これがストラディヴァリの音だ!どうだ?!スゴイだろう。
そんじょそこらのバイオリンとは違うだろう。
さぁじっくり聞いてみなさい。

そんな感じで、
ストラディヴァリの音、音楽を堪能できるCDを教えて下さい。
おすすめの演目等もあれば教えてください。
演奏者、曲など、CD番号が分かれば尚よいです。

また、ストラディヴァリ使いで有名な奏者も教えてください。

まぁまぁの高級オーディオ機器があるので
多少はストラディヴァリの音を再生できると思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そうですね、ヴァイオリニストは大別するとストラド弾きとガルネリ(デル・ジェス)弾きの二種類に分けられますね。


この二つの名器は音の傾向が違うためストラディバリの音(華やか、きらびやか、明るい、ゴージャス、外向的、)と、ガルネリ・デル・ジェスの音(渋い、深い、暗め、いぶし銀、内向的)をそれぞれ好むヴァイオリニストにより使われてきました。しかし、いずれも甲乙つけ難い素晴らしい歴史的名器には違いなくヴァイオリニストによっては両方とも所有し、かつ曲や表現によって使い分けている人もいます。

歴史的、往年の大ヴァイオリニストから現代の名ヴァイオリニストの中でストラド派(弾き)は、

ヨーゼフ・シゲティ
ユーディ・メニューイン       
ジノ・フランチェスカッティ   
ダヴィッド・オイストラフ   
アルテュール・グリュミオー   
ナタン・ミルシテイン     
ヨセフ・スーク         
サルバトーレ・アッカルド   
イツァーク・パールマン
チョン・キョンファ
チョー・リャン・リン
ギル・シャハム      
など。
             
ちなみにガルネリ派(弾き)は、

ヘンリク・シェリング
ヤッシャ・ハイフェッツ   
レオニード・コーガン     
ルジェーロ・リッチ     
アイザック・スターン     
ギドン・クレーメル      
ピンカス・ズーカーマン   
など。 

それぞれのヴァイオリニストには昔から語り(聴き)継がれている名盤がありますので、一部をご紹介しておきます。(もちろん、使用楽器はストラディバリウスです)

ヨーゼフ・シゲティ      モーツァルト/ヴァイオリン・ソナタ集  ブラームス/ヴァイオリン協奏曲
ユーディ・メニューイン    バルトーク/無伴奏ヴァイオリンソナタ
ジノ・フランチェスカッティ  ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲
ダヴィッド・オイストラフ   チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲  ブラームス/ヴァイオリン協奏曲
アルテュール・グリュミオー  モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第3番  ヴュータン/ヴァイオリン協奏曲第5番
ナタン・ミルシテイン     メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲  グラズノフ/ヴァイオリン協奏曲
ヨセフ・スーク       ドヴォルザーク/ヴァイオリン協奏曲  ヘンデル/ヴァイオリン・ソナタ集
サルバトーレ・アッカルド   パガニーニ/ヴァイオリン協奏曲第1番
イツァーク・パールマン    ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲第1番  パガニーニ/24のカプリース
チョン・キョンファ      シベリウス/ヴァイオリン協奏曲
チョー・リャン・リン     ハイドン/ヴァイオリン協奏曲第1番
ギル・シャハム        ヴィヴァルディ/合奏協奏曲集「四季」

・蛇足?ながらガルネリ派(デル・ジェス使用)にも素晴らしい演奏・名盤は多く存在します。
一例:
ヘンリク・シェリング  バッハ/無伴奏ヴァイオリンソナタ・パルティータ全集  ヴィニアフスキー/ヴァイオリン協奏曲第2番
アイザック・スターン  ブラームス/ヴァイオリン・ソナタ集
ギドン・クレーメル  イザイ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタ集
    • good
    • 0
この回答へのお礼

感動です。
たくさん紹介してくださいまして
ありがとうございます。
早速amazon検索行って来ます。

たまたま買ったCD
ストラディバリウスでの
シューベルト・幻想曲ハ長調と
ブラームス・ヴァイオリンソナタ第3番ニ短調のCDを聴いて、
もっと多くの素晴らしいヴァイオリンを
聴きたいと思った次第です。

お礼日時:2008/03/06 23:17

C Dに使用楽器が明記されている例は少なく,また,一人で複数の名器を使うことも珍しくないので,


どの楽器での録音なのかはよく分からないのですが,少し古い人では,グリュミオーが使っていた楽器が,
録音条件など他の要因もあるかもしれませんが,とても豊かな音色で興味がありました。
彼の死後,そのストラディヴァリウスを誰かが引き継いだという話は聞いていないので,
大学や博物館などで保管されているかもしれません。


最近のヴァイオリニストでは,楽器の音色に関してはデュメイに関心を持っています。
ヴァイオリニストとしては他にも好きな人は何人かはいますが,
音色についてはデュメイは特に魅了されます。
録音も新しく,演奏も落ち着いていますので,C Dとしてはお勧めできるかと思います。

フランク,ドビュッシー:ソナタ
http://www.hmv.co.jp/product/detail/445243

ブラームス:ソナタ
http://www.hmv.co.jp/product/detail/141345

ブラームス:ピアノ三重奏曲
http://www.hmv.co.jp/product/detail/757865

その他 一覧
http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?adv=1&keyw …



下記の楽器使用者もご参考にしてください。
http://www.interq.or.jp/classic/classic/data/per …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
紹介のデュメイ、ぜひチェックしてみたいと思います。
ピリスと組んでる作品はとても期待できます。

お礼日時:2008/03/08 18:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消えたストラディバリウス ホームレスが燃やして暖を

アメリカ・コネチカット州でバイオリンの名器・ストラディバリウスが紛失した事件で、地元警察は、70歳代のホームレスの男性を逮捕し、
「バイオリンが灰になった」と発表した。

事件は先月、某交響楽団のコンサートマスターの男性が、駐車場にストラディバリウスを置き忘れた事に端を発する。このバイオリンは(5億円)余りの価値があるという。

地元警察は市民からの情報提供を元に、容疑者を特定。市内の公園のダンボールの傍らで、バイオリンケースを枕にしてストラディバリウスで暖を取っているホームレスを現行犯逮捕した。バイオリンは完全に灰になっていたらしい。

ホームレスいわく
「落ちている物を燃やして暖を取らねば、この記録的な寒さはしのぎきれない」

5億円のストラディバリウスとホームレスの命、どちらが優先されるべきなのか。パソコンをカナヅチでぶっ壊したことがある私に、誰か教えてください。
http://www.youtube.com/watch?v=gvUV0fGrwYo

Aベストアンサー

"5億円のストラディバリウスとホームレスの命、どちらが優先されるべきなのか"
    ↑
建前は、ホームレスさんの命。
本音は五億。

しかしねえ、五億の品物をどう管理していたんですかね。
アホとちゃうか。
大金庫に入れておかなかったのかね。

ホームレスさんもホームレスさんだ。
落ちているモノを燃やして暖を取らねば死ぬような
境遇に落ちたのは誰の責任や。
あの豊かな米国で、なにやっているんだ。

バイオリンに罪は無い。

罪があるのは、管理者とホームレスさん。

Q探してます!「これが驚異のテラークCDだ!!」

お世話になります。

20年ほど前、友人に貸したまま返ってこなくなってしまった「これが驚異のテラークCDだ!!」を再度購入予定です。

タイトル名は表題のとおりなのですが、自分の探しているCDがシリーズ何作目かが分からず困っています。

収録されている曲は「大序曲1812年/チャイコフスキー」や「展覧会の絵(キエフの大門)/ムソルグスキー」、「交響曲第2番ハ短調(復活)/マーラー」ほか。
この3曲は間違いなく収録されてました。

シリーズvol.1~5のうち1,3,4,5は該当しないという事までは分かりましたが、果たしてvol.2がそうなのか、また、シリーズは全部で何作まであるのかが判らないのでどなたかお知恵を拝借できませんでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ご指摘のうち2曲はvol.2に収録されているようですが、マーラーはvol.1のようですね。
http://www.barks.jp/shop/?id=B000UUXGBA
http://www.barks.jp/shop/?id=B000UUXGBK
念のため、別の出典のものも付記しておきます。
https://library.city.fuchu.tokyo.jp/licsxp-opac/WOpacTifTilListToTifTilDetailAction.do?tilcod=3008930007068
ご参考までに。

Q《ストラディバリウス負けた!聴衆は現代製に軍配》なる記事がありました。実際はどうなんでしょう?

▲ (ストラディバリウス負けた!聴衆は現代製に軍配) ~~~~~~
読売新聞 5/9(火) 7:42配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00050002-yom-sci

【ワシントン=三井誠】 数億円の値段がつくバイオリンの名器「ストラディ
バリウス」と、現代のバイオリンの演奏を聴衆に聞かせると、聴衆は現代のバ
イオリンの方を好むとする実験結果を、仏パリ大などの研究チームがまとめた。

論文が近く、米科学アカデミー紀要に掲載される。
 
このチームは5年前、ストラディバリウスと現代の楽器を弾いた演奏家でも、
音の評価に大きな差がなかったとする研究を同紀要で発表している。チームは
今回の研究で「バイオリンの作製技術が上がったのか、あるいは一般に信じら
れているほどの音色の違いがなかったのかもしれない」とコメントしている。

実験は、パリ郊外と米ニューヨークのコンサートホールで、音楽の批評家や作
曲家などを含む聴衆計137人の前で行った。ストラディバリウス3丁と現代
のバイオリン3丁を、演奏者にはどちらのバイオリンかわからないようにして
ソロで弾いてもらい、どちらの音色がよく響くかなどを、聴衆が評価した。
~~~~~~~~~~~~~
☆ この種の実験は ほかにもあったようです。

ストラディバリウスは 音色がちがっていて やわらかい感じを持って聞いた
経験があるのですが 実際には どうなんでしょう?

▲ (ストラディバリウス負けた!聴衆は現代製に軍配) ~~~~~~
読売新聞 5/9(火) 7:42配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00050002-yom-sci

【ワシントン=三井誠】 数億円の値段がつくバイオリンの名器「ストラディ
バリウス」と、現代のバイオリンの演奏を聴衆に聞かせると、聴衆は現代のバ
イオリンの方を好むとする実験結果を、仏パリ大などの研究チームがまとめた。

論文が近く、米科学アカデミー紀要に掲載される。
 
このチームは5年前、ストラディバリウスと現代の...続きを読む

Aベストアンサー

所謂、ブラインド(カーテン)テストで、わりと昔から公開実験のようなかたちで楽器(ヴァイオリン)やオーディオ機器(スピーカー等)の聴き分けに用いられてきました。

工業製品であるオーディオ機器と違い、製作者やその中でも個体差による出来不出来も大きくかつ歴史的にも貴重なヴァイオリンはこのようなテストでは常に興味深く、万人の関心を集めてきた経緯があるようです。

さて、件のストラディヴァリウス(以下、ストラド)と現代の楽器との比較ですが・・・

ある有名な老舗弦楽器専門の楽器商(過去1万本以上の古今のヴァイオリンを扱ってきた)の言葉を借りれば「腕9割、楽器1割の世界」だそうです。
つまり、演奏者の腕=奏者固有の音色・個性を表現するにあたりそれを楽器から引き出すテクニックが重要なのであり、それを助けるのが残り1割ほどである楽器だというのです。
なるほど、名演奏家などは幼いころから日々切磋琢磨し厳しい練習に励み、プラス生まれ持った才能も手伝ってコンサートやCDで聴けるあの音を出せるのです。
これは天才は99%の努力と1%の閃きという有名な言葉どおり。そして、完璧で素晴らしい腕に相応しい表現力ができる楽器を必然的に求めるのですね。それが名器といわれる17~18世紀のストラドやガルネリ・デル・ジェス(デルジェス)を頂点にした著名楽器群と言われています。この両者はヴァイオリンという楽器の黄金時代を築き、その形・音いずれも歴史的に見て頂点を極めた名工の名器に違いありません。

では、それに対し現代(近代)の製作者が作る楽器はどうでしょう?
結論から言って、ストラドやデルジェスに十分対抗出来る楽器は存在すると思います。
具体的な製作者名はここでは省きますが、例えば、オイストラフ、メニューイン、アーヨ、アッカルドといった著名な名演奏家やわが国の某ヴァイオリニストなども近代、現代の楽器を愛用し、実際にコンサートや録音でも使用しています。
但し、彼らがストラドやデルジェスといったこれらの中でも屈指の名器を所有し、愛用していた(いる)のは勿論です。
やはり、素晴らしい楽器であることは事実であり、古今の大作曲家たちの素晴らしいヴァイオリン音楽を表現・演奏するのにこれ以上のものはないのでしょう。
これらの楽器の歴史的価値、それに伴う貴重さゆえに美術品・絵画並みにとてつもなく高額であり、しかし、国家や財団が芸術のために特に彼らに終生貸与した例も内外数あります。

古い楽器と新しい楽器、この両方を持ち合わせている演奏家は普通に沢山います。
前者と後者をそれぞれ、枯れて柔らかく優しい音、みずみずしく反応に優れ健康的な音、というふうに捉えて楽器を作曲家・曲目により使い分けているのも表現上ごく自然のことです。尚、ストラドとデルジェスの両方を持っていた(いる)幸せな演奏家もいますし。

何より、名器を所有するというのが一流演奏家の証、そして夢であり=「いつかはストラディヴァリウスを・・・」、ブランド力というか、所有することにより本人の絶大な精神的支えになり、下世話な話ですが集客の大切な要素にもなります。
プログラムやCDジャケットに「17○○製ストラディヴァリウス使用」と書けば演奏家と同時に楽器にも自然とに関心がいきますよね。
特に欧米では名器所有はわが国以上に昔から多大なステータス性を持っています。(わが国以上に完全に階級社会ですので)
ですから、プロフィールなどにもまず名器といわれる古い楽器を一番に挙げ、サブとして近代・現代の著名製作者の楽器も所有というのが一般的です。

本来の質問の趣旨に戻ります。
実はこのようなブラインドテストでは実は微妙な問題が含まれています。

具体的に、
・ストラディヴァリは生涯数百本のヴァイオリンを製作。現在、世界中に存在する彼の楽器の中でも名器といわれているのはその中でもごく僅か。それらは代々、名演奏家から名演奏家へ、名家から名家へ、コレクターからコレクターへと渡っていき、まずこのような一般的な場所に出ることはない。

・だからこのような所に出るのはストラドの中でもまあ普通~それほどでもない出来の楽器か・・・また彼には二人の息子がいてそれぞれいい楽器を残してはいるが父を超えることはなかった。彼ら、または弟子の手による楽器に父親のラベルを貼ったものや後世になって全く他人が作った古い楽器にラベルを貼った贋作など、疑えばきりはない。

・楽器そのものはよしとして、演奏者が名手・一流でなければテスターや聴衆の聴き慣れてる所謂「ストラドの音」に聴こえない可能性も。せっかくの名器も可哀想。また、演奏者と楽器の相性もかなり重要で新しい楽器は鳴らせても古い楽器からは持ち味は引き出すことが出来なかった。テスト当日、演奏者はこの現代の楽器が手に馴染みいい音が引き出せた。

・このテストでのそれぞれの楽器の出来と純粋な音の評価はそもそも現代のものの方に最初から軍配が上がっていた。
仮に優れた個体のストラドと演奏者の場合、当然そちらに勝ちがあったかと。

等々・・・

というわけで結論は出ませんが、こういった考え方もあります。
作られてから300年も経っている楽器です。いくら名工が名器を作ろうとも経年とその間に修復を繰り返す内に、この先やがては朽ちてくるのは目に見えています。
そうなればそれに続く第2第3のストラド、デルジェスと云われるその次の年代の楽器たちがそれに取って代わるでしょう。また、現代の名工が作った楽器もいいものは残りやがては価値が出てくるのでしょうし・・・

ただし、はっきりと言えることは、
名器というものは誰が弾いてもある程度、素晴らしくいい音が出るものなのですね。(注:誰=一応、一定の演奏レベルを持った人)
これは古い・新しいを問わずです。
しかしながら、「ストラディヴァリウス」というブランド=付加価値が付くと誰しもその神秘的な魔力にかかり、他を排斥しがちな風潮にこのようなテストは科学的・客観的な観点から極めて意義のあるものではあると思われます。

所謂、ブラインド(カーテン)テストで、わりと昔から公開実験のようなかたちで楽器(ヴァイオリン)やオーディオ機器(スピーカー等)の聴き分けに用いられてきました。

工業製品であるオーディオ機器と違い、製作者やその中でも個体差による出来不出来も大きくかつ歴史的にも貴重なヴァイオリンはこのようなテストでは常に興味深く、万人の関心を集めてきた経緯があるようです。

さて、件のストラディヴァリウス(以下、ストラド)と現代の楽器との比較ですが・・・

ある有名な老舗弦楽器専門の楽器商(過去...続きを読む

Qバイオリン教室の月謝とバイオリンについて

長野県諏訪市周辺にある、ヴァイオリン教室の月謝は月どのくらいなのでしょうか???
あと、習うにはバイオリンを買わなければいけないと思いますが、
大体初心者ではいくらくらいのバイオリンを買っているのでしょうか、 教えて下さい。

Aベストアンサー

ヤマハ音楽教室で、バイオリンだと、月4回、1回30分で、一万五千円くらいでした。

バイオリンはもちろん買いますが、ヤマハなどメジャーになると最低ランク(初心者)でも30万以上しました。

でも、そこまで出すほど予算がなく、悩んでいたら、マイナーだけどそこそこのバイオリンで、10万で新品を買えました。

それと、教材の譜面を買います。先生に指示されますから、最初のレッスンで買いました。

消耗品と言っていいのか、弦が切れます。細い弦が特に。
それは手痛い出費でした。

最初は先生がチューニングしてくれますし、あまり触らないほうがいいです。

他には、顎と肩でバイオリンを支えるのを補助するアジャスター(?)や、譜面台も買ってしまいました。

やはり、立って練習していかないと指がつるとか骨がハズレそう!ってくらい、開いたりしないとならないので、毎日弾かないと苦労します。

指先1ミリ位置がずれても、音程が外れますから、かなり覚悟をして習ったほうが上達は早いと思います。

私は変調(サードポジション)のところで、あまりにも指が裂けそうになり、辞めましたが、楽しかったですよ!

ヤマハ音楽教室で、バイオリンだと、月4回、1回30分で、一万五千円くらいでした。

バイオリンはもちろん買いますが、ヤマハなどメジャーになると最低ランク(初心者)でも30万以上しました。

でも、そこまで出すほど予算がなく、悩んでいたら、マイナーだけどそこそこのバイオリンで、10万で新品を買えました。

それと、教材の譜面を買います。先生に指示されますから、最初のレッスンで買いました。

消耗品と言っていいのか、弦が切れます。細い弦が特に。
それは手痛い出費でした。

最初...続きを読む

Q「ストラディバリウス」が負けた、でも・・・

とある新聞記事によれば、
数億円の値段がつくバイオリンの名器「ストラディバリウス」と、現代のバイオリンの演奏を聴衆に聞かせたところ、聴衆は現代のバイオリンの方を好むとする実験結果を、仏パリ大などの研究チームがまとめたそうです。

この研究チームのスポンサーが誰なのかは知りませんが、
こんなことを言われちゃうと、ストラディバリウスを聴き分けることができる超一流芸能人のGacktさんは果たしてどう思うのでしょうか?

AIがプロ棋士に勝利してしまう現代ですが、
若い美女よりも古女房の方がギリギリ勝っているに違いないと思っているこの私に、
現代のテクノロジーに勝る過去の素晴らしいモノについて、どうか教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

バイオリンを聴き分けられることと音の好みとは別の話でしょう。
私も結構古いものは好きですが、これって知るものではなく感じるものだと思うですよね。
例えば完璧に調整された古い2気筒のオートバイの官能的な素晴らしさは最新のオートバイでは決して味わえるものではないけど、言葉にすると陳腐になる。
ロジックで語れるようなものは結局テクノロジーに追い抜かれるということでしょうか。
ただ、その時代の背景とか、共に過ごしてきた時間とか、当時感じていた気持ちとか、ものに対するあこがれとかといったノスタルジーやエモーショナルな部分が影響しているとは言えるかもしれません。

ひとつ言えるのは、400年前とは言わず50年前には本当に「良い木材」が豊富にあったけど、いまでは絶滅にひんしたりして手に入らないということはあります。
そういう意味では、戦前のマーティンギターをいくら真似て作ったとしても、全く同じものには成りようがないということは言えると思います。
ただしそれが「好み」で語られればどちらが上かは全く別の次元です。
奥さんについてもそうなのではないですかね?

Q現役のバイオリン・ソリストで一番心を揺さぶる人を紹介してください

クラシックでバイオリンの名曲のCDを買って聴きたいのですが、バイオリン・ソリストは余多といるので、どのソリストのCDを買えばいいのかわかりません。
お奨めのバイオリン・ソリストがいれば教えていただけないでしょうか?
希望としては、ピアニストでショパンとリストが完璧に弾けて、しかも一つ一つの音に気持ちをこめることができる、フジコ・ヘミングさんのような方です。
つまり、パガニーニが完璧に弾けて、一つ一つの音に気持ちを込められるバイオリニストです。
また演奏のときに肩の力が抜けていて、上半身を動かさずに右腕のボウイングだけで弾く方が、ほんとうに上手い人だと思いますので、そういう方をご紹介下さい。
国内外、男女は問いません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

クレーメル、パールマンもおすすめです。

Qバイオリンのストラディバリウス

バイオリンのストラディバリウスの事を「ステラ」と略して呼ぶことがあるというのを 前に聞いた事があるのですが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。日本の音楽学校卒でバイオリンを専攻していた友人でそう呼んでいる
人は多かったです。私のような素人さんには「ディバリ」とか「バリ」と分かり
やすく言ってくれました。

Q最も美しいバイオリンの音色が聞けるCD

バイオリンの音色には個性があります。
あなたが、これは凄い、これは美しいと感じたバイオリンの音色が聞けるCDを教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「これは凄い」というのとは対極にある、優雅でのびのびとしたヴァイオリンらしい曲に、クライスラーの小品があります。気楽に、のんびりと、音楽に身をゆだねる「ゆとり」を感じます。
 明るく、のびのびとしたイツァーク・パールマンの演奏で。

http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC-1875-1962_000000000025285/item_%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E5%B0%8F%E5%93%81%E9%9B%86%EF%BC%88%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%80%81%E3%83%91%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%80%81%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BB%96%EF%BC%89%E3%80%80%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%81%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9%EF%BC%88%EF%BC%92%EF%BC%A3%EF%BC%A4%EF%BC%89_1388379


 ヴァイオリンの清らかで崇高な音色を味わうには、フランク作曲「ヴァイオリン・ソナタ」がよいと思います。
 一般的なところでは、ジャン・ジャック・カントロフの演奏で。

http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF-1822-90_000000000023200/item_%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%EF%BC%9A%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF%E3%80%81%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%EF%BC%9A%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%95%E3%80%81%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%A8_3853831

 あまり有名ではありませんが、私のお気に入りは↓ミリヤム・コンツェンのヴァイオリンです。

http://www.hmv.co.jp/artist_Saint-saens-Debussy-Franck_000000000128504/item_Violin-Sonatas-Contzen-Vn-rogatchev-P_532709

 「これは凄い」というのとは対極にある、優雅でのびのびとしたヴァイオリンらしい曲に、クライスラーの小品があります。気楽に、のんびりと、音楽に身をゆだねる「ゆとり」を感じます。
 明るく、のびのびとしたイツァーク・パールマンの演奏で。

http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC-1875-1962_000000000025285/item_%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E5%B0%8F%E5%93%81%E9%9B%86%EF%BC%88%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%...続きを読む

Qピンキリとは?

よく「何、何もピンキリだ」とか、「何、何にもピンキリがある」とか言いますが、やはりピンが良く、キリは悪いという意味でしょうか?

Aベストアンサー

当たっていますよ。
良い方がピン。
悪い方がキリ。
語源を調べましたが、ウィキペディアにありませんでした。

Q新品のバイオリンで音が潰れます・・

こんちには!
バイオリンの事についてちょっとお伺いしたい事があります。
私はつい最近バイオリンを始めたものなのですが、バイオリンって最初から音がでるわけではなく、弾いている内にどんどん音が出てくると、言われていますが何度も何度もやっても音がなかなか出ません。
D線、A線で左手使いながらの弾き方を練習したのですが、最初の指一つでは音が出るのに、二つ以降だと
弦が相当弛んで音が潰れてしまいます。
バイオリンのレッスンで使っている物だと全く弦も潰れないし、音も出ます(下手ですが・・・・)。
チューニングも島村楽器店で勧められたクリップ付きモニターのチューナーでやってます。
チューナーを見ながら、弓で弾いてみておよそ真ん中にあったところで止めてるのに
開放弦でも音がレッスンのものとはちょっと違うように聞こえます。(E弦も明らかにおかしい)
締めすぎるとモニター共々変な音になるからと緩めると、だらんだらんになってしまいます。

Aベストアンサー

あなたのチューニングは1オクターブ低いです。
チューナーは、オクターブの判別はできません。
一度レッスンに持参して先生に見て頂くか、楽器屋さんに持っていくほうがよいです。
弾いているうちに音が良くなるというのは、もっともっと長い期間のことです。毎日毎日弾きこんで、3年ほど経ったらという話です。弾いていると板の振動で、木材の水分がどんどん放出され、本当に枯れた状態になり、せんべいのようにパリパリになります。そのような楽器は、音の立ち上がりや放出が良くなり、弓さばきによる反応も良くなって音が良くなります。


人気Q&Aランキング