【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

相続で受け取る保険金について、以下の場合の相続税評価を
教えてください。

契約者・・・A(被相続人)
被保険者・・・A
保険料負担者・・・A
受取人・・・B(Aの子)

Aの死に伴い、保険金の給付開始。
保険金は年金形式で20年に渡りBに給付。一時金はなし。
この場合だと、有期定期金の評価+保険金の非課税を
用いて評価をすると思いますが、年金給付の開始時期が、
相続開始後3年間据え置いて、3年後に給付開始となった
場合、評価方法に違いが生じるでしょうか?
据え置くというのは、保険契約がそういうタイプのという
意味です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 特に違いは生じないと思います。



 給付の時期が遅れても、給付の自由は発生していると考えられますので、給付の残存期間が20年で、生命保険金の非課税枠を適用するということで、

 1年の支給額×20年×40/100-500万円×法定相続人の数

 というような計算になってしまうかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

給付の時期の違いについて、課税関係が変わってくるのかと
思っていました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/17 00:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング