【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

H14年4月 ホームセキュリティー会社(S社)と5年契約を
祖父名義で交わしました。
料金の支払いは1年毎に10万円を支払う形でした。
土地、建物、公共料金等は全て祖父名義です。
その祖父がH16年8月に他界し、その旨S社に連絡したところ契約者本人死亡の場合、
残り3年分を一括(30万円)で支払わなければならい事、さらに防犯機器は全て撤去すると言われました。
それらは契約書に書いてあるのか尋ねたところ曖昧な返事しかせず、
尚且つ、署名捺印した契約書の控えを持ってくるよう要望しましたがこれも拒否されました。
ちなみにこちらの契約書はありません。
またこの1度話をしたきり先方からの連絡はありません。

そしてこの件から既に3年半経過し契約してから丸6年です。
防犯機器はこちらで全て撤去しダンボールに保管してあります。

このような状況でもし、今後相手が同じように当時の話を蒸し返し
3年分の30万円を請求してきた場合はどのように対処すればよいでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

少なくとも、「契約者本人死亡の場合、残り3年分を一括(30万円)で支払わなければならい」との条項を、争うことが出来るのではないでしょうか。



すなわち、そのような条項が存在していなかったということ、存在していたとしても公序良俗違反で無効であることは、主張できるように思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング