ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

父ー他界 母ー現時点病気 子供ー男、女、女(母と同居)
父が他界した際、父からの遺言(誰も聞いてない)、母の面倒を見ると言う条件で財産の半分を長男が相続、半分を母が相続し、後の二人は放棄させられました。
昨年、母が難病になりましたが長男夫婦はめったに面倒を見ることをしません。(忙しいという理由で)
24時間介護がいる母を女二人とその配偶者で面倒をみています。金銭の援助を頼んでも取り合いません。しまいには他の者がいない時に半分脅しで母から借りるだけという名目で大金を取上げていきました。さすがに母も切れたようで一切長男には財産を渡さない手段を考え始めた次第です。以上の背景からの質問です。
(1)父と母とでの財産分与は別物だと思うのですが母が亡くなった後、長男に財産を分与しない方法はあるのでしょうか?
(2)父の遺産分与の時、母がもし亡くなった際は母の遺産は「お前にはあげないよ」みたいな念書を長男に渡してあるのですがそれは有効になるのでしょうか?
(3)母は身体が動くうちに公正証書を書いて長男には渡さないと言っているのですがそんなことをしても有効でしょうか?
(4)もし上記全てが無効で長男にも遺留分の権利があるとしたらどのような対策をすればいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

(1)父と母とでの財産分与は別物だと思うのですが母が亡くなった後、長男に財産を分与しない方法はあるのでしょうか?



 お母さんのおっしゃる通り、公正証書遺言を作成してください。

(2)父の遺産分与の時、母がもし亡くなった際は母の遺産は「お前にはあげないよ」みたいな念書を長男に渡してあるのですがそれは有効になるのでしょうか?

 遺産の処分は、遺言書でしかできませんので、その念書が自筆証書遺言の厳格な要件を満たしていなければ、無効です。
 でも、その念書が無効でも、お母様が公正証書遺言を作成すれば、当然、有効な遺言ですから、念書が遺言書として有効か無効かを気にする必要はありません。

(3)母は身体が動くうちに公正証書を書いて長男には渡さないと言っているのですがそんなことをしても有効でしょうか?

 公正証書遺言は公証人が作成しますから、もちろん、有効です。
 ただし、お母様がお元気なうちに作成してください。お元気なうちというのは、頭がお元気なうちという意味です。公正証書遺言でも、「遺言をした時にはボケていたから無効だ」、「いや、ボケていない」という争いは、ままありますので。

(4)もし上記全てが無効で長男にも遺留分の権利があるとしたらどのような対策をすればいいのでしょうか?

 ご長男に遺留分があろうとなかろうと、遺言は、有効です。別な言い方をすれば、遺留分を侵害する遺言も有効ということです。

 ですから、まず、公正遺言書を作成されることです。

 その上での対策として考えられるのは、

 まず、お母様のご長男に対する貸金を明確にしておくことです。借用書がなくても、貸したことは事実なのですから、通帳のコピーと貸した経緯についてお母様が文書にして残されることをお勧めします。
 お母様が亡くなられた際は、この貸金は、三人の子供が均等に相続します。ご長男が遺留分を主張された場合は、他のお二人は、ご長男に対し、貸金の返済を請求すればいいでしょう。

 それから、寄与分の主張です。寄与分というのは、親の事業を手伝って親の財産を増やしたとか、病気の親の面倒を看て親の財産の減少を食い止めた子供には、相続分を余分にあげましょうという制度です。民法第904条の2に規定されています。言い換えると、寄与をしていない子供(ご長男)の相続分が少なくなる制度です。相続分が少なくなるということは、遺留分も少なくなるということです。

 お母様の面倒は、お二人の女のお子さんで看られているのですよね。子供には、もともと、親の扶養義務がありますから、どこまで面倒を看たら寄与分になるのかは、微妙なところですが、ご長男の遺留分の主張に対抗するために、お二人の女のお子さんがされたお母様の療養・看護・扶養につき、記録を残しておかれることです。

 それから、もしも、お母様がご長男にお金や不動産を上げているようなことがあれば、それも、お母様に記録に残して貰ってください。これは、特別受益といって、生前余分に財産を貰った者は、その分相続分(ひいては遺留分)が少なくなるという制度です。

 公正証書遺言の手続きは、司法書士か弁護士に依頼してください。費用的には、司法書士の方が安くなります。証人もご本人で用意できなければ、司法書士の方で用意できます。

 最後に、お母様のお世話大変だと思いますが、お体に気をつけて乗り切ってください。きっと、ご長男が得られない心の満足を得られることができると思いますよ。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めて利用させていただきました。
こんなに親切・丁寧にアドバイスしていただき感謝します。

貴方様の素人でもわかりやすく具体的な説明でどう行動していけばいいかよく理解できました。

最後の2行で心も落ち着きました。たぶん私共姉妹も疲れていたし母もいつまで続くかわからない闘病生活の中で長男への不信感が憎悪になっているのかもしれません。母自身、予定外の長男への貸金で自分の貯蓄でどこまで生活できるか不安だったのでしょう。

ただ父の時の遺産相続の際の奪うように相続していった長男の不義理がどうしても再度母の時に起こるのを皆 感じとっているから早い行動を起こそうとしたのだと思います。

他にアドバイスを頂いたかたのお礼の欄にも書き込みしたのですが長男の嫁が弁護士事務所の事務員で勤務していますので情報を溜め込んでいるので頭が痛いです。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/03/09 19:32

 追加です。


できれば、公正証書遺言に「長男00は、亡夫の相続の際、遺言者の扶養をするという約束で遺産の半分を相続したにもかかわらず、約束を履行しなかったので、遺言者の遺産については、一切相続させないものとする」というような一文を入れておくと、法的にはともかく、事実上、遺留分減殺請求を封じ込める効果が期待できます。
 
    • good
    • 0

こんにちは。


廃除という制度があります。
「被相続人に対し、虐待をしたり重大な侮辱を加えたとき、もしくはその著しい非行があったとき」、被相続人は、生前のうちに家庭裁判所に相続廃除の申立てをすることができます。家庭裁判所がこの申立てを認めて、初めて相続廃除となり、その対象者は相続権を失うことになります。
また、推定相続人の廃除は、被相続人が遺言で指定することもできます。この場合には遺言執行者が被相続人に代わって、家庭裁判所に相続廃除の申立てを行うことになります。
廃除が認められれば、長男には相続権がありません。

遺言作成や廃除手続のサポート、遺言執行は専門家である行政書士、金額が大きい場合には弁護士に依頼した方がよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めてこのサイトを利用させていただきました。
早々のアドバイスありがとうございました。
「排除」という制度があるのですね。
ただ長男の行為が「虐待をしたり重大な侮辱を加えたとき、もしくはその著しい非行」に該当するのかが微妙なところです。
行政書士に相談してみようと思います。
ただ質問欄には記載しませんでしたが長男の嫁は弁護士事務所の事務員で働いていますので先が思いやられます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/09 12:05

遺言状とともに家庭裁判所に請求して相続廃除もしておけば。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めてこのサイトを利用させていただきました。
早々のアドバイスありがとうございました。
母が動けるうちに行動したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/09 12:08

(1)父と母とでの財産分与は別物だと思うのですが母が亡くなった後、長男に財産を分与しない方法はあるのでしょうか?



(3)の公正証書遺言状を作成することで可能です。

(2)父の遺産分与の時、母がもし亡くなった際は母の遺産は「お前にはあげないよ」みたいな念書を長男に渡してあるのですがそれは有効になるのでしょうか?

(3)の公正証書遺言状において、「長男が差し入れた念書により長男には相続する財産は無いものとする」という趣旨の文言をいれておけば長男の方はギャフンでしょう。その念書も紛失しないように、長男に盗られないように大切に保管しておくべきでしょう。

(3)母は身体が動くうちに公正証書を書いて長男には渡さないと言っているのですがそんなことをしても有効でしょうか?

これしか方法が無いと言うべき手段でしょう。公証人は依頼すれば自宅とか病院に出向いて公正証書遺言状を作成してくれます。

相続の当事者以外の人の立会いが要求されるでしょうから、仲の良い、いとこの方にでも今から打診されるとよいでしょう。公証人は、公証人役場を電話帳でしらべ、幾つか当たってみて適当な方を選べばよいでしょう。

(4)もし上記全てが無効で長男にも遺留分の権利があるとしたらどのような対策をすればいいのでしょうか?

長男の方の遺留分請求は無視すれば良いでしょう。遺留分請求権はそもそも裁判を通してでなければ実現できない権利なのです。「裁判したければお好きなようにどうぞ」と受け流せば良いのです。

長男の戦略としては家庭裁判所の調停を申し立てるでしょうが「母の強い意思に沿うことが、財産の自由な処分を定める憲法の規定にも沿うこと当方考えますので、本件調停はお断り申し上げます」みたいな文書を家裁に送りつけて調停拒否します。そうすると本裁判になりますが、現在の司法制度のもと、足元を見られた弁護士さんに法外な弁護士料を払ってでしか長男の方は裁判できないでしょうね。

本裁判になっても、法律の規定により裁判官はまず和解を最優先してきますから、法律の規定とは別に本件の特別な事情を考慮した和解判決で本件落着と私は予想します。長男の方がこれを拒否すると、裁判官は意外な判決を出すことでしょう。

お母上は大変賢明な方で、私は頭が下がる思いです。ぜひ、なるべく早く、お母上の言うとおりして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めてこのサイトを利用させていただきました。
早々のアドバイスありがとうございました。
素人にもわかりやすくご丁寧にアドバイス頂き大変参考になりました。

●とにかく公正証書の作成を急ぎたいと思います。

ただ、貴方様が母を賢明な・・・とおっしゃってくださっているのですが 父の死亡の際の念書にも母が書いて渡しただけで長男から署名ももらいそびれていますし、お金を貸した際も借用書を取っていません。(通帳には出金の記載はありますが) 血が繋がっているのでなかなか署名等が取れないでいたようです。
それと父の死亡時に遺産放棄をさせられましたので私共の配偶者も今の私達の介護心労に長男への不信感があるのも事実です。(母が何かあった際は面倒をみるという約束で遺産放棄したので)
母が公正証書を残すと言い出したのはこうした背景もあるからだと思います。
そして一番頭が痛いのは長男の嫁が弁護士事務所の事務員をしていてそこから知識を得ていることが大きいのです。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/09 12:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング