【お知らせ】まとめて検索などの提供終了

自動車で接触事故を起されました。

状況的には、ショッピングセンターの駐車場で、私の隣のスペースが空いていたので、
そこに駐車しようとした自動車が私の自動車に接触したものです。

私はエンジンもかけてもいなかったし、完全な相手の一人相撲の事故です。
たまたま私が車のそばにいたから良かったものの、いなかったら当て逃げされてた可能性もあります。

警察を呼び、事故処理をお願いしたのですが、
相手の方がかなり高齢であり、年金生活のため任意保険には入ってないとのことです。

帰りにディラーに寄って、修理の見積もりを出してもらったのですが、それなりの金額がでました。

こういう場合、修理費用は誰が負担するのでしょうか。

もちろん、事故相手の高齢者に責任がある思いますが、果たして払えるかどうか・・・。

私が入っている任意保険会社が全額払ってくれて、相手に全額求償するのでしょうか。
なお、私は、自動車損害保険は、完全なものに入っております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

車両保険は保険会社によって補償内容が異なります。

まずは保険会社に事故の報告をして判断を仰ぎましょう。

もし車両保険が下りずに相手から徹底的に取るのであれば小額訴訟で資産の差し押さえも可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

訴訟までは考えていません。
相手の高齢者も、接触事故を起こしたというのに、
「どうもごめんなさい」と言っただけで店内の方へ行こうとしたぐらいですので、
事故を起こしたという認識はないのでしょう。

質問とは趣旨が異なりますが、このような高齢者には免許を更新しないでほしいと思います。

お礼日時:2008/03/09 16:37

>自動車損害保険は、完全なものに入っております。



これは貴方が車両保険も免責金額ゼロで加入と云う事ですか?
そうであれば、相手と煩わしい交渉もせずに貴方の保険会社から修理代が
支払われます。
また別の回答にもあるように「車両保険の無過失事故に関する特約」が付いている保険かどうか確認して下さい。
付いていれば、等級には影響しません。

貴方が車両保険に加入していなければ、諦めるケースでしょうね。
なお、弁護士特約が付いておればとことん請求も出来ますが、ないところからは取れない結果もあり得ます。
    • good
    • 0

保険会社に任せてあるのであれば、問題ないでしょう。


保険会社は車両保険で支出したのであれば、加害者に求償します。

取れるかどうかは、加害者の資産次第です。
ないとこからはお金は取れません。
回収できないと判断すれば、保険会社は求償を諦めて、何もしません。
    • good
    • 0

>修理費用は誰が負担するのでしょうか。


 分けて考えましょう。
 修理業者に修理をお願いしたのは質問者さんです。その対価である修理費用を支払う義務があるのも質問者さんということになります。
 一方加害者にあるのは損害賠償義務です。つまり加害者は質問者さんに損害賠償をすればそれで義務を果たすことになります。

 今の段階で加害者が賠償義務を果たせるのであれば、何も問題はありません。質問者さんに賠償すれば義務を果たすことができますし、修理業者に直接支払うことになっても義務を果たすことができます。

 問題になるのは加害者が義務を果たせない場合です。選択肢は2つです。(1)質問者さんが修理業者に支払いをし、その金額を加害者から回収する。(2)車両保険を使い、修理業者への支払いを済ませる。保険会社は支払った額内で加害者に請求する。

 それぞれの場合のメリット・デメリットを考えて判断しましょう。
    • good
    • 0

今時の車両保険には「車両保険の無過失事故に関する特約」が自動附帯されている場合が多いのですが、如何でしょうか。


此れがあれば無過失と認定された場合、次回の等級に影響する事無く保険金が支払いされます。
    • good
    • 0

基本的に、立場がどうあれ事故を起こした本人に全額賠償の義務があります


ただし、例えば裁判をして勝訴したとしても「無いものはない」と判断されれば取りっぱぐれる場合もあります

>私が入っている任意保険会社が全額払ってくれて、相手に全額求償するのでしょうか
そのような特約を用意している会社もありますので、証券をお手元に用意してご加入の保険会社にお問い合せ下さい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

保険証券を見るに、無保険車が相手で障害等を負った場合は保険がきくようですが、
車両の事故については何も書かれてません。

相手の方から自費で弁償してもらうしかないようですね。
保険会社には連絡してますので、あとは成り行きまかせです。

お礼日時:2008/03/09 16:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車の事故。相手は任意保険未加入で支払う意思なし。

長文で申し訳ござません。

先日、立体駐車場でバックして来る車に当てられました。
相手は任意保険未加入で修理費を支払う意思がありません。

【事故の状況】
相手が走行している後方を私は走行していました。
相手が停車したため、私も停車しました。
(上りでちょうどカーブを曲がったところだった為、停止時の車間は1Mくらい)
相手が駐車するためにバックを開始、私は停車したままの状態。
まさかと思い私はバックしようとしましたがすでに遅く(停車したまま)
相手車両(左前タイヤ辺り)がバンパーに接触していました。

※事故を起こした場所は私が働く店の立体駐車場だったため、
 防犯カメラで事故の瞬間を確認できます。
 (カメラの位置はやや遠いですが私の車が停車しているのは確認できます。)

警察に電話し事故処理をしてもらいました。

私は任意保険加入していますが、車両保険はなし。
相手は任意保険未加入です。

保険会社に電話したところ、過失割合100:0で相手にすべての過失があると判断した為、
当人同士での和解をして下さい。と言われました。

和解交渉をしても過失割合に納得してなく「交通事故で100:0はありえない」
と言い全く交渉が進みません。

事故後から一度の断りもなく、こちらから連絡しても「今忙しいから手が空いたら連絡する」と
怒鳴るように電話を切るなど、態度も非常に腹立たしいです!!
これ以上交渉しても無駄だと思い、小額訴訟を考えています。
修理費はもちろんですが、可能な限り請求できるものは請求しようと思います。
請求できるものと必要なものを教えて頂きたいです。

このような事案・法律に詳しい方、その他の解決方法をご存知の方
是非!知恵をお貸し頂きたいです!!
ご回答を宜しくお願い致します。

長文で申し訳ござません。

先日、立体駐車場でバックして来る車に当てられました。
相手は任意保険未加入で修理費を支払う意思がありません。

【事故の状況】
相手が走行している後方を私は走行していました。
相手が停車したため、私も停車しました。
(上りでちょうどカーブを曲がったところだった為、停止時の車間は1Mくらい)
相手が駐車するためにバックを開始、私は停車したままの状態。
まさかと思い私はバックしようとしましたがすでに遅く(停車したまま)
相手車両(左前タイヤ辺り)がバンパーに接...続きを読む

Aベストアンサー

任意保険 未加入だろうと 賠償責任が有れば 支払わねばならないものなので
泣き寝入りせず
請求する事

ご自身の 加入任意保険で 示談交渉は付いていたりしませんか
保険会社の判断する 賠償比率での修理代金請求ですが 相手が納得しないとか なら訴訟になります
面倒ですが 争うべきです 弁護士費用等の補償が付いていませんか
相手は、被害者の 泣き寝入りを待ってる 慣れた奴にかんじます。

また ご自身の保険会社が 修理費用立て替えの補償が付いていれば そちらから 立て替えてもらい
修理
加害者と保険会社間で 請求 取り立てを行ってもらえば良いだけなんですが。

我が家の場合これで 事故後即 立て替え金額が 振り込まれました。

Q追突事故の相手が任意保険未加入車で困ってます

長文ですが宜しくお願いします。

先日、信号待ちで停車をしていたら後ろから追突されました。
加害側は、とても威圧的で謝罪もなく警察への連絡もせず・・・。私が通報。

私が負傷したので『人身事故』扱いになりました。
しかし、なかなか保険屋さんとも連絡しないので聞いてみると

●任意保険未加入●自己破産●無職 との返答が。。。。

今回は停車中に追突なので過失割合は10:0です。
が、私のケガは自分の自賠責で払うが車は「支払能力0」と主張してきました。

悩んだので色々な所に聞いてみました。

◎『警察』に行くと、「民事不介入」→私の車両保険で直すのが1番早いと言われました。

◎『交通事故相談』日弁連『都民の声』に電話相談→同上意見。+小額訴訟(1万負担)もあるが回収できるかは??と。

自分の車両保険を使えと勧めてきますが、免責分(5万)と3等級下がってしまいます。
今回こちらに何の落度もないのに、ケガをした上、支払いまでしなくてはいけない理不尽さに悔しくて悔しくて仕方ありません。

新車購入予定でしたので下取りの予定まで未定になってしまい・・・
最終的には車両保険を使うと今後の請求権は保険会社になるそうですが、
私に対する損害(免責分とか)はやはりもう賠償してもらえないんでしょうか?

こちらで同じ様なケースの任意保険未加入車の事故も多さに驚きました。
でも支払い能力がない、キチンと保険に入らない人の運転が許されるなんて・・・。

結局、警察も弁護士もココまでと言われ被害者なのに交通事故てこういうものなのでしょうか?
事故後から精神的にも家庭内も最悪です。

お力を貸していただきたいです。宜しくお願いします。
最後まで読んで頂いてありがとうございました。

長文ですが宜しくお願いします。

先日、信号待ちで停車をしていたら後ろから追突されました。
加害側は、とても威圧的で謝罪もなく警察への連絡もせず・・・。私が通報。

私が負傷したので『人身事故』扱いになりました。
しかし、なかなか保険屋さんとも連絡しないので聞いてみると

●任意保険未加入●自己破産●無職 との返答が。。。。

今回は停車中に追突なので過失割合は10:0です。
が、私のケガは自分の自賠責で払うが車は「支払能力0」と主張してきました。

悩んだので色々な所に聞いてみました。

◎...続きを読む

Aベストアンサー

看過できない誤答がありましたので、口をはさませていただきます。

交通事故の直接損害(車の修理費用や治療費、文書料など)は、加害者に対して損害賠償を求める権利(損害賠償請求権)が当然認められます。
しかし、間接損害(車の評価損や休業損害など)は相当因果関係がないと認められません。評価損でさえ、100%認められるわけではない中で、保険料の増額分が損害と認められる可能性はありません。

また、加害者に支払い能力がない場合、どんな有能な弁護士であっても賠償金を回収することは困難です。

もし、質問者様が自分の車両保険を使わず、加害者から賠償金(修理費用)を支払ってもらおうとすると、少額訴訟をして確定判決を得た後、強制執行(差し押さえ)の申し立てをすることになります。

少額訴訟に関しては、裁判費用は損害額10万円までごとに1000円の申し立て手数料と、郵券(郵便切手)が3~5000円(管轄の簡易裁判所によって総額と内訳が違うので必ず確認すること)必要です。
また、損害額の立証のため損害写真(可能であれば修理中の写真も添付)、修理内容の明細書等が必要ですから、実際に修理を行い、いったん修理費用を工場へ支払っておく方がよいでしょう。(修理工場が支払いを猶予してくれればよいのですが)

追突事故ですから、便乗修理がなければ加害者が反論しても質問者様の主張が通るでしょうが、確定判決を得たからといって加害者が支払ってくれるとは限りませんから、強制執行の申し立てが必要になります。
強制執行は、銀行預金(申し立てには加害者が預金している銀行名と支店名が必要)、給与(手取り額の1/4まで差し押さえができるが、勤務先が判明していないと不可能。転職すると再度強制執行手続きが必要)、動産(家財の一部は差し押さえ不可、高額な家財がなければ回収困難)、不動産(手数料が高額、競売後の回収となるので期間が長い、金融機関の担保となっていることが多い)に対して行えますが、自己破産・無職者が事実であれば効果は期待できないでしょう。

ですから、いくら有能な弁護士が法的手続きを進めても回収が困難だというのです。

>車両保険を使うと今後の請求権は保険会社になるそうですが、私に対する損害(免責分とか)はやはりもう賠償してもらえないんでしょうか?

車両保険を使用した場合、加害者に対する損害賠償請求権は保険会社へ移転しますが、それは車両保険金分だけですから、免責金額分は質問者様に留保され、かつ保険会社が賠償義務者(加害者)から回収した賠償金は優先的に免責分へ充当されることになります。
よって、もし保険会社が加害者からいくらか回収すれば、まず免責金額分に達するまでは質問者様へ支払われることになります。(回収できる可能性は低いでしょうが)

>被害者なのに交通事故てこういうものなのでしょうか?

お気の毒ですが、これが現実です。社会生活を営む上で様々なリスクがあり、それをヘッジするための保険等にはそれなりのコストもかかります。
自動車保険の契約の際には、車両保険の免責を0円にしたり、保険期間内に1回の事故であれば等級が下がらない特約もあります。それを選択されなかったのは、保険料とリスクとを天秤にかけた結果のはずなのですから、免責分と保険料の増額はしかたのないことです。

看過できない誤答がありましたので、口をはさませていただきます。

交通事故の直接損害(車の修理費用や治療費、文書料など)は、加害者に対して損害賠償を求める権利(損害賠償請求権)が当然認められます。
しかし、間接損害(車の評価損や休業損害など)は相当因果関係がないと認められません。評価損でさえ、100%認められるわけではない中で、保険料の増額分が損害と認められる可能性はありません。

また、加害者に支払い能力がない場合、どんな有能な弁護士であっても賠償金を回収することは困難です。

...続きを読む


人気Q&Aランキング