痔になりやすい生活習慣とは?

11日打ち上げの宇宙船で、土井飛行士が、宇宙ステーション内でブーメランを飛ばすと戻ってくるのかという実験をするそうです。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080306-O …
実際、専門家はどのような結果を予想されているのか疑問です。

私は、素人判断ですが、ステーション内では放物線に近い動きを、宇宙空間では等速直線運動をするのではないかと思っているのですが・・・。
実際、どのような動きをすると思われますか?
あるいは、どなたか、学者の方で仮説を発表されている方はいらっしゃらないのでしょうか?

A 回答 (4件)

空気中を飛ぶ限りは、ブーメランは戻ってくるかと思います。


ブーメランが手元に帰る原理は、基本的には、
コマの歳差運動運動と同じもので
回転軸に方向をかえようとする外力がはたらくと、外力の方向に対して垂直の方向に軸がふれるわけで
コマの場合は重力で
ブーメランの場合は、進行速度の差による回転軸の両側での揚力の違い
であります。
ステーションの中では空気があるので、歳差運動が発生し
ただし重力がないので、投げた人とその方向を接線とする
きれいな円を描くのではないでしょうか

この回答への補足

回答ありがとうございます。

歳差運動についてはよく分かりませんが、
>進行速度の差による回転軸の両側での揚力の違い
を考えていなかったことに気付きました。
ですが、こういった場合、重力だけがなくなるので、単純に上方向の力が増えるので、その方向に加速する、螺旋のような動きにはならないのでしょうか?

補足日時:2008/03/10 17:58
    • good
    • 0

ブーメラン、宇宙でも戻った!=土井さん、自ら投げて実証


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080320-00000 …

参考URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080320-00000 …
    • good
    • 1

>素人判断ですが、ステーション内では放物線に近い動き



ステーション内と地上での違いは重力(9.8N)が無い事です。
その他の物理法則は一切同じです。

つまり、

リフトアップがある。上昇する。(9.8N)が無い為。
慣性の法則、物理法則に逆らわない。

慣性力は顕著に現れる。
エアはキックポイントとなる。

実際には、旋回しながら上昇すると考えています。
宙返りするとは考えていません。

専門家はちゃんと計算していると思います。
(速度、高度、旋回角度まで)
    • good
    • 0

こんにちは。



3日前に同様の質問がありました。
とりあえず貼っておきます。
(恥ずかしながら、私自身の不十分な回答もあります。)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3839510.html

この回答への補足

回答ありがとうございます。

ご紹介の質問はすでに読んでの投稿でした。
ですが、残念ながら皆さん「一般人」、「参考意見」として回答されているようですので、自信のあるご意見が聞きたかったので、投稿させていただきました。

補足日時:2008/03/09 17:15
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング