ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

福田内閣で族議員がふえて、官僚は喜んでいるような気がします
規制緩和もその流れが絶ち、昔の自民党に帰っているような気がします
失言も多いと思います。しかし福田さんは、族議員を大切にして、利権を集約しようとするから、族議員からたたかれない。だからまだ続いていると思います。支持率も悪いのに、どこまで続けるのでしょうか
マスコミがたたかないのも、わけがあるのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

族議員が福田内閣で増えているということはありません。


小泉内閣のときと大差はありません。
何をもって族議員が増えていると判断されたのか、も少し説明頂くと質問内容がクリアになります。
又、族議員がダメ、との論調ですが、何故ダメなのか分からない。
国会議員は素人では困るので、大いに勉強が必要です。
勉強して、その道に詳しくなった人は官僚に限らず、誰でも重宝しますよ。
    • good
    • 0

バシッと言える人が少ないのではないでしょうか。


実行できる人が少ないのではないでしょうか。

できない病が、この国には蔓延しています。
    • good
    • 0

こんにちは。



>マスコミがたたかないのも、わけがあるのでしょうか

マスコミも1企業です。ですから 企業>国民 と考えている自民党よりの報道に成るのは自然かも知れませんね。

ただマスコミと言っても色々ですよね。サンケイや読売のように自民党べったりのマスコミもありますがアサヒのような社も有ります。確かにアサヒの主張は???と感じるときも有りますが。

私は他社との比較を鮮明にしたいときリトマス試験紙のようにアサヒや赤旗の記事を参照しています。

結論は、マスコミによって温度差が有るのは避けられないと思います。今はTV、新聞、雑誌などに加えてネットがあります。ちょっとしたことを調べるには本当に便利な道具ですね。

ネットをnegativeにとらえる人もいますが、あながちそうとばかりも言えないように思っています。
    • good
    • 0

民主主義国家ならば主権者が決めるものでしょう。


つまり、政策と結果を評価しそれぞれの意にかなわなければ批判をし、それでも政策を変えなかったり又は実行能力が無いと主権者が判断すれば、そのときは選挙によってのみ政権交代をさせることが可能になります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング