【お知らせ】まとめて検索などの提供終了

木材に電動ドリルで穴を開けてM3のネジを使用したい時は何ミリのドリルビットを使って穴を開ければいいのでしょうか?
それからこの穴に何ミリ用のタップを使ってねじ山を作ればいいんですか?
また一般的に世間で一番よく使われるネジの大きさはどのサイズが多いのか教えてください。

A 回答 (6件)

木工 と言うより 木材をいじったことも無いものとお見受けします



端材等で のこきりで切ったり 釘打ち ねじ止めを 練習なさるとよろしいでしょう

それから NHK教育TVで DIY講座が放送されていますから テキストを購入し放送をご覧になる事をお勧めします
    • good
    • 0

木材が、集成材かムク材かによります。

集成材でなければ、下穴はあけたほうが無難です。まあ、2mm程度もしくはキリで、あまり深くなくという程度でいいでしょう。なぜ必要かというと、ムク材(心材も含む)に直接ビスを打つと、木目に沿って割れることがあり、そうなるともうビスが効かなくなるからです。

で、タップは切りません。何度も絞めたりはずしたりしたいなら、鬼目ナットというものを使い、ボルトで締めます。

何に使うか用途にもよりますが、家具や造作ではおおむね3,5~4mm相当程度の、木ネジ、コーススレッド、タッピングビス等を使用します。
    • good
    • 0

 木ねじを使うならタップは不要です。

というか、役に立ちません。ねじ山のピッチが狭すぎるし、山自体も小さいのでまったく効きません。
 木ねじの規格はM-という表記ではないので、3mm径程度のネジを使いたいなら、2.7mmか3.1mmのものになります。下穴は、2.0~2.5mm位になります。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~nejimats/moku.htm

 小ネジを使いたい場合は、木材側に鬼目ナットか黄銅エンザートを使います。M3だとエンザートになりますね。

http://www.yht.co.jp/yds/00.asp?dept_code=01&cat …
http://www.sanyu-seiki.com/ensat/product.html
    • good
    • 0

3mmのネジに電動ドリルで下穴を開ける必要はありません。


位置決め用ならありですが、精密な加工で無い限り直接ネジを入れますね。

使用するネジも、木ですから木ネジですね。
木ネジにはタップを切りません。
ねじ込むことで自然にタッピングされていきます。

木にタップを切る行為は一般的ではないですね。
もっと太いものならタップを切って使うことも出来ますが。
(3mm程度の)細い場合は金属のネジを使う必要があります。
木に金属用のネジを使いたいときには大きめの穴を開けておいて金属製のナットを埋め込みます。

ネジの大きさは・・・いろいろです。
多いのは3mm~10mm位でしょうが用途も判りませんので。
    • good
    • 0

木材にネジをねじ込むネジは木材用のネジピッチが荒いものですのでねじ込みながら自分で木にネジをきるようなものです。



タップは金属等の場合のやり方です。
金属用のネジは木に直接ねじ込みにくく抜けやすいと思います。
ねじ山の深さ、ピッチが別物です。

木材にした穴を開けるときは割れ防止や挿入しやすいように1サイズか2サイズ下の木工用ドリルでした穴を開けることもあります。

通常我々は作業の効率から下穴なしでインパクトドライバーで打ち込んでしまいますが
    • good
    • 0

ボルトを通してナットで締め付けならば 3mm


木ねじで締め付けるならば 2mmでネジ長の1/3程度の穴あけ

木材には タップでネジを切っても ネジの役をしません

この回答への補足

木材はタップ使わないで穴を開けたら直接ネジをはめれるわけですか?

補足日時:2008/03/09 20:00
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインパクトドライバで鉄板に穴が開かない

お世話になります。

2.5mm厚の鉄板に穴を開けようと、115Nmのインパクトドライバを買いました。
が、鉄/SUS用のドリルで穴が開きません。

おかしいなと思い、RYOBIのカタログを見ると、同じような見た目で、「ドライバドリル」
と言うのがあるのに気づきましたが、この仕様は「22Nm」と、かなり力が弱いです。

質問なんですが、
1.私の購入したインパクトドライバでは鉄に穴を開けるのは無理でしょうか。
  (もっと高いドリルを買うなり別の方法がありますか、という意味です)
2.鉄板に穴を開けるのは、ドライバドリルが正解なんでしょうか。
3.ドライバドリルが正解なら、なぜ力はこちらの方が弱いのでしょうか。
  (普通、鉄板に穴を開ける方が力が要ると思いまして。。)

以上、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>鋼材って力で穴を空けるんじゃ無かったのですか!?知りませんでした。
では逆に、ドリルドライバーでネジ締めは力が足りなくて、出来ないということでしょうか。

 ドリル(ドライバードリル)とインパクトの最も異なる違いは、回転軸と工具が直結しているか否かです。
 ドリルの場合は(トルクリミッター以下なら)直結していますから、工具にかかる負荷がそのまま反作用で支える手にかかってきます。そのため手で支えられる以上のトルクを工具にかけることはできません。小さな充電ドリルではさすがに手首をひねられることは少ないでしょうが、それでも保持する部分と同じ直線上にないですから傾いて工具が折損したりします。
 一方インパクトは、工具とモーターが直結していませんから、手にはほとんど反動がありません。そのために、大きな負荷をかけても手首をひねられる事はありませんし、工具が傾くことによる失敗も起きません。

 これが用途によって使い分けなければならない最大の理由です。

 充電工具のように小さなものは良いですが、強力なコード式の工具だと大きな締め付け力だと、工具が確実に手からもぎ取られて大事故につながります。

 ちょっと前ですが
 ⇒2.0ミリのステンレスに穴を開けたい (1/2) - DIY(日曜大工) - 教えて!goo( http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8010590.html )
 においても、実際の作業手順を写真入で紹介しています。
 その時の実験結果では
『2mmのSUS301がないため、5割厚い3mmです。ポンチを打って、カッティングペーストを塗った4.3mmの6520ドリル刃を使用しました。時間は、4秒で貫通しました。』No.7の回答

>鋼材って力で穴を空けるんじゃ無かったのですか!?知りませんでした。
では逆に、ドリルドライバーでネジ締めは力が足りなくて、出来ないということでしょうか。

 ドリル(ドライバードリル)とインパクトの最も異なる違いは、回転軸と工具が直結しているか否かです。
 ドリルの場合は(トルクリミッター以下なら)直結していますから、工具にかかる負荷がそのまま反作用で支える手にかかってきます。そのため手で支えられる以上のトルクを工具にかけることはできません。小さな充電ドリルではさすがに手首...続きを読む


人気Q&Aランキング