ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

NPOを契約者とした団体保険の事務手数料として、保険会社から数万円が振り込まれる場合、この「受取事務手数料」は収益と見なされるのでしょうか?市民税額が手数料を上回る可能性がありますが、団体保険の事務手数料に対してどのような種類の課税がされるのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>「受取事務手数料」は収益と見なされるのでしょうか?


看做されるのではなく、収益です。
なお、法人税法上の収益事業に該当するので法人税申告が必要です。また、法人住民税も課税対象になります。税金がかかるかどうかは経費次第ですが、収益事業を行っている以上、均等割はかかると思われます。消費税の課税対象でもありますが、二期前の課税売上が一千万円以上でなければ申告は不要です。
社会福祉法人の場合の同種の質問がありましたのでこれを参考に。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2074947.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
受け取る「集金事務費」が均等割よりかなり低い金額なので、厳しい結果となりましたが、寄付金など費目を変更して受け取るわけにもいかないですよね。収益事業開始届けなどの修正申告をしなければならないのか、それともこのまま春に申告すればいいのでしょうか。どちらにしてもきちんとおさめたいと思います。

お礼日時:2008/03/10 18:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事務手数料の消費税について

生命保険料を団体扱いで給与天引しています。
その際、生命保険会社から事務手数料と消費税が支払われます。
この事務手数料は、課税売上(科目は雑収入になると思います)、消費税は仮受消費税で計上すべきだと思うのですが、会社の経理に確認したところ、事務手数料は、社員のサークルのような会に振込み、消費税は、福利厚生費の戻りとして計上しているとの回答を得ました。
回答の意味があまりよくわからないので、質問するのも申し訳ないのですが、正しい処理を教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

事務手数料は役務提供への支払いであり、may3さまの言われるように、会社の益金となり、課税売上となります。消費税等を仮受消費税等として計上するのは税抜経理方式を採用する場合の適切な会計処理です。貴社経理の方の言われるような処理は税務上の問題があるように思えます。適切な申告のためには、may3さまのお考えの処理が正しいと思います。

Q社会福祉法人の収益事業について

1.知的障害者更生施設と授産施設の運営をしている社会福祉法人に設置された自動販売機の手数料収入は、法人税法上の収益事業に該当するのですか?
 自動販売機は、建物の中と同敷地内に利用者の便宜上設置されており、収益目的ではありません。
 ただし、職員が販売機にて飲料を購入することはあります。

2.団体保険の手数料収入についても収益事業に該当するのですか?
 これについても、外部に募集をかけているわけではなくて、あくまで職員各自から給与天引きしている保険です。

3.上記がそれぞれ法人税法上の収益事業となるのであれば申告が必要となるわけですが、その時、それぞれの収入にかかる経費として、自動販売機手数料収入に対しての電気代、保険手数料収入に対しての電気代人件費をそれぞれに按分して計上することができますか?


 

Aベストアンサー

収益事業に該当します。
自動販売機手数料収入に対しての電気代、保険手数料収入に対しての電気代人件費をそれぞれに按分して計上することができます。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/shitsugi/houjin/21/03.htm

Q保険料の戻りの仕訳

事業用の車の自動車保険の内容を変えたので、保険会社からお金が事業用の預金通帳へかえってきました。
この場合の仕訳を教えて下さい。

Aベストアンサー

保険料の支払が期中なら、
預金 **** / 保険料 ****
で、戻すことが出来ます。

期をまたいでいるのなら
預金 **** / 雑収入 ****
で処理します。
 

Q関税の仕訳教えてください!!

輸入した際にかかる関税についての仕訳なんですが・・

立替金 運賃 94,930
    ターミナル 4,044
    保険料  4,482
    関税   77,400
    消費税  82,400
    地方消費税  20,600

通関諸掛  通関料 11,800  
      取扱料 6,000  
      貨物配達料 5,500

支払い合計 307,731円

なのですが、仕訳が解りません・・

輸入運賃なのか?輸入仕入なのか?宜しくお願いします。

    

Aベストアンサー

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取得価額)
第三十二条 第二十八条第一項(棚卸資産の評価の方法)又は第二十八条の二第一項
(棚卸資産の特別な評価の方法)の規定による棚卸資産の評価額の計算の基礎となる
棚卸資産の取得価額は、別段の定めがあるものを除き、次の各号に掲げる資産の区分に
応じ当該各号に定める金額とする。

一  購入した棚卸資産   次に掲げる金額の合計額

 イ 当該資産の購入の代価(引取運賃、荷役費、運送保険料、購入手数料、
   関税(関税法 (昭和二十九年法律第六十一号)第二条第一項第四号の二
   (定義)に規定する附帯税を除く。)その他当該資産の購入のために
   要した費用がある場合には、その費用の額を加算した金額)

 ロ 当該資産を消費し又は販売の用に供するために直接要した費用の額

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取...続きを読む

Q前払金と前払費用の違いって?

簿記を勉強しているのですが,前払金と前払費用の
違いがいまいちよくわかりません。
役務の提供があるかどうかで区別するのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

企業会計原則注解5には

 前払費用は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、
いまだ提供されていない役務に対し支払われた対価をいう。
従って、このような役務に対する対価は、時間の経過とともに次期以
降の費用となるものであるから、これを当期の損益計算から除去する
とともに貸借対照表の資産の部に計上しなければならない。
また、前払費用は、かかる役務提供契約以外の契約等による前払金と
は区別しなければならない。

とあります。

【前払金】は役務の提供がまったく行われていない場合に用いられ、
【前払費用】は継続的な役務の提供という契約の一部が行われている場合に用いることになるかと思います。


人気Q&Aランキング