タイトルの通りですが、精神科で診察すると社会的に不利なことってなにかありますか。友人が6,7年前に軽い不眠で悩んでいたのですが、「会社にばれるのがいやで精神科にはいかなかった」と言っていました。医者には守秘義務があると思うのですが、そのようなことがあるのでしょうか。とにかく、不利になることについて教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

他の方もずいぶん書かれてますが、自立支援による医療費助成(昔の通称32条)、障害年金、障害者手帳に関してはどうしても残るようですね。

でも、見るとしても経理とかでしょうから、よっぽど小さい会社か本人自体がその関係の職務に就かない限り、ばれてもさほど問題がないと思いますが…。

ちなみに私は数年間、今は障害者としてですが、以前は一般雇用で、障害があること自体はオープンにして働いてました。その時、一時期会社の健康保険にも入ってましたが、年に1回くらい健康保険組合から通知が来てました、この期間あなたはこういう病院にかかってましたよって。そこには「精神科」とはっきり書かれていませんでしたよ。

私の場合、まだ普通の人のように働ける状態ではないので障害者雇用という立場に甘んじてますが、問題なのは普通に働くのは無理でも訓練するとかできるレベルでも、病気を「言い訳」にして何もしないでいる人がいることですね(私の元彼がそれでした)。だから質問者のご友人が悩まれることになる。身近にそういう人がいないとそうじゃない人がいることもわからないので、悪い点ばかりが先走り、不利になることもあるでしょうね。軽い不眠症も、いまだに軽く見る人はいるようですし…(私も昔、酒飲めば眠れる、とか言われてました)。

あとANo.9の書かれた生命保険ですが、病院にかかる前にすでに加入されていたものなら有効なものはあります。実際、私が対象の簡易保険に入っていた時認められました(入院したのは精神科ではないですが、結果精神的なものとして精神病薬も処方されていたので)。
逆に、嫌な勧誘を断る口実にも使ってましたけど。一時期1人暮らししていた時に大家さんが保険の外交員もやってて(事情は説明済です)あっさりと諦めてもらったことがあるので。
でも精神病を理由とした解雇はできなくても、それにともなう職務怠慢で退職勧告はできると思います。というか過去にそれで解雇1回・退職勧告2回遭ってます。

結婚などに関しては相手次第でしょう。私の友人では、承知の上でさらに×2でありながら、健常者の旦那様と再々婚をしたした人もいますし、当事者同士で結婚した夫婦も知ってます。
あと運転免許は、完治してすでに薬が不要になって数年ならともかく、治療中は難しいと思います。ダメとか以前についていけないんですよ。私も隠して挑戦しましたが諦めました。が、原付なら試験だけで後の実技講習さえ受ければもらえるので問題ないです。試験時間も30分と短いですし。もちろんこれも昼間服用している薬があれば気をつけなければいけませんけど、逆に言うとその程度です。

…と、ざっと書きましたが、質問者様のご友人の場合、軽い不眠なら内科でも今なら診てくれる時代です(内科的要因がある場合もあるので)。うつ病もずいぶんポピュラーになってきましたし、そう説明すれば良いだけの話だと思います。
ちなみに先に私が解雇や退職勧告を受けた会社、解雇のは倒産、退職勧告のは店の質が相当落ちてます。そういう会社はそんなもんです。

以上、長文となりましたが、参考にならなかったらすいません。
    • good
    • 9

新規に生命保険に加入出来なくなります。


(保険会社にもよるそうですが。)
おおよそ1年以上
精神科や心療内科に通院した患者とは
新規に生命保険の契約をしない保険会社が
多数なのだそうです。
契約する時に、加入出来るという営業もいるようですが
実際、保険金を受取る時になって
支払ってくれないというトラブルが多いそうです。
勿論、精神科や心療内科に通っていることを
秘密にして契約して、それがバレた場合も
保険金は出ません。
    • good
    • 7

私は4年前から昨年まで精神科に不定期ですが通院していました。


2年前に新しい会社(親会社が上場企業)に就職でき、昨年はマンションも購入し全額住宅ローンも組むことができました。
うつで障害年金を受給していましたが、就職にもローンを組むことにも何も影響はありません。
精神科と聞くと一般的にイメージが悪いですが、メンタルクリニックとか気軽(?)に受診できるところもあります。
精神科に通い始めた頃の会社には、はっきり自分の状況を説明し通院していることも言いました。
結果としてその会社は退職しましたが、別に不利になることはありませんでした。
極端に隠そうとすると逆にそれがストレスになり、自ら不自然な言動・行動になる方があまり良くないのではないかと思います。
    • good
    • 7

(2)~(6)のご意見すべてに賛成です。

私自身精神科に通っています。よく実情を理解すれば、精神科に通うことの多くが 実はいいかたで友人にしてもいい人 時によって友人にして 決して人を裏切らない心のやさしい方が多いのにきづきます。

大切なことは、少しに人の偏見と自分で自分にまけないことです。

お大事に!
    • good
    • 7

まあ、裁判で争うときに不利といえば不利ですね。


また、障害者年金を申請し、もらっている場合、
公的記録は残りますので、転職や結婚で不利な場合もあるようです。
これは当の相手によりけりです。

ただし、
「会社にばれる」どころか、
会社が理解し協力してくれないと病院通いしてもなかなか回復の兆候がありません。
また、会社は精神病を理由に解雇はできません。
仕事に支障が出ては会社も迷惑します。
以上の理由で、重症で苦しんでいる場合には、会社に知らせることが大事です。
ご友人の不眠はわかりませんが、きっと、ほんとうに軽いもので、仕事にさしさわりがなかったのでしょう。
    • good
    • 5

<精神病><精神病院><精神科>といったコトバや<狂>の字に過剰反応して、日本のあらゆる辞書類から除こうとしている精神病の男性を見かけたことがありますが……ちょっと違うような気がしています。



ムカ~シは(世間体を憚って)精神病の人を座敷牢に閉じ込めたそうで、いまも、健康保険から精神科通院が会社にバレないかと懸念している人もいるようですが、人間、誰もが精神的な病気であるという考え方をしている学者もいますし、治せるのなら、早く治してしまうほうがいいような気がします。その人その人の考え方次第ですね。
    • good
    • 2

躁うつ病の者です。



具体的な病気によるのですが、うつ病と統合失調症の場合は、猟銃の購入許可が出なくなると記憶しています。躁うつ病でも同じかもしれません。

上記のような病気の場合、神経系薬剤は眠気を誘うことが多いので、自動車の運転はお奨めできません。

会社にばれるのが嫌だという発想法は、もう間もなく、過去のものとなるでしょう。昨今では従業員のうつ病対策は企業におけるホット・トピックのひとつであり、まともな会社なら、ストレス性疾患には何らかの対応をしてくれることが増えています。そもそも、うつ病は、十分な休息とストレス要因の排除がないと治らない病気です。薬だけでは、まず、治らないのです。

日本にはすでに、過労によるうつ病について、労災認定が降りるという前例が出来ています。人事部や管理職ともなれば、この例を知らなかったでは済まされません。会社がストレス性疾患に無理解だったり、労働組合が御用組合と化しており頼りにならない時は、これを提示し、「いざとなれば弁護士でも連合でも労働基準監督署でも、使えるものは全部使うから、覚悟しておいてね」と、堂々と会社に告げればよいのです。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-09-25/200 …

確かに医者には守秘義務があります。しかし、ストレス性疾患であれば、会社に隠す必要はありません。業務量を減らしたいなら「うつ病:業務量の軽減を要する。経過観察6ヶ月」と診断書を出してもらえば良いのだし、医師が、これは休まないと治らないなと判断すれば、「うつ病:6ヶ月の休業を要する」などと書いてくれるでしょう。休業中であっても、健康保険組合から普段の給料の6割が支給される例が多いので、会社を休んでもすぐに生活に行き詰るわけでもありません。さらに、会社からこれ以上の休業や自宅勤務は認められないから出社して来いと言われたら、「うつ病:残業禁止、業務内容の大幅な変更禁止、出張禁止。経過観察6ヶ月」とか書いてもらえば良いのです。

医師に守秘義務があるのは確かですが、勤務時間内に病院に行くことが多いと、上司から事情を聞かれる可能性はあります。不眠やうつ状態程度ならわざわざ隠す必要は無いでしょう。上司も知られたくないなら土日や夜間に開いている精神科を探さなければなりませんが、医師から「休まないと治らないよ」と言われたら、結局は会社に、そのことを通知しなくてはならなくなります。

問題は、精神科の扱う病気はうつ病だけではないことです。躁うつ病ならまだしも、統合失調症となると、まだまだ社会の偏見が残っているでしょう。統合失調症というのは、幻聴・幻覚が出て、「お前はダメなやつだ」とか「逮捕してやる」とかいった自分を責めるような幻聴に苦しみ、しかも、幻聴と現実の声の区別が困難になるという病気です。統合失調症は決して珍しい病気ではなく治療薬もあるので、まともな産業医がいる企業であれば、問題なく接してくれる可能性が高いと思います。

深刻なのはアルコール中毒や薬物依存で、これは社会生活を営む上で極めて不利にはたらく可能性が否定できません。

精神科に通う患者には、身体の病気の見落としが混ざっていることも多く、あまりにも治りが悪い場合、身体の病気の可能性を疑う必要があります。甲状腺機能障害をはじめとし、自己免疫性疾患、ビタミンB12を吸収できなくなる腸の疾患、神経の物理的損傷などが病気の本質であるケースもあります。いずれのケースでも、ストレス性疾患が本質ではないわけです。

また、社会的に不利にはたらくという点では、結婚が難しくなる点が見逃せません。既婚者であれば相手の理解も得やすいのですが、これから結婚しようと思うなら、相手に対して事実を説明しないと誠実な態度であるとは言えなくなります。うつ病や統合失調症の薬には性機能障害の副作用が多く、男性の場合は勃起不全や射精不能、女性の場合は生理周期の乱れ、母乳の漏出、高プラクチン血症(不妊の一因)などが発生します。特に女性の場合は、妊娠中に薬を飲むわけにはいかないという事情がありますので、パートナーの理解が得られないと大変な苦労をすることでしょう。
    • good
    • 3

睡眠が上手に取れない場合はちゃんと病院に行って、ホルモンバランスを整えた方がいいですよ。


そのための薬をだされるのだから、不利になることはないです。

管理職、幹部の人、経営者っていろんなこと考えて忙しいので、精神科に通う人も多いのですよ。
脳の分泌を正常に戻さないと、ちゃんとした指示がだせなく、会社として大損にしてしまいがちになるので、病院、カウンセリングは必見なんですよ。
大手の経営者の方は専属のカウンセラーをもってるものです。
カウンリングでは解決できないものは薬治療をします。
健康管理にはトップの人間はかなり気をつかうものですよ。
社員が心配するので告知はしませんが。
そういう意味でも精神科というのはとても会社や生活には必要な存在なのです。
    • good
    • 1

> 精神科で診察すると社会的に不利なことってなにかありますか。


今の風潮では精神科にかかったことを悪く思うことはないと思います。
胃が悪くなったり、風邪をひくのと一緒で、
単純にココロも病気になるということです。
ただ、中には悪いイメージで思う方や理解の乏しい方も少なくないので、
わざわざこちらから言う必要は無いと思います。
ただ、バレたから社会的に不利になるということは考えにくいです。
今はどこの精神科も予約がいっぱいで、それだけ患者が多いということです。

> 「会社にばれるのがいやで精神科にはいかなかった」と言っていました。> 医者には守秘義務があると思うのですが、
> そのようなことがあるのでしょうか。
医者にはもちろん守秘義務があります。
患者さんに黙って受診内容を公開することはありません。

どちらにしても、症状が進まないうちに早めの受診が望ましいです。
    • good
    • 4

精神科通ってたってことを知られたら、何か精神的に問題があったと


普通は思われるとおもうよ。
そうゆうことは黙っておいた方がいいかもね。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • ビタミンA過剰症<内分泌系とビタミンの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    ビタミンA過剰症とはどんな病気か  欠乏症の項で説明したように、ビタミンAは脂溶性(しようせい)のビタミンです。水溶性ビタミンは過剰に摂取したとしても尿として体外に排泄されますが、脂溶性ビタミンは体内に蓄積されるので、過剰摂取による副作用が出てきます。 症状の現れ方  ビタミンAの1日所要量は成人で1800〜2000国際単位ですが、大量に摂取した場合の急性中毒としては、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)や頭...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q精神科に通院すると就職不利になりますか

お世話になります。

現在勤めている職場で強い悩みがあり 精神的に参っています。

会社も退職する方向で考えているのですが、1度精神科・診療内科に相談しようと思っています。
現在の会社を辞め再就職の際 相手企業先へ通院歴がバレ 
就職に不利になるのではないかと心配です。

こういった 情報は企業が調べ上げ バレてしまうのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

物事には順番というものがあります。

病気なら体の病気だろうと心の病気だろうと、病院にでかけ治療せよです。
これが第一です。

次に通院歴ですが、新聞などで精神科への通院歴があったなどと書かれるのは
犯罪がらみです。 警察が入れば公表するしないにかかわらず全て明らかになります。

しかし警察にしても知ることが出来るのは健康保険とか国民保険からの情報です。

極端なことを言えば、自費で治療している場合には警察にも分かりません。 
病院が犯罪防止のためなら別でしょうが、患者の不利になることを警察にでも言う筈はありません。


問題は健康保険を使用して治療する場合ですが、ここであやふやなことを言うわけにはゆきません。

安全策をとって、精神科とか心療内科のある総合病院にでかけ、どのような情報がでるのか
病院でお尋ねになるのが一番確実でしょう。

病名とか通院科名が健康保険の情報からにせよ、今の会社にも他の会社に知られることは皆無だろうと思いますが、
それではあなたさまは、ご納得にならないでしょう。 病院でご確認ください。 それが一番確実です。

病院は、患者保護には猛烈に熱心ですから、安心させてくれるようなことを断言してくれるはずです。

物事には順番というものがあります。

病気なら体の病気だろうと心の病気だろうと、病院にでかけ治療せよです。
これが第一です。

次に通院歴ですが、新聞などで精神科への通院歴があったなどと書かれるのは
犯罪がらみです。 警察が入れば公表するしないにかかわらず全て明らかになります。

しかし警察にしても知ることが出来るのは健康保険とか国民保険からの情報です。

極端なことを言えば、自費で治療している場合には警察にも分かりません。 
病院が犯罪防止のためなら別でしょうが、患者の不利になるこ...続きを読む

Q精神科への通院歴と生命保険

精神科への通院歴があると生命保険に入れなくなるというのは本当ですか?
どれくらいの通院暦があれば通院歴があるとみなされるのでしょう?
一回でも精神科に行ったことがあると通院暦があることになってしまうのですか?

Aベストアンサー

精神神経疾患は、生命保険の加入には一番厳しいのです。
なぜなら、自殺の可能性があるから。
内科的な病気ならば一回受診しただけで「異常なし」と言われれば通院歴にはなりません。
けれど精神科や神経科、心療内科などは一回受診しただけでも通院歴とみなされる場合があります。
また5年以上通院しないで薬も飲まなければ大丈夫、と言われますが、それは基本的に医師が「完治した」と診断してから5年です。
患者の自己判断で通院を断ったからといって完治とは認められない場合もあります。

でも・・・ですね、ここからが本題。
これは自殺した場合に告知義務違反で保険が降りないリスクがあるというだけのことです。
もし自分が絶対自殺はしないという自信があるならば、自己判断で通院をやめようがそれを告知義務違反に問われることは絶対にないのです。
自殺以外の死亡ならば精神科の通院歴があっても生命保険は
必ず降ります。(死因と関係ない病歴を理由に保険金支払いを拒否してはならないから)

ちなみに生命保険ではなく、医療保険の場合をお話しします。
医療保険は基本的に精神神経疾患には保険は適用されません。
つまり精神神経疾患以外の病気のときのために入る保険です。
でも5年間(年数は商品による)の精神科通院の告知義務は必ず果たしてください。
これを違反すると、たとえガンでも脳疾患でも入院保険は降りません。
なぜなら、精神神経疾患の治療、投薬が身体に与える影響から、発ガン率などの上昇が考慮されるからです。

精神神経疾患は、生命保険の加入には一番厳しいのです。
なぜなら、自殺の可能性があるから。
内科的な病気ならば一回受診しただけで「異常なし」と言われれば通院歴にはなりません。
けれど精神科や神経科、心療内科などは一回受診しただけでも通院歴とみなされる場合があります。
また5年以上通院しないで薬も飲まなければ大丈夫、と言われますが、それは基本的に医師が「完治した」と診断してから5年です。
患者の自己判断で通院を断ったからといって完治とは認められない場合もあります。

でも・・...続きを読む

Q保険に加入後に精神疾患にかかった場合はどうなるのでしょうか?

保険に加入後に精神疾患にかかった場合はどうなるのでしょうか?

 13年前に簡易生命保険(100万円/15年満期)、7年前に生命保険(LIVE ONE)に
加入しました。その後、5年前からパニック障害を発症し、病院で投薬治療を受けたり
民間療法に通ったりしましたが、ここ半年ほど心療内科に通院しています。

 今年になってから保険を見直しをプロに依頼しましたが、パニック障害は精神疾患
にあたるのでアリコ以外の生命保険の新規契約は無理との事で、個人年金とアリコ
の掛け捨ての保険を勧められました。また、現在加入している生命保険の入院
給付金のみ受け取れるよう、掛け金が高額な特約をやめる事も提案されました。

 その時は相談しなかったのですが、簡易保険について後で調べてみると保険金の
請求時に精神疾患での通院歴が知れると、とまったく返金なく一方的に解約される
ケースがある事を知りました。新規では一生掛け捨ての生命保険にしか加入できず、
精神疾患の罹患歴が知れると解約返戻金ももらえないのならすぐに中途解約して
しまった方が良いかとも思うのですが、告知の折に黙っていたのではなく保険の加入後
に精神疾患にかかってしまったので、この場合保険会社はどのように扱うのでしょうか?
また、簡易保険は全額支払ってしまっていますがあと2年残して中途解約すると全額
は返金されないのでしょうか?

保険に加入後に精神疾患にかかった場合はどうなるのでしょうか?

 13年前に簡易生命保険(100万円/15年満期)、7年前に生命保険(LIVE ONE)に
加入しました。その後、5年前からパニック障害を発症し、病院で投薬治療を受けたり
民間療法に通ったりしましたが、ここ半年ほど心療内科に通院しています。

 今年になってから保険を見直しをプロに依頼しましたが、パニック障害は精神疾患
にあたるのでアリコ以外の生命保険の新規契約は無理との事で、個人年金とアリコ
の掛け捨ての保険を勧められました。また、現在...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)掛け金が高額な特約をやめる事も提案されました
(A)やめるのは簡単です。
ただし、現状では、新規契約は無理ですので、慎重に対応してください。
解約にはクーリングオフがないので、書類を提出したら
取り消すことはできません。

(Q)簡易保険について後で調べてみると保険金の請求時に精神疾患での
通院歴が知れると、とまったく返金なく一方的に解約されるケースがある
(A)質問者様の場合、契約後の発症なので、このようなことはありません。

(Q)加入後に精神疾患にかかってしまったので、
この場合保険会社はどのように扱うのでしょうか?
(A)何もしません。
被保険者が入院をして、給付金の請求を受ければ、支払うだけです。

(Q)簡易保険は全額支払ってしまっていますが
あと2年残して中途解約すると全額は返金されないのでしょうか?
(A)養老保険なのでしょうか?
中途解約すれば、満期保険金より減額されます。
なので、何もせずに、2年、待ってください。

ご参考になれば、幸いです。

Q心療内科通院のデメリット

 こんにちは。今、入眠障害と不安神経症で(診断してもらったわけでないので、わからないのですがその可能性)、心療内科に通院しようか考えております。少し調べたら、心療内科に通うとデメリットがいくつかあることがわかりました。例えば、住宅ローンが組めない、保険に加入できないなどです。かなり、つらいのでデメリットであろうとなかろうと、初診に伺う予定ですが、デメリットを知っておく必要があると思っております。
 このように診療内科に通うとデメリットになることがあれば、教えていただけないでしょうか?例えば就職に不利になったり、解雇されたり、公務員採用試験の際に不利になったりなどもありうるのでしょうか?また、それらのことが詳しく書いてあるサイトなどがありましたら、ご紹介していただくとありがたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

聞いたことのない話が多いですね。

●住宅ローン:初耳。多分、ガセ。病気の結果として、失業しているのでない限り、大丈夫なはず。
●保険:初耳。保険会社ごとに方針が違う可能性もある。
●就職:病気が治ってから就職すれば問題なし。病気の状態のままでは、現実問題として就職活動など不可能。
●解雇:過労によるうつ病なら、労災認定が出るので、不当解雇だと主張できる。そもそも解雇される前に、医師から「うつ病:○ヶ月の休業を要する」の診断書をもらえば休めるのが普通。休職中も健康保険組合から通常時の6割の金が払われることが多いため、すぐに生活に困ることはない(ただし、職場復帰出来ないと、解雇されることもある)
●公務員採用試験:初耳。多分、ガセ。

社会生活における現実的なデメリットは、以下のようなものです。

●うつ病、躁うつ病、統合失調症と判断されると、猟銃購入許可が下りない
●神経系薬物を飲んでいる人物に、自動車運転はお奨めできない(危険だから)
●薬の副作用で性機能障害が出るので、新たな恋愛や結婚は困難
●飲み会でも酒は飲めない。無理やり飲ませる文化のある組織にいるなら、飲み会を断固避けるか、その日は精神安定剤をスキップし、酒との相性の悪さを回避する必要がある

聞いたことのない話が多いですね。

●住宅ローン:初耳。多分、ガセ。病気の結果として、失業しているのでない限り、大丈夫なはず。
●保険:初耳。保険会社ごとに方針が違う可能性もある。
●就職:病気が治ってから就職すれば問題なし。病気の状態のままでは、現実問題として就職活動など不可能。
●解雇:過労によるうつ病なら、労災認定が出るので、不当解雇だと主張できる。そもそも解雇される前に、医師から「うつ病:○ヶ月の休業を要する」の診断書をもらえば休めるのが普通。休職中も健康保険組合から通...続きを読む

Q心療内科を受診する事によるデメリット(転職、保険、ローン等)

お詳しい方お願いいたします。
現在転職して二ヶ月ですが、全く仕事が覚えられません。
覚えられないと言うより、いざ作業に取り掛かろうとすると、本当に頭が真っ白になり、何をしなければならないのか、何をしていたのかが飛んでしまいます。
加えて、1日中右目まぶたの断続的な麻痺も続き、神経内科を受診しましたが、理由はわからないけどストレスによるものだと言われ、はっきりとした答えは受けられませんでした。
これまでの仕事でこんな風になった事は一度もありません、なぜこうなってしまうのかもわかりません。
遂にこの間は会社の上司にパニック障害じゃないの?と言われ、その事も凄くショックで、家族に申し訳なくてなりません。
長々と脈絡なく記載致しましたがお尋ねしたい事は
①心療内科に受診する事による転職時のデメリット(例えば通院歴、病気等を理由に拒否される、仮に黙っていたとしてもどこからかわかってしまう)
②保険やローンの加入審査に落ちてしまう可能性
③実際に病気だったとして、傷病手当を受給したとしたら、その履歴が転職活動の妨げとなる、または転職した後にバレて解雇される可能性
等、デメリットを伺いたいです。
文に脈絡がなくて申し訳ありません。
お手数ですがどなたかお詳しい方、ご回答よろしくお願いいたします。

お詳しい方お願いいたします。
現在転職して二ヶ月ですが、全く仕事が覚えられません。
覚えられないと言うより、いざ作業に取り掛かろうとすると、本当に頭が真っ白になり、何をしなければならないのか、何をしていたのかが飛んでしまいます。
加えて、1日中右目まぶたの断続的な麻痺も続き、神経内科を受診しましたが、理由はわからないけどストレスによるものだと言われ、はっきりとした答えは受けられませんでした。
これまでの仕事でこんな風になった事は一度もありません、なぜこうなってしまうのかもわ...続きを読む

Aベストアンサー

お答えしまひょ。
>①心療内科に受診する事による転職時のデメリット
ありまへん。
>②保険やローンの加入審査に落ちてしまう可能性
落ちまへん。
>③実際に病気だったとして、傷病手当を受給したとしたら、その履歴が転職活動の妨げとなる、または転職した後にバレて解雇される可能性
なりまへんし、解雇もされまへん。
あんさん、ちょいと神経質になりすぎでっせ!
で、早々にその会社辞めた方がえぇんとちゃう?
あんさん、会社の仕事が根本的に合ってないんやと思うわ!
そのまま続けてもえぇ事無いと思うわ!

Q心療内科受診…会社にバレる!?

精神科、心療内科を受診したいのですが
保険証を使うことで会社に受診がバレると知りました

社会人一年生♀です

ネットではばれないとばれる、2つの情報があり、混乱してしまいます
本当のところどうなんでしょう?

保険証は○○(勤めている会社の本社名)保険組合と書いてあります。
本社の中に出来たような100人ほどの会社です(なので人事部とか総務部とかなくて、事務部門が手続きをしてると思います。誰が保険証関係の手続きをしているのか、本社組合がやってるのかはわからないです)
今年から、年に何回か送られてくる、医療費の通知は、はがきからネットに移項したそうです(会社の人間は知ることがないということ?)

本社の人間も出入りはあります
しっかりした会社だとは思いますが、横の繋がりも大きい会社なので
組合から本社の人間、勤務している関連子会社へと情報が漏れてきそうで怖いです

病院名で○○クリニック、○○心療内科としているところや
心療内科精神科だけの病院は受診しない方が良いでしょうか?

お願いします

Aベストアンサー

うちは保険組合から組合が負担した金の通知を封書で受け取ります。
封書なので他人には見られません。
通院ってけっこうな個人情報なんで、本来であれば漏れることがおかしいんですけどね。
もし病院名や病名がバレたら、私なら、誰から聞いたのかを確認しますね。

で、質問外なんですが、質問者さんの状態がわからないので受診の目的を確認します。
精神科ならうつ病などですね。
医師が診察しますから、必要に応じて薬ももらえます。
もし心理療法士やカウンセラーなどの面接で効果を上げたいのなら医療機関をパスする方法もあります。
私はすばらしい心理療法士の面接を受けるため、片道500キロくらい出かけたことがありました。
この場合は保険は効きませんので自己負担です。
心療内科は文字通り内科の治療です。
敷居の低い精神科と勘違いして受診する方が多いようですが、医師は心身医学を学んだ内科医です。
心身症と呼ばれる内科疾患を治療するので精神病の治療は行いません。
保険を使わず自由診療だと10割ですね。
保険点数の10割でも、私の心療内科の再診で3000円弱です。
初診はもう少し高いし、薬は全額自己負担だと相当高いです。

うちは保険組合から組合が負担した金の通知を封書で受け取ります。
封書なので他人には見られません。
通院ってけっこうな個人情報なんで、本来であれば漏れることがおかしいんですけどね。
もし病院名や病名がバレたら、私なら、誰から聞いたのかを確認しますね。

で、質問外なんですが、質問者さんの状態がわからないので受診の目的を確認します。
精神科ならうつ病などですね。
医師が診察しますから、必要に応じて薬ももらえます。
もし心理療法士やカウンセラーなどの面接で効果を上げたいのなら医療機関を...続きを読む

Q精神科通院が健康保険証使用で会社にばれますか?

2年ほど精神科に通院しておりますが、今までは大企業だったからか、特に会社に通院がばれることは無かったようです。
今回、従業員600人ほどの会社に転職し、働きながら通院することになります。
その際、大企業のように独自の健康保険組合は無いと思われますが、会社に通院したことが直接ばれてしまうようなことはあるのでしょうか?
試用期間が3ヶ月あり、その間にばれて、正社員になれないのではと心配です。

Aベストアンサー

本来企業と健康保険組合は独立です。
大企業では自前で健康保険組合を持ちます。
社員が事務をすることも有ります。
しかし会社に病気のことを報告することはありません。
中小企業の場合普通は社会保険事務所が事務を行います。
この場合病院からの請求内容が企業に報告されることはありません。
企業が負担しているのは病院代の半額ではなくて健康保険料の半額です。

Q精神科にかかったら生命保険は加入できないんですか?

精神科にかかった人は生命保険に入れないと聞きます。
生命保険会社が個人が精神科にかかったことがあるかどうか加入しようとする個人に聞くのでしょうか?それとも調べるのでしょうか?
私は精神科にかかったことがあり、精神保険及び精神障害者福祉に関する法律第32条に基づく通院医療費の公費負担の制度を利用しようとしています(これはまだ利用していないんですが利用しようかどうか検討中なんです)。
精神科に行った事実と32条を適用しようとしている人間は生命保険には加入できないものなんでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

生命保険の加入の時、いままでかかった病気にどのようなものがあるかを告知します。精神科でなくても、心臓の悪い人でも保険に入れません。
また、条件を定めて、加入できる場合があります。つまり、精神疾患がもとで肝臓機能障害になったりするでしょう。そういうのには、保険が支払われないとされるのです。もしくは、保険料を増額させて加入させてくれることもあります。
通常、病気の時は、加入できませんが、カルテの保存期間が5年なので、5年間に病気で入院とかしなければ、告知しなかったとしても、分からないことが多いのです。

Q精神科に通いながら入社・・・。

僕は来年入社予定です。ちなみに学生。
内定後に精神科に通う事にしました。
不安症や極度の神経質で。

保険証は今は親が自営なので国民保険。
会社は会社が医療費負担です。

今通うと入社時も通院してるとおもいます。
1、精神科に通院する場合は入社予定企業に通知しないと
  ダメですか?

2、このような状態での入社は取り消しなどの事由に
  なりますか?

3、入社しても精神科通いは会社に迷惑かけますか?
  (仕事は問題ないです。医療費などの面で)

4、もし、そういう経験や知ってる人の話しあれば
  教えてください。

ちなみに普通の生活は問題ないです。
不安や神経質の方なので。

最後にですが、なるべく会社で人事の経験者、保険の経験者でお願いします。
勘などでは不安になるので、確実性の高い回答お願いします。

Aベストアンサー

1、会社の健康保険組合というのは、普通の社員
  なのですか?(総務部などにあるのでしょうか?)

 いえ、違います。労働組合の一種です。

2、通院歴がバレるというのは、病名から精神科と
  いうのもバレるのでしょうか?
  病院名は○○クリニックなので名前は構いません。

 健康保険組合がある場合は、絶対、バレませんし、そういった組合があるレベルの会社であれば、精神病に対する正しい見方があります。(精神病に偏見を持っているようでは、会社が発展しないことを知っています。大企業ともなれば、重役クラスが、臆することなく、うつ病治療中と言っていますね。)

 社会保険の場合は、保険証に病院が印鑑を押します。(押さない病院もありますが。)
その際、絶対に分からないような印鑑を押します。また、会社の保険担当者も、いちいち、印鑑を見るなんてことはしません。(保険担当者が保険証を見るのは、保険証が変更になった時です。以前は、保険証の変更なんて絶対にありませんでしたが、今は、保険証を使った犯罪が増加しているので、定期的に変更が行われます。

という訳で、絶対にバレません。

あと、もう一つの方ですが、
病院にもよると思いますが、一回、千円程度です。
月2回なら、2千円位でしょうか。

要は、薬が高いんです。
うつ病、躁鬱病の薬は、かなりキツイですからね。

しかし、
>「ガス消したかな?」「レポートに不備ないか」などで 時間たてば普通になります。
 
 この位でしたら、会社で仕事をしだしたら、無くなるのではないかと思います。(入社まで、結構、時間があるので、不安になってしまうのではないでしょうか。かなり、取り越し苦労をしているような気がします。頑張る人にとっては、企業というところは、結構、快適かと思います。少なくとも、私の勤務していたところは、そうでした。)

1、会社の健康保険組合というのは、普通の社員
  なのですか?(総務部などにあるのでしょうか?)

 いえ、違います。労働組合の一種です。

2、通院歴がバレるというのは、病名から精神科と
  いうのもバレるのでしょうか?
  病院名は○○クリニックなので名前は構いません。

 健康保険組合がある場合は、絶対、バレませんし、そういった組合があるレベルの会社であれば、精神病に対する正しい見方があります。(精神病に偏見を持っているようでは、会社が発展しないことを知っています。...続きを読む

Q精神科の通院歴がある人は公務員になれないのか

3年程前軽いうつ病になり1年ほど精神科に通っておりました。人から「精神病になったことのある人は公務員にはなれない」と聞いたのですが本当でしょうか?私は国家公務員1種(キャリア)を目指しているのですが、身辺調査などされるのでしょうか?また他の業種の公務員のこともご存知でしたら教えてください。
病院が病歴を、身辺調査のために公開したりするのでしょうか?
また、一般企業でも身辺調査などされるのでしょうか?

Aベストアンサー

問題は無いはずです。私の知りあいにもいますし。

でも自ら病歴を公表することは避けたほうが良いでしょう。なぜならば誰もがうつ病に関して正しい知識を持っているわけではなく、「鬱病にかかると言うことは精神的に弱い」などと大きな勘違いをしている人も沢山いるようですので。

一般企業に就職する際も、特に通知する必要はありません。風邪で町医者に通院したり、歯医者に通った経験をいちいち通知したりしませんよね? それと同じことです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報