論文を読んでいて分からなかったことがあります。
是非教えてください。

スクロース濃度勾配で遠心する方法があったのですが、スクロースの濃度勾配はどのようにつくるのでしょうか。イメージが全くわきません。よろしくお願いします。

それと、タンパク質をスクロース濃度勾配で遠心した結果をみるとサブユニットに分かれていたのですが、タンパク質を遠心するとサブユニットに分かれるものなのでしょうか。そもそも、どのような条件下でサブユニットがタンパクを形成したり、タンパクがサブユニットにばらばらになったりするのか分かりません。

基本がなってないので、まぬけな質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>スクロースの濃度勾配はどのようにつくるのでしょうか。



gradient former を使うのが古典的かつ一般的です。gradient formerを言葉だけで説明しても理解しにくいかもしれませんが(何かで調べてみてください)、

二つのリザーバ(アクリル製の円筒がよく使われます)の底ぎりぎりの壁に小さな穴を開けて細いチューブでつなぎます。一方のリザーバには液の引き出し用の穴を同じようにあけてチューブをつなぎます。

引き出し側のリザーバに濃度の高いショ糖液、もう一方に濃度の低いショ糖液を入れます。引き出し側のリザーバをスターラで攪拌しながら、引き出し管からペリスタティックポンプでゆっくりと送液し、遠心管に注入します。最初は濃い液だけが引き出されますが、濃い液が減るにつれ、薄い液が移動してくるので、次第に引き出される液の濃度が下がって行きます。これで、遠心管の底の方が濃度が濃く、上に行くほど濃度が薄い濃度勾配ができます。

簡便法もいろいろ考案されていて、遠心管の底のほうに濃いショ糖液を少し入れて凍らせて、次にちょっと薄い液を少し入れて凍らせる、ということ繰り返して5段階くらいの濃度のショ糖液の氷の層を作り、これをゆっくり解かすことによって濃度勾配を作るという方法もあります。また、単にある濃度のショ糖液を遠心管に入れておいて凍結して、これをゆっくり解かすと、最初に解け出してくる液は濃いショ糖を含み、後になるほどショ糖が薄くなるので濃度勾配ができるという方法もあります。

>タンパク質を遠心するとサブユニットに分かれるものなのでしょうか。

遠心力自体でサブユニットに解離するということではないでしょう。
バッファー条件(塩濃度、pHなど)の変化、還元によるS-S結合の切断、グアニジンや尿素などの変性剤あるいは界面活性剤の添加、金属イオンなどの補因子のキレート除去、などなど、目的のタンパク質の性質よっていろいろな方法がとられると思います。
    • good
    • 0
    • good
    • 0
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勾配の計算方法を教えてください

勾配の計算の仕方がわかりません。分かる方教えてください。

1メートル進んで50cm上がった道路の勾配は
何度になるのでしょうか?

計算式など詳しい回答をお願いします。

Aベストアンサー

#1です。
別の方法を2通り紹介します。

■エクセルで計算する方法

A1に
=50/100
と入力するとA1に勾配の比が
0.5
と計算結果が得られます。
続いて、この勾配の比のA1を使って、B1に
=DEGREES(ATAN(A1))
と入力すると
26.57
と勾配の角度が度の単位で計算結果がB1に得られます。
-------------------------------------------------
■WindowsPCに内蔵されている関数電卓を使って計算する方法
関数電卓は
スタート-プログラム-アクセサリ-電卓
があり、メニューの表示から「関数電卓」を選択します。

[10進]と[Deg]にマークしてから
50/100=[Inv][tan]
と入力すると勾配の角度(度単位)で
26.565051…
と計算結果が得られます。

Qグルコースやスクロースの濃度の測定方法について

現在、分離膜を介して左側のセル(体積34cm3)に1mol/kgのグルコース(スクロース)を、右側のセルには純水で満たしたセルを用意しました。
膜を介して、右側に透過する糖の濃度を測定したいのですが、その濃度はどのようにして測定するのが最も確実でしょうか・・・
現在アタゴ糖度計というポケットタイプの糖度計を使用して試料(ピペットで2,3滴の量)を採取しBrixを求め、そこから濃度を求めるというやり方で測定しているのですが、もっと精度が高いもので測定したいと考えています。そこで

(1)分光光度計で測定しようと思うのですが実際、その装置で精度の高い測定は可能でしょうか。ちなみに購入しようとしている機器はSPECTRONIC200という分光光度計です。

(2)そもそも分光光度計で糖の濃度を定量するというのは一般的なのでしょうか?

詳しい方、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>そもそも糖度計と旋光計では原理が違うから一概に比べることはできないと思うのですが・・・
 いえ、糖度を測る方法には様々な方法があり、精度が必要な場合は旋光計を使います。
POLAX-2Lは旋光を使用する糖度計ですよ。
 簡易糖度計とは原理が全く異なります。--こちらは単に目安程度にしかなりません。

 詳しくは、アタゴに問い合わせて見られたら良いと思います。カタログには±0.2%とは書いてありますが・・
 ⇒POLAX-2L( http://www.atago.net/japanese/products_polari.html#03 )
 ⇒AP300( http://www.atago.net/japanese/products_polari.html#04 )

Q勾配の距離の計算方法

ある図面を見ていたら、水平距離50mで縦断勾配2パーセントの側溝を施工するという図面があつたんですが、この場合2パーセントの勾配がついた距離はどのように計算すればいいのでしょうか?
たぶん説明不足だと思うので補足ですが、不等辺三角形に似ていて、底辺の直線が50mで斜辺が2パーセントなので、三平方の定理を使うのかなとも思いますが、いまいちわかりません。
答えより特に計算方法を教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>不等辺三角形に似ていて、

 直角三角形です。直角を挟む角の底辺側が50m、高さがその2%で1mとなります。従って斜辺の長さは、

L=√(50^2+1)=50.01m

となります。

 ただし、建築や土木などの場合、側溝の施工延長というのは、法面排水などの余程傾斜の大きいところでない限りは、水平投影長の値をそのまま使うのが普通です。
 上記の計算だと、水平投影長にたいして1cmしか違いません。50mの施行延長だと、この程度の数値は施工誤差に含まれるので、無視されます。そもそも、一般的な側溝の製品は、1本あたり2m(製品によっては60cm、あるいは1.0m)ですから、施工延長で1cmというのは施工できません。
 わたし自身、土木の設計に関わっていますが、そのような計算はいちいちしませんし、現場の施工業者からも求められません。

 いうわけで、この場合は50mのままとするのが正解です。

Q密度勾配遠心法について

密度勾配遠心法では、あらかじめ濃度勾配を形成させておいたショ糖または塩化セシウムの入ったチューブに試料を入れて遠心すると、その試料の比重に従って分散する、と学びましたが、この原理を教えてください。ショ糖が水分子を吸収しやすいことと関係があるのでしょうか?
また、塩化セシウムとショ糖をどのように使い分けるのかについても教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

生物カテの方が専門家がたくさんいらっしゃるので適切ですが、ごく簡単に骨組みだけ、↓
http://www.ambis.co.jp/glossary/2007/01/densitygradient_centrifugation.html
セシウム塩はショ糖に比べ密度が高いので、上記記述のように容易に勾配を作れます。
細かいことについて、質疑応答がある以下のページも参考になります、↓(速度法から分子量を出すときには沈降係数と拡散係数を求めて、それからSvedberg の式を使って分子量を計算します…)
http://www.farisaka.bio.titech.ac.jp/aucforum/2002-11.pdf

Q屋根の勾配配置計算(太陽光発電)

太陽光発電システムを設置するか考えてます。屋根に配置するのに何枚のるかを自分で計算したいんですが、屋根の勾配計算?流れ計算?の計算式が分かりません、どなたか教えて下さいお願いします!

Aベストアンサー

質問の意味がいまいち判りません。
(1)屋根の勾配そのものが判らないのか?
(2)屋根の勾配は判るのだが、
その勾配から導き出される屋根の面積が判らないのか?

(1)施工図面を保管していれば立面図の角度を測るか、
図面が無ければ、実際に天井裏を覗き込み、屋根勾配がある壁に
出来るだけ長い垂線aと水平線bを引いて、a対bの比率を計測。→
bの実数(屋根の軒線の無い方の外壁の一辺)の2乗×aの実数(↑の比率より求める)の2乗=屋根勾配流れのある長さ(C)の2乗⇒三平方(ピタゴラス)の定理
C×D(勾配の無い方の建物の外壁辺)=屋根1枚の面積

(2)↑を参考に、もしくは、三角関数の正弦、余弦定理を使ってスマートに求める(高校1年の時習って完璧に覚えていたが、今は記憶の欠片にも無いような。笑)
詳しくは数学版ででも聞いてみて下さい。

Qスクロース濃度(分子量:342)の求め方がわかりません。

200mM酢酸緩衝液(pH5.0)20mlと0.2%CaCl2を含む3%スクロース水溶液30mlを混合させた時、スクロースの濃度は何mol/lか?という問題の解き方がわかりません。回答の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

3%×30mL/(20mL+30mL)=1.8%
液の混合で体積変化はないと、仮定してです。

1.8×10/342=0.0526mol/L
10でかけているのは、%濃度をmol濃度に換算するため、Lとするためです。

Q勾配天井のときの排煙計算

勾配天井の時の排煙計算で天井から80cm下がったところまである窓は排煙設備として認められますが勾配天井の時はどこを基準にして80cm下がればいいのでしょうか?平均の天井の高さからですか、それともその窓がある直上の天井の位置からですか?もしくは違う算定方法があれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3856791.html
もしかして昨日の上記のご質問に触発されたのでしょうか。(関係ないですか、どうでもいい事ですね)

上記の質疑回答(私も書いてますが)を読み返してつくづく行政の怠慢?に苛立ちを感じ参考になればと添付した次第です。
原則は1の方のおっしゃる通り、ただし上記を見ればお分かりの通り各行政や審査機関により解釈が異なる事がお分かりでしょう。
申請の際はまず提出する機関に確認してから出すべきであるようです・・・・。

建築物の防火避難規定の解説(主事会議での合意内容をまとめたものですよね確か)や告示を勝手に個人の解釈で変えられてはたまったものじゃあないですよね。
主事と言う名のいわば独裁者の例えば罷免要求など何らかの措置が必要ではと考えているのは私だけでしょうか。
裁判官の国民審査(これも出鱈目ですが)のような制度とか・・・。

かなり本題から反れました、御免なさい。

Q葉緑体を観察する際のスクロース溶液の濃度はどれくらいでしょうか?

タイトルの通り、葉緑体を観察する際に最適なスクロース溶液の濃度はどれくらいでしょうか?

ご回答お願いします。

Aベストアンサー

観察する植物によって、最適な濃度は異なります。
おおまかには 0.5~0.7モル/l 付近です。

と言っても分からないですよね。この単位は高校で習うちょっと難しい単位なので、分からなくて当然ですが、もし分かると、砂糖(しょ糖)に限らずどんな糖や塩を使っても最適な濃度が求められます。もし「モル濃度」に興味があれば調べてみて下さい。

で、しょ糖の場合ですが、およそ150~250g/1あたりになると思います。「およそ」なので、もっと前後するかもしれません。でも先ほども書きましたが、最適な濃度は植物によって異なるので、#1の方も書いておられるように、それはご自分で実験して確認して下さい。

濃度を決める実験方法をちょっと書いておきます。
植物は、細胞の周りを「細胞壁」という小部屋で覆われ(仕切られ)ています。最適な濃度よりも濃いと、細胞壁と細胞の間に隙間が出来ています。濃度をだんだん薄くしていき、隙間がちょうど無くなったところが最適な濃度です(作った濃度はすべて観察して下さい)。

いちいち「観察しては濃度調整」としていると、膨大な時間がかかりますので、自分で濃度の範囲と何g/l刻みにするかを決めて最初に全ての濃度を作っておき、それから一気に観察します。だいたいの濃度が分かったら、その周辺の濃度をもっと細かく刻み直して、もっと正確な濃度を割り出すのもよいでしょう。

見方や濃度調整のばらつきによって、データもばらつきますので、自分なりに数字に置き換えてグラフを作ると、もっと正確になります。

ちなみに水は精製水を使うんですよね?
ならば、砂糖(しょ糖)も精製しょ糖を使うと良いです。簡単に手に入る(ほぼ)精製しょ糖は、グラニュー糖や氷砂糖です。

観察する植物によって、最適な濃度は異なります。
おおまかには 0.5~0.7モル/l 付近です。

と言っても分からないですよね。この単位は高校で習うちょっと難しい単位なので、分からなくて当然ですが、もし分かると、砂糖(しょ糖)に限らずどんな糖や塩を使っても最適な濃度が求められます。もし「モル濃度」に興味があれば調べてみて下さい。

で、しょ糖の場合ですが、およそ150~250g/1あたりになると思います。「およそ」なので、もっと前後するかもしれません。でも先ほども書きましたが、最適な濃度...続きを読む

Q勾配計算に弱い・・・

建築の屋根面積なんかは勾配計数「5寸なら1.118」を掛け算して算出できますが、こんどは高さの算出の仕方がよくわかりません。たとえば、屋根の軒先から1m奥方向「水上側」への計算はどのようにするのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

建築で言われる寸勾配は、
すべて、底辺を10(寸)と考えた直角三角形で、
その高さを5(寸)とか、4.5(寸)と呼んでいます。
べつに単位は寸じゃなくても同じことで、
底辺10に対して高さがいくつか、ということなのですけど。
たとえば、ご質問の高さは、
5寸勾配なら、1m×5/10=0.5m
4.5寸勾配なら、1m×4.5/10=0.45m

単純なことなんですが、
どこがわからないのでしょう…?
的外れでしたらすみません。

Q濃度勾配

カラムでタンパクを精製したいのですが、濃度勾配によって精製する仕組みがよく分かりません。分かりやすく教えていただきたいのですが。

Aベストアンサー

陽イオン交換の場合、カラム内のイオン交換体と静電気的に吸着しているタンパク質を溶出させる仕組みは以下の二つになります。

1.溶離液pHをあげることにより、交換体との相互作用を弱める。
(イオン交換体は-の電荷を持つのに対し、タンパク質はpHを上昇するとプロトンを放出して+の電荷を失うために吸着できなくなる。)
2.塩濃度が上昇することにより、交換体に静電結合する対イオン(添加した塩の陽イオン)濃度が上昇する。その結果吸着タンパク質と置き換わる。(緩衝液中の対イオンによって吸着タンパク質がカラムから追い出される様な感じです。)

上記の性質がタンパク質ごとに微妙に異なる(立体構造やアミノ酸組成等の違いに由来)ため、分離が可能となるわけです。

以下のHPにも説明があります。
では。

http://www.jaist.ac.jp/~yokoyama/m232ex.html
 2-1 タンパク質分析法(定量法、クロマトグラフィー)(1.5MB)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報