痔になりやすい生活習慣とは?

炎色反応の実験で、リチウム、ナトリウム、カリウムなどの塩をそれぞれ塩酸で湿らせ、ひとつずつ清浄にした白金線の先端につけてバーナーの炎の中に入れ、炎色反応を調べる。
という実験があるのですが、ここでいうリチウム(他の物質)の塩が何のことなのかよくわかりません。
具体的な物のことを言っているのでしょうか。
また、具体例のようなものがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

炎色反応の実験で使われた言葉だということでの質問ですから中学生か高校生ですね。


高等学校だと酸・塩基、中和反応のところで「塩(えん)」という言葉は出てきます。調べてみてください。

やはり教科書で出てくる言葉は、そういう定義では不具合が生じるという具体的な例に出会うまではその通り理解する方がいいと思います。
「塩」とは「酸・塩基の中和反応により生じるイオン性の化合物」のことです。イオン性の化合物という条件を入れておくことで生じた水を省くことが出来ます。
教科書によって表現が異なるでしょう。今手元にある教科書には「塩化ナトリウムNaClのように酸の陰イオンと塩基の陽イオンが結合した化合物を「塩(えん)」という」と書いてあります。この定義でも水は含まれません。

硫化物も当然塩になります。Na2Sは水酸化ナトリウムと硫化水素の中和反応で生じた塩です。硫化物と一般的に言うと硫化水素H2Sも入ってしまいますが「イオン性の化合物」という条件から当てはまらなくなります。アルカリ金属とアルカリ土類金属以外の硫化物は水に溶けにくいです。対応する水酸化物も水に溶けにくいので酸・塩基の中和反応で考えることが出来ても実現が難しいものもあります。その場合は回り道をしていても塩と呼んでいると思います。

酸・塩基、中和反応という条件をはずして
>塩類(えんるい)は普通金属イオンと陰イオンがイオン結合で結晶を作っているものを言います。
というように広げてしまうと「~は省く」という例外をつけなくてはいけなくなります。酸化物や水酸化物、窒化物、炭化物は「酸・塩基の中和反応により生じたイオン性の物質」というはじめに示した定義にはそぐわないものです。

「塩化」は「塩素と化合した」という意味で用いられていますから「塩化物」は塩化物イオンを含むものだけとは限りません。塩化ビニルという物質もあります。酸・塩基の中和反応で生じるイオン性の化合物という条件で考えると塩化ビニルは当てはまりません。

「塩基」という言葉自体が「酸と反応して「塩」を作るもの」という意味ですから「酸」「塩基」「塩」の3つはワンセットで考えるべきだろうと思います。NaOHとHClの反応でNaCl(塩、しお)が出来ます。これと同じ性質の反応で出来るものを「塩」としたのです。ただ読み方を「えん」として「しお」とは少し違うという意味を込めたのでしょう。でもこれは日本語だから出来たことです。英語ではどちらの意味でもsaltです。

塩(えん)は塩(しお)と同じような性質のものというのが基本です。
    • good
    • 0

塩類(えんるい)は普通金属イオンと陰イオンがイオン結合で結晶を作っているものを言います。


直感的に分るものは中和滴定をして出来るものが塩です。(水を除いた後ですが)
炎色反応の場合金属を見ているので、陰イオン側は余り関係ありません。水に溶けやすい塩が使い易いです。
陰イオン側で使い易いのは、酢酸イオン、硝酸イオン、硫酸イオン、炭酸イオンなどでしょう、#1のお答えの塩化物イオンでも構いません。
酢酸塩、硝酸塩、硫酸塩、炭酸塩、塩酸塩(塩化物)と云う名で呼ばれます。
#2のお答えにあるように、酸化物、水酸化物、硫化物(カルコゲニド)、窒化物、炭化物等はあまり使われません。
なお酸化物や水酸化物でも炎色反応は観測できますし、硫酸塩、炭酸塩などで水に不溶のものでも炎色反応はちゃんと見えます。
ただ、後で炎色反応用の白金線を洗うのに濃塩酸を使うのですが、それとの相性が良くないと言えるでしょうか。
炎色反応は通常白金線に塩の水溶液を付けそれをバーナーの中であぶって炎の色を見ます。
しかし、蒸発皿に水/エタノールと塩の混合物を入れて点火しガラス棒でかき混ぜるという荒っぽい方法でもちゃんと観察できます。私は中学の時に部活動の展示という名目で講堂でこいつをやりました、火事になっていたら大目玉だったでしょうね。^o^
    • good
    • 1

#1さんがおっしゃっているのは塩化物のことであり、「塩」ではありません。



「塩」とは、中和反応の際に水とともに生じる物質のことです。
別の言い方をすれば、イオン結合性の物質で酸化物と水酸化物以外をいいます(硫化物もあまり塩とは表現しない)。

ナトリウムの塩には、塩化ナトリウムのほか硫酸ナトリウムやヨウ化ナトリウム、炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウムなど。リチウムの塩にもいろいろあります。陽イオンと陰イオンの組み合わせによりいくらでもあります。

蛇足ながら、なおここでは「塩」を「えん」と読みます。「しお」ではありません。
    • good
    • 0

単に「塩」というだけだからどんなものでもいいことはいいんだけど, 炎色反応を見るためにはそれなりに揮発性がないとダメです. そうい

うことを考えると, 塩化物が普通かなぁ?
    • good
    • 0

具体的に言うと「塩化」リチウム、「塩化」ナトリウム、「塩化」カリウムなど、「塩化化合物」のことです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炎色反応教えてください ナトリウム、リチウム、カルシウム、バリウム、ストロンチウム、カリウムです。

炎色反応教えてください
ナトリウム、リチウム、カルシウム、バリウム、ストロンチウム、カリウムです。
ごろ合わせもあったら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

アルカリ金属 ナトリウム黄色、リチウム深紅色、カリウム紫色
アルカリ土類金属 ベリリウム・マグネシウム無色 カルシウム橙赤色、ストロンチウム深紅色、バリウム黄緑色。

ナトリウムはトンネル内や道路の照明で使われている色ですね。
語呂合わせは判りません。一応、周期表の族ごとでの周期順に並べてみました。

Q炎色反応について

炎色反応について

半年ぐらい前に炎色反応の実験を行いました。
使った試薬は
・塩化ナトリウム
・塩化カリウム
・塩化ストロンチウム
・塩化バリウム
・硫酸銅水
・酢酸ナトリウム
・炭酸水素ナトリウム
です。
すべて水溶液(液体の状態)でした。

この実験を行って、疑問に思ったことがあります。

1,反応が薄い
数種類を除いて、ほとんどの試薬は反応がとても薄いと感じられました。
カリウムの赤紫やストロンチウムの紅色はくっきりと見ることが出来ましたが、それ以外は見えるか見えないかぐらいです。
なぜ、このような結果になったのでしょう?
量はどれも同じくらいで行っています。

2,しばらく熱していると、違う反応が出る。
白金線の先端に試薬をつけて熱しましたが、しばらく熱していると違う色が出てきました。
その色は赤だったり緑だったり、変化します。
何回も洗浄しているので、こういう反応が出るのはすごく不思議です。

長々と申しわけありません。
回答お願いします。

Aベストアンサー

炎色反応の代表例は花火です。
花火の色を思い出してみましょう。何色を記憶してますか?
私の場合は、赤、黄、緑。青はあんまり。

結構色んな色が出ます。
黄色はかなり強く輝きます。

さて、本題。
・炎色反応に使った炎は何色でした。炎に色があると、炎色反応の色が見えにくくなります。
・青系(短波長側の光)は目の視感感度が低いため、暗く見えます。

熱していると違う色がでる。
・実験に使った白金線は使いまわし、それとも新品?中古の場合は丁寧にサンドペーパー等で磨きましたか? 前に使った薬品が白金線に残っている可能性が高いですね。

考察の参考に。

Q炎色反応 自由研究 まとめ

まとめの書き方を教えて下さい。

Aベストアンサー

どの学校の話か知りませんが
炎色反応は、量子化学(量子力学)や
分析化学(フレーム発光分析法)と関連が深い
ものです。

この2つの分野のやさしめな本を
図書館で探してみてはいかがですか。


人気Q&Aランキング