ゴルフ場の各ホールの距離表示については、何か統一的な方式・ルールとかはあるんでしょうか?

ティーグラウンドに表示されているヤーデージが、実際にショットした時の感じと随分違っていて、
キャディさんに聞いたりすると、「斜面に沿って測られているんです。」とか、「外側の長い方の線に沿って測られているんです。」
とか、あまり要領を得ない説明をされたりして、「上げ底じゃないの?」と思ったりすることが結構あるんですが、
そもそも、そういった距離表示についての統一的な方式・ルールなりはどうなっているんでしょうか?

それと、仮にそういうものがあった場合に、それがちゃんと守られているんでしょうか?

A 回答 (2件)

追加です。


当たり前ですが、あくまでも直線距離なので打ち上げうち下ろしによって、実際の距離感は変わってきます。

さらに言ってしまうと、ヤード表示の看板は実は動きます。ヤード表示の看板は、作ると結構高いのでティーグラウンドの造成とかしてしまって、ティーグラウンドからの距離が変わってしまっても、昔のやつをそのまま使い続けたりするとこもあります。私が働いていたコースが実際そうでした・・・。

やっぱり、コースごとにキャディーさんに聞くのが一番じゃないでしょうか?「このヤーデージ正確?」って。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ヤード表示の看板を節約したりするのはちょっとどうかと思いますね。
そういうところは、経営の方も危ないのかも知れませんね。

キャディーさんに聞くのがやっぱり正解なんでしょうが、
場合によっては、キャディーなしのセルフカートで回ることもありますしね。

お礼日時:2001/02/14 22:47

通常はフェアウエイの中央を地面に沿って測っています。


距離の表示はゴルフ場によって、ティーグランドから
グリーンの中央までの所と、グリーンの手前のエッジまで
を表示している所があります。したがってエッジまでの
表示の所はそこからピンまでの距離をプラスしなければ
なりません。
だからコースによって同じ距離でも違う様に感じると
思います。

この回答への補足

ありがとうございます。

>通常はフェアウエイの中央を地面に沿って測っています。

そうしますと、以下のような理解でよろしいでしょうか ?

A、Bというそれぞれ打ち下ろしのショートホールがあって、
・グリーンセンターまでの水平距離はどちらも150ヤード、
・グリーンは、どちらもティーグラウンドより10ヤード下にある。
ただ、Aの方は、グリーンまでが直線的な勾配で、
一方、Bでは、ティーグラウンドのところがすぐ直立の崖のようになっていて、そこからグリーン
までが水平だとします。

この場合、ティーグラウンドとグリーンの空間的な位置関係は同じだけれども、
途中の地形によって、地面に沿って測った距離は異なることになり、
Aでは水平距離の150ヤードとほとんど変わらないのに対して、
Bでは、160ヤードに近い距離として表示されることになる。

補足日時:2001/02/13 23:46
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報