【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

2ヶ月前から、左胸上部~脇、肩甲骨あたりが痛くて、胸椎のMRI検査をしてきました。細かい断面図の見方は、分からなかったのですが、上半身全体が写っている写真がありました。すると左の脇あたり(痛む部分?)が全体的に白くモヤモヤと映っていました。写真を見て右側にLと書いてあるので左だと思うのですが・・・・。肺の黒くなっている部分にも若干かかっている感じです。(脳外科でとったので、詳しい説明がありませんでした・・・・。)
病変があったりすると、こんなに大きくモヤモヤと写るのでしょうか・・・。また、考えられる病気は、あるでしょうか・・・。
教えてください。宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

脳外科医とのこと、おそらくは脊椎ないし脊髄からの神経が原因の痛みを想定しての検査であると思います。


この場合、MRIでは撮影対象を胸椎近辺に絞って撮影します。そのため、それ以外の部分、たとえば背中の皮膚面であったり、肺であったりは最適な撮影条件から比べると極めて劣悪な条件での撮影になります。肺の辺りの評価をしようと思えば呼吸同期などの方法を用いるでしょうし、わきの下あたりならば脂肪抑制法を併用して撮影するでしょう。つまり、MRIは狙い打ちの検査であり、その部位以外はあくまで偶然の産物です。
左脇部分のみ白くなっていれば、局所磁場の乱れによるアーチファクト(偽所見)と考えるでしょうし、肺にかかるように白く見えれば呼吸運動によるアーチファクトを考えるのが普通のことのように思います。もちろん、明らかにがんなどの腫瘍を疑うなどの背景があればそういう撮影方法で評価すべきでしょうけれど、想定されているのは胸椎の異常ですから、この撮影条件でその評価をするのは妥当性を欠くことであると思います。
多少断定的なことを書きましたが、最終的には写真を見た担当医に質問すべきであることを最後に付け加えておきます。
考えられる病気は、いわゆる肋間神経痛などもあげられるのかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。専門家の方の意見を聞けるなんて、とても幸せです。子宮の手術をしたばかりなので心配になってしまって・・・。
2つの質問に回答して頂いて、ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/09 21:20

なぜ脳外科が胸椎MRIをとるのか、その背景が分からないので、何とも言いがたいです。

多分、痛みの原因として脳には問題がなく、胴体のほうに問題があるという可能性を考えているのだと思います。

総合病院であれば、「同じ写真を整形外科や呼吸器内科に見てもらいたいのですが、写真を回していただけませんか?」と聞けばよいかと思います。そちらのほうが専門だと思います。
    • good
    • 1

それだけではわからないと思います。



今ではMRIがあちこちの病院にありますが、MRIの画像を見て正確に判断出来る医者はMRIを置いてある病院を探すより難しいです。

小さい総合病院などでは関連の大きい病院や、知り合いの専門の医師に画像を見せてアドバイスをもらっているようです。

何故そのようなことをするかというと、MRIのある病院は最先端の医療を提供しているとの患者サイドのイメージがあり、患者離れの無いように借金してでも最先端の機器を導入するが、使いこなす医師が居ないというのが現実のようです。

したがって、貴方がMRIをやった病院の医師でも画像を精査できる医師が居ないかもしれません。

自分の体に不安があるのであれば、少し遠くて時間がかかっても大学病院などの専門医の居る病院に行った方がいいと思います。
    • good
    • 0

それだけでは分かりませんし、MRIの画像が読めるようになるには医学部を卒業しただけでも足りないくらい難しいです。

ただし正常でもそのあたりにモヤモヤは見られます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング