ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

性能面でワードを超えるワープロソフト、エクセルを超える表計算ソフト、Windowsを超えるオペレーティングシステム、は存在しますか?
知ってる方がいたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



ちょっと面白い質問だなって思います。
別のカテゴリで聞けば、もう少し柔軟な回答が出るような気がします。

今のMicrosoft の占有する世界というのに、閉塞感があるのと、現実的には、今、ソフトウェアとして、いくらバージョンアップしても、実際は、OSに付随しているだけであって、基本的な改良をされているというには疑問が残ります。そういう上で、さまざまなな問題を含んでいるのではないかと思います。私自身、「Excel」にしても、「Word」にしても、なぜ使っているかというと、選択肢がないのが一番の原因だと思います。

私自身、探したけれども、日本語をベースとするものは、どんどん減ってきてしまい、迷っているうちに、なくなってしまった、というのが過言ではありませんね。あえて、違うものを購入すれば、それで互換性もなくなるし、人にデータを渡すというのも、問題が出てしまいます。その上に、経済的な負担も大きくなります。

海外では、表計算の「Quadra」 とか、「Lotus」 とか、まだ、健在なのだとは思いますし、フリーの「OOo」 もあります。ワードプロセッサも、海外では、「WordPerfect」 が、日本では、「一太郎」のほか、「Win OASYS」 などが出ているとかは思います。管理工学の「松」が、離脱してしまいました。それらが劣っているわけではないとは思います。ただ、使用しているユーザーが非常に少ないです。

例えば、日本のコンピュータ界の大御所といわれる人などは、ワードプロセッサ代わりに、「Tex」を使っているというそうです。

人によっては、「Linux」 だったり、「Tron」だったり、それに対応するソフトウェアを使っていると思います。ただ、OSまでとなると、逆にユーザーとしての負担が強くなるように思います。

おそらく、今のMicrosoft の延長上には、劇的な技術革新というものはないと思います。「Excel」という表計算は、日本人にかなり馴染みがあるようですし、また、仮に、Microsoft の延長線がなくなっても、同じようなコンセプトはなくならないような気がします。

しかし、ワープロソフトのほうは、日本には、日本独特の培ったノウハウや技術の蓄積があるのだと思います。それが、生かされた製品が出ていればと思いますが、「一太郎」はかもくか、「Win OASYS」は、単独では、なかなか手が出ませんし、まして、私などは、OSは、Win をベースとしていますから、コンフリクト(競合)するのが嫌ですね。たかが、IMEですら、以前は、別のものを使っていて、ソフトウェアがハングするので、調べてみたら、別会社のIMEが原因していました。そんなわけで、ほとんどは、お決まりのスタイルなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんありがとうございます!

お礼日時:2008/03/09 22:16

以下は、あくまでも個人的な意見です。



日本語で文書を作るなら、ワードよりも一太郎の方がはるかに優れています。私は仕事柄、英語もひんぱんに書きます。つくづく思うことは、英語で文章を書くならワードの方がはるかに便利だということです。英語を速く、的確に書くための様々な機能があります。

逆に言えば、日本語ワープロとしてのワードは、しょせん英文ワープロのローカライズに過ぎないということです。日本人が文章を書くときの思考法や作法に合致しない部分がたくさんあります。

ですから、英文で文書を作るときはワード、日本語で文書を作るときは一太郎と使い分けをし、他人に送るときはpdfにしてしまいます。

表計算については、DOSの時代はLOTUSでしたが、ver.4からExcelですのでそれ以外は分かりません。当時は、ロータス全盛時代でExcelの方が安く買えたので、乗り換えたのです。

>Windowsを超えるオペレーティングシステム

というよりもWinって、そんなに優れたOSですか? もちろん私はWinユーザでもありますが、根幹としてのOSの部分が良いと思ったことはありません。ソフトウェアの種類が多いので、使わざるを得ないというのが私の本音です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング