神経症を治し方を教えてください。

20代、女性です。一年程前に精神科で、不安神経症と診断されました。
一ヶ月ほどセルシンとパキシルを飲んでいたのですが、常に眠いという副作用が嫌で飲むのを止めました。ちょうど抱えていたストレスが解消されたということもあって、服用せずとも、日常生活を送れるようになっていました。
しかし、この頃また当時の症状が出てくるようになりました。(特にストレスを感じるわけでもないのですが。)車を運転するのが怖い、一人行動が怖い、慣れない場所や人ごみを避けたがるなど、これらの行動をとると、気分が悪くなり、意識を失いそうになります。
治すにはやはり、通院することがベストなのでしょうか。また治療により、元気に活動していた発症前の生活を取り戻すことは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

かつて不安神経症になったことがあります。
1ヶ月で薬をのまずにやっていけるようになったのであれば、比較的軽症だったかまたはキッチリ治っていないまま今に至っているということだと思います。
私も副作用の眠気がいやで薬をやめましたが、不安神経症は見え隠れしながら長い時間をかけてよくなっていった…ように思います。発症から1年の頃だとまだ場合によっては気絶しそうになるような症状が出ていました。2年3年たっても、結婚出産転勤育児などのストレスで追い詰められたときには、症状に似た状態になったりしました。
病院へ行くか行かないかというのは、つまり、薬を飲むか飲まないか、ということだと思います。
私の場合は、もともとが体質が弱く臆病な性格なため、一人で行動すると「途中で気分が悪くなったらどうしよう」という心配が常につきまとうので、がんがん行動できないのは子供の頃からのことなので気にしていないのですが、質問者様は、本来はがんがん行動できるタイプなようなので、症状が落ち着くように薬を飲むのが妥当かと思います。医者が判断することですけれどもね。
完治するのが一番良いのですが、精神的なものは時間がかかる場合が多いように思います。少しの薬で日常生活がまあまあ遅れるのであれば、あまり深刻に考えずに、ちょっと風邪をひいた、くらいの気持ちで、具合の悪い期間は薬を飲んでやりすごすような人生でもまあいいか、とラクにとらえてみてください。この病気はがんばればがんばるほどストレスが増幅し症状が進行します。それに、不安神経症でなくても、更年期障害でも車の運転はできなくなりますので、あれができないこれができないということをあまり深刻に考え込まないほうが、症状がラクになると思います。
アテにならない回答だったかもしれません。お大事にされてください。

かつて不安神経症になったことがあります。
1ヶ月で薬をのまずにやっていけるようになったのであれば、比較的軽症だったかまたはキッチリ治っていないまま今に至っているということだと思います。
私も副作用の眠気がいやで薬をやめましたが、不安神経症は見え隠れしながら長い時間をかけてよくなっていった…ように思います。発症から1年の頃だとまだ場合によっては気絶しそうになるような症状が出ていました。2年3年たっても、結婚出産転勤育児などのストレスで追い詰められたときには、症状に似た状態にな...続きを読む

Q強迫性障害にチカラを入れている病院

強迫性障害にチカラを入れている病院

ここ1年ほど、某クリニックで行動療法をやっているんですが
紙を渡されて課題を決めて家で取り組むといったやり方なんですが
自分に甘えがあったりしてなかなか治りません。
そこで大阪で病院やクリニック内で認知行動療法(入院必要?)をやって
いるところはありますが?また強迫性障害にチカラを入れている会や
セミナーがあれば教えてもらえますでしょうか?

Aベストアンサー

認知行動療法は、個別カウンセリングと集団療法があります。どちらの方法も、医師や臨床心理士から与えられる(教えられたり、講義を聴く)、受動的な治療法ではありません。
ともかく、事例(コラム)を書いて書いて書きまくることから始めます。医師や臨床心理士は、そのコラムを読んで、相談者の歪んだ認知を矯正する手助けをするだけです。ですからコラム(紙を渡されて課題を決めて家で取り組む)をやってなければ、指導することができません。

専門家のアドバイスの下でも、約80%程度は落ちこぼれています。成功した方たちは高学歴で優秀な方が多かったです。およそ、150事例(コラム)程度作成し、専門家からアドバイスをもらうとコツが掴めるようです。300事例作成を超えた方は、ほとんど全快して社会復帰しています。嫌な思考になった時、コラムを書かないでも頭の中で合理的(適応的)思考ができるようになるまで、最低300コラムを作成しないとムリだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報