「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

いずれかのご親切な方、どうしても思い出せないマンガがあるので、
もしおわかりでしたら作者名、作品名をお教えください。



----- 断片的に覚えていること -----

☆ 少女マンガである。
☆ 80年代の作品と思われる。
☆ ジャンルは、恐怖マンガ(本の背が黒系)だったと思う(←あやしい)。
☆ 短編集、オムニバスだったと思う。
☆ 確か「深層心理サスペンス」だか「深層心理ホラー」のサブタイトルあり(←あやしい)。
☆ 姉と妹の物語である。
☆ 姉妹の年齢は、10歳~18歳くらい。
☆ 妹の名前は、確か「ジョナ」だったような(←これもあやしい)。
☆ 作品の舞台は日本ではなく、欧州か米国。
☆ 妹は奔放な性格で、姉は思いつめるタイプ。
☆ 姉は、無邪気でかわいい妹に対しコンプレックスを持っている。
☆ 物語のクライマックスで以下のような趣旨のセリフがある。
姉 「無邪気で、かわいいジョナ。」
姉 「がさつで、無神経なジョナ。」
☆ おそらく、マイナーな作品ではなく、どこの本屋でも入手できた、メジャーな作品。
☆ 絵柄は、特に個性的なものではなく、少女マンガに典型的なもの。
☆ 同作者の作品には、劣等感や、倒錯した愛をテーマにしたものが多かったような。



以上です。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

質問を読んで思い出したのが曽祢まさこ先生の短編「金のベールに銀の針」です。


姉妹であった事、ホラー、姉が物静かなタイプ、など
いくつか当てはまる部分があります。

実は、私も題名が思い出せなくて悩みましたが、ふと「銀の針」を思い出して検索してみた所、
下記掲示板で情報がありました。確認してみて下さい。

参考URL:http://hit.pos.to/cgi-bin/gb_manga.cgi?log=sonem …

この回答への補足

お返事ありがとうございます。

「金のベールに銀の針」
これっぽいですね。明日にでもブックオフまわって
「なかよし」ミステリー&ホラー傑作選
を探してきます。古いから苦労するでしょうが。

ありがとうございました。

補足日時:2008/03/08 23:15
    • good
    • 0

短編集で黒い背表紙って、角川ホラー文庫では?


http://alisato.web2.jp/book/khb/k_author1.htm

この回答への補足

お返事ありがとうございます。

お教え頂いたサイト行ってみましたが、
刊行年月があいませんでした。
すべて、私の記憶のあいまいさのなせるわざです。
ご迷惑をおかけいたします。

何か思い出されましたら、お知らせくださると助かります。
ありがとうございました。
(なんか意地になってきました)

補足日時:2008/03/07 21:01
    • good
    • 0

わたなべまさこ作品ではないですか?


子供の頃読んで、絵が怖くてトラウマに…

この回答への補足

お返事くださりありがとうございます。

わたなべまさこさんについては、
下ふたりの作家さんにくらべ、
情報が少ないので今のところ何とも言えません。

私のあまりにアバウトすぎる記憶で皆さんに
ご迷惑をおかけします。

ちなみに、今探している本は、
妹の本棚に「海の闇月の影」「闇のパープルアイ」
などと共にありました。高階良子さんの本があったのも
確実です。
読んだ時期は、80年代の終わりから、90年代の初め頃です。

何か思い出されましたら、よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

補足日時:2008/03/07 20:44
    • good
    • 0

具体的な作品は判りませんが、


なんだか曽祢まさこ作品にありそうな感じがします。。。ご参考まで

この回答への補足

お返事ありがとうございます。

下の高階良子氏が最もあやしいのですが、
曽祢まさこ氏も「近いな」と感じます。

読後感としては、内舘牧子さんの
「週末婚」や「昔の男」に近いものがあった
ように思います(全然違うじゃん!とつっこまれそうですが)。
なんせストーリー展開自体は完全に忘れてますから。

もし何か思い出されましたらお知らせくださると嬉しいです。
ありがとうございました。

補足日時:2008/03/07 20:25
    • good
    • 0

古い人でホラー系で普通の少女漫画絵、というと「高階良子」かな?


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%9A%8E% …

多作な人なので、作品名は分かりませんけど・・・。

この回答への補足

お返事ありがとうございます。

高階良子が、最もあやしいように思います。
「ガラスの墓標」
「わたしの中にへびがすむ!」
「バイオレットシャトーの昼さがり」
などのタイトル、
また「かごめかごめ」のお話など、
読んだ事があるのは確実です。ストーリーは忘れていますが。

ただいま猛検索中です。ありがとうございます。
何か思い出されたらお教えくださると幸いです。

補足日時:2008/03/07 20:05
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホラー少女マンガに詳しい方、お願い致します。

7~8年前に友人の家で読んだマンガが思い出せません。
絵柄は80~90年代風、ジャンルはホラー少女マンガ(松下容子さんのような)で、

・深夜(詳細な時間は失念)に合わせ鏡を行うと、鏡の間を悪魔が通り過ぎる
・その悪魔を用意しておいたビン(容器)に閉じ込めることが出来たら。何か一つ願いを叶えてもらえる

というおまじないをベースにした短編集です。
色々な人がその行為で願いを叶えますが、その結末が殆どバッドエンドになっています。

結末の一例は、
・他人の持ち物を何でも貰える能力が欲しい→持ち物から「あの人の目」「あの人の足」…に欲求がエスカレートし、最後には目や足がいくつもついた化け物に
・自分は死んで霊体だけをこの世に残し、みんなが嘆き悲しむ姿が見たい→大して周囲からは気にされない上に天国にも地獄にも行けず、人生を謳歌する人々を永遠に独りで眺めるだけに
・目は宝石、髪は金糸といった全身が貴重品(?)になりたい→貧しい人たちから体中を削り(えぐり)とられる

これぐらいしか覚えていません。
どなたか詳しい方、タイトルや作家さんなど、ご存知の事だけで構いませんのでお教え願います。

7~8年前に友人の家で読んだマンガが思い出せません。
絵柄は80~90年代風、ジャンルはホラー少女マンガ(松下容子さんのような)で、

・深夜(詳細な時間は失念)に合わせ鏡を行うと、鏡の間を悪魔が通り過ぎる
・その悪魔を用意しておいたビン(容器)に閉じ込めることが出来たら。何か一つ願いを叶えてもらえる

というおまじないをベースにした短編集です。
色々な人がその行為で願いを叶えますが、その結末が殆どバッドエンドになっています。

結末の一例は、
・他人の持ち物を何でも貰える能力...続きを読む

Aベストアンサー

犬木加奈子さんの「かなえられた願い」(メディアファクトリー刊)だと思います。

http:// www.amazon.co.jp/dp/4840102880

Q昭和40年代~60年代までのオススメ少女漫画は?

子供のころから漫画をほとんど読まずに育ったので、「名作」と呼ばれる漫画をひとつも読んでいません。
たとえば、萩尾望都とか、1作も読んでません。
「これ知らなきゃ恥ずかしいよ」
「今でも手に入るよ」
という少女漫画がありましたら教えてください。
ちなみに恋愛漫画よりファンタジー系が好きです。長編より、短いものが好きです。

Aベストアンサー

超一流、いま読んでも十二分に面白いもの、絵も気持ちよく、ときには驚きをもって眺められるもの、というと

岩館真理子
大島弓子
坂田靖子
山岸涼子
萩尾望都
三原順
高野文子
くらもちふさこ
紡木たく
伊藤理佐

といった人たちのものでしょう。

今となっては読み返したいとは思わない(当時すでに読みにくいどころか読んでられなかったりもした)けれども個性的な絵によって忘れがたい名前としては

森脇真末味
よしまさこ
奈知未佐子
倉多江美
沖倉利津子
太刀掛秀子
松苗あけみ
星崎真紀
小橋もと子
高橋亮子

あと、何はともあれ読んでおかなきゃっていうと『ガラスの仮面』や『キャンディ・キャンディ』ですかね(後者は古本でしか手に入らないけれど)。『風と木の詩』なんかもかな~。『ベルばら』はこんなヘボいしろものが歴史的人気作となったという、当時に於ける漫画というメディアの特異性もしくは不思議さについて茫然とするための材料にはなる、という程度のものでしょうかね~。図書館にあったのでこの前借りてきたんですが、読むに堪えませんでした。とくに絵がもう驚くばかりに下手でどうにもなりません。


恋愛よりファンタジー、長篇より短篇となると、以上あげた名前の中では坂田靖子と奈知未佐子ですかね。あと一人この系統では、圧倒的な画力の持ち主で「さべあのま」という変な名前の人がいます。もともと寡作でしたが、今はもう本のカバー絵を描くくらいなのかな。おっとあと一人、忘れてはならない人がいた。

楳図かずお

ひぃぃぃぃぃ。

超一流、いま読んでも十二分に面白いもの、絵も気持ちよく、ときには驚きをもって眺められるもの、というと

岩館真理子
大島弓子
坂田靖子
山岸涼子
萩尾望都
三原順
高野文子
くらもちふさこ
紡木たく
伊藤理佐

といった人たちのものでしょう。

今となっては読み返したいとは思わない(当時すでに読みにくいどころか読んでられなかったりもした)けれども個性的な絵によって忘れがたい名前としては

森脇真末味
よしまさこ
奈知未佐子
倉多江美
沖倉利津子
太刀掛秀子
松苗あけみ
星...続きを読む

Q金の針と銀の糸(?)

上記のタイトルのマンガを探しています。(ちょっとタイトルがあやふやですが)
金の髪の姉と銀の髪の妹(逆か?)がいて、どちらかが結婚するんですが片方がそれを妬んでいて結婚式の時に花嫁が事故で死にそうになるのを見殺しにしてしまって自分が花嫁になるが・・・といった感じの話だったと思います。(事故は多分溺れたかなんかです)
おそらく作者は曽根まさこさんだったかと思います。出版社等不明ですので知っている方がいれば教えて下さい。

Aベストアンサー

調べたら似た様なのがいっぱい出てきました(笑)

曽根まさこ・・・金のベールに銀の針
くらもちふさこ・・・銀の糸金の針
わたなべまさこ・・・金の糸銀の針
神坂智子・・・金の糸銀の糸

・・・で、調べたら一番上のでした。
http://www.kt.rim.or.jp/~rakko/comic/sakuhin/sakuhin00404.htm

「なかよし」ミステリー&ホラー傑作選に収録されています。

参考URL:http://www.kt.rim.or.jp/~rakko/comic/sakuhin/sakuhin00404.htm

Q西谷祥子・わたなべまさこ先生に詳しい方へ

いつもお世話になっています。
大昔に読んでいた漫画本を再度読みたいと思っているのですが、
以下の作品の、題名まで思い出せたのですが、
中身が思い出せません。

出来たら、詳しく内容の方を教えていただけませんでしょうか。

・手紙をください!
・蝶はここには住めない!
・この愛・戦火をこえて

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 
 こちらを ご覧下さい。^^ ↓

http://www.angel.ne.jp/~yama/girls/shuei/nisi2/

http://www.angel.ne.jp/~yama/girls/horupu/
 

Qなかよしの恐怖の館で。

もうだいぶ前になります。10年近く前になりますが、小さい頃に「なかよし」の付録についていた薄い小冊子(恐怖の館?)の中で一番最後に挿入されていた漫画のタイトルが思い出せません。
・ジャンルはホラー
・人間の死体で作ったグロテスクな人形が沢山ある部屋に主人公の女の子が足を踏み入れる
・最後は、主人公が誰かに(そこが覚えていません)襲われる瞬間で終わっている

です。断片的にしか思い出せませんが、すごく読み応えのあった漫画なので、是非ともタイトルを知りたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

直接の回答じゃないですけど、2chの少女漫画板は便利ですよ。
私も昔断片的にしか覚えていなかった漫画のストーリーを元に聞いてタイトルを教えてもらったことがあります。
なかよしホラー特集号恐怖の館だったら覚えてる人も多いかも!


人気Q&Aランキング