【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

20年前位に友達に借りて読んだ少女コミックです。
1.主人公は少女で病院で目の手術を受けて成功する。
2.同級生の少年はその病院の病院長の息子である。
3.術後、元の目の持ち主の記憶だと思われる悪夢を見るようになる。
4.病院長は人を買っては、その臓器や体の一部を患者に移植していた。買われた人たちが収容されている場所が病院内にある。
6.少女が移植された目も収容されている人たちのもので、病院長と少年とは血のつながりはなく、少年も買われてきた人の一人。
7.少年は病院に火を付け収容されている人たちと共に焼身自殺をとげる。
現在33歳の私が小学5年生頃に読んだ作品です。
同じ作者が『あそぼ』という本も出していたと記憶してます。(未読)
ご回答宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「血色の闇」(関 よしみ)のストーリーがそのような話だったと思います。



参考URL:http://zshock.hp.infoseek.co.jp/z-shock2_081.htm
    • good
    • 0

作者名は「坂東江利子」さんでしょうか?


「遊ぼ…」で出てきました
ですが、お尋ねの作品名までは分かりませんでした

参考URL:http://kuronekotei.ocnk.net/product-list/256
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング