タイトルの通りですが、精神科で診察すると社会的に不利なことってなにかありますか。友人が6,7年前に軽い不眠で悩んでいたのですが、「会社にばれるのがいやで精神科にはいかなかった」と言っていました。医者には守秘義務があると思うのですが、そのようなことがあるのでしょうか。とにかく、不利になることについて教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

他の方もずいぶん書かれてますが、自立支援による医療費助成(昔の通称32条)、障害年金、障害者手帳に関してはどうしても残るようですね。

でも、見るとしても経理とかでしょうから、よっぽど小さい会社か本人自体がその関係の職務に就かない限り、ばれてもさほど問題がないと思いますが…。

ちなみに私は数年間、今は障害者としてですが、以前は一般雇用で、障害があること自体はオープンにして働いてました。その時、一時期会社の健康保険にも入ってましたが、年に1回くらい健康保険組合から通知が来てました、この期間あなたはこういう病院にかかってましたよって。そこには「精神科」とはっきり書かれていませんでしたよ。

私の場合、まだ普通の人のように働ける状態ではないので障害者雇用という立場に甘んじてますが、問題なのは普通に働くのは無理でも訓練するとかできるレベルでも、病気を「言い訳」にして何もしないでいる人がいることですね(私の元彼がそれでした)。だから質問者のご友人が悩まれることになる。身近にそういう人がいないとそうじゃない人がいることもわからないので、悪い点ばかりが先走り、不利になることもあるでしょうね。軽い不眠症も、いまだに軽く見る人はいるようですし…(私も昔、酒飲めば眠れる、とか言われてました)。

あとANo.9の書かれた生命保険ですが、病院にかかる前にすでに加入されていたものなら有効なものはあります。実際、私が対象の簡易保険に入っていた時認められました(入院したのは精神科ではないですが、結果精神的なものとして精神病薬も処方されていたので)。
逆に、嫌な勧誘を断る口実にも使ってましたけど。一時期1人暮らししていた時に大家さんが保険の外交員もやってて(事情は説明済です)あっさりと諦めてもらったことがあるので。
でも精神病を理由とした解雇はできなくても、それにともなう職務怠慢で退職勧告はできると思います。というか過去にそれで解雇1回・退職勧告2回遭ってます。

結婚などに関しては相手次第でしょう。私の友人では、承知の上でさらに×2でありながら、健常者の旦那様と再々婚をしたした人もいますし、当事者同士で結婚した夫婦も知ってます。
あと運転免許は、完治してすでに薬が不要になって数年ならともかく、治療中は難しいと思います。ダメとか以前についていけないんですよ。私も隠して挑戦しましたが諦めました。が、原付なら試験だけで後の実技講習さえ受ければもらえるので問題ないです。試験時間も30分と短いですし。もちろんこれも昼間服用している薬があれば気をつけなければいけませんけど、逆に言うとその程度です。

…と、ざっと書きましたが、質問者様のご友人の場合、軽い不眠なら内科でも今なら診てくれる時代です(内科的要因がある場合もあるので)。うつ病もずいぶんポピュラーになってきましたし、そう説明すれば良いだけの話だと思います。
ちなみに先に私が解雇や退職勧告を受けた会社、解雇のは倒産、退職勧告のは店の質が相当落ちてます。そういう会社はそんなもんです。

以上、長文となりましたが、参考にならなかったらすいません。
    • good
    • 9

新規に生命保険に加入出来なくなります。


(保険会社にもよるそうですが。)
おおよそ1年以上
精神科や心療内科に通院した患者とは
新規に生命保険の契約をしない保険会社が
多数なのだそうです。
契約する時に、加入出来るという営業もいるようですが
実際、保険金を受取る時になって
支払ってくれないというトラブルが多いそうです。
勿論、精神科や心療内科に通っていることを
秘密にして契約して、それがバレた場合も
保険金は出ません。
    • good
    • 7

私は4年前から昨年まで精神科に不定期ですが通院していました。


2年前に新しい会社(親会社が上場企業)に就職でき、昨年はマンションも購入し全額住宅ローンも組むことができました。
うつで障害年金を受給していましたが、就職にもローンを組むことにも何も影響はありません。
精神科と聞くと一般的にイメージが悪いですが、メンタルクリニックとか気軽(?)に受診できるところもあります。
精神科に通い始めた頃の会社には、はっきり自分の状況を説明し通院していることも言いました。
結果としてその会社は退職しましたが、別に不利になることはありませんでした。
極端に隠そうとすると逆にそれがストレスになり、自ら不自然な言動・行動になる方があまり良くないのではないかと思います。
    • good
    • 6

(2)~(6)のご意見すべてに賛成です。

私自身精神科に通っています。よく実情を理解すれば、精神科に通うことの多くが 実はいいかたで友人にしてもいい人 時によって友人にして 決して人を裏切らない心のやさしい方が多いのにきづきます。

大切なことは、少しに人の偏見と自分で自分にまけないことです。

お大事に!
    • good
    • 7

まあ、裁判で争うときに不利といえば不利ですね。


また、障害者年金を申請し、もらっている場合、
公的記録は残りますので、転職や結婚で不利な場合もあるようです。
これは当の相手によりけりです。

ただし、
「会社にばれる」どころか、
会社が理解し協力してくれないと病院通いしてもなかなか回復の兆候がありません。
また、会社は精神病を理由に解雇はできません。
仕事に支障が出ては会社も迷惑します。
以上の理由で、重症で苦しんでいる場合には、会社に知らせることが大事です。
ご友人の不眠はわかりませんが、きっと、ほんとうに軽いもので、仕事にさしさわりがなかったのでしょう。
    • good
    • 5

<精神病><精神病院><精神科>といったコトバや<狂>の字に過剰反応して、日本のあらゆる辞書類から除こうとしている精神病の男性を見かけたことがありますが……ちょっと違うような気がしています。



ムカ~シは(世間体を憚って)精神病の人を座敷牢に閉じ込めたそうで、いまも、健康保険から精神科通院が会社にバレないかと懸念している人もいるようですが、人間、誰もが精神的な病気であるという考え方をしている学者もいますし、治せるのなら、早く治してしまうほうがいいような気がします。その人その人の考え方次第ですね。
    • good
    • 2

躁うつ病の者です。



具体的な病気によるのですが、うつ病と統合失調症の場合は、猟銃の購入許可が出なくなると記憶しています。躁うつ病でも同じかもしれません。

上記のような病気の場合、神経系薬剤は眠気を誘うことが多いので、自動車の運転はお奨めできません。

会社にばれるのが嫌だという発想法は、もう間もなく、過去のものとなるでしょう。昨今では従業員のうつ病対策は企業におけるホット・トピックのひとつであり、まともな会社なら、ストレス性疾患には何らかの対応をしてくれることが増えています。そもそも、うつ病は、十分な休息とストレス要因の排除がないと治らない病気です。薬だけでは、まず、治らないのです。

日本にはすでに、過労によるうつ病について、労災認定が降りるという前例が出来ています。人事部や管理職ともなれば、この例を知らなかったでは済まされません。会社がストレス性疾患に無理解だったり、労働組合が御用組合と化しており頼りにならない時は、これを提示し、「いざとなれば弁護士でも連合でも労働基準監督署でも、使えるものは全部使うから、覚悟しておいてね」と、堂々と会社に告げればよいのです。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-09-25/200 …

確かに医者には守秘義務があります。しかし、ストレス性疾患であれば、会社に隠す必要はありません。業務量を減らしたいなら「うつ病:業務量の軽減を要する。経過観察6ヶ月」と診断書を出してもらえば良いのだし、医師が、これは休まないと治らないなと判断すれば、「うつ病:6ヶ月の休業を要する」などと書いてくれるでしょう。休業中であっても、健康保険組合から普段の給料の6割が支給される例が多いので、会社を休んでもすぐに生活に行き詰るわけでもありません。さらに、会社からこれ以上の休業や自宅勤務は認められないから出社して来いと言われたら、「うつ病:残業禁止、業務内容の大幅な変更禁止、出張禁止。経過観察6ヶ月」とか書いてもらえば良いのです。

医師に守秘義務があるのは確かですが、勤務時間内に病院に行くことが多いと、上司から事情を聞かれる可能性はあります。不眠やうつ状態程度ならわざわざ隠す必要は無いでしょう。上司も知られたくないなら土日や夜間に開いている精神科を探さなければなりませんが、医師から「休まないと治らないよ」と言われたら、結局は会社に、そのことを通知しなくてはならなくなります。

問題は、精神科の扱う病気はうつ病だけではないことです。躁うつ病ならまだしも、統合失調症となると、まだまだ社会の偏見が残っているでしょう。統合失調症というのは、幻聴・幻覚が出て、「お前はダメなやつだ」とか「逮捕してやる」とかいった自分を責めるような幻聴に苦しみ、しかも、幻聴と現実の声の区別が困難になるという病気です。統合失調症は決して珍しい病気ではなく治療薬もあるので、まともな産業医がいる企業であれば、問題なく接してくれる可能性が高いと思います。

深刻なのはアルコール中毒や薬物依存で、これは社会生活を営む上で極めて不利にはたらく可能性が否定できません。

精神科に通う患者には、身体の病気の見落としが混ざっていることも多く、あまりにも治りが悪い場合、身体の病気の可能性を疑う必要があります。甲状腺機能障害をはじめとし、自己免疫性疾患、ビタミンB12を吸収できなくなる腸の疾患、神経の物理的損傷などが病気の本質であるケースもあります。いずれのケースでも、ストレス性疾患が本質ではないわけです。

また、社会的に不利にはたらくという点では、結婚が難しくなる点が見逃せません。既婚者であれば相手の理解も得やすいのですが、これから結婚しようと思うなら、相手に対して事実を説明しないと誠実な態度であるとは言えなくなります。うつ病や統合失調症の薬には性機能障害の副作用が多く、男性の場合は勃起不全や射精不能、女性の場合は生理周期の乱れ、母乳の漏出、高プラクチン血症(不妊の一因)などが発生します。特に女性の場合は、妊娠中に薬を飲むわけにはいかないという事情がありますので、パートナーの理解が得られないと大変な苦労をすることでしょう。
    • good
    • 3

睡眠が上手に取れない場合はちゃんと病院に行って、ホルモンバランスを整えた方がいいですよ。


そのための薬をだされるのだから、不利になることはないです。

管理職、幹部の人、経営者っていろんなこと考えて忙しいので、精神科に通う人も多いのですよ。
脳の分泌を正常に戻さないと、ちゃんとした指示がだせなく、会社として大損にしてしまいがちになるので、病院、カウンセリングは必見なんですよ。
大手の経営者の方は専属のカウンセラーをもってるものです。
カウンリングでは解決できないものは薬治療をします。
健康管理にはトップの人間はかなり気をつかうものですよ。
社員が心配するので告知はしませんが。
そういう意味でも精神科というのはとても会社や生活には必要な存在なのです。
    • good
    • 1

> 精神科で診察すると社会的に不利なことってなにかありますか。


今の風潮では精神科にかかったことを悪く思うことはないと思います。
胃が悪くなったり、風邪をひくのと一緒で、
単純にココロも病気になるということです。
ただ、中には悪いイメージで思う方や理解の乏しい方も少なくないので、
わざわざこちらから言う必要は無いと思います。
ただ、バレたから社会的に不利になるということは考えにくいです。
今はどこの精神科も予約がいっぱいで、それだけ患者が多いということです。

> 「会社にばれるのがいやで精神科にはいかなかった」と言っていました。> 医者には守秘義務があると思うのですが、
> そのようなことがあるのでしょうか。
医者にはもちろん守秘義務があります。
患者さんに黙って受診内容を公開することはありません。

どちらにしても、症状が進まないうちに早めの受診が望ましいです。
    • good
    • 4

精神科通ってたってことを知られたら、何か精神的に問題があったと


普通は思われるとおもうよ。
そうゆうことは黙っておいた方がいいかもね。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • ビタミンA過剰症<内分泌系とビタミンの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    ビタミンA過剰症とはどんな病気か  欠乏症の項で説明したように、ビタミンAは脂溶性(しようせい)のビタミンです。水溶性ビタミンは過剰に摂取したとしても尿として体外に排泄されますが、脂溶性ビタミンは体内に蓄積されるので、過剰摂取による副作用が出てきます。 症状の現れ方  ビタミンAの1日所要量は成人で1800〜2000国際単位ですが、大量に摂取した場合の急性中毒としては、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)や頭...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q書籍 精神科セカンドオピニオン2

書籍 精神科セカンドオピニオン2

精神科セカンドオピニオン2に登場する
三吉先生&清水先生の所在地をお解かりの方
住所をお教えください。

Aベストアンサー

書籍なら出版社に問い合わせれば一発なんじゃないですか?

Q精神科での診察について

僕はいま双極性障害と診断されています。
しかし5年前くらいから鬱病と診断されていました。

僕は、精神科で毎回、診察の時に先生が「どうですか」と聞かれると、「大丈夫です」とか「良くなりました」としか言えません。
ホントはもっといろいろ言いたいし、聞きたいこともあるのですが、いざ先生の前に行くと何も話せません。

先生に対して「悪くなりました」というようなことを言うのもだめな感じもするし、何にも関係ないこととか、元々自分性格なんじゃないかと思うと、先生に話すべきではないと思ってしまいます。

いったいどのくらいのことを話したり、聞いたりしても良いんでしょうか?

そしてどのようなことを話すと治療にとっていいのでしょうか?

今までそういう適当な返答しかしなかったから、誤診というか、違う病名だったのかと思い、どうしたらいいのか困っています。

Aベストアンサー

悪いところがあるから病院に通っているのですよね。
なら「良くなりました」は不自然ではないでしょうか。

前よりはましになりましたが、まだここのところが改善されてないです、とか言った方が薬を出したかいがあって嬉しいのじゃないですか。

関係ないことを喋ってしまうことは仕方ないです。何が必要かなんて患者にはわかりませんから。それを恐れて必要なことまで言わないのでは医師も困るでしょう。
多少の世間話はむしろ必要な無駄時間だと思って、不必要なこともガンガンしゃべった方がいいと思いますよ。
その中で必要なところだけ抜き出して治療してくれるはずです。

治療に必要なことはやはり薬を飲む前と飲んだ後でどう変わったか、と薬を飲んだ後でもまだ困っていることがあるならそれを細かく伝える、ってことじゃないですかね。
良くなりました、だけじゃどう良くなったかもわかりませんから。
話すのが緊張するならば、言うことをメモに書いていってそれを読み上げてみてはどうですか(^^)

Q精神科のセカンドオピニオンについてです。

私は、ある精神科に通院しているのですが、予約が月末で、いま体調が悪くなってしまっているので早めに受診できないか問い合わせましたが、予約でいっぱい+来週は主治医がいないため、早まっても2日間だけ。

それではつらいので、ほかの人に言われていた、セカンドオピニオンでほかのところを受診する、という方法を取りたいのです。

しかし、前に行ったところ、「ほかのところで薬を出してもらっている状態だと、新しいのは出せない」と言われてしまいました。
先生の言っていることはわかるのですが、私はどうしたらいいのでしょうか?

セカンドオピニオンで仮に薬をもらったとしたら、もう元の精神科にはかからないのがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 今の質問者のつらい状態をどうにかすることと、セカンドオピニオンの受診とは別の問題です。

 セカンドオピニオンで投薬をしないのは、一人の患者に複数の医師がそれぞれ投薬をすることで、過剰投与になるからです。
 健康保険でも、同様の疾病で複数の医療機関の受診を禁じているのもそのためです。
 したがって、セカンドオピニオンの受診で投薬を依頼する場合には、前医には受診をしないということが条件となります。

 現在のつらい状態をどうにかするためには、現在までの状況をよく知っている医師が対応することが最善であると思います。
 しかし、予約制で受信できないのであれば、勤医に相談するしかないでしょう。

 まず、今通院している精神科に再度連絡をし、質問者のつらい状態を話してみてください。
 それでも、予約が邪魔をするのであれば、他の医院に行くことを求めてはどうでしょうか?
 おそらくは医師と相談して、時間外でも診察をしてくれると思います。
 もし診察ができないのであれば、他院に変わることも含めて、考えるしかないでしょう。

 お大事にしてください。

Q心療内科OR精神科の診察料、受診費、通院ペースについて

私は精神的に大変病んでいます。統合失調の気があると思い、通院を考えています。そこで質問です。

心療内科、精神科など、一度の通院でだいたい薬代含めてどれぐらいのお金がかかるんでしょうか?
また、月に何回ぐらい通うもんなんでしょうか?ご経験をきかせてください。
一ヶ月にどれぐらい病院代が出せるのか、限度があります。だいたい毎月1万円以内で済ませたいと思うんですが・・・。

Aベストアンサー

一月一万前後ですが、申請すれば、医療費の95%を国が支払う制度があります。是非病院に相談してください。

Q家事、育児放棄になりそうで苦しいので、セカンドオピニオンしたいので、大阪市内で、精神科、心療内科を探

家事、育児放棄になりそうで苦しいので、セカンドオピニオンしたいので、大阪市内で、精神科、心療内科を探してます。

カウセリングが有ると助かります。
今の病院は、5分話を聞いて薬出して終わりです。
宜しくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

私の場合、立ち上がれなくなり、起き上がれなくなり、子ども家庭支援センターの人に電話して病院に入院させてもらいました。

入院すると、心理カウンセラーがいて、保険内で見てくれます。

生活保護であれば、お金に心配せず、入院生活がおくれますよ。

Q■クマ・抜け毛■ 精神科、心療内科の診察内容について

皆さんこんばんは。
文の途中まで人生相談っぽいですが医療についての質問です。

1年半位前から妻の父親が経営する工場で働いております。

工場は妻の実家の敷地内にあり、従業員はごく少数で妻の父親、兄、近所のオジサン1人と忙しい時には妻の母親が手伝いに来ます。

さて今回質問させて頂く内容ですが、妻の家族はかなり個性的で、今まで見た事がない排他的で独特の価値観を持っており、敷地内は一つの独立国のような感じで、ニュースで話題になる「北」のイメージにぴったりです。

このような状況下で1年半ほど働いているのですが、
1年程前から友達などに目の下のクマを指摘される事が多くなり、今年の梅雨辺りから抜け毛が凄く多く将来が心配です。

抜け毛に関しては遺伝的な物ではないように思い、クマに関しては「悪いところがあるかもしれないから病院で診てもらえ」とよく言われます。もちろん妻の実家以外の人にです。

抜け毛もクマも精神的な要因で起こる不調の代表的なものだと思っており、精神科や心療内科に行ってみようかなと思っています。

そのような病院にはかかった事がないのですが、このいずれかの科にかかるのは適切な判断でしょうか?もし職場でのストレスが原因だった場合、医師は原因を発見する事ができる可能性はあるのでしょうか?

大抵の事では動じない肝っ玉を持っていると自負してきましたが、こんな事になって情けないと思います。

皆さんこんばんは。
文の途中まで人生相談っぽいですが医療についての質問です。

1年半位前から妻の父親が経営する工場で働いております。

工場は妻の実家の敷地内にあり、従業員はごく少数で妻の父親、兄、近所のオジサン1人と忙しい時には妻の母親が手伝いに来ます。

さて今回質問させて頂く内容ですが、妻の家族はかなり個性的で、今まで見た事がない排他的で独特の価値観を持っており、敷地内は一つの独立国のような感じで、ニュースで話題になる「北」のイメージにぴったりです。

このような状...続きを読む

Aベストアンサー

ご自身では職場におけるストレスを感じになっておりますか?
そうであるならば精神科や心療内科に通うのは適切な判断だと思います。
抜け毛など皮膚科などに行って、心因性のものだといわれてから行ってもいいと思います。

実際、そのような科に行って診察を受けたとして、医師が原因を発見できるかどうかは分かりません。
ただ上のような話をすれば職場におけるストレスを指摘されると思います。

Q精神科のセカンドオピニオンに際して

精神科に通う高校生です。

処方されている薬は三種類で、定期的に飲んでいるものは二種類。
色々と試した結果、今そこで落ち着いています。
症状は薬のおかげて出なくなってきていますが、飲み忘れると(滅多にありませんが)不安感で動けなくなります。動けるようになってきた頃に頓服を飲んでどうにか動き始めると言った感じです。

今の病院には(引き継いでいるので前の病院と言った方がいいかもしれませんが)、適応障害でかかり、起立性調節障害とも言われています。

言い表せないほどの不安感(冒頭にも書いた状態になります)やひどい孤独感と虚無感、死にたい衝動に悩まされていました。(適応障害が改善されてきていると言われている今でも時々出てきます。)

とはいえ、冒頭で述べたとおり薬のおかげでその症状は大分薄れています。

なぜこのような症状が出るのか未だにわからないままですので、今度、今の病院(一般の精神科)には報告せずにセカンドオピニオン(思春期外来の精神科)を受けに行こうかと思っています。

年齢的にもしかしたら思春期外来の先生は今の先生とは違うアドバイスをくれるかもしれないと思ったからです。

ですが、そこで問題が生じました。
今の症状(薬を飲まないで感じる不安感の強さなど)が分からないのです。
今の症状を伝えなければセカンドオピニオンの先生にも伝わらないのではないかと思います。

そこで質問です。
こういった場合どのようにすると良いのでしょうか。
二、三日薬を飲むのをやめれば症状は出てくると思うのですが、やめるのには怖さがあります。
とはいえやはり二、三日飲むのをやめた方がいいのでしょうか?

アドバイスいただけたら幸いです。
宜しくお願いします。

精神科に通う高校生です。

処方されている薬は三種類で、定期的に飲んでいるものは二種類。
色々と試した結果、今そこで落ち着いています。
症状は薬のおかげて出なくなってきていますが、飲み忘れると(滅多にありませんが)不安感で動けなくなります。動けるようになってきた頃に頓服を飲んでどうにか動き始めると言った感じです。

今の病院には(引き継いでいるので前の病院と言った方がいいかもしれませんが)、適応障害でかかり、起立性調節障害とも言われています。

言い表せないほどの不安感(...続きを読む

Aベストアンサー

近隣に思春期外来があるのなら、そちらの扉を叩くことは、とても前向きなセカンドオピニオンの求め方だと思います。

不安を押してまで、断薬して受診をする必要は何一つとしてありません。

あなたはこれまでの経緯や症状、内服などを医師に伝えることが大切になってきます。

セカンドオピニオンを求めることを、現主治医に伝えずに来たことも正直に話しましょうね。

概ねの思春期外来は一般の精神科や心療内科より、より年齢の特性に沿った治療やカウンセリングを行います。

安心をして、希望を持って。

Q精神科の診察室の構造と雰囲気はどんなのですか?

私の通う精神科の診察室は、長細いテーブルが壁にくっつけて置いてあって(長い方が壁にくっついている)、先生と横に並ぶような感じで座ります(少し距離がある)。
触診用か何かのベッドがあり、以前は血圧計もあって、普通の内科と変わらないような雰囲気です。

私は他の精神科医(開業医)の診察室を知らないのですが、先生は「今どき珍しいでしょう? ちょっと冷たい感じがするかな?」と言っていました。

そこで他の先生方の診察室はどんなものか知りたくなりました。
皆さんの通う精神科の診察室の構造と雰囲気はどんなものでしょうか?
勤務医にも興味がありますが、特に開業医の診察室が知りたいです。
(どちらか明記して頂ければ幸いです)

ご回答宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

精神科専門クリニックは、基本、患者は、ノイローゼか欝(軽度、中度、重度)の方が多いので、プライベートの観点からよりプライバシーの守秘義務が強くなります(患者は、友人、会社の同僚に自分が鬱病である事を知られる事を極端に嫌います)
神経科では診察室とは呼びません、カウラセリングルームと呼ばれる医師と患者の体面式の個室が普通です(看護婦も付きません、大学病院だと看護婦が付くところが一部有りますがごく稀です。
貴方の通われている開業医は他に内科、も診療しているようです→でなければ触診用のベッドや血圧計など必要無い筈です→貴方は先生に病名は何ですか?と尋ねたことがあり、自分は○○病だと認識していますか?
一度、神経内科、神経科の専門医に診断を受け貴方の病名をはっきりと言われ、それに沿った薬の処方をしてもらった方が宜しいかと。

Q精神科のセカンドオピニオンについて

1度だけセカンドオピニオンしたいのですが、その場合セカンドオピニオンは言わなくても良いんですよね??
1度だけ診察して、その後に行かなくても薬は処方されると思いますが問題ありませんか??

Aベストアンサー

No4様のおっしゃるとおりですよ。
ヤフーじゃなくてこちらで回答しますね。

セカンドオピニオンは、2人以上の医師が同じ条件下(同じ検査結果)の下で、各自の診断結果を下すことが前提です。
そしてその際は当然に、互いの医師がセカンドオピニオンをなされることを承知しています。

互いの医師の疎通なく診断を仰ぐのはドクターショッピングです。
これは保険の面からもタブーです。
自分に合う医師を探すために評判のいい他の医師にも診てもらおうという場合は、医師にその旨告げたほうがいいですよ。

最近では血液検査なんかやるところもあって、
そういうところは腕の採血跡からバレることもありますよ。

Q私は18歳です。 精神科などの受診は1度もないのですが 私には下記の様な所があります。 何か精神的な

私は18歳です。
精神科などの受診は1度もないのですが
私には下記の様な所があります。
何か精神的な病や障害などになるのでしょうか?

・幼少期から現在まで指しゃぶり
・気に入らないと物に当たる
・些細な事でも鵜呑みにし気にしてしまう
・常に頭痛や腹痛
・常に頭の中では心配や不安がある
・人間関係が苦手で仕事や学校が長続きしない
普段外では指しゃぶりや物に当たるなどは
常識や恥ずかしさなどからする事はありません。

父親から叱られる時や怒られる時は
小さい頃から暴力がありました。
虐待になるのか、私がいけないからしつけなのかわかりません。
母親は常に小言や独り言が多く、それを聞く度に私は嫌で嫌でイライラする状態。
中学生時代には軽い虐めにあい人間関係は
今でも苦手です。


私1人では解決に導けなく、診断など受けるべきなのかすら曖昧な為回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

御質問者様は、幼少の頃から心身両面のイジメをうけておられたと思われます。また、躾と虐待は別物で、暴力は躾にはなりません。

イジメなどにより心の発達が抑圧されている可能性がありますので、受診なさるのが良いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング